霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

インドネシヤ創造説(さうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:インドネシヤ創造談 よみ:いんどねいやそうぞうだん 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 484頁 修補版: 校定版:121頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太初(はじめ)には、002茫々(ばうばう)たる(うみ)があるだけでした。003海原(うなばら)(なか)(ひと)つの(おほ)きな(いは)があつて、004()えず(なみ)(あら)はれてゐましたが、005その(いは)から一羽(いちは)(つる)(うま)れました。006(いは)(つる)()むときに(あせ)(なが)しました。007そしてその(あせ)からルミム・ウットといふ女神(めがみ)(うま)れました。
008 (つる)女神(めがみ)(むか)つて、
009二握(ふたにぎり)(すな)()つて()きちらしてごらん』
010()ひました。011ルミム・ウットはすぐ二握(ふたにぎり)(すな)()つて、012海原(うなばら)()きちらしますと、013()()るそれが(おほ)きくなつて世界(せかい)出来(でき)ました。
014 世界(せかい)出来上(できあが)ると、015女神(めがみ)(たか)(やま)(のぼ)つて、016その(いただき)突立(つつた)つて、017()()西風(にしかぜ)(からだ)(さら)してゐました。018そのうちに身重(みおも)になつて、019一人(ひとり)(をとこ)()()みました。
020 (をとこ)()(おほ)きくなると、021ルミム・ウットが(つま)(めと)るやうに(すす)めました。022(をとこ)はその言葉(ことば)(したが)つてあちらこちらを(さが)(まは)りましたが、023どうしても(をんな)()つけることが出来(でき)ませんでした。024ルミム・ウットは()(どく)(おも)つて、025自分(じぶん)背丈(せたけ)(おな)(なが)さの(つゑ)息子(むすこ)(あた)へて、
026『この(つゑ)よりも()(ひく)(をんな)(さが)すがいい。027そんな(をんな)(さが)したら、028それがお(まへ)(つま)となるべき運命(うんめい)()つた(をんな)ですよ』
029(をし)へました。030そして二人(ふたり)(わか)れて、031世界(せかい)(ひと)めぐりすることになりました。032(はは)(みぎ)(まは)り、033()(ひだり)(まは)つた。034()(ひだり)(まは)つて、035(なが)(あひだ)(ある)(つづ)けてゐるうちに、036たうとう世界(せかい)一巡(ひとめぐ)りしてしまつて、037二人(ふたり)がぱつたり出会(であ)ひました。038二人(ふたり)(あま)(なが)(あひだ)(わか)れてゐたので、039(たがひ)見知(みし)りませんでした。040(をとこ)はすぐに(つゑ)(をんな)との(たか)さを(くら)べて()ましたが、041(つゑ)(をとこ)()のつかぬうちにだんだんと()びてゐましたので、042(をんな)背丈(せたけ)よりずつと(たか)かつたのでした。
043『これだこれだ、044この(をんな)こそお(かあ)さんに(おそ)はつた(とほ)りの(をんな)だ』
045(おも)つて、046たうとうルミム・ウットを自分(じぶん)(つま)にしてしまひました。
047 ルミム・ウットは沢山(たくさん)子供(こども)()みました。048そしてそれがみんな(かみ)さまとなりました。049(ミナハツサ島)
050 また一説(いつせつ)に、051太初(はじめ)には、052茫々(ばうばう)たる(うみ)と、053それに(おほ)ひかぶさつてゐる天空(てんくう)があるだけでした。
054 ある(とき)055天空(てんくう)から(ひと)つの(おほ)きな(いは)(うみ)(なか)()ちて()ました。056そして月日(つきひ)がたつにつれて、057赤裸々(せきらら)(いは)(めん)粘土(ねんど)()(かさ)なると、058そこに沢山(たくさん)(むし)(うま)れました。
