霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 妖雲晴(えううんばれ)〔八五二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第3篇 神縁微妙 よみ:しんえんびみょう
章:第10章 第30巻 よみ:よううんばれ 通し章番号:852
口述日:1922(大正11)年08月15日(旧06月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
石熊は、得意のときには滅茶苦茶に威張るが、弱り目になってくると顔色を真っ青にしてしまう。精神がまだ定まっていない男であった。末子姫に宣り直しを命じられ、カールの忠言を気にしながらまたしても歌い始めたが、その歌には悲哀の情が表されていた。
前の歌よりも、大蛇に語りかけて改心を願う善言美詞的な歌であったが、やはり効果を表さなかった。末子姫になぜ効果が現れないかと問われて石熊は、自分の過去の罪が深いことを大蛇に見透かされており、言霊を聞いてくれないのだと答えた。
末子姫はその心を忘れないようにと石熊を諭し、決して何々教だとか区別を言わずに大慈大悲の大神の御心を汲むことに専心し神様の御為に尽くすことが、神の道の真相であると告げた。
石熊は涙を流して今までの小さき心を捨てて精進することを末子姫に誓った。
末子姫は、石熊の後詰めとして捨子姫を指名し、大蛇に言霊戦を挑むようにと任じた。捨子姫は水面に向かって言葉涼しく言霊歌を宣りはじめた。その歌は、神から生き物が等しく受けた魂を思い、自らも神の御子であることを悟って改心するよう心から述べ奉るというものであった。
捨子姫の言霊はごく簡単なものであったが、天授の精魂清らかにして汚点も曇りもなく、真如の月が心の海に照り輝いていた。その言霊の効用は著しく現れ、荒波はやみ黒雲は晴れ渡って太陽が輝きだした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3010
愛善世界社版:120頁 八幡書店版:第5輯 615頁 修補版: 校定版:129頁 普及版:47頁 初版: ページ備考:
001 石熊(いしくま)(あらた)めて姿勢(しせい)(ただ)し、002(ふたた)水面(すゐめん)(むか)つて、003言霊(ことたま)発射(はつしや)(はじ)めた。004(この)(をとこ)得意(とくい)(とき)には無茶苦茶(むちやくちや)威張(ゐば)るなり、005(すこ)(よわ)()になつて()ると、006顔色(かほいろ)(まで)真青(まつさを)にかへる、007精神(せいしん)(いま)安定(あんてい)しない(をとこ)であつた。008末子姫(すゑこひめ)(ふたた)()(なほ)しを(めい)ぜられ、009(かつ)(また)カールの忠言(ちうげん)(いた)()にして(こころ)(いた)(なが)ら、010()くに()かれぬ因果腰(いんぐわごし)(さだ)めて(また)もや(うた)(はじ)めた。011されど何処(どこ)ともなしにハーモニーを()いた悲哀(ひあい)(じやう)遺憾(ゐかん)なく(あら)はして()た。012(その)(うた)
013(あふ)げば(たか)久方(ひさかた)
014高天原(たかあまはら)()れませる
015皇大神(すめおほかみ)御言(みこと)もて
016豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
017(つく)(かた)(たま)ひつつ
018世人(よびと)(ため)御心(みこころ)
019(くば)らせ(たま)ひし国治立(くにはるたち)
020(かみ)(みこと)御仕組(おんしぐみ)
021(あまね)世人(よびと)(たす)けむと
022三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
023野立(のだち)(かみ)()れまして
024数多(あまた)(かみ)()びつどひ
025(ひら)(たま)ひし(たふと)さよ
026天照(あまてら)します大神(おほかみ)
027弟神(おとうとがみ)()れませる
028神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
029仁慈(じんじ)無限(むげん)瑞御霊(みづみたま)
030(おに)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)
031日々(ひび)(なや)める(くるし)みを
032生言霊(いくことたま)(さち)はひに
033(きよ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
034()(なほ)さむと八洲国(やしまくに)
035(あめ)(あした)(かぜ)(よひ)
036(ゆき)()野辺(のべ)(いと)ひなく
037(とほ)山河(やまかは)(うち)わたり
038大海原(おほうなばら)()えまして
039森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)
040(たす)(たま)へる有難(ありがた)
041皇大神(すめおほかみ)(うづ)()
042(あら)はれませる末子姫(すゑこひめ)
043(いぬゐ)(たき)()れまして
