霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 初貫徹(はつくわんてつ)〔五〇一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第1篇 天岩戸開(一) よみ:あまのいわとびらき(一)
章:第5章 初貫徹 よみ:はつかんてつ 通し章番号:501
口述日:1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行はイホの都の酋長・夏山彦の館にやってきた。初公は門番に到着を知らせた。早朝でなかなか門を開けようとしない門番と滑稽なやり取りをしている。
初公は門をやたらに拳で打ち始めた。もう一人の門番も起きだしてきた。初工は門を越えてひらりと中に飛びこんできた。門番は仕方なく門を開けると、そこには蚊取別ら宣伝使たちが居た。
門番は、主人の許可がなければ中へ入れられない、と言って、宣伝使たちをその場に待たせた。夏山彦は門番に伴われて門前にやってくると、蚊取別の姿を認めて、一同を丁寧に中へ迎え入れた。
門番が一同を見送ると、さっと風が吹いて雷鳴が激しく鳴り渡った。二人の門番はその場にしりもちをついて震えている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:39頁 八幡書店版:第2輯 640頁 修補版: 校定版:40頁 普及版:16頁 初版: ページ備考:
001天地(あめつち)(かみ)稜威(みいづ)高光彦(たかてるひこ)
002(かみ)(みこと)神直日(かむなほひ)
003玉光彦(たまてるひこ)宣伝使(せんでんし)
004大海原(おほうなばら)国光彦(くにてるひこ)
005(かみ)(みこと)蚊取別(かとりわけ)
006(はじ)めて三人(みたり)四人(よつたり)
007(をしへ)(つた)ふる神司(かむづかさ)
008初公(はつこう)一人(ひとり)(とも)なひて
009イホの(みやこ)(きこ)えたる
010十握(とつか)(つるぎ)、エジプトの
011夏山彦(なつやまひこ)酋長(しうちやう)
012(やかた)()して()でて()
013(はる)とは()へど天津(あまつ)()
014(ひかり)()ければ庭前(にはさき)
015(はな)(ひら)かず()(みどり)
016(いろ)()せたる(さび)しさに
017不安(ふあん)(くも)内外(うちそと)
018(つつ)むが(ごと)()えにけり。
019 一行(いつかう)五人(ごにん)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)門前(もんぜん)(すす)()たり。
020初公(はつこう)『オイ、021夏山彦(なつやまひこ)門番(もんばん)022宣伝使(せんでんし)御出(おい)でだ。023(はや)(この)(もん)(ひら)いて()れ』
024 この(こゑ)門番(もんばん)(うち)より、
025(あさ)(はや)うから、026(ろく)()()けて()らぬのに、027(もん)(ひら)けとは何処(どこ)(やつ)だい。028規則(きそく)()らぬか。029この(もん)()()つにならぬと、030()けぬのだぞ』
031初公(はつこう)『コラ、032()(とぼ)(やつ)め、033()()つと()(こと)があるか、034()()つだ。035貴様(きさま)何時(いつ)()(どき)までグウグウ()()るのだらう。036そンな(こと)門番(もんばん)(つと)まるか』
037門番(もんばん)矢釜(やかま)しう()ふない。038(おれ)()()()()けにならぬのだい』
039初公(はつこう)()()けて()るのに、040グウグウ八兵衛(はちべゑ)()(やつ)があるかい』
041門番(もんばん)(ねむ)たいから()()()つかしいのだよ』
042初公(はつこう)()つかしい理窟(りくつ)()はずに(はや)()けぬかい』
043門番(もんばん)『お()さまもお(あが)りなさらぬのに、044(もん)()けると()(こと)があるか。045百日(ひやくにち)ばかりお日様(ひさま)(をが)めた(こと)()い。046日輪様(にちりんさま)でも(くも)布団(ふとん)(かぶ)つて悠乎(ゆつくり)(やす)んで御座(ござ)るのに、047人間(にんげん)がバタバタとしたつて(なん)になるか。048天地(てんち)(もつ)(をしへ)となし、049日月(じつげつ)(もつ)(きやう)とするのだ。050()さまの(やす)むで御座(ござ)(あひだ)(やす)むが当然(あたりまへ)だ』
