霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 招待(せうたい)〔五〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第1篇 天岩戸開(一) よみ:あまのいわとびらき(一)
章:第6章 招待 よみ:しょうたい 通し章番号:502
口述日:1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝使一行は、酋長・夏山彦の饗応を受けた。
蚊取別が滑稽な宣伝歌を歌って場をにぎわす。後からその場にやってきた初公も、自分の改心を読み込んだ宣伝歌を歌う。その様子のおかしさに、一同は笑い転げた。
一行は夏山彦に別れを告げて、白瀬川の悪魔を言向け和しに出立した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:48頁 八幡書店版:第2輯 643頁 修補版: 校定版:50頁 普及版:20頁 初版: ページ備考:
001 四人(よにん)宣伝使(せんでんし)夏山彦(なつやまひこ)案内(あんない)()(おく)()(せう)ぜられ、002()もなく鄭重(ていちよう)なる馳走(ちそう)(はこ)ばれた。003夏山彦(なつやまひこ)(うやうや)しく一同(いちどう)(まへ)(あら)はれ()たり、
004貴方(あなた)がたは()(しん)ずる三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)005かかる見苦(みぐる)しき荒家(あばらや)を、006よくもお(たづ)(くだ)さいました。007何卒(なにとぞ)ゆつくりと御飯(ごはん)()(あが)つて、008(はなし)()かして(くだ)さいませ』
009蚊取別(かとりわけ)『ヤアこれはこれは、010(おも)ひがけなき御馳走(ごちそう)011(おそ)()つてござる。012その(おそ)()つた(ついで)には昨夜(さくや)国魂(くにたま)(もり)騒動(さうだう)013貴方(あなた)随分(ずゐぶん)(おそ)()つたやうな為体(ていたらく)(しり)()をかけ、014サツサと四十八手(しじふはつて)(おく)()()してお(かへ)りになりましたな。015ああいふ乱暴(らんばう)(さけ)(ゑひ)相手(あひて)にしても(つま)りませぬ。016サツサと()げるが一番(いちばん)(かしこ)いやり(かた)(まけ)てのく(ひと)(よわ)しと(おも)ふなよ、017智慧(ちゑ)(ちから)(つよ)ければなり」だ。018アハヽヽヽヽ』
019夏山彦(なつやまひこ)昨夜(さくや)町内(ちやうない)(もの)が、020あまり御陽気(ごやうき)(わる)いので、021難儀(なんぎ)(いた)して()りますので、022これは(なに)かお天道様(てんだうさま)のお(しか)りを()けて()るのであらうと(おも)ひ、023神酒(みき)(こと)()せて、024国魂(くにたま)宮様(みやさま)にお(まゐ)りをさし、025(すこ)しでも敬神(けいしん)(ねん)(おこ)させようと(おも)つて(にはか)布令(ふれい)(まは)し、026この(まち)富豪(ふがう)春公(はるこう)()(をとこ)(さけ)献納(けんなふ)させて祭典(さいてん)(いとな)みました。027(いま)人間(にんげん)神様(かみさま)(まゐ)れと()うたところが、028(まゐ)るものは一人(ひとり)もありませぬ。029(さけ)()まれると()ふので(みな)やつて()たのですよ。030本当(ほんたう)(こま)つたものです。031(みな)八岐(やまた)大蛇(をろち)とか、032金毛九尾(きんまうきうび)(きつね)とかの悪神(あくがみ)捕虜(とりこ)となつて仕舞(しま)つて()るのですから、033始末(しまつ)()へないのです。034(さけ)()めば(くだ)()(ねつ)()く、035(おこ)る、036(あば)れる、037喧嘩(けんくわ)をする、038いやもう酋長(しうちやう)(やく)(ほね)()れたものです』
039高光彦(たかてるひこ)『これだけ悪魔(あくま)(はびこ)()(なか)にもかかはらず、040酋長(しうちやう)貴方(あなた)神様(かみさま)信仰(しんかう)されると()(こと)()きまして余程(よほど)我々(われわれ)心強(こころづよ)くなりました。041こんな常闇(とこやみ)()(なか)になつて()たら到底(たうてい)人間(にんげん)(ちから)でどうする(こと)出来(でき)ませぬ。042神様(かみさま)のお(ちから)()りるより(みち)はありますまい』
