霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 提燈(ちやうちん)(ひかり)〔八四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第2篇 珍野瞰下 よみ:うづのかんか
章:第7章 第30巻 よみ:ちょうちんのひかり 通し章番号:849
口述日:1922(大正11)年08月14日(旧06月22日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は楠の森の木陰に今日一日の不思議を物語りながら夜を更かした。カールは心いそいそと勇み立って、饒舌を発揮している。仲間のシーナが二人の女に言い寄って、肘鉄砲をくらった腹いせに女たちを谷川に突き落とし、それから女たちの亡霊に悩まされるようになり、相談された経緯を嘘とも本当ともつかぬ滑稽まじりに話した。
末子姫、捨子姫、石熊の三人は寝についた。カールは一人、寝られずに鼻歌を歌いながら涼んでいると、向こうから十曜の紋の入った提燈を下げて、二三人が近寄ってくる。
カールは、珍の都から末子姫と捨子姫を迎えに来た三五教の仲間だと悟り、女の造り声をしてからかいだした。おかしな会話をしているうちにカールは笑い出し、正体が割れてしまった。
末子姫は一人目を覚まし、カールが三人の男たちと話しているところへやってきた。男たちは、松若彦の命で末子姫一行を迎えに来たことを告げた。一行は今日はここで夜を明かすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3007
愛善世界社版:84頁 八幡書店版:第5輯 602頁 修補版: 校定版:91頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 (くすのき)(もり)のこかげに(みの)()き、002()()をもるる九日(ここのか)(つき)(ひかり)()(なが)ら、003早速(さつそく)(ねむ)りもならず、004今日(けふ)一日(いちにち)(おこ)りし不思議(ふしぎ)運命(うんめい)物語(ものがた)りつつ、005()()かした。006はしやぎ()つたカールは末子姫(すゑこひめ)007捨子姫(すてこひめ)渡来(とらい)(なん)となく(こころ)欣々(いそいそ)として(いさ)()ち、008(また)バラモン(けう)石熊(いしくま)教主(けうしゆ)()もなく、009三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)した(うれ)しさに心気(しんき)興奮(こうふん)して(ねむ)られぬ(まま)に、010日頃(ひごろ)饒舌車(しやべりぐるま)運転(うんてん)(はじ)めた。
011(そら)()天狗(てんぐ)(はな)高照山(たかてるやま)谷底(たにそこ)に、012(をしへ)(やかた)(かま)へつつ、013バラモン(けう)遠近(をちこち)に、014(ひら)いて(ひと)(みちび)きし、015(こころ)(かた)石熊(いしくま)が、016(やかた)(つか)へし神司(かむづかさ)017(なか)にも()けて男振(をとこぶ)り、018(ひと)(すぐ)れたカールさま、019あまたの(をんな)にチヤホヤと、020持囃(もてはや)されて朝夕(あさゆふ)に、021姿(すがた)をうつす水鏡(みづかがみ)022(こころ)(なみ)(しづ)まりて、023(をしへ)(には)穿(うが)ちたる、024(かがみ)(いけ)立向(たちむか)ひ、025イヽヽヽ、026()れと(わが)()にすかし()て、027(あき)()てたる色男(いろをとこ)028田舎娘(いなかむすめ)がガヤガヤとカールさまよと()()いて、029(さわ)ぐは(あなが)無理(むり)でない、030げにも五月蠅(うるさ)(ひと)()や。031(なん)因果(いんが)(この)(やう)に、032玉子(たまご)目鼻(めはな)()けたような、033(いろ)(しろ)()(をとこ)034(ほれ)られる(をとこ)見目(みめ)よしと、035立派(りつぱ)(うま)れた()因果(いんが)036(うち)女房(にようばう)()()んで、037悋気(りんき)するのも無理(むり)でない。