霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 覚醒(かくせい)〔五〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第1篇 天岩戸開(一) よみ:あまのいわとびらき(一)
章:第7章 覚醒 よみ:かくせい 通し章番号:503
口述日:1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四人の宣伝使は、初公を従えてイホの都を後にし、スエズの地峡を越えて白瀬川の一の瀑布に近づいた。
春の日暮れは早く、闇の中に猛獣の声がこだましている。一同は蓑を敷いて野宿した。四人の宣伝使は疲れ果てて、雷のようないびきをかいて寝ている。
初公は猛獣の声に恐れをなして起き出し、蚊取別を起こした。蚊取別はうるさがって、恐ければ宣伝歌を歌うように、と命じてまた寝てしまった。
初公は宣伝使たちの肝の太さに呆れながら、そのまま寝てしまおうとしたが、どうしても寝られない。大蛇が魅入っているのかもしれないと恐れをなした初公は、惟神霊幸倍坐世をしきりに唱え出した。
蚊取別はその声に目を覚ましたが、また寝てしまう。初公は宣伝使たちが余りによく寝入っているので、いたずらを思いつき、四人の宣伝使を麻縄で木につないでしまった。
しかし蚊取別は初公のいたずらに気づいており、目を覚まして初公をたしなめる。二人は大笑いするが、その声に三兄弟の宣伝使たちも目を覚ます。
するとそのとき、頭上からにわかに赤い光が森林を照らす。森林の向こうには、大蛇の棲むという一の瀑布が白く光って見えている。
一同はこの突然の光に驚くが、蚊取別は日の出神の一つ火かもしれない、と推測する。果たして、五人の前に立派な神が忽然と現れた。蚊取別は日の出神と認めて平伏する。
日の出神は、一同にここは大蛇の背であり、みな大蛇にだまされていたのだ、と明かした。昨日訪問した夏山彦の館自体が大蛇の尻尾だったのであり、ご馳走と思ったのは色々なものを食わされていたのだ、と注意を促した。
日の出神は、宣伝使たちが鎮魂が利くことをに慢心して、それが原因で大蛇の計略にかかったのだ、と諭す。
日の出神の注意によってよくよく見れば、すでに大蛇は一同を背に乗せて遥か上空に上りつつあり、その尻尾も今や地上を離れようとしていた。大蛇は天空から宣伝使たちを地上に叩きつけて殺そうとしていたのである。
蚊取別は日の出神に、大蛇がこれ以上天に上らないように守りをお願いした。一同は一目散に大蛇の尻尾に向かって走り出した。
大蛇の尻尾はすでに十間ばかり地上を離れていたが、五人は手をつないで命からがら、山の上に飛び降りた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:56頁 八幡書店版:第2輯 646頁 修補版: 校定版:58頁 普及版:24頁 初版: ページ備考:
001 四人(よにん)宣伝使(せんでんし)初公(はつこう)(したが)へ、002イホの(みやこ)(あと)にして七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)の、003スエズの地峡(ちけふ)打渡(うちわた)り、004(かみ)(をしへ)四方(よも)(くに)005青人草(あをひとぐさ)白瀬川(しらせがは)006(いち)瀑布(ばくふ)間近(まぢか)(やま)()きにけり。007(ただ)さへ(くら)(はる)()(いよいよ)()れて咫尺(しせき)(べん)ぜぬ(しん)(やみ)なり。008(とら)009(おほかみ)010獅子(しし)咆哮(ほうこう)する(こゑ)谿(たに)木魂(こだま)(ひび)かして次第々々(しだいしだい)(ちか)づき(きた)る。
011蚊取別(かとりわけ)『サア、012かうなつては足許(あしもと)真暗(まつくら)がりだ。013明日(みやうにち)大決戦(だいけつせん)をやらねばならぬから、014(この)木蔭(こかげ)で、015ゆつくりと休息(きうそく)をして元気(げんき)(やしな)(こと)としようかな』
016 一同(いちどう)首肯(うなづ)きながら(やみ)木蔭(こかげ)(こし)(おろ)し、017(みの)()きて(よこた)はつた。018四人(よにん)宣伝使(せんでんし)(ひる)歩行(ほかう)労疲(くたび)れて、019(いづ)れも(らい)(ごと)(いびき)をかいて()()る。020猛獣(まうじう)(こゑ)はますます(はげ)しくなつた。021初公(はつこう)(たま)らず蚊取別(かとりわけ)(ゆす)つて、
