霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 直会宴(なほらひのえん)〔四九八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第1篇 天岩戸開(一) よみ:あまのいわとびらき(一)
章:第2章 直会宴 よみ:なおらいのえん 通し章番号:498
口述日:1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
磐楠彦の三人の息子・高光彦、玉光彦、国光彦は、筑紫島に渡り、イホの都に宣伝歌を歌いながらやって来た。
三人はとある森林にやってきて、野宿に一夜の宿を取った。そこには小さな国魂神の祠があった。夜中ごろ、大勢の人が祠にやってくる物音がした。兄弟は目を覚まし、耳を傾けた。
一人の男が代表して神酒を献じ、何事か祈りを捧げた。続いて直会の宴になり、人々のざわめきが聞こえた。
兄弟たちが人々の話を窺っていると、天候不順で不作の村では、村人たちが酋長や長者の春公に不満を持ち、財産を開放するように要求していた。酋長や春公は、蓄えはまさかのときの備えであって、ここは耐えて生活をなんとかつないで凌ぐ時機だと説得している。
村人たちはほとんどがウラル教だったが、酋長と春公は三五教であることを自ら明かしていた。
村人の初公は、ついに強硬手段に出て、人々を率いて酋長と春公に襲い掛かった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:14頁 八幡書店版:第2輯 630頁 修補版: 校定版:14頁 普及版:5頁 初版: ページ備考:
001千歳(ちとせ)老松(らうしよう)雲表(うんぺう)
002(そび)えて(たか)万寿山(まんじゆざん)
003堅磐(かきは)常盤(ときは)(まつ)()
004(しら)磐樟彦(いはくすひこ)(かみ)
005(はな)(くれなゐ)()(みどり)
006(はな)(みやこ)(みどり)(なが)
007フサの(くに)をば(あと)にして
008聖地(せいち)()えて(ここ)兄弟(きやうだい)三人(さんにん)
009住江(すみのえ)(くに)跋渉(ばつせふ)
010イホの(みやこ)ものり()えて
011(いよいよ)筑紫(つくし)(しま)()
012(こころ)つくしの益良男(ますらを)
013純世(すみよ)(ひめ)(しづ)まりし
014(その)国魂(くにたま)(きよ)めむと
015(かみ)(をしへ)白瀬川(しらせがは)
016()()()()(いつ)()つの(たき)
017水音(みなおと)(たか)宣伝歌(せんでんか)
018(うた)(うた)ひて(すす)()く。
019 高光彦(たかてるひこ)020玉光彦(たまてるひこ)021国光彦(くにてるひこ)三人(さんにん)は、022イホの(みやこ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(すす)()くのであつた。
023 ()黄昏(たそが)れて(なが)春日(はるひ)(たび)(つか)れたる三人(さんにん)は、024とある森林(しんりん)(みの)()き、025(つゆ)(しの)ぎ、026一夜(いちや)()かしけり。
027 此処(ここ)には(ちひ)さき国魂神(くにたまがみ)(ほこら)あり。028三人(さんにん)(ほこら)(うしろ)()(よこ)たへ(ねむ)つて()ると、029夜半(よは)(おぼ)しき(ころ)大勢(おほぜい)人声(ひとごゑ)(きこ)()たり。030三人(さんにん)はこの(こゑ)()()まし、031(みみ)(かたむ)け、032(その)(はなし)(ひそ)かに()()る。033群集(ぐんしふ)(なか)より一人(ひとり)(をとこ)(えら)ばれたるが、034(ほこら)(まへ)()(あら)はれ灯火(とうくわ)(けん)じ、035神酒(みき)(ささ)何事(なにごと)祈願(きぐわん)()(をは)つて直会(なほらひ)(えん)(うつ)りしと()え、036人々(ひとびと)(こゑ)刻々(こくこく)(たか)くなり、037(うた)ふもの、038()むもの、039(をど)るもの、040()く、041(わら)ふ、042(いか)る、043種々(しゆじゆ)様々(さまざま)活劇(くわつげき)(えん)ぜられつつありける。
044 三人(さんにん)(ほこら)(かげ)より(ゆか)しげに人々(ひとびと)(はなし)を、045(みみ)()まし、046(いき)(ころ)して(うかが)()る。
047(かふ)『ヨウ、048酋長(しうちやう)さま、049御苦労(ごくらう)さまでしたが神様(かみさま)(なん)御告(おつ)げがありましたか』
050酋長(しうちやう)()つたでもなし、051()かつたでもなし。052マアマア(みな)(もの)(こころ)(ひと)つにして(ぜん)(あく)とを(わきま)へ、053(ぜん)(はう)(すす)むより仕方(しかた)がないなア』