038うるさの娑婆(しやば)(なが)らへて、039()れた(をんな)(かほ)()る、040(わし)(こころ)のうるささよ。041(おも)へば(おも)へば(さき)()に、042如何(いか)なる善事(ぜんじ)(つく)せしか、043今更(いまさら)()ふも野暮(やぼ)(なが)ら、044なぜにモ(すこ)しヒヨツトコに、045(うま)れて()なんだであらう、046(あさ)(ゆふ)なに(かみ)(まへ)047どうぞ煩雑(うるさ)いナイス()(わし)(こと)(おも)()り、048後足(あとあし)(すな)でもかけて(つば)()いて、049肱鉄砲(ひぢでつぱう)数々(かずかず)()はして()れる醜男(ぶをとこ)に、050(つく)(なほ)して(くだ)さんせ、051シーナの(やう)なヒヨツトコが、052去年(きよねん)(あき)(すゑ)(ごろ)053見目(みめ)(かたち)よき二人(ふたり)(をんな)054高照山(たかてるやま)(ふもと)まで、055()()(すす)(きた)るのを、056目敏(めざと)(なが)めて(よだれ)くり、057()(ほそ)くしてにじり()り、058コレコレモウシ(たび)(ひと)059どこの何方(どなた)()らね(ども)060(わたし)はシーナと(まを)(もの)061仮令(たとへ)姿(すがた)(この)(やう)に、062蜥蜴(とかげ)(やう)(かほ)なれど、063(こころ)(なか)のドン(そこ)に、064(まこと)(はな)()(みだ)れ、065()(かん)ばしき(をとこ)ぞや、066(うま)には()つて()よ、067(ひと)には()うて()よ、068()(ことわざ)もあるなれば、069バラモン(けう)神司(かむづかさ)070(なか)にも()けて神徳(しんとく)の、071(そな)はりゐます(この)わしに、072秋波(しうは)(おく)一時(ひととき)も、073(はや)(わたし)(そば)()り、074麝香(じやかう)(やう)(をとこ)(にほひ)075一度(いちど)()いで()やしやんせ、076(をとこ)ひでりもない()(なか)に、077(まへ)(やう)鯱面男(しやつつらをとこ)078いかに(をとこ)にかつえたとて、079どうしてこれが(しの)ばれよう、080なんぞと野暮(やぼ)()言葉(ことば)081()はしやんすかは()らね(ども)082(ひと)()かけに()らぬ(もの)083仮令(たとへ)南瓜(かぼちや)()はれても、084色好(いろよ)茄子(なす)(くら)ぶれば、085天地(てんち)(へだ)つる(あぢ)がある。086いが(つつ)んだ柴栗(しばくり)も、087(こわ)いようには()ゆれ(ども)088(ひら)いて()れば(かん)ばしき、089()つの御霊(みたま)御座(ござ)るぞえ。090渋皮(しぶかは)(ひと)()いだなら、091(をんな)()きな薩摩芋(さつまいも)092芝居(しばゐ)蒟蒻(こんにやく)南瓜(かぼちや)より、093百倍(ひやくばい)千倍(せんばい)いやまさる、094()ふに()はれぬ(あぢ)がある。095(わたし)(ねがひ)一通(ひととほ)り、096()いてお()れとすり()つて、097口説(くど)けば二人(ふたり)立止(たちど)まり、098どこの何方(どなた)()らね(ども)099砂原夕立(すなばらゆふだち)土手(どて)南瓜(かぼちや)100薬鑵頭(やくわんあたま)瓢箪面(へうたんづら)101万金丹(まんきんたん)(はか)るよな、102デコボコだらけの(その)(かほ)に、103何程(なにほど)(みにく)(をんな)ぢやとて、104どうして、105どうして秋波(しうは)(おく)られう。106(これ)ばつかりはシーナさま、107(ゆる)しなされて(くだ)さりませと、108(てい)()打出(うちだ)肱鉄砲(ひぢでつぱう)109此方(こなた)中々(なかなか)(くつ)せばこそ、110情火(じやうくわ)(ひかり)炎々(えんえん)と、111(てん)(ちう)する(すさ)まじさ、112一旦(いつたん)(をとこ)()()した、113言葉(ことば)をお(まへ)反古(ほご)にされ、114如何(どう)して(をとこ)()(もの)か、115(やぶ)れかぶれの(この)(わたし)116ウンと()はさにやおきませぬと、117(また)執拗(しつか)摺寄(すりよ)つて、118(こひ)(なみだ)一雫(ひとしづく)119(おと)せば