043夏山彦(なつやまひこ)(あふ)せの(とほ)りです。044しかし(こま)つた(こと)には筑紫(つくし)(しま)(とよ)(くに)(なが)れる白瀬川(しらせがは)()つの(たき)大変(たいへん)悪魔(あくま)(あら)はれて、045其処(そこ)から黒雲(くろくも)(おこ)妖気(えうき)()て、046数多(あまた)人民(じんみん)(くる)しめます。047どうかして(これ)言向(ことむ)(やは)したいものですが、048我々(われわれ)(ちから)には到底(たうてい)およばないと断念(だんねん)して、049一日(いちにち)(はや)神力(しんりき)(つよ)宣伝使(せんでんし)がお(いで)になつて言向(ことむ)(やはら)して(くだ)さるやうと、050(あさ)(ゆふ)神様(かみさま)(いの)つて()ました。051その甲斐(かひ)あつて今日(けふ)結構(けつこう)宣伝使(せんでんし)が、052しかも四人(よにん)()れ、053この荒家(あばらや)にお()(くだ)さつたのは、054(まつた)神様(かみさま)(たふと)御恵(おめぐ)み』
055()ひながら落涙(らくるゐ)(むせ)ぶ。
056高光彦(たかてるひこ)『ともかく悪魔(あくま)退治(たいぢ)前祝(まへいは)ひとして一同(いちどう)()(そろ)うて宣伝歌(せんでんか)(うた)ひませう。057サアサア蚊取別(かとりわけ)さま貴方(あなた)から(うた)つて(くだ)さい』
058蚊取別(かとりわけ)『よろしい、059あまり(わたくし)(こゑ)(きこ)(すぎ)るので悪魔(あくま)(たき)から()げると(こま)るから、060まづ三等(さんとう)(くらゐ)(こゑ)()して(うた)つて()ませう。061貴方(あなた)がたは本当(ほんたう)(わたくし)言霊(ことたま)()いた(こと)はありますまいが、062上中下(じやうちうげ)三段(さんだん)言霊(ことたま)(つか)()け、063マア一番(いちばん)安価(やすい)ところで(ねが)ひませうかい。064アハヽヽヽヽ』
065一人(ひとり)(わら)ひながら元気(げんき)よく()(あが)り、066(すこ)(ひく)(こゑ)で、
067三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
068高光(たかてる)玉光(たまてる)国光(くにてる)
069(かみ)(つかさ)蚊取別(かとりわけ)
070三人(みたり)四人(よつたり)四柱(よはしら)
071(この)()(はしら)(あら)はれた
072神力(しんりき)(つよ)宣伝使(せんでんし)
073(なか)()()蚊取別(かとりわけ)
074(かみ)(みこと)(あめ)(した)
075四方(よも)国々(くにぐに)かけ(めぐ)
076(かみ)(つかさ)(ぬき)んでて
077姿(すがた)(すぐ)れた(くろ)(かほ)
078(あたま)(すぐ)れてよく(ひか)
079こんな(かほ)でも女房(にようばう)
080人並(ひとなみ)(すぐ)れて(うつく)しい
081天女(てんによ)のやうな祝姫(はふりひめ)
082高光彦(たかてるひこ)『モシモシ蚊取別(かとりわけ)さま、083そんな宣伝歌(せんでんか)がありますか、084(おく)さまのお(のろ)けは()めて(もら)ひませうかい』
085蚊取別(かとりわけ)『ヤア、086あまり堅苦(かたくる)しい(こと)()ふと(かた)()る。087マア一寸(ちよつと)愛想(あいさう)白瀬川(しらせがは)悪魔(あくま)誤魔化(ごまくわ)すために(うた)つて()たのです。088肝腎要(かんじんかなめ)宣伝歌(せんでんか)正念場(しやうねんば)にならぬと()せませぬ。089それよりも高光(たかてる)さま、090貴方(あなた)()()上等(じやうとう)言霊(ことたま)()して(うた)つて(くだ)さいナ』
091 初公(はつこう)は、092ヌツ(この)()(あら)はれ(きた)り、
093初公(はつこう)『ヤア(みな)さま、094遅刻(ちこく)(いた)しました。095遅刻(ちこく)した罰金(ばつきん)ホヤホヤ宣伝使(せんでんし)(ひと)(うた)はして(くだ)さいませぬか』
096高光彦(たかてるひこ)『ヤアよい(ところ)(たす)(ぶね)()た。097(はつ)さまどうぞ(たの)みます』
098初公(はつこう)宣伝歌(せんでんか)今日(けふ)本当(ほんたう)(はつ)ですから彼方(あちら)はつ此方(こちら)はつはつはつするやうな(こと)()ふかも()れませぬ。099(ぜん)もつて(わん)もつて(はし)もつてお(ことわ)(まを)して()きます』