059 (むし)どもは、060()えず(いは)(めん)をかぢりつづけますので、061(ちひ)さい砂土(すなつち)がだんだんと(いは)(おほ)ふやうになりました。062と、063天空(てんくう)(かがや)太陽(たいやう)から、064()でこしらへた(かたな)()()ちて()て、065砂土(すなつち)(なか)()をおろして、066(おほ)きな()となりました。067(しばら)くすると、068今度(こんど)(つき)から葡萄(ぶどう)(つる)()ちて()て、069()にまつはりつきました。
070 かうして()葡萄(ぶどう)とが()()つて、071一人(ひとり)(をとこ)()と、072一人(ひとり)(をんな)()とを()みました。073そしてその二人(ふたり)結婚(けつこん)して、074カヤン(ぞく)祖先(そせん)となりました。075(中央ボルネオのカヤン族)
076 神々(かみがみ)誕生(たんじやう)についての一説(いつせつ)には、077世界(せかい)(はじ)めに、078一匹(いつぴき)蜘蛛(くも)(てん)から()りて()て、079()(つく)りました。080と、081(ちひ)さい(いし)(ひと)蜘蛛(くも)()にひつかかりましたが、082それが段々(だんだん)(おほ)きくなつて、083(あめ)(した)(いつ)ぱいに(ひろ)がる大地(だいち)となりました。
084 (しばら)くすると、085天空(てんくう)から地衣(こけ)()ちて()て、086(いは)(うへ)()をおろし、087地衣(こけ)(あひだ)から(むし)(うま)れて、088(しき)りに(ふん)をひり、089その(ふん)から(いは)(うへ)土壌(つち)出来(でき)ました。
090 (しばら)くすると、091また(てん)から一本(いつぽん)()()ちて()て、092土壌(つち)(なか)()をおろしました。093それから今度(こんど)一匹(いつぴき)(かに)大地(だいち)()りて()て、094(するど)鋏脚(はさみ)でやたらに地面(ぢめん)をかきむしり()(かへ)しました。095かうして沢山(たくさん)(やま)(たに)出来(でき)ました。
096 一本(いつぽん)葡萄(ぶどう)(つる)()()きつきました。097さうしてゐると、098一人(ひとり)(をとこ)一人(ひとり)(をんな)とが、099(てん)からこの()(うへ)()りて()て、100(をとこ)(かたな)()を、101(をんな)紡錘(つむ)地面(ぢめん)(おと)しました。102と、103(かたな)()紡錘(つむ)とが夫婦(ふうふ)となつて、104一人(ひとり)子供(こども)()みましたが、105その子供(こども)(からだ)(あたま)とを()つてゐるだけで()(あし)もありませんでした。
106 この怪物(くわいぶつ)がひとりでに、107二人(ふたり)()()みました。108一人(ひとり)(をとこ)で、109一人(ひとり)(をんな)でした。110男女(だんぢよ)結婚(けつこん)して沢山(たくさん)()()み、111その()がまた沢山(たくさん)()()む。112かうしてゐるうちにだんだんと形態(けいたい)完全(くわんぜん)になつて()ました。113それがいろんな神様(かみさま)でありました。114(中央ボルネオ)
 
115   (へび)(あたま)(うへ)大地(だいち)
 
116 世界(せかい)(はじ)めには、117天空(てんくう)(うみ)とがあるだけでした。118(うみ)(なか)一匹(いつぴき)(おほ)きな(へび)(およ)(まは)つてゐました。119その(へび)は、120(ひか)(かがや)(いし)をはめた黄金(わうごん)(かむり)(かしら)にしてゐました。
121 ある(とき)天空(てんくう)にゐる一人(ひとり)(かみ)が、122下界(げかい)()おろしますと、123(うみ)(なか)(ひか)(かがや)くものが(うご)いてゐます。124(なん)だらうと()をこらすと、125それは(へび)(かしら)になつてゐる黄金(わうごん)(かむり)でした。126(かみ)は、
127『あの(うへ)大地(だいち)をこしらへることにしよう』