二人(ふたり)はあざ(わら)ひ、120コレコレシーナの(ぢい)さまへ、121(まへ)(かほ)御相談(ごさうだん)122(あそ)ばしませよ(あんま)りぢや、123(わたし)(すき)なはカールさま、124あんなお(かた)末永(すえなが)う、125()はれる(こと)はさて()いて、126仮令(たとへ)一夜(いちや)仮枕(かりまくら)127それも(かな)はぬ(こと)なれば、128せめてお(そば)にさぶらうて、129水仕事(みづしごと)門掃(かどは)きや、130(まはし)洗濯(せんたく)(よろこ)んで、131(いた)しませうと朝夕(あさゆふ)に、132(たの)神様(かみさま)仏様(ほとけさま)133妙見様(めうけんさま)もチヨロ(くさ)い、134ガラクタ(こく)法螺貝山(ほらがひやま)に、135(とど)まり(たま)天狗様(てんぐさま)に、136(ぐわん)朝夕(あさゆふ)かけ(まく)も、137(かしこ)(かみ)御利益(ごりやく)で、138どうぞ()はして()はしてと、139(おも)(をんな)真心(まごころ)を、140(あだ)になされたカールさま、141(うら)めしいわいなと、142()(ぬぐ)ひイヽヽ、143(くや)(なげ)けばシーナさま、144ハツと(ばか)りに(はら)()て、145(をとこ)意地(いぢ)(この)(とほ)百里(ひやくり)二百里(にひやくり)三百里(さんびやくり)146筑紫(つくし)(くに)(はて)までもお(まへ)(あと)()(ねら)ひ、147(おも)(とほ)さでおくものか、148(いや)なら(いや)でシーナにも、149覚悟(かくご)があると()(なが)ら、150無残(むざん)二人(ふたり)谷川(たにがは)に、151力限(ちからかぎ)りに突落(つきおと)し、152(ひと)(はな)(なが)めむよりは一層(いつそう)(ころ)して(しま)うたら、153(こひ)亡執(まうしう)()れるだろと、154無法(むはふ)(つく)した(その)(むく)い、155二人(ふたり)(をんな)怨霊(をんりやう)は、156()()(あを)火玉(ひだま)となり、157(あるひ)(かみ)振乱(ふりみだ)し、158あゝ(うら)めしや(うら)めしや、159(まへ)気強(きつよ)いシーナさま、160(わたし)(ふか)谷底(たにそこ)に、161突落(つきおと)されて()にました。162(うら)みを()らさでおくものかと、163()()()づる幽霊(いうれい)姿(すがた)164さすがのシーナも(よわ)()て、165カールの(やかた)(たづ)()て、166コレコレモウシ、167カールさま、168(まへ)()まぬ(こと)(なが)ら、169テルとハルとの亡霊(ばうれい)を、170どうぞ(しづ)めて(くだ)さんせ、171(まへ)(やう)()(をとこ)172テルとハルとの亡霊(ばうれい)に、173たつた一言(ひとこと)(しづ)まれと、174()うて()れたら俺達(おれたち)が、175千言万語(せんげんばんご)(つゐや)して、176言訳(ことわけ)するより(かう)がある。177バラモン(けう)のお(きやう)をば、178千僧万僧(せんそうまんそう)()()うて、179(とな)へるよりも(よろこ)んで、180一度(いちど)成仏(じやうぶつ)するであろ、181一人(ひとり)(をとこ)のあつたら生命(いのち)182(たす)けてやらうと(おも)ふなら、183慈悲(じひ)ぢや(なさけ)ぢや()いてたべ、184などと五月蠅(うるさ)()使(つかひ)185(かど)(ひろ)(この)(をとこ)186どうして()んだ(をんな)にまで、187応対(おうたい)してやる(いとま)があらう。188あちら此方(こちら)(をんな)()に、189(そで)()かれて何時(いつ)とても、190女房(にようばう)小言(こごと)()(ばか)り、191こんな(つま)らぬ(こと)あろか、192どうぞ(この)()(のが)れたさ、193(うづ)(みやこ)()れませる、194松若彦(まつわかひこ)神司(かむづかさ)に、195一伍一什(いちぶしじふ)(うち)あけて、196(かみ)(つかさ)(たす)けられ、197やうやう此処(ここ)まで安楽(あんらく)に、198女難(ぢよなん)(のが)れて()(をとこ)199(おも)へば(おも)へば(ゆめ)ぢやつた……アハヽヽヽ』
