霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 高日(たかひ)(みや)〔一八五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第2篇 高照神風 よみ:たかてるしんぷう
章:第19章 高日の宮 よみ:たかひのみや 通し章番号:1850
口述日:1933(昭和8)年10月13日(旧08月24日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
太元顕津男の神が高日の宮にやってきてみれば、そこは常磐の松が繁り栄え、庭には白砂、木陰に七色の草花が咲き乱れ、荘厳さ麗しさはたとえるものもないほどであった。
明晴男の神、近見男の神たちが出迎え、駒のくつわを取り、歓迎の歌を歌った。
顕津男の神、如衣比女の神は、大御母の神のはからいでこのような美しい所に留まることができ、喜びの歌を歌った。
目の神は、顕津男の神の来臨によってもたらされる福音の喜びを歌い返した。
顕津男の神は八尋殿に導きいれられる。大御母の神は、この八尋殿は顕津男の神が永遠に鎮まり、如衣比女とみあって国造りをするために建てさせたものだと歌う。
ここに、顕津男の神と如衣比女の神は婚ぎの式を行い、八十年の間、この宮居に鎮まった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 77頁 修補版: 校定版:169頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、002大御母(おほみはは)(かみ)003眼知男(まなこしりを)(かみ)先頭(せんとう)にて万神(ばんしん)(おく)られながら、004高照山(たかてるやま)山麓(さんろく)高日(たかひ)(みや)清所(すがど)につき(たま)へば、005常磐木(ときはぎ)(まつ)(ひる)もほの(ぐら)きまで(しげ)(さか)え、006(には)()白砂(はくしや)()きまはされ、007木蔭(こかげ)(には)(うへ)には七色(なないろ)草花(くさばな)爛漫(らんまん)として()(みだ)れ、008その荘厳(さうごん)(うるは)しさ(たと)ふるに(もの)なかりける。
009 ここに明晴男(あけはるを)(かみ)010近見男(ちかみを)(かみ)(たち)は、011(しろ)薄衣(うすぎぬ)(まと)ひながらうやうやしく()(むか)へ、012()大御母(おほみはは)(かみ)()らせる(こま)(くつわ)をとらせ(たま)ひて、
013大御母(おほみはは)(かみ)神言(みこと)(はか)らひに
014四方(よも)雲霧(くもきり)()()れの(かみ)
015(くも)りたる()今日(けふ)よりは明晴(あけはる)
016(かみ)(こころ)(たの)しかりける』
017 大御母(おほみはは)(かみ)馬上(ばじやう)より(くだ)らむとして、
018()(かみ)(うづ)(めぐみ)にひたされて
019太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)(むか)へし
020今日(けふ)よりは高照山(たかてるやま)雲霧(くもきり)
021くまなく()れむたのもしの()や』
022(うた)はせつつひらりと(こま)(くだ)り、023顕津男(あきつを)(かみ)()らせる(こま)(くつわ)をとりながら、
024『はるばると()ませる(かみ)此処(ここ)はしも
025わが住家(すみか)ぞや()(くだ)りませ
026顕津男(あきつを)(かみ)()()にます(うへ)
027これの神国(みくに)(やす)(さか)えむ』
028 顕津男(あきつを)(かみ)馬上(ばじやう)より、029大御母(おほみはは)(かみ)御歌(みうた)にて(こた)(うた)(たま)ふ。
030『いく山脈(やまなみ)()えてわれをば(むか)へましし
031岐美(きみ)真心(まごころ)かたじけなみおもふ
032岐美(きみ)()むうづの清所(すがど)(みちび)かれ
033(うれ)しさあまりて(こと)()もなし』
034 如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)馬上(ばじやう)(くだ)らむとして(うた)(たま)ふ。
035(やま)(きよ)(みづ)また(きよ)()(かぜ)
036(すず)しき清所(すがど)(よみがへ)るかな
037()岐美(きみ)御供(みとも)(つか)へてわれは(いま)
