霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 (きよ)めの(たき)〔八四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第1篇 高砂の松 よみ:たかさごのまつ
章:第3章 第30巻 よみ:きよめのたき 通し章番号:845
口述日:1922(大正11)年08月14日(旧06月22日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
石熊は命を救われたことを感謝し、末子姫を捕らえようとしていたことへの懺悔と、三五教への改心を歌にして歌った。
末子姫はこれまでの経緯を歌に歌って返し、カールはそれを引き継いで、自分がバラモン教に入り込んでいたことと、末子姫の教示によって大蛇が解脱して石熊を救った有様を目撃した感慨を歌った。
石熊は一行に同道することになり、珍の都を指して進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3003
愛善世界社版:32頁 八幡書店版:第5輯 584頁 修補版: 校定版:34頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001 高照山(たかてるやま)本拠(ほんきよ)(かた)めたるバラモン(けう)石熊(いしくま)は、002末子姫(すゑこひめ)003(その)()感謝(かんしや)()(へう)し、004(うた)(もつ)所感(しよかん)()べたり。005その(うた)
006常世(とこよ)(くに)()れませる
007常世神王(とこよしんわう)自在天(じざいてん)
008大国彦(おほくにひこ)()てられし
009バラモン(けう)神司(かむつかさ)
010(ふか)(めぐみ)高砂(たかさご)
011(たから)(しま)(あら)はれて
012高照山(たかてるやま)根拠(こんきよ)とし
013(こころ)(かた)石熊(いしくま)
014信心(しんじん)堅固(けんご)(まも)りつつ
015(をしへ)(のり)遵奉(じゆんぽう)
016服従(まつろ)(きた)信徒(まめひと)
017(なん)容赦(ようしや)荒行(あらげう)
018火渡(ひわた)(つるぎ)(はし)()
019水底(みなそこ)くぐり茨室(いばらむろ)
020赤裸(まつぱだか)にて()()ませ
021(くぎ)()ちたる足駄(あしだ)はき
022(かみ)より()けし肉体(にくたい)
023(そこな)(やぶ)りて()(いだ)
024(かみ)(たい)する(いけにえ)
025(おも)()めたる神司(かむづかさ)
026(かみ)(いか)りを(やはら)げて
027天国(てんごく)浄土(じやうど)(たす)けられ
028未来(みらい)()をば(のが)れむと
029(まよ)()つたるバラモンの
030(まこと)(みち)(たが)へるを
031(いま)(やうや)(さと)りけり
032あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
033仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
034青人草(あをひとぐさ)(はじ)めとし
035禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(つく)らしし
036(まこと)(おや)三五(あななひ)
037(かみ)(をしへ)末子姫(すゑこひめ)
038()らせ(たま)ひし(こと)()
039()くより吾等(われら)村肝(むらきも)
040(こころ)(そら)()えわたり
041げにも(たふと)言霊(ことたま)
042御稜威(みいづ)(たま)をてらしつつ
043大蛇(をろち)魔神(まがみ)()せられて
044(うご)きもならぬ身体(からたま)
045かばひ(なが)らも(むね)(うち)
046悔悟(くわいご)言霊(ことたま)()りつれば
047(たちま)(ひら)(むね)(やみ)
048末子(すゑこ)(ひめ)言霊(ことたま)
049流石(さすが)大蛇(をろち)感歎(かんたん)
050(あつ)(なみだ)をこぼしつつ
051(われ)()まむと(ねら)ひたる
052(こころ)(こま)立直(たてなほ)
053修羅(しうら)亡執(もうしふ)(たちま)ちに
054()れて姿(すがた)水煙(みづけぶり)
055(こころ)(あか)もおち滝津(たきつ)
056速川(はやかは)()()れませる
057瀬織津姫(せおりつひめ)(さち)はひて
058(あだ)(ことごと)()えにける
059あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