051初公(はつこう)『エー矢釜(やかま)しい、052()けぬか。053(はつ)さまを()らぬか』
054門番(もんばん)(たれ)かと(おも)へば権太郎(ごんたらう)初公(はつこう)だな。055そんなら仕方(しかた)()い、056初門(はつもん)(ひら)いてやらうかい』
057初公(はつこう)初物(はつもの)()ふと七十五日(しちじふごにち)長生(ながいき)するのだ。058貴様(きさま)果報門(くわはうもん)だ、059仕合(しあは)(もん)だ、060(えら)(もん)だ、061(なま)けた(もん)だ、062(こま)つた(もん)だ、063仕方(しかた)()(もん)だ、064土倒(どたふ)(もん)だ。065厄介門(やつかいもん)だ』
066門番(もんばん)『コラ初公(はつこう)067そンな(こと)()ひよると、068()ける(こと)はやめたぞ』
069初公(はつこう)『すつた、070もんだと小理窟(こりくつ)()かさずに()けれや()し、071()けな()けぬでも()いワイ、072(おれ)(たた)()つて這入(はい)つてやるわ』
073高光彦(たかてるひこ)『コレコレ(はつ)さま、074()(なほ)しだ』
075初公(はつこう)『エー、076ヘー()(なほ)(どころ)か、077グズグズ()つて()けないなら、078(この)(もん)(むか)ふへ()()えて、079門番(もんばん)背中(せなか)(うま)()りとなつて、080ハイハイドウドウだ。081(うま)()うた(もの)同士(どうし)082(たび)をするのは同道(どうだう)だが、083(うま)()はぬ(やつ)(うま)にして、084(しり)(たた)いて堂々(だうだう)(やかた)(なか)進入(しんにふ)するのですワ』
085蚊取別(かとりわけ)『アハヽヽヽハア、086此奴(こいつ)087初公(はつこう)088掘出(ほりだ)もんだ。089中々(なかなか)面白(おもしろ)(こと)()ひよる』
090初公(はつこう)ほり()もんとは非道(ひど)いぢやないか。091(おれ)だけ(もん)から()()すと()ふのか。092(これ)から(はつ)さまが初門(はつもん)(ひら)いてほり()大根(だいこん)ぢや、093風呂(ふろ)()(もん)だ』
094()(なが)(にぎ)(こぶし)(かた)めて門扉(もんぴ)無性(むしやう)矢鱈(やたら)()(なぐ)る。095(なか)より(また)もや一人(ひとり)門番(もんばん)(あら)はれて、
096『オイ、097貫公(くわんこう)098貴様(きさま)()()けぬのに、099(なに)をカンカンと(ほざ)いてけつかる』
100貫公(くわんこう)(たれ)かと(おも)へば(てつ)か、101貴様(きさま)もよう()(やつ)だナア。102(しか)初公(はつこう)(やつ)めが(なん)だか、103四五人(しごにん)宣伝使(せんでんし)()れて()よつて(この)(もん)(ひら)けと、104(おれ)()ぢやないが、105(かんごゑ)()しよつて、106(もん)カンカン(たた)いて()よるのだ。107(おれ)(なん)()つたつて(この)(もん)()かん()かんと頑張(ぐわんば)つて()(ところ)だ。108貴様(きさま)(かた)()だから、109(ひと)初公(はつこう)(もん)(たた)(やぶ)りよつた(とき)には鉄槌(てつつゐ)(くだ)すか、110鉄拳(てつけん)(くら)はすのだよ。111(くわん)(てつ)()つて、112彼奴等(あいつら)目的(もくてき)貫徹(くわんてつ)ささぬ(やう)にするのだぞ』
113 ()()(うち)114(かたへ)(へい)()()えて飛鳥(ひてう)(ごと)初公(はつこう)()()むで()た。
115初公(はつこう)『オイオイ、116貴様等(きさまら)はよほど意地(いぢ)(わる)(やつ)だナ、117何故(なぜ)()けないのか』
118貫公(くわんこう)『ハイハイ、119()けます()けます、120勘弁(かんべん)して(くだ)さい』