038(うづ)清所(すがど)(よみがへ)りつつ
039大御母(おほみはは)(かみ)御言(みこと)(はか)らひに
040われあこがれの岐美(きみ)()ひぬる』
041 眼知男(まなこしりを)(かみ)(よろこ)びにたへず、042御手(みて)上下(じやうげ)左右(さいう)()りながら(をど)(くる)ひつつ(うた)(たま)ふ。
043(とし)といふ(とし)はあれども(つき)といふ
044(つき)はあれども()()てふ
045八十日(やそか)びあれど今日(けふ)()
046如何(いか)なる(かみ)御恵(みめぐみ)
047太元神(おほもとがみ)()れまして
048われ()(もも)福音(ふくいん)
049(をし)(みちび)(たま)ひつつ
050これの神国(みくに)(たひ)らかに
051いと(やす)らかに永久(とこしへ)
052()てさせ(たま)ふぞ(たふと)けれ
053われは神力(しんりき)()(かみ)
054如何(いか)(こころ)をあせれども
055みたまの(くも)(ふか)くして
056()(てら)すべき(すべ)もなし
057()(かみ)(ひと)はいへどもこの(まなこ)
058足下(あしもと)さへも()えわかぬ
059半日先(はんにちさき)(こと)さへも
060(あき)らめかぬる(たましひ)
061(ふか)きくもりを如何(いか)にせむ
062今日(けふ)より(すべ)てを(あたら)しく
063(まなこ)ひらきて大道(おほみち)
064(つか)へまつらむ()(かみ)
065みたまをあはれみ(たま)へかし
066今日(けふ)()()()(とき)
067天地(てんち)(かみ)御計(みはか)らひ
068いよいよ高照山(たかてるやま)()
069雲霧(くもきり)はれて日月(じつげつ)
070(ひかり)(ちか)(あふ)ぐべし
071ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
072恩頼(みたまのふゆ)ぞかしこけれ』
073 顕津男(あきつを)(かみ)出迎(でむか)への諸神(しよしん)(みちび)かれ八尋殿(やひろどの)(おく)(ふか)()(たま)ふ。074顕津男(あきつを)(かみ)八尋殿(やひろどの)荘厳(さうごん)さを()(うた)(たま)ふ。
075『うるはしき(ひろ)御殿(みとの)(みちび)かれ
076わが(むね)とみに()けはなれけり
077(いま)しばしこれの御殿(みとの)にとどまりて
078(くに)ひらかばや(ちから)(かぎ)りを』
079 大御母(おほみはは)(かみ)はこの御歌(みうた)()きて(うた)(たま)ふ。
080顕津男(あきつを)(かみ)よつぶさに(きこ)()
081これの清所(すがど)岐美(きみ)のみあらか
082()(かみ)(うづ)()さしに()()めに
083われは御殿(みとの)(つく)りて()てるも
084この(みや)(みづ)御霊(みたま)(つき)(かみ)
085永久(とは)にまつれる清所(すがど)なるぞや
086月神(つきかみ)御霊(みたま)()れし岐美(きみ)なれば
087(やす)くましませ(こころ)おきなく
088(なれ)こそは如衣(ゆくえ)比女(ひめ)とみあひまして
089国造(くにつく)りませ外字(うまら)委曲(つばら)に』
090顕津男(あきつを)(かみ)百神(ももかみ)神生(かみう)みの(わざ)とざされて
091国造(くにつく)りせむと此処(ここ)()にけり
092今日(けふ)よりは(たれ)(はばか)らず如衣比女(ゆくえひめ)
093(ちから)をあはせて神業(みわざ)(つか)へむ』
094 如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)末座(まつざ)端坐(たんざ)しながら莞爾(くわんじ)として(うた)(たま)ふ。
095幾年(いくとせ)岐美(きみ)()ちわびし甲斐(かひ)ありて
096(たの)しき今日(けふ)となりにけらしな
097今日(けふ)よりはわが(たましひ)()(なほ)
098(つつし)(かしこ)神業(みわざ)(つか)へむ』
099 ここに比古(ひこ)比女(ひめ)二柱神(ふたはしらかみ)大御母(おほみはは)(かみ)のとりもちによりて、100高日(たかひ)八尋殿(やひろどの)目出度(めでたく)(とつ)ぎの(のり)をとり(おこな)(たま)ひ、101八十年(やそとせ)(あひだ)これの宮居(みやゐ)(しづ)まり(たま)ひぬ。
102昭和八・一〇・一三 旧八・二四 於水明閣 林弥生謹録)