022初公(はつこう)『モシ蚊取別(かとりわけ)さま、023()きて(くだ)さらぬか。024だんだん(へん)(こゑ)(きこ)えて()るから』
025蚊取別(かとりわけ)『アーア、026やかましい、027貴様(きさま)(こは)いのだらう。028(つよ)さうなことを()つても実地(じつち)(のぞ)むと正体(しやうたい)(あら)はれるナア。029()ういふ(とき)大声(おほごゑ)宣伝歌(せんでんか)(うた)へば()いのだよ。030しかし(おほ)きな(こゑ)だと俺達(おれたち)安眠(あんみん)妨害(ばうがい)になるから、031貴様(きさま)一人(ひとり)(くち)(うち)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて()れ。032足下(あしもと)(なに)()ても()みはしない。033八釜敷(やかまし)()ふな、034もう(いぬ)(こく)だから』
035初公(はつこう)(えら)いお邪魔(じやま)をしますなア。036マアゆつくり(やす)んで(くだ)さい。037アーこれからこの(はつ)さまが宣伝歌(せんでんか)猛獣(まうじう)千匹(せんびき)万匹(まんびき)は、038ウンと()()ばすのだ。039しかし(おほ)きな(こゑ)()すなと()つても、040猛獣(まうじう)(やつ)短兵(たんぺい)(きふ)襲撃(しふげき)した(とき)には、041(ちから)いつぱい大声(おほごゑ)()すからそれ()承知(しようち)して()つてもらひます』
042蚊取別(かとりわけ)『ヨシヨシ、043承知(しようち)した。044貴様(きさま)もいい加減(かげん)(やす)まぬか』
045初公(はつこう)『やすめと()つたつて、046()がさえて(やす)まれはしない』
047蚊取別(かとりわけ)()()(なが)(よる)(みじか)いのに、048ぐづぐづして()ると()()ける。049マア(やす)まして(もら)はうかい』
050(また)もやゴロンと(よこ)になり、051(らい)(ごと)(いびき)をかく。052猛獣(まうじう)(こゑ)山岳(さんがく)(ゆる)(ばか)りに猛烈(まうれつ)になつて()た。053初公(はつこう)独言(ひとりごと)
054『アヽ()んと、055宣伝使(せんでんし)()ふものは肝玉(きもたま)(ふと)いものだなア。056(むか)ふの(たき)には大蛇(をろち)悪魔(あくま)()る、057猛獣(まうじう)(うな)()ててやつて()る。058それにも(かかは)らず、059安閑(あんかん)として高鼾(たかいびき)をかいて()るとは(あき)れたものだ。060ヤー(おれ)(ひと)(きも)()()してやらう、061(こは)いと(おも)ふから(こは)いのだ。062なーにチツト(あら)(かぜ)()いて()ると(おも)へばいい。063獅子(しし)でも(とら)でも、064(おほかみ)でもいくらなつと(うな)れ。065サヽ(わし)()よう』
066(ひぢ)(まくら)(よこた)はる。067(また)もや初公(はつこう)()(あが)り、
068『ヤー、069どうしても()られぬ。070()んでも此奴(こいつ)大蛇(をろち)(やつ)が、071魅入(みい)れて()やがるのかも()れぬぞ。072決心(けつしん)した以上(いじやう)(こは)くも()んともないから()られぬ道理(だうり)がないのだ。073()もいい加減(かげん)疲労(くたび)れて()る。074アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)075惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)076どうぞ(わたくし)(いのち)(をし)いと()執着心(しふちやくしん)から(はな)さして(くだ)さいませ。077惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
078蚊取別(かとりわけ)『アヽ折角(せつかく)()たと(おも)へば(みみ)のそばで八釜敷(やかまし)()ふものだから(また)()()いた。079(はや)()ぬかい』
080(また)もやグレンと(よこ)になりて高鼾(たかいびき)をかく。
081初公(はつこう)『なんと(めう)(をとこ)だ、082もう()(しま)つた。083エーこの(やみ)()にアタ(さび)しい。084チヨツ、085ジツとして()れるかい。086(なん)其処(そこ)らに()ちて()らぬかなア』