054(おつ)膳飽(ぜんあく)()つたつて、055(この)(ごろ)(やう)百日(ひやくにち)(ばか)日天様(につてんさま)御顔(おかほ)もろくに()えず、056月様(つきさま)(くも)()ちで(よる)(ほと)ンど(しん)(やみ)057(ひる)()つた(ところ)(いま)までの朧月夜(おぼろつきよ)(やう)なものだ。058これでは五穀(ごこく)(みの)らず果物(くだもの)(みな)(むし)()つて()へる(やう)になるまでにバタリと()()ちる。059病気(びやうき)彼方(あちら)此方(こちら)(おこ)る。060大勢(おほぜい)人間(にんげん)()べる(こめ)はなし、061果物(くだもの)はなし、062どうして(ぜん)()(こと)出来(でき)るものか』
063(かふ)『オイ、064貴様(きさま)間違(まちが)つてゐるよ。065(ぜん)()へば正直(しやうぢき)(こころ)()つて神様(かみさま)(うやま)ひ、066(わが)()()てても(ひと)()めになる(こと)をするのだ。067(あく)といへばそれの反対(はんたい)だよ』
068(おつ)『そんな(こと)三歳児(みつご)でも()つてるワイ。069()(こと)をすれば(その)(とき)から気分(きぶん)()くなる。070(わる)(こと)をすれば(なん)となしに気分(きぶん)(わる)い。071何物(なにもの)かに(しか)られる(やう)心持(こころも)ちになつて()る。072(しか)(なが)肝腎(かんじん)生命(いのち)(おや)食物(くひもの)がなくて、073可愛(かあい)女房(にようばう)()が、074(ほね)(かは)とに痩衰(やせおとろ)渇命(かつめい)(およ)ばうとして()るのに、075これを見乍(みなが)()うして(ひと)(こと)(どころ)か。076どうしてもかうしても利己主義(われよし)になるのは()むを()ぬぢやないか』
077(かふ)『そこを辛抱(しんばう)して、078(ひと)(たす)けるのだ。079それでなければ(ぜん)()(こと)出来(でき)ぬよ』
080(おつ)『さう(えら)さうに理窟(りくつ)()ふのなら、081貴様(きさま)(うち)(くら)をあけて町中(まちぢう)(もの)(その)(こめ)(ほどこ)してやつたらどうだい。082()ふべくして(おこな)ふべからざる(ぜん)偽善(ぎぜん)だ。083貴様(きさま)()ゑた(あぢ)()らぬからそんな気楽(きらく)理窟(りくつ)大平楽(たいへいらく)(なら)べるのだ。084どうだ(ぜん)(あく)とが(わか)つたか』
085一同(いちどう)賛成々々(さんせいさんせい)086初公(はつこう)()(とほ)りだ。087神様(かみさま)のお言葉(ことば)(どほ)善悪(ぜんあく)立別(たてわ)けて(こま)つた(もの)(たす)ける(やう)に、088春公(はるこう)さまの(くら)()けて町中(まちぢう)(もの)(ぜん)(かがみ)()して(もら)はうかい』
089春公(はるこう)『イヤ、090(おれ)(みな)(もの)(たす)けてやりたいと(おも)うて、091三杯(さんばい)()(ところ)二杯(にはい)にして()めてあるのだ。092(しか)(なが)らこれはまさか(とき)(たす)ける()めだ。093()(おれ)(ところ)(こめ)()して町中(まちぢう)分配(ぶんぱい)する時期(じき)ではない。094(いま)()してやると、095(たれ)(かれ)()()になつて毎日(まいにち)日日(ひにち)()()ひに(ふけ)り、096(しま)ひには喧嘩(けんくわ)(ばか)りする(やう)になつて、097天道様(てんだうさま)冥加(みやうが)(わる)いから、098(かへ)つて(ぜん)(あく)になると(おれ)(こま)るから、099マアマア(はたら)ける()けは(はたら)いて、100(いよいよ)世界(せかい)真暗(まつくら)がりになる(やう)(こと)()()(その)(とき)こそ、101()(なか)相身(あひみ)(たがひ)ぢや。102前達(まへたち)勝手(かつて)(くら)をあけて()(やう)にする』
103(へい)『それも(ひと)つの理窟(りくつ)だが()つとる(やつ)(きたな)いものだ。104(なん)()のと理窟(りくつ)()けて()(をし)みをするものだ。105(すゑ)(ひやく)より(いま)五十(ごじふ)()(こと)もある。106(さき)になつて(ぜん)をするより(ぜん)(いそ)げだ。107(いま)(うち)(くら)()(はな)して町中(まちぢう)(たす)けたら、108どれ()春公(はるこう)さまの(ひかり)(かがや)くか()れまい。109ナア(はる)さま、110(わる)(こと)()はぬ、111人気(にんき)()つた(とき)にホツ()()すのだぜ。112それがお(まへ)()()めだよ』
113春公(はるこう)(みな)(ひと)(たち)114よう(かんが)へて()てくれ。115()百日(ひやくにち)(あま)りも()()らず、116(やみ)()(つづ)く。117(やま)()()れる、118毎日々々(まいにちまいにち)地響(ぢひび)きはする、119病人(びやうにん)沢山(たくさん)出来(でき)る、120(さき)(あん)じられて仕方(しかた)がないぢやないか。121(いま)(うち)は、122()()でも()でも、123(くさ)でも()んで生命(いのち)(つな)いで()くのだ。124()()()れ、125()(うへ)何一(なにひと)()(もの)がなくなつた(とき)(はじ)めて(くら)をあけて、126(こめ)(むぎ)や、127(あは)128(きび)129(ひえ)などを()いて各自(めいめい)(かゆ)にでもして、130世界(せかい)大峠(おほたうげ)(しの)(やう)にしなくては心細(こころぼそ)いからな』