128()つて、129一握(ひとにぎり)(つち)天空(てんくう)から()(おと)しました。130(つち)はうまく(へび)(あたま)()ちかかつて、131(ひと)つの(しま)となりましたが、132月日(つきひ)がたつにつれて、133だんだんと(おほ)きくなつて、134たうとう大地(だいち)となりました。135(東南ボルネオ)
136 また一説(いつせつ)に、137(そら)には(なな)つの世界(せかい)があります。138そしてそのうちで(もつと)(たか)いところにある世界(せかい)神々(かみがみ)のうちで(もつと)偉大(ゐだい)なムラ・ディアディが、139二羽(には)(とり)召使(めしつかひ)として()んでゐました。
140 ムラ・ディアディは、141(なな)つの世界(せかい)(ひと)つに(おほ)きな()()やして、142その(えだ)(てん)(ささ)へることにしました。143それから一羽(いちは)牝鶏(めんどり)をこしらへて、144それを(おほ)きな()にとまらせると、145やがて(みつ)つの(たまご)()みました。
146 (しば)らくすると、147(みつ)つの(たまご)から三人(さんにん)(をんな)()(うま)れました。148そこでムラ・ディアディは、149三人(さんにん)(をとこ)(つく)つて、150(をんな)たちと結婚(けつこん)させることにしました。151これ()男女(だんぢよ)(あひだ)大勢(おほぜい)()(うま)れて、152それがまたお(たがひ)夫婦(ふうふ)になることになりましたが、153一人(ひとり)(をんな)だけは、154どうしても結婚(けつこん)しようとしませんでした。155かの(をんな)(をつと)となるべき(をとこ)は、156蜥蜴(とかげ)のやうな(かほ)をして、157カメレオンのやうな皮膚(はだ)をしてゐました。158だから(をんな)はそれを(きら)つて、
159『わたしは結婚(けつこん)なんか(けつ)してしない。160(いと)(つむ)(はう)がいくらいいかも()れぬ』
161()つて、162(あさ)から(ばん)まで(いと)(つむ)いでゐました。163と、164ある()かの(ぢよ)紡錘(つむ)()(おと)しました。165紡錘(つむ)天上界(てんじやうかい)から(はる)(した)(はう)(ひろ)がつてゐる(うみ)()ちました。166(をんな)天上界(てんじやうかい)からだらりと()れてゐる(いと)(つた)つて(うみ)(おもて)()りて()ました。
167 (うみ)(なか)には、168一匹(いつぴき)(おほ)きな(へび)(うか)んでゐました。169(をんな)はそれを()ると、170(てん)(あふ)いで、
171『ムラ・ディアディさま、172(つち)(すこ)しばかり(くだ)さいな』
173(さけ)びました。174天界(てんかい)にゐるムラ・ディアディはこれを()くと、175召使(めしつかひ)(とり)一羽(いちは)()()して、
176『これを下界(げかい)(をんな)()つて()つておくれ』
177()つて、178一握(ひとにぎり)(つち)(わた)しました。179(とり)がその(つち)(をんな)のところに()つて()ますと、180(をんな)はそれを(へび)(あたま)にふりまきました。181と、182(つち)()()(おほ)きくなつて、183たうとう大地(だいち)となりました。
184 (へび)は、185自分(じぶん)(あたま)(うへ)大地(だいち)出来(でき)たので、186(おも)くて(くる)しくてたまりません。187(かれ)(ちから)まかせに(くび)()りました。188大地(だいち)(たちま)(へび)(あたま)から(ころ)()ちて、189(うみ)(なか)(しづ)んでしまひました。190ムラ・ディアディはこれを()ると、191すぐに(やつ)つの太陽(たいやう)(つく)つてかんかん()りつけさせました。192(はげ)しい太陽(たいやう)(ねつ)に、193(うみ)(みづ)がどんどん(かわ)いて、194やがて大地(だいち)(みづ)(うへ)(あらは)れて()ました。195(をんな)(へび)(からだ)(かたな)()()して、196(ひと)つの(しま)にしかと(しば)りつけました。
197『かうして()けば、198二度(にど)大地(だいち)をこはすことはなからう』
199 (をんな)はかう()つて(よろこ)んでゐますと、200天界(てんかい)にゐるムラ・ディアディが、
