霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 言霊(ことたま)(とく)〔五二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:第3篇 天岩戸開(三) よみ:あまのいわとびらき(三)
章:第24章 第12巻 よみ:ことたまのとく 通し章番号:520
口述日:1922(大正11)年03月11日(旧02月13日) 口述場所: 筆録者:岩田久太郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
手力男神は、館の正門に厳然として現われ、敵軍の襲来を待っている。攻め寄せる軍は、天菩比命に率いられ、血染めの刀を引っさげて館に迫り来る有様は、地獄の光景のようであった。
天菩比命は手力男神を認めると、名乗りを上げた。曰く、撞の御柱神の命によって悪逆無道の素盞嗚命を征伐にやって来たのだ、という。
手力男命はにっこりとして門を左右に開け、天菩比命の軍を招きいれた。そして食事を取って休息するようにと促し、自分たちは善言美詞によって言向け和す素盞嗚命の大御心を奉戴するものである、と宣言した。そして、疑う天菩比命らに対して、用意した酒食を毒見して見せた。
なおも罠を疑う天菩比命に対して、手力男は、七十五声の言霊、善言美詞によって天地清明、天下太平にこの世を収める言霊以外に何もないことを釈明した。
そこへ高杉別がやってきて、奥殿で大神の御神慮を伺ったところ、言霊をもって荒ぶる神を言向け和すように戒めを受けた、という。そして手力男の神の先見を称えた。
天菩比命はこの有様を見てすっかり殺伐たる心を忘れてしまい、部下たちに武具を脱いで休息するようにと命じた。数多の将卒たちは武装を解いて酒食を食らい、歓喜に踊り舞った。
このとき深雪姫は兵士たちが酒を酌み交わしている宴の場に現れて、声も涼しく宣伝歌を歌った。その歌は、素盞嗚命の真意を説き、天照大御神の誤解を解くように諭していた。
天菩比命はこの歌を聞いて懺悔の念に堪えず、涙に暮れていた。そのとき、両軍の間に巨大な火光が現れ、美しい男神となった。この神は伊弉諾命の御子・日の出神であった。正邪善悪の証明のために、天教山よりお降りになったのであった。
天菩比命の復命により、いよいよ須佐之男命の麗しき御心が判明した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1224
愛善世界社版:199頁 八幡書店版:第2輯 699頁 修補版: 校定版:211頁 普及版:86頁 初版: ページ備考:
001 手力男神(たぢからをのかみ)正門(せいもん)(あらは)れ、002儼然(げんぜん)として敵軍(てきぐん)襲来(しふらい)心待(こころまち)()つて()る。
003 天菩比命(あめのほひのみこと)数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)引連(ひきつ)れ、004軍卒(ぐんそつ)()()松明(たいまつ)()ち、005四辺(あたり)()をつけ()(ほろ)ぼしつつ(すす)()る。006(あと)よりは一隊(いつたい)軍勢(ぐんぜい)007血刀(ちがたな)(ふる)つて(のぼ)()る。008その光景(くわうけい)(あたか)地獄道(ぢごくだう)(ごと)(おも)はれけり。
009 菩比命(ほひのみこと)門前(もんぜん)(あらは)れ、010手力男神(たぢからをのかみ)(むか)ひて、
011菩比命(ほひのみこと)『オー、012(なんじ)何神(なにがみ)なるか、013速須佐之男(はやすさのを)悪逆無道(あくぎやくぶだう)なる邪神(じやしん)(したが)曲津神(まがつかみ)014(われ)天教山(てんけうざん)()します(つき)御柱神(みはしらのかみ)神命(しんめい)(ほう)じ、015汝等(なんぢら)征伐(せいばつ)せむが(ため)立向(たちむか)うたり。016最早(もはや)この(しま)(ほとん)()(つく)し、017汝等(なんぢら)部下(ぶか)将卒(しやうそつ)は、018大半(たいはん)(やいば)(さび)()()せたれば、019最早(もはや)抵抗(ていかう)するの余力(よりよく)もなかるべし。020イザ尋常(じんじやう)(この)(もん)(ひら)降伏(かうふく)せよ』
021馬上(ばじやう)(またが)つた(まま)022威丈高(ゐたけだか)(よば)はり()る。023手力男神(たぢからをのかみ)莞爾(くわんじ)として、024(もん)左右(さいう)にサツと(ひら)き、
025『サアサア、026(もん)(かく)(ごと)開放(かいはう)(いた)しました。027何卒(なにとぞ)御自由(ごじいう)御這入(おはい)(くだ)さいませ。028数多(あまた)軍卒(ぐんそつ)(たち)(おい)ても、029(さぞ)(つか)れで御座(ござ)いませう。030是丈(これだけ)(しま)()(はな)つて()きなさるのも並大抵(なみたいてい)御苦労(ごくらう)では御座(ござ)いますまい。031御蔭(おかげ)でこの(しま)(あら)猛獣毒蛇(まうじうどくじや)(ほと)ンど全滅(ぜんめつ)(いた)しました。032(なか)()いたでせう、033(のど)がお(かわ)きでせう。034此処(ここ)沢山(たくさん)(にぎ)(めし)035(さけ)用意(ようい)がして御座(ござ)います。036何万人(なんまんにん)のお(かた)御上(おあが)(くだ)さつても(はぢ)()きませぬ。