200石熊(いしくま)『アハヽヽヽ、201(やかま)しい(やつ)だなア。202(まる)(はち)()(そば)においた(やう)なものだ。203モウいい加減(かげん)沈黙(ちんもく)せぬか』
204カール『ハーイ、205ハイ、206沈黙(ちんもく)(いた)すで御座(ござ)いませう。207(とき)早子(はやね)正刻(しやうこく)(いづ)れも(さま)も、208(はや)くお(やす)みなされませい。209(それがし)(すこ)用事(ようじ)御座(ござ)らば、210後程(のちほど)寝所(しんじよ)(まゐ)りませう』
211石熊(いしくま)馬鹿(ばか)ツ』
212大喝(だいかつ)する。
213末子姫(すゑこひめ)『カールさま()滑車(かつしや)運転(うんてん)しましたねい』
214カール『(これ)所謂(いはゆる)カール(くち)(まを)します。215アハツハヽヽ』
216 末子姫(すゑこひめ)(はじ)三人(さんにん)(やうや)(しん)()いた。217カールはどうしても(ねむ)られぬが(まま)(もり)立出(たちい)で、218路傍(みちばた)(すず)(なが)ら、219小声(こごゑ)鼻唄(はなうた)(うた)つて(すず)んで()る。220(むか)うの(はう)より十曜(とえう)(もん)(しるし)()つた丸提灯(まるちやうちん)をブラつかせ(なが)ら、221二三(にさん)(ひと)話声(はなしごゑ)刻々(こくこく)近寄(ちかよ)つて()る。222カールは()かし()て、
223カール『ハハー、224()よつたなア。225ウヅの(みやこ)から松若彦(まつわかひこ)のお使(つかひ)として末子姫(すゑこひめ)226捨子姫(すてこひめ)(さま)御迎(おむか)への(ため)227出張(しゆつちやう)したのらしい。228(ひと)(この)木蔭(こかげ)(ひそ)んで、229からかつて()てやらう。230(あま)(あつ)くつて()(わけ)にも()かず、231三人(さんにん)連中(れんぢう)さまは()(しま)ふなり、232(おれ)一人(ひとり)()うしてブラついてをつても仕方(しかた)ない。233(きつね)でも(たぬき)でも()やがつたら、234(ひと)相手(あひて)になつて()ようと(おも)つて()つた(ところ)だ。235どうやら(むか)うも三人(さんにん)()える、236ヤア面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
237独言(ひとりごと)()(なが)ら、238三人(さんにん)(とほ)りかかるを()つて()た。239三人(さんにん)はカールがこんな(ところ)(ひそ)んで()るとは(ゆめ)にも()らず、240行過(ゆきす)ぎむとする。241カールは(にはか)(をんな)(つく)(ごゑ)
242カール『モシモシ(たび)のお(かた)さま、243あなたの提灯(ちやうちん)には十曜(とえう)のお(しるし)(はい)つて()ります。244もしや三五教(あななひけう)のお(かた)では御座(ござ)いませぬか? (わらは)ははるばると海原(うなばら)(わた)(まゐ)つた(もの)御座(ござ)います。245(あま)りの急坂(きうはん)(おも)ひの(ほか)246暇取(ひまど)りまして、247此処(ここ)一夜(いちや)()かさむと主従(しゆじゆう)二人(ふたり)(こころ)(やす)雨宿(あまやど)り、248(うづ)(みやこ)へはまだ余程(よほど)里程(みちのり)御座(ござ)いますかなア?』
249提灯(ちやうちん)()つた(をとこ)『ハイ、250(さつ)しの(とほ)り、251(わたくし)(うづ)(みやこ)松若彦(まつわかひこ)(さま)身内(みうち)(もの)御座(ござ)います。252そう仰有(おつしや)貴女様(あなたさま)失礼(しつれい)(なが)ら、253素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)(さま)御娘子(おんむすめご)254末子姫(すゑこひめ)(さま)では御座(ござ)いませぬか?』
255カール『御察(おさつ)しの(とほり)(わらは)末子姫(すゑこひめ)御座(ござ)んす。256さう()ふあなたは何方(どちら)へお()(あそ)ばすので御座(ござ)いますか?』
