霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第73巻(子の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
「天祥地瑞」篇は大宇宙の根本の世界「紫微天界(しびてんかい)」の修理固成が描かれる。第73~75巻は太元顕津男(おほもとあきつを)の神の国生み神生みの旅の物語である。

まず本巻では、言霊によって紫微天界が創られてゆく様子と、太元顕津男の神が旅立って、御樋代神(みひしろがみ)と出会い、御子が生まれて行く様子が記されている。
第1~14章
言霊の働きによって紫微天界が創造され、その中心部にス神(天之峰火夫(あまのみねひを)の神)が祀られた。
天之道立(あめのみちたつ)の神は厳の御霊として西の宮(紫微宮)の神司として、太元顕津男の神は瑞の御霊として東の宮(高地秀の宮)の神司として奉仕する。
ス神から国生み神生みの神業を命じられた太元顕津男の神は、高野比女の神を正妃と定めて東の宮から神業を開始する。
第15~25章
太元顕津男の神の神業を理解する神は少なく、神格・神業が根本的に異なる天之道立の神はもちろん、神々は口をそろえて反対した。その上、自分の配下からも反抗する神々が出てきたため、東の宮を離れて神業を遂行することを決心する。
栄城山(さかきやま)の頂上で天津祝詞を奏上し神業の完成を祈ると、その言霊に感動した神々が集い太元顕津男の神を助けることになった。
その後、須佐の川辺で御樋代神の如衣比女(ゆくへひめ)の神とめぐり会い、高照山にて、国魂神の美玉姫の命が生まれる。
第26~37章
東雲国(しののめこく)の「玉泉郷」で御樋代神の世司比女(よつかさひめ)の神とめぐり会い、日向姫の命が生まれる。
三笠山の聖場「玉手の宮」では御樋代神の現世比女(うつしよひめ)の神とめぐり会い、玉手姫の命が生まれる。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
(造化三神)
天之峯火夫の神スの言霊、(スの大神、大国常立神言)
宇迦須美の神ウの言霊
天津日鉾の神
(左守)
大津瑞穂の神オの言霊
天津瑞穂の神アの言霊
(右守)
高鉾の神タの言霊
神鉾の神カの言霊

天津真言の神マの言霊
速言男の神ハの言霊
天之高火男の神(狭依男の神)
天之高地火の神

言幸比古の神速言男の神の左守
言幸比女の神速言男の神の右守
日高見の神紫微宮の宮司

味鋤の神
天之道立の神西の宮の神司
日照男の神日中を守る
夜守の神夜を守る
玉守の神朝を守る
戸隠の神夕を守る

太元顕津男の神東の宮(高地秀の宮)の神司
高野比女の神太元顕津男の神の正妃
(太元顕津男の神の近侍「八柱の女神」)
宇都子比女の神
朝香比女の神
梅咲比女の神
花子比女の神
香具の比女の神
小夜子比女の神
寿々子比女の神
狭別の比女の神

遠津御幸の神片照の神魂之男の神日之本の神以下十六柱太元顕津男の神と高野比女の神の嫁ぎの神祝に集まった神々

(15章~、高照山)
大御母の神
如衣比女の神高照山の御樋代神
美玉姫の命高照山の国魂神、太元顕津男の神と如衣比女の神の御子

眼知男の神(目の神)、味豊の神、照男の神
明晴男の神、近見男の神
大物主の神
真澄の神
輝夫の神

(30章~、東雲神国の玉泉郷)
世司比女の神御樋代神
河守比女の神侍女
日向姫の命玉泉郷の国魂神、太元顕津男の神と世司比女の神の御子

(36章~、三笠山の玉手の宮)
現世比女の神御樋代神
玉手姫の命三笠山の国魂神、太元顕津男の神と現世比女の神の御子
三笠比女の神御子の養育係
園屋比古の神宮司
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第七十三巻』天声社、1983(昭和58)年5月28日 七版
初版発行日:1933(昭和8)年11月22日