044バラモン(けう)石熊(いしくま)
045大蛇(をろち)(かみ)(ねら)はれて
046(いのち)(あやふ)折柄(をりから)
047三五教(あななひけう)御心(みこころ)
048完美(うまら)委曲(つばら)(あら)はして
049大蛇(をろち)(かみ)()ふも(さら)
050(この)石熊(いしくま)身魂(みたま)まで
051(あは)せて(すく)(たま)ひけり
052()れは(いや)しき(ひと)()
053天地(てんち)()ぢず暗雲(やみくも)
054高照山(たかてるやま)聖域(せいゐき)
055(やかた)(かま)へて()(ひと)
056(かみ)使(つかひ)(ほこ)りつつ
057(にご)(けが)れし言霊(ことたま)
058打出(うちだ)(みだ)四方(よも)(くに)
059()らず()らずに悪神(あくがみ)
060(しこ)(とりこ)となりにける
061あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
062御霊(みたま)(さち)(かうむ)りて
063天地(てんち)()ちし罪穢(つみけが)
064末子(すゑこ)(ひめ)言霊(ことたま)
065伊吹(いぶき)(はら)はれ(すく)はれて
066(いま)(まつた)三五(あななひ)
067(かみ)(しもべ)となりにけり
068(たつみ)(いけ)(そこ)(ふか)
069堅磐常磐(かきはときは)(しづ)まれる
070大蛇(をろち)(かみ)御前(おんまへ)
071()れは(つつし)(かしこ)みて
072生言霊(いくことたま)()りまつる
073大蛇(をろち)(かみ)生神(いきがみ)
074(なんぢ)天地(てんち)皇神(すめかみ)
075御水火(みいき)()れし(かみ)御子(みこ)
076仮令(たとへ)姿(すがた)(かは)(とも)
077(たふと)(かみ)御心(みこころ)
078(きよ)御目(おんめ)()らしなば
079いかで差別(けじめ)のあるべきや
080(なれ)(かみ)()(かみ)(みや)
081()れも(かみ)()(かみ)(みや)
082(たがひ)(むつ)(した)しみて
083天地(てんち)(のり)(つた)へたる
084三五教(あななひけう)(かみ)(みち)
085(ひら)(たま)ひし言霊(ことたま)
086(うづ)(ちから)(あぢ)はひて
087一日(ひとひ)(はや)村肝(むらきも)
088(こころ)岩戸(いはと)(ひら)きつつ
089月日(つきひ)(かげ)(うる)はしく
090(なれ)(こころ)()らせかし
091()れは(いや)しき(ひと)()
092(なれ)(たふと)(かみ)御子(みこ)
093(なれ)(むか)つて言霊(ことたま)
094()(つた)ふべき(ちから)なし
095さは()(なが)()れも(また)
096(たふと)(かみ)御守(みまも)りに
097(うづ)(はしら)(えら)ばれて
098(なれ)(みたま)(すく)はむと
099遥々(はるばる)(たづ)ねて(きた)りけり
100大蛇(をろち)(かみ)生神(いきがみ)
101(こころ)(たひ)らに(やす)らかに
102(いや)しき(もの)言霊(ことたま)
103さげすみ(たま)はず御心(みこころ)
104(しづ)めて(ふか)()(たま)
105これの天地(てんち)はいと(ひろ)
106いかに御池(みいけ)(ひろ)くとも
107いかに水底(みなそこ)(ふか)くとも
108(かぎ)りも()らぬ大空(おほぞら)
109(くら)べて()れば(この)(いけ)
110(もの)(かず)這入(はい)らない
111()かる(ところ)(ひそ)むより
112天地(てんち)()てる言霊(ことたま)
113(ちから)(こころ)(きよ)めまし
114大空(たいくう)(たか)翔登(かけのぼ)
115(たふと)(かみ)(みぎ)()
116(あめ)をば()らせ(かぜ)()かせ
117青人艸(あをひとぐさ)(うるほ)ひを
118(あた)へて(かみ)経綸(けいりん)
119(つか)ふる(かみ)となりませよ
120(さいは)(なれ)身体(からたま)
121(とき)()ずして池底(いけそこ)
122()(ひそ)(とも)時津風(ときつかぜ)
123(ふき)()(かぜ)(たちま)ちに
124天地(てんち)(あひだ)(わだか)まり
125風雨電雷(ふううでんらい)叱咤(しつた)して
126神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(まも)ります
127素質(そしつ)のゐます生神(いきがみ)
128あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
129(かみ)(こころ)()(はか)
130(わが)言霊(ことたま)詳細(まつぶさ)
131(きこ)()しませ惟神(かむながら)
132大蛇(をろち)(かみ)御前(おんまへ)
133三五教(あななひけう)(つか)へたる
134(かみ)(しもべ)石熊(いしくま)
135(つつし)(うやま)八平手(やひらで)
136()ちて勧告(くわんこく)(つかまつ)
137あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
138御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
