霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 日暮(ひぐら)シの(かは)〔八六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第4篇 修理固成 よみ:しゅうりこせい
章:第18章 第30巻 よみ:ひぐらしのかわ 通し章番号:860
口述日:1922(大正11)年08月16日(旧06月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国依別一行は、日暮シ川のほとりにさしかかった。国依別は、旱魃のせいで川の水が減じたことに感慨を述べた。キジは、日暮シ川の上流にはウラル教の拠点があること、近年はバラモン教と激しく争っていたことを説明した。
川の水が多かったときには、ウラル教徒は舟で川を遡り、壮大な岩窟へ参詣したという。国依別、キジ、マチがウラル教の聖場について話し合っていると、日暮シ川の上流から、三葉葵紋の旗を押し立てて、武装した兵たちが進軍してくるのが見えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3018
愛善世界社版:210頁 八幡書店版:第5輯 646頁 修補版: 校定版:224頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
002国依別(くによりわけ)御倉山(みくらやま)
003(やしろ)(あと)立出(たちい)でて
004山河(やまかは)(わた)野路(のぢ)()
005(やうや)くチルの村外(むらはづ)
006(あら)しの(もり)辿(たど)りつき
007(いき)(やす)むる折柄(をりから)
008日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)
009(かま)へて(をしへ)(ひら)きたる
010ウラルの(ひこ)(その)一派(いつぱ)
011ブール教主(けうしゆ)(はじ)めとし
012ユーズ、アナンの両人(りやうにん)
013左右(さいう)(ちから)(たの)みつつ
014数多(あまた)部下(ぶか)引連(ひきつ)れて
015(あら)しの(もり)()(きた)
016国依別(くによりわけ)取囲(とりかこ)
017(ただ)一討(ひとう)ちにせむものと
018(むら)がり(きた)可笑(をか)しさよ
019国依別(くによりわけ)泰然(たいぜん)
020(こころ)(ゆたか)(くち)(うち)
021生言霊(いくことたま)()()へて
022琉球島(りうきうたう)打渡(うちわた)
023(たつ)(あぎと)宝玉(ほうぎよく)
024受取(うけと)(たま)神力(しんりき)
025(おの)身魂(みたま)(をさ)めつつ
026天下無双(てんかむさう)神人(しんじん)
027()()ましたる今日(けふ)(たび)
028数多(あまた)(てき)打向(うちむか)
029右手(めて)(こぶし)(にぎ)りつめ
030示指(ひとさしゆび)()()べて
031押寄(おしよ)(きた)敵軍(てきぐん)
032(むか)つて霊光(れいくわう)発射(はつしや)せば
033威力(ゐりよく)()たれて一同(いちどう)
034雪崩(なだれ)をうつて()げて()
035国依別(くによりわけ)只一人(ただひとり)
036(もろ)くも()()(てき)(かげ)
037目送(もくそう)しつつ高笑(たかわら)
038(かみ)威徳(ゐとく)感謝(かんしや)する
039(とき)しもあれやスタスタと
040(あら)はれ(きた)(ひと)(かげ)
041マチ、キジ二人(ふたり)信徒(まめひと)
042国依別(くによりわけ)(まへ)()
043両手(りやうて)をついて(かた)(やう)
044(わたし)はチルの国人(くにびと)
045ウラルの(かみ)(ほう)じたる
046マチとキジとの両人(りやうにん)
047饑饉(ききん)(やく)(くるし)みて
048(たま)(いのち)今日(けふ)明日(あす)
049(せま)(きた)れる(くるし)さに
050国魂神(くにたまがみ)(まつ)りたる
051(やしろ)(した)谷川(たにがは)
052(かみ)使(つかひ)御倉魚(みくらうを)
053姿(すがた)(なが)()(あは)
054無事(ぶじ)安全(あんぜん)(いの)(をり)
055ウラルの(みち)宣伝使(せんでんし)
056数多(あまた)(ひき)つれ()(きた)
057軽生重死(けいせいぢうし)(のり)()
058さは()(なが)吾々(われわれ)
059(にく)(いのち)のある(かぎ)
060パンをば(よそ)(かみ)(みち)
061(うへ)なく(たふと)くあればとて
062現当利益(げんたうりやく)あらざれば
063やはか(うべな)ひまつるべき
064如何(いかが)はせむと、とつおいつ
065否定(ひてい)(やみ)(なや)(をり)
066()にも(たふと)宣伝使(せんでんし)
067三五(さんご)(げつ)御教(みをしへ)
068御空(みそら)(きよ)(あきら)かに
