霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 化身(けしん)〔五〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第2篇 天岩戸開(二) よみ:あまのいわとびらき(二)
章:第12章 第12巻 よみ:けしん 通し章番号:508
口述日:1922(大正11)年03月09日(旧02月11日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
祝姫は宣伝使一同に挨拶し、蚊取別にも夫に対する挨拶をした。
蚊取別は厳然と威儀を正し、祝姫に向かって突然、離縁を申し渡した。そして、自分は実は女房を持てない因縁があるのだ、と明かした。
蚊取別は、自分は大自在天の部下・蚊取別の姿に化けているのだが、実はある尊い神様の命によって、宣伝使の養成に力を注ぐ使命を持った神である、と明かした。
そして、蚊取別は夏山彦と祝姫の結婚を仲人した。
その後宣伝使一行と祝姫は、白瀬川の滝の魔神を言向け和すために出発した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1212
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第2輯 664頁 修補版: 校定版:110頁 普及版:45頁 初版: ページ備考:
001 夏山彦(なつやまひこ)(とも)(この)()(あら)はれた祝姫(はふりひめ)は、002(とどろ)(むね)()(さす)(なが)ら、
003祝姫(はふりひめ)『これはこれは御一同様(ごいちどうさま)004御苦労様(ごくらうさま)御座(ござ)いました。005(わらは)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)祝姫(はふりひめ)(まを)すもの、006白瀬川(しらせがは)魔神(まがみ)言向和(ことむけやは)さむと難処(なんしよ)(つた)(やうや)秋月(あきづき)(たき)()(をり)しも、007魔神(まがみ)()めに(なや)まされ生命(いのち)(あやふ)折柄(をりから)008イホの酋長(しうちやう)(すなは)此処(ここ)()します夏山彦(なつやまひこ)(さま)(たす)けられ(すく)はれて当家(たうけ)にお世話(せわ)となり、009(やうや)病労(いたつき)()(もと)(かへ)し、010これより()()めに神様(かみさま)御用(ごよう)()()でむと(おも)つて()(ところ)御座(ござ)います。011アヽ貴神(あなた)(わが)(つま)012蚊取別(かとりわけ)宣伝使(せんでんし)013ようマア御無事(ごぶじ)()(くだ)さいました』
014(なみだ)(とも)(かた)る。
015 蚊取別(かとりわけ)儼然(げんぜん)として(かたち)(あらた)(えり)(ただ)し、016祝姫(はふりひめ)をグツと(にら)(なが)ら、
017今日(けふ)より都合(つがふ)によつて(なんぢ)離縁(りえん)する』
018祝姫(はふりひめ)『エ、019それは(また)020如何(どう)した理由(わけ)
021蚊取別(かとりわけ)(われ)女房(にようばう)()てぬ因縁(いんねん)があるのだ。022(それ)(ゆゑ)(なんぢ)結婚(けつこん)(やく)(むす)ぶは(むす)んだものの、023(いま)一度(いちど)(まくら)(とも)にした(こと)()い。024(じつ)二人(ふたり)(なか)清浄(せいじやう)潔白(けつぱく)025(けが)しも(けが)されもせぬ(なか)026今日(けふ)(かぎ)離縁(りえん)(いた)す。027()くなる(うへ)従前(じうぜん)(とほ)()しも()されもせぬ(たがひ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ。028サア祝姫(はふりひめ)さま、029その覚悟(かくご)交際(つきあ)つて(くだ)さい』
030祝姫(はふりひめ)『これは心得(こころえ)貴方(あなた)御言葉(おことば)031(わらは)貞操(みさを)(てん)について(なに)御心(おこころ)()へられたるには(あら)ざるか、032心許(こころもと)なし、033(つつ)まず(かく)さず()らせ(たま)へ』
034(なみだ)(そで)(ぬぐ)ひつつ(その)()にワツと(たふ)()しける。
035蚊取別(かとりわけ)祝姫(はふりひめ)殿(どの)036(せつ)なるお(こころ)はお(さつ)しする。037貴女(あなた)潔白(けつぱく)なる(こころ)(わたくし)十分(じふぶん)諒解(りやうかい)して()る。038この蚊取別(かとりわけ)は、039もと大自在天(だいじざいてん)臣下(しんか)たりし蚊取別(かとりわけ)姿(すがた)(へん)()(ども)040(じつ)贋物(にせもの)である。041(われ)はある(たふと)(かみ)(めい)()け、042宣伝使(せんでんし)養成(やうせい)全力(ぜんりよく)(そそ)いで()るもの、043実際(じつさい)(ところ)()へば大化物(おほばけもの)だ。044安心(あんしん)して何卒(どうか)夏山彦(なつやまひこ)結婚(けつこん)して(くだ)さい』
045祝姫(はふりひめ)『エ、046貴神(あなた)(いづ)れの神様(かみさま)
047蚊取別(かとりわけ)『それを()かす(こと)(だけ)()つて(もら)()い』