139 今度(こんど)(もつと)叮嚀(ていねい)善言美詞的(ぜんげんびしてき)言霊(ことたま)()()げた。140され(ども)水面(すゐめん)光景(くわうけい)依然(いぜん)として(もと)(ごと)くであつた。
141末子姫(すゑこひめ)今度(こんど)のあなたの言霊(ことたま)(じつ)(しん)()り、142(めう)(たつ)したと()つても(よろ)しい。143(しか)(なが)ら、144(その)効果(かうくわ)(あら)はれないのは、145あなた如何(どう)御考(おかんが)へなさいますか』
146石熊(いしくま)『ハイ、147(なん)()うても過去(くわこ)(つみ)(ふか)いもので御座(ござ)いますから、148大蛇(をろち)神様(かみさま)馬鹿(ばか)にして、149あの(けが)らはしい小僧(こぞう)()150(なに)猪口才(ちよこざい)な、151殊勝(しゆしよう)らし(こと)()ひよるのだ!……と()(やう)なお心持(こころもち)()いて(くだ)さらないのでせう。152(じつ)にお(はづ)かしう御座(ござ)います』
153末子(すゑこ)『あゝさう御考(おかんが)へになりましたか、154それは(じつ)()御考(おかんが)へで御座(ござ)います。155どうぞ(その)(こころ)(わす)れない(やう)にして(くだ)さい。156さうしてあなたは(べつ)三五教(あななひけう)にお這入(はい)りにならなくても(よろ)しい。157(また)高照山(たかてるやま)とかの立派(りつぱ)(やかた)三五教(あななひけう)(たてまつ)るとか仰有(おつしや)つたように記憶(きおく)して()りますが、158(けつ)してそんな御心配(ごしんぱい)()りませぬ。159(かみ)さまの(まこと)御教(みをしへ)左様(さやう)(ちい)さい区別(くべつ)されたものでは御座(ござ)いませぬ。160三五教(あななひけう)だとか、161バラモン(けう)だとか、162ウラル(けう)だとか、163いろいろ(ちい)さき雅号(ががう)(こしら)へ、164各自(かくじ)(その)区劃(くくわく)(なか)()()まれて蝸牛角上(くわぎうかくじやう)(あらそ)ひをして()(やう)なことでは、165到底(たうてい)大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)には(かな)ひませぬ。166(まこと)(みち)古今(ここん)(つう)じ、167東西(とうざい)(わた)り、168単一無雑(たんいつむざつ)にして、169悠久(いうきう)()宏大(くわうだい)(もの)170(けつ)して教会(けうくわい)とか霊場(れいぢやう)とか、171左様(さやう)()(とら)はれて()(やう)なことでは、172(まこと)(かみ)御心(みこころ)(わか)るものでは御座(ござ)りませぬ。173あなたも三五教(あななひけう)(なか)(よろ)しい(てん)があるとお(みと)めになれば、174そこを御用(おもち)ゐになり、175バラモン(けう)(よろ)しいから、176(わる)いと()のついた(ところ)(けづ)り、177(また)()いことがあれば、178(たれ)()つた言葉(ことば)でも(すこ)しも(かま)ひませぬ。179(ちやう)()(たん)(おぎな)ひ、180完全(くわんぜん)無欠(むけつ)神様(かみさま)御教(みをしへ)何卒(なにとぞ)天下(てんか)拡充(くわくじゆう)されむことを希望(きばう)(いた)します。181(わらは)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)なぞと()はれる(たび)(ごと)に、182(なん)だか狭苦(せまくる)しい(はこ)(なか)へでも押込(おしこ)められる(やう)心持(こころもち)(いた)しまして、183(じつ)(くる)しう御座(ござ)います。184すべて(かみ)(をしへ)自由自在(じいうじざい)解放(かいはう)されて、185(ひと)つの束縛(そくばく)もなく、186惟神的(かむながらてき)でなくてはならないものですよ。187どうぞ(その)(つも)りで今後(こんご)世界(せかい)(ため)に、188神様(かみさま)御為(おんため)(ちから)一杯(いつぱい)(まこと)御尽(おつく)(くだ)さいませ。189これが(この)()(つく)(たま)ひし元津御祖(もとつみおや)大神(おほかみ)190国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)(その)(ほか)(たふと)神々様(かみがみさま)(たい)する三五(あななひ)(みち)真相(しんさう)御座(ござ)いますから……』
191 石熊(いしくま)(なみだ)をハラハラと(なが)し、
192石熊(いしくま)如何(いか)にも公平(こうへい)無私(むし)にして、193理義(りぎ)明白(めいはく)なる(ひめ)(さま)御教訓(ごけうくん)194いやモウ(じつ)今日(けふ)結構(けつこう)御神徳(ごしんとく)(いただ)きました。195今後(こんご)はキツと今迄(いままで)(やう)(ちい)さい(こころ)()たず、196(つと)めて大神様(おほかみさま)御心(みこころ)(かな)ひまつるべく、197努力(どりよく)する(かんが)へで御座(ござ)います。198何卒(なにとぞ)御見捨(おみす)てなく、199愚者(おろかもの)(わたし)200御指導(ごしだう)(ほど)幾重(いくへ)にも(ねん)()(たてまつ)ります』