257甲『ハイ、258()(ところ)でお()にかかりました。259(じつ)御神勅(ごしんちよく)()つて貴女様(あなたさま)主従(しゆじゆう)260ウヅの(みやこ)へお()(くだ)さる(こと)教主様(けうしゆさま)がお(うかが)(あそ)ばされ、261吾々(われわれ)三人(さんにん)に……サア(これ)からお(むか)ひに(まゐ)れキツとテル山峠(やまたうげ)近辺(きんぺん)でお出会(であ)(まを)すであらう……と(あふ)せられましたので、262(じつ)(あし)達者(たつしや)(もの)ばかりお(むか)へに(まゐ)りました。263……サア(これ)からお(とも)(いた)しませう』
264カール『それはそれは御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。265(しか)(なが)(わらは)(うま)()一方(いつぱう)(あし)長過(ながす)ぎますので、266あなた(がた)御伴(おとも)到底(たうてい)(かな)ひませぬ。267何程(なにほど)カールでも草臥(くたびれ)()てて、268(みや)(おも)くなりまして、269森蔭(もりかげ)休息(きうそく)……(いな)安眠(あんみん)(いた)して()りまする。270どうぞ明日(みやうにち)にして(くだ)さいませ』
271乙『それは(また)(めう)(こと)(あふ)せられます。272安眠(あんみん)して御座(ござ)るお(かた)()つてものを仰有(おつしや)るとは、273(すこ)しく合点(がてん)(まゐ)りませぬ』
274カール『(ところ)(かは)れば(しな)(かは)る、275(いへ)(かは)れば(ふう)(かは)る、276(かか)(かは)れば(かほ)(かは)ると(まを)しまして、277(わたくし)(くに)では()つた(まま)安眠(あんみん)(いた)し、278()(なが)らものを(まを)すのが(くに)習慣(しふくわん)御座(ござ)います』
279乙『(なん)(めう)御座(ござ)いますなア。280さうするとあなたは(をんな)でゐらつしやいますけ(ども)281(いづ)御霊(みたま)御守護(ごしゆご)御座(ござ)いますか? (みづ)御霊(みたま)守護神(しゆごじん)とか(まを)して、282霊界物語(れいかいものがたり)(つく)(をとこ)は、283(よこ)にねたまま、284(いびき)をかき(なが)(はなし)をするとか()(こと)()きましたが、285ヤツパリそんな、286(くに)()つて風俗(ふうぞく)があるので御座(ござ)いますかなア』
287カール『それはいろいろと(くに)()つてカール……オツトドツコイ、288アールさうで御座(ござ)いますワイ。289何分(なにぶん)三人(さんにん)連中(れんぢう)白河夜船(しらかはよぶね)(もり)(なか)にお(やす)みになつたものですから、290仕方(しかた)なしに一寸(ちよつと)此処(ここ)まで、291末子姫(すゑこひめ)(さま)守護神(しゆごじん)出張店(しゆつちやうてん)(ひら)いてゐられる(ところ)御座(ござ)います。292アハヽヽヽ』
293甲『ヤア(その)(こゑ)はカールさまぢやないか』
294カール『カールだから、295(こゑ)もカール、296末子姫(すゑこひめ)(さま)一寸(ちよつと)カール((かは)る)と()言霊(ことたま)だ、297オツホヽヽヽ』
298甲『(なん)だチツト可怪(をか)しいと(おも)つて()つた。299一方(いつぱう)(あし)(なが)すぎると()つた(とき)から、300チと(くさ)いと(かんが)へて()つたが、301まさか貴様(きさま)がそんな洒落(しやれ)をするとは(おも)はなかつた』
302カール『足引(あしひき)のチンバのカールが、303したり(がほ)304中々(なかなか)(うま)(ひと)をたばかる……アハヽヽヽ。305これが新派(しんぱ)百人一首(ひやくにんいつしゆ)だ……(いや)悪人(あくにん)一首(いつしゆ)だ。306アハヽヽヽ』
307甲『さうして、308(ひめ)(さま)はどこに(やす)んで御座(ござ)るのだ。309案内(あんない)して()れないか
310カール『馬鹿(ばか)()ふな。311とうに()れて(しま)つて、312最早(もはや)()(こく)だ。313くれない……なんて、314(なに)()ふのだ』
315乙『相変(あひかは)らず馬鹿口(ばかぐち)(たた)(をとこ)だなア。316(はや)御所在(おんありか)()らして()れぬか』