087()ひながら()()ひになりてそこらを()(さが)す。088(たちま)()()れたのは、089(あさ)(なは)である。
090『ヤアこいつは(あさ)(なは)だ。091(たれ)がこんな(ところ)(おと)して()きよつたのか。092(しか)(あたら)しい(やつ)だ。093オーこれで蚊取別(かとりわけ)髪毛(かみげ)(くく)り、094八方(はつぱう)()けて()(つな)いで()いてやらう。095(あま)(しか)りよるから業腹(ごふばら)だ』
096とそつと蚊取別(かとりわけ)鬢髪(びんぱつ)をさぐり、
097『ヤーしまつた。098ハアこいつは禿蛸(はげたこ)土瓶(どびん)天窓(あたま)だ。
099 「禿頭(はげあたま)(まへ)にとりゐはなけれども (おく)にしよんぼり(かみ)がまします」
100か、101アヽこいつを(つな)いでやれ。102しかしこんなに(うす)()()けると(こま)るから、103(こし)のまはりをグツトしめて、104四方(しはう)八方(はつぱう)()(かぶ)(つな)いで()いてやらう。105さうしてワイワイと()つて()()ましてやると面白(おもしろ)からう。106さうなとして()()かさな辛抱(しんばう)出来(でき)たものぢやないワ』
107()ひながら蚊取別(かとりわけ)(こし)(まは)りに(なは)()つて()く。
108『イヨー、109よう()()やがる。110(えら)さうにほざいても()(とき)は、111仕様(しやう)もないものだなア。112科人(とがにん)(なん)ぞの(やう)縄付(なはつき)にせられよつて、113白河夜船(しらかはよぶね)()いで()る。114アヽさうだ夜船(よぶね)(つな)だ』
115(こし)(いま)(しば)らむとする(とき)116蚊取別(かとりわけ)
117『ウーン』
118寝返(ねがへ)りを()つ。
119『ヤア、120びつくりした。121()きたかと(おも)つたら、122なんだ寝返(ねがへ)りを()ちよつたのだナつ』
123 (また)もや(くく)らうとする。124蚊取別(かとりわけ)は、125見当(けんたう)さだめて(よこ)(つら)を、126ビシヤビシヤとなぐる。127初公(はつこう)(おどろ)いて、
128『ナヽ(なに)をするのだイ』
129蚊取別(かとりわけ)(わる)(こと)出来(でき)ぬものだな』
130『コイツは失敗(しま)つた。131蚊取別(かとりわけ)さま、132()きて()つたのか』
133蚊取別(かとりわけ)『きまつた(こと)だよ。134一目(ひとめ)()はしないよ、135貴様(きさま)独語(ひとりごと)(みな)()いて()る。136馬鹿(ばか)(やつ)ぢやなア』
137初公(はつこう)『アハヽヽヽヽ』
138蚊取別(かとりわけ)『ワハヽヽヽヽ』
139 高光彦(たかてるひこ)()()まし、
140『この真夜中(まよなか)(おほ)きな(こゑ)(なに)可笑(をか)しいのですか』
141蚊取別(かとりわけ)『イヤもう初公(はつこう)(やつ)つたら、142吾々(われわれ)()とる()何処(どこ)からか(なは)(さが)して()よつて、143四人(よにん)体躯(からだ)一々(いちいち)(しば)つて()(かぶ)(くく)りよつたのですよ。144貴方(あなた)がたも何処(どつ)(くく)られて()ませう』
145高光彦(たかてるひこ)『たとへ体躯(からだ)二箇所(にかしよ)三箇所(さんかしよ)(くく)られても、146自由(じいう)精神(せいしん)(くく)られて()ないから大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ。147アハヽヽヽ』
148(わら)(をり)しも、149頭上(づじやう)(にはか)(あか)(べに)(ごと)くに深林(しんりん)()らすものがある。150この(ひかり)対岸(たいがん)白瀬川(しらせがは)(いち)瀑布(たき)は、151白竜(はくりう)幾十(いくじふ)ともなく(たい)(そろ)へて(てん)(のぼ)()(ごと)くに()えて()た。
152蚊取別(かとりわけ)『ヤア(たき)()える、153大変(たいへん)猛烈(まうれつ)(ひかり)だ。154妖怪変化(えうくわいへんげ)怪光(くわいくわう)であらうか、155イヤイヤさうではなからう。156()出神(でのかみ)(ひと)()かも()れぬ』
157()うて()(その)(まへ)忽然(こつぜん)(あら)はれた一柱(ひとはしら)立派(りつぱ)(かみ)がある。158蚊取別(かとりわけ)一目(ひとめ)()るより大地(だいち)平伏(ひれふ)し、