100蚊取別(かとりわけ)『コラコラ脱線(だつせん)するな。101(すぐ)()(こと)()ふから(こま)る。102ちと真面目(まじめ)にならぬか』
103初公(はつこう)『ハイハイ、104(たしか)承知(しようち)(つかまつ)りまして御座(ござ)いますで御座(ござ)いまするで御座(ござ)います』
105蚊取別(かとりわけ)『アハヽヽヽ、106まする、107ますると、108ますます可笑(おか)しい胡魔(ごま)する(をとこ)だなア』
109初公(はつこう)(はつ)にお()きに(たつ)しまする宣伝歌(せんでんか)()は、110まづもつて()(とほ)りで御座(ござ)いまする。111
112『イホの(みやこ)主宰神(つかさがみ)
113夏山彦(なつやまひこ)酋長(しうちやう)
114(ひと)(あたま)春公(はるこう)
115(とも)(まゐ)つた(かみ)(まへ)
116(どぜう)のやうに(ひと)()
117(さけ)(ころ)そと(うま)くない
118(さけ)をどつさり()つて()
119()めよ(さわ)げよ(うた)へよ()へよ
120()うて(くだ)まけ改心(かいしん)せいと
121(なに)()ふやら(わか)らない
122(まち)奴等(やつら)(ごふ)()やし
123()くやら(わら)ふやら(おこ)るやら
124()んだり()ねたり()(くる)
125(ゑひ)(まは)つてそろそろと
126(ひと)(あたま)春公(はるこう)
127(こめ)()せと強請(ねだ)つたら
128(なん)ぢやかんぢやと(かぶり)ふる
129此処(ここ)()()蚊取別(かとりわけ)
130(しぶ)かみさまのやうな(かほ)
131服装(なり)似合(にあは)ぬよい(こゑ)
132(うた)(うた)つて面白(おもしろ)
133両手(りやうて)()むで指先(ゆびさき)
134ウンと一声(ひとこゑ)(はつ)さまも
135(まち)奴等(やつら)一時(いつとき)
136化石(くわせき)のやうな(たま)(しば)
137これや(たま)らぬと各自(めいめい)
138()をむき(はな)をむくひまに
139夏山彦(なつやまひこ)酋長(しうちやう)
140春公(はるこう)(やつ)()んで()
141サア仕舞(しま)つたと(おも)ふうち
142この三人(さんにん)(あら)はれて
143ウンとも()はず蚊取別(かとりわけ)
144(みな)(からだ)をぐにやぐにやに
145(もと)(かへ)して()れた(ゆゑ)
146(この)(はつ)さまも(おどろ)いて
147四人(よにん)(かた)(とも)となり
148(やうや)此処(ここ)へやつて()
149サアこれからはこれからは
150(かみ)神力(しんりき)()()けて
151白瀬(しらせ)(かは)()(だき)
152(さや)魔神(まがみ)(ことごと)
153天地(てんち)(かみ)言霊(ことたま)
154伊吹(いぶき)(はら)うて()(なか)
155(くも)りや(ちり)()(きよ)
156(あま)岩戸(いはと)押開(おしひら)
157いかい手柄(てがら)をたててやろ
158これが初公(はつこう)第一(だいいち)
159後前(あとさき)にない(たの)しみぢや
160(かみ)(おもて)(あら)はれて
161(ぜん)(あく)とを()()ける
162(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
163御霊(みたま)(ひろ)大直日(おほなほひ)
164直日(なほひ)(かみ)御教(みをしへ)
165如何(いか)なる(あく)曲神(まがかみ)
166()いたら往生(わうじやう)せにや()まぬ
167サアこれからはこれからは
168()いて()いて()(まく)
169天地(てんち)(きよ)めて(かみ)()
170(はじ)めて()ます(はつ)さまの
171行末(ゆくすゑ)こそは(たの)もしい
172行末(ゆくすゑ)こそは(たの)もしい
173七十五米(しちじふごメートル)(かぜ)じやもの』
174 一同(いちどう)初公(はつこう)()つきの可笑(をか)しさに(はら)(かか)へて(わら)ひこける。
175 宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)初公(はつこう)(したが)へ、176夏山彦(なつやまひこ)(わか)れを()げ、177白瀬川(しらせがは)(いち)(たき)さして(いきほひ)()んで(すす)()く。
178大正一一・三・六 旧二・八 加藤明子録)