317カール『御知(おし)らせ(まを)したいは山々(やまやま)なれど、318何分(なにぶん)御存知(ごぞんぢ)(とほ)り、319暗夜(やみよ)(こと)とて御行方(おゆくへ)見失(みうしな)ひ、320どこにどうして御座(ござ)るかと、321(やみ)にさまよふ、322いぢらしさ、323せめて提灯(ちやうちん)(ひと)つあつたなら、324そこらブラブラ ブラついて、325見付(みつ)()したいとは(おも)(ども)326(なに)()うても、327畜生(ちくしやう)ならぬ(ひと)()は、328(かな)しや(よる)()()えぬ、329推量(すゐりやう)あれや(たび)(ひと)
330甲『(なに)()かすのだ。331真面目(まじめ)()はないか』
332カール『折角(せつかく)草臥(くたびれ)になつて、333(やす)みの最中(さいちう)だ。334前達(まへたち)がガサガサとお(そば)()らうものなら、335()をさましては()まないから、336(おれ)()うして一息(ひといき)でも御安眠(ごあんみん)(あそ)ばす(やう)に、337()()めてゐるのだ。338マア(ここ)でゆつくりしたらどうだ。339(まへ)(はる)に、340(いく)(たか)三人(さんにん)ぢやないか』
341甲『オウさうだ。342(しか)(なが)折角(せつかく)此処(ここ)まで()たのだから、343一寸(ちよつと)御挨拶(ごあいさつ)をしたいものだなア』
344カール『(わか)らぬ(やつ)だなア。345明日(あす)になつたら、346いやと()(ほど)御挨拶(ごあいさつ)をさしてやる。347今頃(いまごろ)にお()をさまして安眠(あんみん)妨害(ばうがい)をすると、348警察犯(けいさつはん)処罰令(しよばつれい)でやられるぞ。349()(とも)御挨拶(ごあいさつ)がしたけら、350前達(まへたち)提灯(ちやうちん)()つてるのだから、351勝手(かつて)捜索隊(さうさくたい)組織(そしき)して(さが)したがよからう』
352 四人(よにん)路傍(ろばう)()つて(やか)ましく掛合(かけあ)うて()話声(はなしごゑ)が、353夜敏(よざと)末子姫(すゑこひめ)(みみ)(ひび)いた。354末子姫(すゑこひめ)はやをら()(おこ)し、355(むか)うを()れば十曜(とえう)(もん)(しる)された丸提灯(まるちやうちん)一張(ひとはり)356二三人(にさんにん)(かげ)が、357(もり)(なか)木間(このま)をすかして()えてゐる。358末子姫(すゑこひめ)折角(せつかく)()寝入(ねい)つてゐる捨子姫(すてこひめ)359石熊(いしくま)両人(りやうにん)()をさまさしては()(どく)(おも)(わづら)(なが)ら、360(あか)りを目当(めあて)(さぐ)(あし)にて、361街道(かいだう)(やうや)姿(すがた)(あら)はした。
362末子姫(すゑこひめ)『あなたはカールさまぢや御座(ござ)いませぬか。363(その)提灯(ちやうちん)のお(ひかり)(いづ)れのお(かた)御座(ござ)いますかなア』
364 (この)(こゑ)四人(よにん)(おどろ)き、
365『ハイ只今(ただいま)松若彦(まつわかひこ)(さま)命令(めいれい)()つて、366あなた(さま)御一行(ごいつかう)をお(むか)へに(まゐ)つた使(つかひ)(もの)御座(ござ)います』
367末子姫(すゑこひめ)『それはそれは御親切(ごしんせつ)に、368遠方(ゑんぱう)(ところ)369()くマア()(くだ)さいました。370どうぞ此方(こちら)へお()(くだ)さいませ』
371カール『(まこと)御一同様(ごいちどうさま)372()るもいぶせき茅屋(あばらや)なれど、373カールの住宅(ぢうたく)374サア御遠慮(ごゑんりよ)なうトツトと(おく)御通(おとほ)(あそ)ばせや』
375末子姫(すゑこひめ)『ホヽヽヽ』
376三人(さんにん)『アハヽヽヽ』
377(わら)(なが)ら、378末子姫(すゑこひめ)(あと)(したが)ひ、379二人(ふたり)(ねむ)れる森蔭(もりかげ)(さぐ)()く。
380大正一一・八・一四 旧六・二二 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。