121鉄公(てつこう)てつ(とう)てつ()(まこと)(もつ)(わる)御座(ござ)いました』
122初公(はつこう)(はや)()けぬかい』
123 二人(ふたり)はブツブツ小声(こごゑ)(つぶや)(なが)(かんぬき)()(はづ)し、124門扉(もんぴ)左右(さいう)(ひら)き、
125貫公(くわんこう)『ヤ、126誰方(どなた)()りませぬが、127(もん)()けましたが這入(はい)つて(もら)(こと)出来(でき)ませぬ。128一寸(ちよつと)御主人(ごしゆじん)(うかが)つて()るまで、129此処(ここ)()つて()(くだ)さい』
130蚊取別(かとりわけ)(なん)(ねん)()つた門番(もんばん)だナ。131ア、132仕方(しかた)がない、133(はや)()うて()てくれ。134三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)135(しか)(いろ)(しろ)立派(りつぱ)蚊取別(かとりわけ)()宣伝使(せんでんし)(とく)目立(めだ)つて御立派(ごりつぱ)だ、136面会(めんくわい)がしたいと仰有(おつしや)るから如何(どう)(いた)しませうと(うかが)うて()るのだぞ』
137貫公(くわんこう)『ヨシ、138(わか)つた』
139()(なが)(しり)()りつつ(おく)(すす)()る。
140貫公(くわんこう)『モシモシ御主人様(ごしゆじんさま)141ただいま門前(もんぜん)宣伝使(せんでんし)(あら)はれました。142案内教(あんないけう)だとか、143新内教(しんないけう)だとか、144(かね)ない(けう)だとか、145穴無(あなな)(けう)だとか、146(なん)でもないの()宣伝使(せんでんし)が、147しかも四人(しにん)ですよ』
148夏山彦(なつやまひこ)(こま)るな、149死人(しにん)亡者(まうじや)(おれ)んとこの門前(もんぜん)()つて()られては、150(あさ)つぱらから縁起(えんぎ)(わる)い』
151貫公(くわんこう)亡者(まうじや)とか行者(ぎやうじや)とか()(やつ)門口(かどぐち)()つて()て、152(おほ)きな()()いた(いろ)(しろ)墓取別(はかとりわけ)がやつて()ました』
153夏山彦(なつやまひこ)『ますますもつて()しからぬ。154(はうき)でも()つてよく(あと)(きよ)め、155(はこ)()れて、156(はか)(あつ)(はうむ)つてやれ』
157貫公(くわんこう)『それでもなかなか(つよ)(さう)(やつ)で、158(わたし)らの梃子(てこ)には()ひませぬ。159高張(たかは)りぢやとか、160()(たま)ぢやとか、161国光(くにてる)ぢやとか、162(むづ)かしい()のついた亡者(まうじや)ですぜ。163夏山彦(なつやまひこ)面会(めんくわい)がしたいと、164ゆふ165ゆふ、166ゆふ礼儀(れいぎ)()らずです』
167夏山彦(なつやまひこ)幽霊(いうれい)にしては余程(よほど)しつかりした(やつ)だな』
168貫公(くわんこう)『イーエ、169幽霊(いうれい)どころか、170大変(たいへん)(つよ)(やつ)です。171三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だとか()つて(もん)(そと)御主人様(ごしゆじんさま)のお(ゆる)しを()つて()るのです、172(はうき)()つて()()しませうか』
173夏山彦(なつやまひこ)『お(まへ)()(こと)は、174(なに)(なん)だか、175チツトも(わか)らぬ。176鉄公(てつこう)()んで()てくれ』
177貫公(くわんこう)(てつ)()んで()れば二人(ふたり)意味(いみ)()(くわん)てつ(いた)しますだらう』
178夏山彦(なつやまひこ)馬鹿(ばか)
179貫公(くわんこう)(なん)だか手強(てごわ)(やつ)だから、180御主人様(ごしゆじんさま)一寸(ちよつと)()(くだ)さらぬか』
181『アヽ(よわ)門番(もんばん)だ。182仕方(しかた)()い、183()つて()よう』
184()ひながら衣紋(えもん)(ととの)悠々(いういう)として門前(もんぜん)(あら)はれ(きた)り、185宣伝使(せんでんし)()るより両手(りやうて)をついて、