069()らせ(たま)ひて神代(かみよ)より
070(かみ)(きん)ぜし御倉魚(みくらうを)
071(とら)へて(くら)(たま)()
072(いのち)をつなぎ(この)()をば
073天国(てんごく)浄土(じやうど)相見做(あひみな)
074(たふと)(いのち)(なが)らへて
075現世(げんせ)(なが)(はたら)けと
076(おも)ひもかけぬ天来(てんらい)
077(すく)ひの(みち)福音(ふくいん)
078吾等(われら)一同(いちどう)(よみがへ)
079歓喜(くわんき)(あめ)(たちま)ちに
080(なみだ)となりて谷川(たにがは)
081(なが)(そそ)ぎし(たふと)さよ
082あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
083かかる(たふと)神人(しんじん)
084吾等(われら)はいかでおめおめと
085(この)(まま)見逃(みのが)しまつらむや
086(いのち)(かぎ)御後(おんあと)
087(した)ひて(きみ)教言(をしへごと)
088さし(ゆる)されて天国(てんごく)
089(きよ)(をしへ)四方(よも)(くに)
090(くさ)片葉(かきは)(いた)(まで)
091(めぐみ)(つゆ)(あた)へむと
092吾等(われら)二人(ふたり)(しめ)()
093故郷(こきやう)(あと)にしとしとと
094御後(おあと)(した)(きた)りけり
095国依別(くによりわけ)神司(かむづかさ)
096何卒(なにとぞ)吾等(われら)(ねがひ)をば
097(きよ)(ゆる)させ(たま)へかし
098大御恵(おほみめぐ)みの万分一(まんぶいち)
099(むく)いまつらむ吾々(われわれ)
100(かた)(こころ)千代(ちよ)八千代(やちよ)
101五六七(みろく)()まで(かは)らじと
102(こころ)(さだ)めし益良夫(ますらを)
103(まこと)()けさせ(たま)へよと
104(なみだ)(とも)(たの)()
105国依別(くによりわけ)(やや)(しば)
106思案(しあん)にくれて()たりしが
107あゝ是非(ぜひ)もなし是非(ぜひ)もなし
108(かみ)(をしへ)取次(とりつぎ)
109一人(ひとり)(たび)大神(おほかみ)
110(さだ)(たま)ひし(みち)なれど
111(なれ)(せつ)なる(その)(ねが)
112無下(むげ)(ことわ)(よし)もなし
113(しか)らば(われ)(したが)ひて
114三五教(あななひけう)御為(おんため)
115皇大神(すめおほかみ)御尾前(みをさき)
116(つか)へまつれよマチ、キジよ
117天津大神(あまつおほかみ)国津神(くにつかみ)
118国魂神(くにたまがみ)相誓(あひちか)
119(なれ)(ねが)ひを(ゆる)すべし
120あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
121御霊(みたま)(さち)はひましませと
122生言霊(いくことたま)()りつれば
123マチ、キジ二人(ふたり)雀躍(こをどり)
124(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
125仮令(たとへ)()(すゑ)(やま)(おく)
126千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)(まで)
127(かみ)(つか)へし神司(かむづかさ)
128国依別(くによりわけ)宣言(のりごと)
129(ひと)つも(そむ)かず村肝(むらきも)
130(こころ)(めい)じて(まも)らなむ
131あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
132(かみ)御蔭(みかげ)(あづか)りて
133今日(けふ)(うれ)しき(たび)(そら)
134国依別(くによりわけ)生宮(いきみや)
135御弟子(みでし)となりて(つか)()
136天地(てんち)(ひら)けし(はじ)めより
137(まこと)(かみ)(めぐ)()
138(めぐみ)(つゆ)にうるほひて
139夜露(よつゆ)宿(やど)月影(つきかげ)
140()(をが)みつつ(すす)()
141吾等(われら)如何(いか)なる果報(くわはう)ぞと
142(よろこ)(くる)ふぞ(いさ)ましき。
143 キジ、144マチの新入(しんにふ)信者(しんじや)国依別(くによりわけ)(したが)ひ、145ヒルの(みやこ)()して、146(すず)しき(よる)(みち)(よろこ)(いさ)んで(すす)()く。147日暮(ひぐら)(やま)渓谷(けいこく)より(なが)(きた)大河(おほかは)()辿(たど)()いた。148(ひろ)河中(かちう)清流(せいりう)ゆるやかに(なが)れて()る。149されど永日(えいじつ)旱魃(かんばつ)河水(かすゐ)(ほそ)り、150(いま)(かは)一方(いつぱう)のみ(おび)(ごと)く、151(みづ)が、152(ぢやう)目的(もくてき)(なが)れて()た。153国依別(くによりわけ)立止(たちど)まり、