060御霊(みたま)(さち)(かか)ぶりて
061(こころ)(ねぢ)けし石熊(いしくま)
062末子(すゑこ)(ひめ)御恵(みめぐみ)
063(すく)(いだ)され(いま)(はや)
064三五教(あななひけう)皇神(すめかみ)
065(ひかり)(ふか)(てら)されぬ
066(かみ)(おもて)(あら)はれて
067(ぜん)(あく)とを(たて)わける
068(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
069(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
070(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
071直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
072()(あやまち)()(なほ)
073誠一(まことひと)つの言霊(ことたま)
074世人(よびと)(すく)三五(あななひ)
075(かみ)(をしへ)(たふ)とさよ
076仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)(とも)
077(かみ)(ちか)ひし(わが)(こころ)
078いかで(かは)らむ高砂(たかさご)
079(くに)(しづ)まる竜世姫(たつよひめ)
080国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
081真心(まごころ)こめて只管(ひたすら)
082(ちか)ひまつらむバラモンの
083(かみ)(つか)へし宣伝使(せんでんし)
084高照山(たかてるやま)(きづ)きたる
085教館(をしへやかた)今日(けふ)よりは
086三五教(あななひけう)(たてまつ)
087(この)()(つく)(たま)ひたる
088()大本(おほもと)皇神(すめかみ)
089麻柱(あななひ)まつり()(ため)
090(ちから)(かぎ)()(かぎ)
091(つか)へまつらむ惟神(かむながら)
092(かみ)御末(みすゑ)末子姫(すゑこひめ)
093(まが)(けが)れも捨子姫(すてこひめ)
094(つみ)もカールの御前(おんまへ)
095罪科(つみとが)(おも)石熊(いしくま)
096(こころ)(つく)()(まつ)
097あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
098(かみ)(こころ)見直(みなほ)して
099(うづ)(みやこ)にこれよりは
100吾等(われら)(ともな)(たま)へかし
101(うづ)(やかた)人々(ひとびと)
102今迄(いままで)(あた)へし(しひた)げの
103(つみ)陳謝(ちんしや)(たてまつ)
104従僕(しもべ)となりて永久(とことは)
105(うづ)(みやこ)門番(もんばん)
106(つか)へまつりて赤誠(せきせい)
107(あら)はしまつる(わが)(こころ)
108(ゆる)させ(たま)瑞御霊(みづみたま)
109(いづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
110(つつし)(うやま)()(まつ)
111あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
112御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
113 捨子姫(すてこひめ)(また)(うた)()したり。114(その)(うた)
115(あめ)河原(かはら)(たて)として
116(なが)めし(ごと)(この)瀑布(ばくふ)
117(みづ)御霊(みたま)(うづ)()
118()()でませる末子姫(すゑこひめ)
119(この)()(どろ)(すす)がむと
120(なが)れも(きよ)きエデン(がは)
121身魂(みたま)(きよ)(あし)(あら)
122(こころ)(あか)捨子姫(すてこひめ)
123従僕(みとも)(かみ)召連(めしつ)れて
124(しほ)八百路(やほぢ)八汐路(やしほぢ)
125秋津(あきつ)(ひめ)御守(みまも)りに
126(やうや)(わた)りテルの(くに)
127ハラの(みなと)上陸(じやうりく)
128テルの(くに)をば横断(わうだん)
129テル山峠(やまたうげ)山麓(さんろく)
130(すす)(きた)りて(げつ)(よひ)
131芝生(しばふ)(うへ)(よこ)たはり
132()(かた)()(すゑ)(あん)じつつ
133(ねむ)りにつきし折柄(をりから)
134(にはか)(きこ)ゆる(ひと)(こゑ)