201合掌(がつしやう)し、202感謝(かんしや)(なみだ)(こゑ)さへかすんでゐた。
203末子(すゑこ)『モシ捨子姫(すてこひめ)(さま)! あなた御苦労(ごくらう)ですが、204大蛇(をろち)神様(かみさま)言霊(ことたま)をお手向(たむ)(くだ)さいませぬか? 石熊様(いしくまさま)があの(とほ)りの不結果(ふけつくわ)(をは)られましたから、205(その)補充(ほじゆう)として、206貴女(あなた)御奮戦(ごふんせん)御願(おねがひ)(いた)します』
207捨子(すてこ)左様(さやう)なれば、208(あふ)せに(したが)ひ、209言霊(ことたま)()らして(いただ)きませう』
210()(なが)ら、211山岳(さんがく)(ごと)く、212(なみ)()ちさわぐ水面(すゐめん)(むか)つて、213言葉(ことば)(すず)しく(きよ)言霊(ことたま)()(はじ)めたり。
214(たつみ)(いけ)永久(とこしへ)
215(しづ)まりゐます生神(いきがみ)
216いづの御前(みまへ)捨子姫(すてこひめ)
217(あめ)(つち)との神々(かみがみ)
218(さづ)(たま)ひし言霊(ことたま)
219(ここ)(つつし)()りまつる
220あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
221(かみ)(つく)りし(かみ)(くに)
222(かみ)(まも)りし(かみ)(くに)
223()()でませる人艸(ひとぐさ)
224森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)
225(かみ)(かみ)との御恵(みめぐみ)
226()けざるものはあらざらむ
227大蛇(をろち)(かみ)生神(いきがみ)
228(かみ)より()けし(その)身魂(みたま)
229時世時節(ときよじせつ)()(なが)
230(そこ)ひも()れぬ(この)(いけ)
231(しの)びゐますは何故(なにゆゑ)
232天津御空(あまつみそら)もいや(たか)
233(かけ)りて(この)()(まも)るべき
234()()()にも皇神(すめかみ)
235(うづ)御楯(みたて)(えら)ばれし
236(たふと)身魂(みたま)にあらざるか
237森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)
238永遠無窮(えいゑんむきう)生命(せいめい)
239(あた)(たす)くる言霊(ことたま)
240(かみ)御水火(みいき)(うべな)ひて
241一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
242御池(みいけ)(なみ)()()けて
243天津御空(あまつみそら)生神(いきがみ)
244(かへ)らせ(たま)三五(あななひ)
245(かみ)(をしへ)(つか)へたる
246捨子(すてこ)(ひめ)真心(まごころ)
247こめて(ひとへ)()ひまつる
248あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
249(かみ)御霊(みたま)()けまして
250(かぎり)()れぬ大空(おほそら)
251(たふと)(かみ)()れませよ
252神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
253(うづ)御子(みこ)なる末子姫(すゑこひめ)
254(その)言霊(ことたま)(かうむ)りて
255()()(すす)(たてまつ)
256()()(すす)(たてまつ)
257あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
258御霊(みたま)(さち)はひましまして
259捨子(すてこ)(ひめ)言霊(ことたま)
260(そら)()(かぜ)(かは)()
261(おと)見逃(みのが)(たま)ふまじ
262大蛇(をろち)(かみ)御前(おんまへ)
263(こころ)をこめて()べまつる
264(こころ)(たけ)()かしつる』
265(うた)(をは)つた。266捨子姫(すてこひめ)言霊(ことたま)(きは)めて、267簡単(かんたん)なれ(ども)268天授(てんじゆ)精魂(せいこん)(きよ)らかにして、269一点(いつてん)汚点(をてん)もなく、270暗雲(あんうん)もなく、271真如(しんによ)(つき)(こころ)(うみ)(かがみ)(ごと)()(かがや)()たれば、272(その)言霊(ことたま)効用(かうよう)(いちじる)しく(あら)はれて、273さしもに(たか)かりし荒波(あらなみ)次第々々(しだいしだい)(しづ)まり、274四辺(あたり)(つつ)みし黒雲(くろくも)(たちま)()れわたり、275マバラの(あめ)(にはか)()りやみ、276天津御空(あまつみそら)には金色(きんしよく)太陽(たいやう)晃々(くわうくわう)(かがや)(はじ)(たま)うた。277あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
278大正一一・八・一五 旧六・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。