186『ヤア、187貴方(あなた)昨夜(さくや)御目(おんめ)(かか)つた宣伝使(せんでんし)(さま)188よう(たづ)ねて()(くだ)さいました。189貴方(あなた)のお(かげ)(あやふ)(ところ)(たす)かりました。190サアどうぞ(おく)へお這入(はい)(くだ)さいませ』
191 四人(よにん)宣伝使(せんでんし)は、192叮嚀(ていねい)答礼(たふれい)をしながら夏山彦(なつやまひこ)案内(あんない)につれ、193奥深(おくふか)姿(すがた)(かく)しける。
194貫公(くわんこう)(いま)のは(なん)だい。195(うち)大将(たいしやう)()がペコペコと(こは)(さう)(たか)(あたま)()げて安売(やすうり)をしやがつて「サア御案内(ごあんない)(まを)しませう」なんて、196一体(いつたい)全体(ぜんたい)(くわん)ちやんも勘考(かんかう)がつかなくなつて()たワイ』
197鉄公(てつこう)つかんもあるものか、198三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(きま)つて()るわ。199貴様(きさま)此処(ここ)主人(しゆじん)(なん)(おも)つて()る、200立派(りつぱ)三五教(あななひけう)信者(しんじや)ぢやぞ』
201貫公(くわんこう)馬鹿(ばか)()へ、202ウラル(けう)だよ』
203鉄公(てつこう)『それだから貴様(きさま)いつまでも門番(もんばん)をさされるのだよ』
204貫公(くわんこう)門番々々(もんばんもんばん)偉相(えらさう)()ふな。205貴様(きさま)門番(もんばん)ぢやないか』
206初公(はつこう)『アハヽヽヽヽ、207三五教(あななひけう)新宣伝使(しんせんでんし)208初彦(はつひこ)さまとは(おれ)(こと)だぞ。209ぐづぐづ()うとウーンぢやぞ、210ウーンと気張(きば)つてやらうか』
211貫公(くわんこう)『ウーンと気張(きば)るなンて、212(きたな)(こと)()ふな。213貴様(きさま)はな、214(ひと)奮発(ふんぱつ)せいと()へば雪隠穴(せつちんあな)(また)げて(しり)(まく)るといふ代物(しろもの)だし、215ちつと世間(せけん)()()いと()へば、216屋根(やね)梯子(はしご)をさして(むね)まで(あが)つてキリキリ(まひ)をして、217其処等(そこら)(くち)()とを一緒(いつしよ)()けて一廉(いつかど)世間(せけん)()(やう)(つら)をする連中(れんちう)だから、218(ろく)(こと)()やしない。219貴様(きさま)がウンならば(おれ)はプンぢやぞ』
220片足(かたあし)あげてプンとやる。
221鉄公(てつこう)『アハヽヽヽハア、222炬燵(こたつ)から(ねこ)(あき)れて()んで()る」といふ(やつ)だナ。223(いたち)親方(おやかた)()が。224オイ、225サアサア、226するならジツとしとれ』
227貫公(くわんこう)()もの、228()れもの、229(ところ)(きら)はずだ。230平和(へいわ)文武(ぶんぶ)(かみ)231アー臭大明神(くさだいみやうじん)232御神体(ごしんたい)(かぜ)(かみ)ぢや。233有難(ありがた)頂戴(ちやうだい)せい』
234初公(はつこう)『ヤア、235貴様(きさま)屁放(へつぴ)(むし)にかかりあつて()たので、236肝腎(かんじん)宣伝使(せんでんし)(おく)れて仕舞(しま)つた。237サア大変(たいへん)だ』
238(しり)ひつからげ(おく)をさして(はし)()く。
239二人(ふたり)門番(もんばん)『アヽ、240(けつたい)(そら)ぢやないか。241そして今日(けふ)はまた(けつたい)()だ。242()だと()つてもお日様(ひさま)姿(すがた)(をが)めないとすれば、243やつぱり(よる)だ。244(けつたい)(よる)だ』
245 サツと一陣(いちじん)暴風(ばうふう)()(きた)るよと()()に、246電光(でんくわう)(てん)(ひらめ)き、247雷鳴(らいめい)はげしく(とどろ)(わた)り、248二人(ふたり)はたちまち(へそ)(おさ)へて(その)()にドツと尻餅(しりもち)をつき、249ブルブル(ふる)()る。
250大正一一・三・六 旧二・八 北村隆光録)