135何人(なにびと)なるかと()()まし
136(はなし)様子(やうす)(うかが)へば
137バラモン(けう)神司(かむづかさ)
138信徒(まめひと)(とも)五人連(ごにんつ)
139(わたし)のいねし(かたはら)
140(こし)(うち)かけて無駄話(むだばなし)
141高照山(たかてるやま)石熊(いしくま)
142(かみ)言葉(ことば)(したが)ひて
143顕恩郷(けんおんきやう)より(わた)()
144三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
145末子(すゑこ)(ひめ)捨子姫(すてこひめ)
146ハラの(みなと)上陸(じやうりく)
147テル山峠(やまたうげ)乗越(のりこ)えて
148(うづ)(みやこ)(すす)()
149それの途中(とちう)待伏(まちぶ)せて
150二人(ふたり)女神(めがみ)()(とら)
151高照山(たかてるやま)(やかた)まで
152()(かへ)れよとの石熊(いしくま)
153指図(さしづ)なれど連日(れんじつ)
154(つか)れに(あし)早痛(はやいた)
155歩行(ほかう)自由(じいう)にならざれば
156ここに一夜(いちや)()かさむと
157(かた)()ふこそ不思議(ふしぎ)なれ
158吾等(われら)二人(ふたり)(みみ)さとく
159一伍一什(いちぶしじう)聞終(ききをは)
160(しづか)上衣(うはぎ)をぬぎ()てて
161(かみ)ふり(みだ)(こゑ)()
162珍姿怪体(ちんしくわいたい)(あら)はせば
163さて(おそ)ろしや幽霊(いうれい)
164(あら)はれたりと()(さき)
165雪崩(なだれ)()つて(にげ)()
166カールとネロの両人(りやうにん)
167(すこ)しも(さわ)がず吾々(われわれ)
168(むか)つて言葉(ことば)をかけて()
169(これよりカール引継(ひきつ)いで(うた)ふ)
170(うづ)(みやこ)(あれ)ませる
171松若彦(まつわかひこ)神館(かむやかた)
172(をしへ)(なら)ふカールなり
173二人(ふたり)女神(めがみ)(いま)(ここ)
174(あら)はれますとバラモンの
175(かみ)(つかさ)信徒(まめひと)
176(なか)(まじ)はり()れも(また)
177一味(いちみ)(なか)(くは)はりて
178様子(やうす)(うかが)(たす)けむと
179権謀術数(けんぼうじゆつすう)皇神(すめかみ)
180(こころ)()はぬか()らね(ども)
181二人(ふたり)(たす)けてやうやうに
182(いぬゐ)(たき)()()れば
183(あに)(はか)らむや石熊(いしくま)
184教司(をしへつかさ)(たき)()
185大蛇(をろち)(たま)()せられて
186(いし)(ごと)くに()(たま)
187あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
188(かみ)冥罰(めいばつ)(たちま)ちに
189(あら)はれ(きた)りて石熊(いしくま)
190知死期(ちしご)(まく)()りしかと
191(こころ)(なか)(よろこ)びつ
192見棄(みす)ててゆかむと両人(りやうにん)
193(かみ)(つかさ)()べつれば
194末子(すゑこ)(ひめ)(くび)をふり
195仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
196(こころ)(なか)()(さと)
197四海同胞(しかいどうはう)博愛(はくあい)
198御心(みこころ)()ちて天地(あめつち)
199(かみ)(かな)ひし太祝詞(ふとのりと)
200()らせ(たま)へば()如何(いか)
201悪虐無道(あくぎやくむだう)大蛇(をろち)まで
202慈愛(じあい)言葉(ことば)感歎(かんたん)
203(あつ)(なみだ)(なが)しつつ
204さも(すさ)まじき形相(ぎやうさう)
205()つて(やさ)しく()()きて
206解脱(げだつ)(たき)()(とう)
207後白雲(あとしらくも)()えて()
208あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
209(かみ)御稜威(みいづ)(たふと)けれ
210(かみ)御徳(みとく)(かしこ)けれ』
211 かく(うた)(をは)り、212石熊(いしくま)()ひを()れて、213一行(いつかう)五人(ごにん)は、214テル山峠(やまたうげ)(のぼ)り、215(うづ)(みやこ)()して(すす)()く。
216大正一一・八・一四 旧六・二二 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)