154国依(くにより)『ヤア、155(これ)有名(いうめい)日暮(ひぐら)シの(かは)だなア。156随分(ずゐぶん)(ひろ)(かは)だが、157(この)(ごろ)大旱魃(だいかんばつ)にて河水(かすゐ)余程(よほど)(げん)じたと()える。158これ(ばか)りは人間(にんげん)として如何(いかん)ともすることが出来(でき)ないなア』
159キジ『宣伝使(せんでんし)(さま)160(この)川上(かはかみ)には日暮(ひぐら)(やま)霊場(れいぢやう)()つて、161ウラル(けう)一派(いつぱ)(だい)なる岩窟(がんくつ)()り、162其処(そこ)盤古神王(ばんこしんわう)(れい)(まつ)り、163非常(ひじやう)勢力(せいりよく)御座(ござ)いましたが、164テルの(くに)高照山(たかてるやま)(ふもと)にバラモン(けう)石熊(いしくま)()宣伝使(せんでんし)(あら)はれ、165非常(ひじやう)勢力(せいりよく)にて、166ウラル(けう)勢力(せいりよく)範囲(はんゐ)()()り、167数多(あまた)信徒(しんと)(つく)りました(ため)168(この)(ごろ)では余程(よほど)衰頽(すゐたい)した様子(やうす)御座(ござ)います。169(この)(あひだ)御倉山(みくらやま)谷川(たにがは)(あら)はれ、170あなたの言霊(ことたま)辟易(へきえき)して逃帰(にげかへ)りたる教主(けうしゆ)のブールと()ふのが、171(この)水上(みなかみ)なる霊場(れいぢやう)割拠(かつきよ)して()ります』
172国依(くにより)『あゝさうであつたか。173随分(ずゐぶん)難所(なんじよ)だらうな』
174キジ『非常(ひじやう)難所(なんじよ)御座(ござ)いますが、175いつも(この)日暮(ひぐら)(がは)(きよ)(みづ)(ふか)くゆるやかに(なが)れて()りますので、176(その)山麓(さんろく)まで()かけ(ぶね)(まゐ)ります。177さうして交通(かうつう)円滑(ゑんくわつ)にやつてゐましたが、178()(かは)(みづ)がなくなつては、179大変(たいへん)不便(ふべん)御座(ござ)います。180(わたし)一二回(いちにくわい)181ウラル(けう)信者(しんじや)として参拝(さんぱい)した(こと)御座(ござ)いますが、182それそれは(じつ)立派(りつぱ)岩窟(がんくつ)で、183()(とど)かぬ(やう)(ひろ)いもので御座(ござ)います』
184国依(くにより)一度(いちど)探険(たんけん)()つて()たいものだなア』
185マチ『そりや余程(よほど)面白(おもしろ)いでせう。186あなたを桃太郎(ももたらう)とし、187キジ(こう)雉子(きじ)(やく)をつとめ、188(わたくし)はマチと()()のついた(いぬ)になつて御案内(ごあんない)(いた)しませう。189(しか)(さる)(やく)をつとめる(もの)がないので、190(ひと)(こま)りましたなア』
191国依(くにより)『アハヽヽヽ、192そりやよい(おも)()きだ。193(しか)随分(ずゐぶん)(とほ)いだらうな』
194マチ『里程(りてい)(ひと)(うはさ)()れば、195八里(はちり)だとか、196十里(じふり)だとか、197(なか)には十三里(じふさんり)あるとか、198マチマチの(うはさ)ですから、199(その)(ちう)()つて()九里(くり)(くらゐ)にして()いたら如何(いかが)でせうなア』
200キジ『そんな道寄(みちよ)りをやつてゐますと、201ヒルの(みやこ)()くのが(おそ)くなります。202(いづ)れヒルを()まして、203ゆるゆるお()しになつたら如何(いかが)でせう、204(さる)(やく)(つと)める(もの)(また)ヒルの(みやこ)出来(でき)ませうから……』
205国依(くにより)『あゝそれも()からう。206どつさりと金銀珠玉(きんぎんしゆぎよく)207珊瑚樹(さんごじゆ)208瑪瑙(めのう)209しやこなどあらゆる宝玉(ほうぎよく)満載(まんさい)して、210桃太郎(ももたらう)凱旋(がいせん)面白(おもしろ)からう』
211(わら)(ばなし)(ふけ)つてゐる。
212 ()かる(ところ)川上(かはかみ)(はう)から、213(つき)(ひかり)(またた)(なが)ら、214幾十旒(いくじふりう)とも()れぬ白旗(しらはた)に、215三葉葵(みつばあふひ)(もん)(あか)()()いて、216夜風(よかぜ)(なび)かせつつ、217幾百(いくひやく)とも()れぬ人影(ひとかげ)218蜈蚣(むかで)(ぢん)()(なが)(かは)沿()ひ、219足許(あしもと)(さわ)がしく、220(いそが)しげに此方(こなた)(むか)つて(すす)()一隊(いつたい)があつた。221これぞアナン、222ユーズの引率(いんそつ)せるウラル(けう)宣伝使(せんでんし)223信徒(しんと)一団(いちだん)がヒルの(みやこ)(むか)つて()()途中(とちう)である。
224大正一一・八・一六 旧六・二四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。