048初公(はつこう)『ヤア蚊取別(かとりわけ)049なヽヽヽ(なん)だ、050ばヽヽヽ化物(ばけもの)()(やう)(をとこ)だな。051夜前(やぜん)(まへ)(しの)(あし)()きに()きよつたのが、052不思議(ふしぎ)だと(おも)つて()つたら、053(てん)にも()にも()最愛(さいあい)女房(にようばう)だつたのだな。054それは無理(むり)もない、055(もつと)もだ。056(しか)(なが)(いま)()けば一回(いつくわい)(まくら)(なら)べた(こと)()いと()(こと)だが、057随分(ずゐぶん)素気(すげ)ない(をとこ)だなア。058さうして夏山彦(なつやまひこ)酋長(しうちやう)女房(にようばう)になれとは(なに)(なに)やら(わけ)(わか)らぬ。059オイ、060一遍(いつぺん)(おれ)(はな)(ねじ)つて()()れないか。061()つから()つから()から(くち)から(はな)から合点(がてん)(むし)承知(しようち)せぬワイ』
062蚊取別(かとりわけ)『アハヽヽヽヽ』
063 高光彦(たかてるひこ)蚊取別(かとりわけ)(かほ)(あな)のあく(ほど)ながめ(なが)ら、
064貴神(あなた)(はじ)めてお()にかかつた(とき)から、065(なん)だか不思議(ふしぎ)宣伝使(せんでんし)だと(おも)つてゐました。066いやもう感心(かんしん)(いた)しました。067夏山彦(なつやまひこ)さま、068蚊取別(かとりわけ)宣伝使(せんでんし)はこれや屹度(きつと)三十三相(さんじふさんさう)()(へん)じて御座(ござ)神様(かみさま)ですよ、069(おほせ)(とほ)祝姫(はふりひめ)さまと御結婚(ごけつこん)(あそ)ばしませ。070神様(かみさま)(むす)むだ結構(けつこう)(えん)だから祝姫(はふりひめ)さまも決心(けつしん)をして、071(この)(かた)仰有(おつしや)(とほ)りなさるが(よろ)しからう。072夏山彦(なつやまひこ)さまもよもや(きら)ひな(なか)ではありますまい。073(これ)貴神(あなた)(こころ)(やみ)杜鵑(ほととぎす)もをさまりませう』
074夏山彦(なつやまひこ)『アヽ勿体(もつたい)ない、075如何(どう)してどうして祝姫(はふりひめ)さまを女房(にようばう)()つことが出来(でき)ませうか。076(いま)(うけたま)はれば蚊取別(かとりわけ)宣伝使(せんでんし)(おく)さまとやら、077()いて驚愕(びつくり)(いた)しました。078(わたくし)今迄(いままで)(こころ)()()つて(まを)せば、079(はじ)めは三五(あななひ)(をしへ)帰依(きえ)(つぎ)神様(かみさま)帰依(きえ)し、080(つひ)には宣伝使(せんでんし)帰依(きえ)する(やう)になり、081それが(かさ)なつて(こひ)(やまひ)におち、082煩悶(はんもん)苦悩(くなう)(つづ)けて()りました。083人民(じんみん)(かしら)となり(なが)(じつ)にお(はづか)しい(こころ)御座(ござ)います。084(わたくし)因縁(いんねん)(おそ)ろしくなつて()ました。085何卒(どうぞ)このこと(ばか)りは(ゆる)して(くだ)さいませ、086今迄(いままで)恋愛心(れんあいしん)をスツカリ()てて仕舞(しま)ひますから』
087蚊取別(かとりわけ)『それはいけませぬ。088帰依(きえ)した宣伝使(せんでんし)(わす)るれば(したが)つて(みち)(わす)れ、089(かみ)(わす)れる(こと)になつて()る。090帰依心(きえしん)091帰依道(きえだう)092帰依師(きえし)だ。093(すべ)信仰(しんかう)恋慕(れんぼ)(こころ)()たねばならぬ。094サアサ、095(わたくし)がこれから媒酌(なかうど)(いた)しますから、096御心配(ごしんぱい)なく結婚(けつこん)(しき)一時(いちじ)(はや)()げて(くだ)さい。097(かみ)(ゆる)した夫婦(ふうふ)(えん)098(たれ)(はばか)(こと)もない、099御両人(ごりやうにん)(とも)100(すこ)しも蚊取別(かとりわけ)遠慮(ゑんりよ)して(もら)つては(こま)る』
101玉光彦(たまてるひこ)『ヤア、102これで(わたくし)(ゆめ)実現(じつげん)した。103矢張(やつぱり)正夢(まさゆめ)であつたか』
104国光彦(くにてるひこ)不思議(ふしぎ)(こと)ですな。105(にい)さまの(ゆめ)(まで)チヤンと(わか)つて()るのだから、106これや屹度(きつと)(かみ)(ゆる)された(えん)でせう。107御主人様(ごしゆじんさま)108蚊取別(かとりわけ)神様(かみさま)(おつ)しやる(とほ)り、109素直(すなほ)結婚(けつこん)(しき)()げたが(よろ)しからう』
110初公(はつこう)『イヤ、111もう昨晩(ゆうべ)(ゆめ)()ひトンと(わけ)(わか)らぬ(やう)になつて()たワイ。112()百日(ひやくにち)月日(つきひ)御光(おひかり)(をが)めぬ(やう)になつた()(なか)だから、113(いづ)種々(いろいろ)化物(ばけもの)(あら)はれるのだらう。114こいつは矢張(やつぱり)(あや)しいものだ』
115 蚊取別(かとりわけ)媒酌(なかうど)によつて此処(ここ)二人(ふたり)結婚(けつこん)(しき)()げ、116祝姫(はふりひめ)一行(いつかう)五人(ごにん)(とも)白瀬川(しらせがは)魔神(まがみ)言向和(ことむけやは)すべく、117(やかた)(あと)六人(ろくにん)()宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、118朧月夜(おぼろづきよ)(ごと)(はる)()をシナイ(ざん)山麓(さんろく)()して(すす)()く。
119大正一一・三・九 旧二・一一 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。