201『かうなると、202あの()一人(ひとり)では()けぬ』
203()つて、204(きら)はれた(をとこ)吹筒(すゐとう)(いつ)しよに(むしろ)(つつ)んで、205(そら)から()げおろしました。
206 大地(だいち)()ちて()(をとこ)は、207(はら)()いたので吹矢(ふきや)()ばして、208一羽(いちは)(はと)()ましたが、209(ねらひ)がそれて(あた)りませんでした。210しかし(をとこ)はうまく吹矢(ふきや)(すが)りついて、211(をんな)()んでゐる(むら)()んで()きました。212(をんな)(いま)(こば)みかねて、213(かれ)結婚(けつこん)をしました。214それが人間(にんげん)祖先(そせん)であります。215(スマトラ島のトバ・バタク族)
216 また、217神々(かみがみ)のうちで(もつと)偉大(ゐだい)なバタラ・グルの(つま)が、218(さん)をしようとしてゐる(とき)
219鹿(しか)(にく)()べたい。220(はや)()つて()頂戴(ちやうだい)
221()()しました。222バタラ・グルはすぐに一人(ひとり)召使(めしつかひ)をやつて、223鹿(しか)()とめさせることにしました。224しかし召使(めしつかひ)はどうしても鹿(しか)()()すことが出来(でき)ないで、225(むな)しく(かへ)つて()ました。226バタラ・グルは(さら)大鴉(おほからす)をやりましたが、227これも駄目(だめ)でした。228しかし獲物(えもの)をあさり(まは)つてゐるうちに、229(ふか)(あな)()つけました。230(ため)しに(ぼう)()()んで()ましたが、231いつまでたつても、232(そこ)(とど)いたらしい(ひびき)がかへつて()ませんでした。
233『とても(ふか)(あな)らしい。234(ひと)(そこ)(さぐ)つて()よう』
235 大鴉(おほからす)はかう(おも)つて、236(あな)(なか)()()みました。237そして真暗(まつくら)いところをいつまでもいつまでも()(くだ)つて()ると、238到頭(たうたう)漫々(まんまん)たる海原(うなばら)()ました。239大鴉(おほからす)はひどく(つか)れましたが、240(さひは)自分(じぶん)()げおろした(ぼう)が、241(なみ)(ただよ)つてゐましたので、242その(うへ)にとまつて(やす)んでゐました。
243 バタラ・グルは()(どほ)しくなつて、244五六人(ごろくにん)召使(めしつかひ)(いつ)しよに、245大鴉(おほからす)(さが)しに()かけました。246すると(ふか)(あな)()つかりましたので、247一握(ひとにぎ)りの(すな)七本(ななほん)()(のみ)山羊(やぎ)(はち)とを(たづさ)へて、248(あな)(なか)()()りました。249(うみ)(おもて)()りつくと、250()(ひかり)()んで、251あたりを(つつ)んでゐる(やみ)()退()けました。252それから七本(ななほん)()(いかだ)(つく)るために、253山羊(やぎ)(はち)とに()(ささ)へさせて、254(みづか)(のみ)(ふる)ひました。255(いかだ)出来上(できあが)ると、256()つて()一握(ひとにぎ)りの(つち)をその(うへ)にまきました。257(つち)()()(ひろ)がつて大地(だいち)となりました。258(スマトラ島のハイリ・バタク族)
 
259 以上(いじやう)古今(ここん)東西(とうざい)各国(かくこく)の、260天地開闢(てんちかいびやく)宇宙(うちう)創造(さうざう)(せつ)は、261(わが)皇典(くわうてん)所伝(しよでん)(ほか)は、262(いづ)れも荒唐無稽(くわうたうむけい)にして、263歯牙(しが)にかくるに()らざるを()るべし。264(すなは)宇宙(うちう)創造(さうざう)夢中想像(むちうさうざう)にして天地開闢(てんちかいびやく)は、265癲痴怪百(てんちくわいぴやく)なり。266(わが)説示(せつじ)する天祥地瑞(てんしやうちずゐ)宇宙創造説(うちうさうざうせつ)天地開闢説(てんちかいびやくせつ)()して、267天地霄壤(てんちせうじやう)差異(さい)あるを玩味(ぐわんみ)すべきなり。
268   昭和八年十二月五日 旧十月十八日   於水明閣 口述者識