159『ヤア、160これは()出神(でのかみ)(さま)161よくもお(いで)(くだ)さいました。162サアもうこれで大丈夫(だいぢやうぶ)だ』
163()出神(でのかみ)『お前達(まへたち)此処(ここ)何処(どこ)だと(おも)うて()るか』
164蚊取別(かとりわけ)『ハイ、165白瀬川(しらせがは)のほとり、166(いち)瀑布(たき)(まへ)だと(おも)つて()ります』
167()出神(でのかみ)『それは大間違(おほまちが)ひだ。168高山(かうざん)(ごと)()せて()るのは、169世界(せかい)第一(だいいち)大蛇(をろち)(せな)だ、170大地(だいち)(はな)れて中空(ちうくう)()(あが)つて(くも)(なか)這入(はい)つて()るのだぞ』
171蚊取別(かとりわけ)『それでも、172イホの(みやこ)からトントンと(ある)いて此処(ここ)までやつて()たのです。173(たしか)(やま)だと(おも)ひますが』
174()出神(でのかみ)『サアそれが(だま)されて()るのだ。175(あま)鎮魂(ちんこん)()くきくと(おも)つて、176()らず()らずの(あひだ)慢心(まんしん)するものだから、177こんな()()ふのだ。178(まへ)昨日(きのふ)訪問(はうもん)した夏山彦(なつやまひこ)(いへ)()んと(おも)つて()る、179あれは大蛇(をろち)()であつた。180その()(うへ)気楽(きらく)()せられて(うた)(うた)つたり色々(いろいろ)のものを()はされて御馳走(ごちそう)だと(おも)つて()たのだ』
181 蚊取別(かとりわけ)(あたま)()きながら、
182『ハテ、183合点(がつてん)()かぬ。184(なん)(こと)だ。185(たし)かに夏山彦(なつやまひこ)(やかた)だつたになア』
186()出神(でのかみ)『それが(ちが)ふのだ。187一寸(ちよつと)(そで)()にあてて(のぞ)いて()よ』
188 蚊取別(かとりわけ)その()四人(よにん)(そで)()()て、189四辺(あたり)()ればコハソモ如何(いか)に、190幾十里(いくじふり)とも()れぬ、191大蛇(をろち)()()せられ(はる)かに(たか)空中(くうちう)舞上(まひあが)り、192(その)()(いま)地上(ちじやう)(はな)れむとする(とき)である。
193蚊取別(かとりわけ)『ヤア、194コリヤ大変(たいへん)だ。195(あま)慢心(まんしん)して(てん)まで(のぼ)()めて、196()逆様(さかさま)()ちて木葉微塵(こつぱみぢん)になる(ところ)だつた。197モシモシ()出神(でのかみ)(さま)198我々(われわれ)(この)大蛇(をろち)(やま)(いな)(せな)(つた)うて地上(ちじやう)()ります。199これより(うへ)(のぼ)らない(やう)(まも)つて(くだ)さい』
200 ()出神(でのかみ)(だま)つて(うつ)むく。201一同(いちどう)一生懸命(いつしやうけんめい)大蛇(をろち)(せな)(はし)りながら地上(ちじやう)()がけて(くだ)つて()く。202(やうや)()(はし)()いた。203()(すで)地上(ちじやう)(はな)れる(こと)七八間(しちはちけん)
204蚊取別(かとりわけ)『ヤア(みな)さま大変(たいへん)だ。205地上(ちじやう)までは七八間(しちはちけん)距離(きより)がある。206どうしよう、207もう(すこ)()()げてくれぬものかいなア。208ヤアヤア、209滅茶(めつちや)矢鱈(やたら)()()()る。210ヤアヤア大蛇(をろち)振落(ふりおと)されるわ振落(ふりおと)されるわ』
211高光彦(たかてるひこ)『だんだん(たか)くなる一方(いつぱう)です。212また(てん)()げられ、213中途(ちうと)から(ほう)られては大変(たいへん)です。214サアみな()をつないで飛下(とびお)りませう。215ヤア、216もう十間(じつけん)です十間(じつけん)です。217これぢや(てん)にもつかず、218()にもつかず、219サアサア五人(ごにん)()をつないだ()をつないだ』
220()つた(まま)221(いのち)からがら(やま)頂上(いただき)()がけて()()りた。
222 途端(とたん)(おどろ)(れい)より()めて()れば、223十四日(じふよつか)(つき)高熊山(たかくまやま)中天(ちうてん)(かがや)き、224王仁(おに)()巌窟(がんくつ)(まへ)仰向(あふむ)けに(たふ)()たりける。
225大正一一・三・六 旧二・八 谷村真友録)