131(てい)()()への、132(くさ)()へのと(あま)人間(にんげん)莫迦(ばか)にして()れるな。133(むし)牛馬(ぎうば)()ンぞの(やう)人間(にんげん)()(くさ)()はれるものなら(たれ)(はたら)きはしない。134ヘン、135(あま)莫迦(ばか)にするな』
136春公(はるこう)『お前達(まへたち)は、137難儀(なんぎ)だ!(こま)る!と口々(くちぐち)(くや)んで()るけれど、138毎日(まいにち)(さけ)()み、139(こめ)美味(うま)い、140(あぢ)ないと小言(こごと)()つてる(あひだ)駄目(だめ)だよ』
141初公(はつこう)『そンな理窟(りくつ)()めにして不言実行(ふげんじつかう)大切(たいせつ)だ。142()(もの)()(やう)(かほ)をするし、143()(もの)()(やう)(かほ)をしたい()(なか)だ。144()(かく)酋長(しうちやう)さまに明瞭(はつきり)神様(かみさま)(うかが)つて(もら)つて、145春公(はるこう)(くら)()けたが()いか()けぬがよいか判断(はんだん)して(もら)はう。146モシモシ酋長(しうちやう)さま、147もう一度(いちど)神様(かみさま)(みぎ)(こと)(うかが)つて(くだ)さいな』
148酋長(しうちやう)(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)はない。149善悪(ぜんあく)をよく(わきま)へて正直(しやうぢき)にするが一番(いちばん)だ』
150(おつ)酋長様(しうちやうさま)三五教(あななひけう)ですか、151よう(ぜん)とか(あく)とか仰有(おつしや)いますな』
152酋長(しうちやう)『さうだ、153(おれ)三五教(あななひけう)だ。154()のイホの人間(にんげん)八分(はちぶ)までウラル(けう)だから(かく)して()つたが、155もう()うなつては神様(かみさま)(たい)して(おそ)(おほ)いから、156明瞭(はつきり)三五教(あななひけう)だと言明(げんめい)して()く。157前達(まへたち)毎日(まいにち)日日(ひにち)ウラル(けう)(はう)けて仕事(しごと)もせずに(さけ)(ばか)()んで、158利己主義(われよし)()つて()(なか)(くも)らすものだから、159()(うへ)一面(いちめん)邪気(じやき)発生(はつせい)し、160(やま)()れる(かは)()る、161五穀(ごこく)(みの)らず果物(くだもの)(じゆく)さず、162日月(じつげつ)(ひかり)黒雲(くろくも)につつまれて(みな)()えぬ(やう)()(なか)になつて(しま)ふたのだ。163それでもまだ改心(かいしん)出来(でき)ねば、164どんな(こと)()()るか(わか)つたものぢやない。165ちつとは(おれ)()(こと)()いて(もら)ひたい。166前達(まへたち)(ため)だ。167酋長(しうちやう)(とこ)置物(おきもの)だとか()つて、168何時(いつ)(おれ)莫迦(ばか)(あつか)ひして()いて()れぬものだから、169天地(てんち)神様(かみさま)吾々(われわれ)(いまし)める()めにこんな常闇(とこやみ)世界(せかい)(あら)はしなさつたのだ。170もう今日(けふ)(かぎ)(いま)までの(わる)精神(せいしん)立替(たてか)へて(ぜん)立帰(たちかへ)りますと(この)神前(しんぜん)(ちか)つてくれ』
171初公(はつこう)『ヨシ(わか)つた。172酋長(しうちやう)春公(はるこう)とは(はら)(あは)せて神様(かみさま)(たて)に、173自分(じぶん)(ばか)安楽(あんらく)(くら)して、174俺達(おれたち)(くる)しむのを高見(たかみ)から見物(けんぶつ)すると()(わる)量見(りやうけん)だナ。175オイ(みな)(やつ)176酋長(しうちやう)春公(はるこう)(くび)(たま)()くのだ。177ヤイヤイ(さけ)(くら)()うて、178(ほえ)たり(わら)つたりして()場合(ばあひ)ぢやないぞ。179俺達(おれたち)一身上(いつしんじやう)(くわん)する大問題(だいもんだい)だぞ』
180呶鳴(どな)()ける。181一同(いちどう)初公(はつこう)号令(がうれい)(もと)()(あが)り、182酋長(しうちやう)春公(はるこう)()がけて各自(てんで)棍棒(こんぼう)()()(なが)ら、183四方(しはう)八方(はつぱう)より(さけ)機嫌(きげん)()つて(かか)る。184嗚呼(ああ)この結果(けつくわ)如何(いか)(をさ)まらむとするか。
185大正一一・三・六 旧二・八 藤津久子録)