037どうぞ(ゆる)りと御上(おあが)(くだ)さいませ。038その(やう)(こは)(かほ)をして、039肩臂(かたひぢ)(いか)らし、040(かた)くなつて()られては御肩(おかた)()りませう。041我々(われわれ)善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)(もつ)て、042直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)す、043神須佐之男大神(かむすさのをのおほかみ)御神慮(ごしんりよ)奉戴(ほうたい)するもの、044(けつ)して(けつ)して(さけ)にも(めし)にも(どく)などは()れて()りませぬ、045御緩(ごゆる)りとお()(あが)(くだ)さいます(やう)に』
046菩比命(ほひのみこと)『ヤアー、047(なんぢ)百計(ひやくけい)()き、048(どく)(もつ)て、049我等(われら)全滅(ぜんめつ)せむとの(たくみ)であらう。050その()()はぬぞ』
051(これ)(これ)は、052迷惑千万(めいわくせんばん)053(しか)らば手力男(たぢからを)御毒見(おどくみ)(いた)しませう』
054()(なが)ら、055酒樽(さかだる)柄杓(ひしやく)()()み、056(すく)うては二三杯(にさんばい)グツと()み、057(にぎ)(めし)矢庭(やには)(いつ)(むつ)頬張(ほほば)つて()せた。
058(しか)らば(しばら)休息(きうそく)いたす。059(いま)(うち)館内(くわんない)(もの)(ども)060(しろ)明渡(あけわた)しの準備(じゆんび)(いた)せ』
061『マアマア、062さう(きび)しく(あふ)せられるに(およ)びませぬ。063(おな)天地(てんち)(かみ)水火(いき)より(うま)れた人間(にんげん)同志(どうし)064(こころ)(ひと)つの持様(もちやう)(てき)もなければ味方(みかた)もない、065(いづ)れも(かみ)水火(いき)より(うま)れた我々(われわれ)066天下(てんか)(よろこ)びも天下(てんか)(かな)しみも(みな)一蓮托生(いちれんたくしやう)(ござ)る』
067(なんぢ)はこの()(のぞ)んで気楽(きらく)千万(せんばん)(こと)(まを)(やつ)068(なに)(ふか)秘密(ひみつ)(つつ)まれてあるに相違(さうゐ)なからう。069左様(さやう)(こと)(あざむ)かるる菩火(ほひ)ではないぞ』
070手力男(たぢからを)秘密(ひみつ)(まを)せば七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)071美言美詞(みやび)神嘉言(かむよごと)威徳(ゐとく)()つて、072天地(てんち)清明(せいめい)国土(こくど)安穏(あんをん)073(やまひ)()(あらそ)()く、074天下(てんか)太平(たいへい)にこの()(をさ)める、075言霊(ことたま)秘密(ひみつ)より(ほか)には何物(なにもの)御座(ござ)いませむ』
076 高杉別(たかすぎわけ)はこの()立現(たちあらは)れ、
077『オー、078手力男(たぢからを)殿(どの)079唯今(ただいま)奥殿(おくでん)(すす)()り、080深雪姫(みゆきひめ)御前(みまへ)(いた)つて、081御神慮(ごしんりよ)(うかが)(たてまつ)るに、082(みづ)御霊(みたま)御仰(おんあふ)せ、083言霊(ことたま)(もつ)(あら)ぶる(かみ)言向(ことむ)(やは)せとの御戒(おいまし)め。084イヤハヤ貴神(きしん)()(かた)には高杉別(たかすぎわけ)感服(かんぷく)(いた)した。085大国別(ひろくにわけ)(さま)貴神(きしん)同様(どうやう)御意見(ごいけん)御座(ござ)る』
086左様(さやう)御座(ござ)らう。087オー、088菩比命(ほひのみこと)(さま)089(かく)(ごと)当館(たうやかた)(おもて)武器(ぶき)(もつ)(かざ)り、090勇敢(ゆうかん)決死(けつし)武士(つはもの)数多(あまた)(やしな)()れども、091御覧(ごらん)(ごと)く、092貴神(きしん)獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)(もつ)て、093血染(ちぞめ)焼尽(やきつく)しの攻撃軍(こうげきぐん)(むか)ひ、094悠揚(いうやう)せまらず御覧(ごらん)(ごと)く、095(つるぎ)(さや)(ゆみ)(ふくろ)(をさ)まり(かへ)つた(この)()光景(くわうけい)096(やいば)()()らずして(てき)(よろこ)ばせ、097(てき)味方(みかた)見做(みな)して取扱(とりあつか)ふは、098仁慈(じんじ)(かみ)思召(おぼしめし)よくよく大神(おほかみ)御誠意(ごせいい)御認識(ごにんしき)(うへ)099(つき)御柱(みはしら)大神(おほかみ)(つぶ)さに言上(ごんじやう)あらむ(こと)(のぞ)みます』
100(あん)相違(さうゐ)貴神(きしん)らの振舞(ふるまひ)101(いま)まで(はや)()つたる勇気(ゆうき)も、102何処(どこ)やらへ()()せた(やう)心地(ここち)御座(ござ)る。103ヤアヤア部下(ぶか)将卒(しやうそつ)(ども)104菩比命(ほひのみこと)命令(めいれい)だ、105(ただ)ちに甲冑(かつちゆう)()()て、106武器(ぶき)(はな)し、107この()一同(いちどう)(あつ)まつて休息(きうそく)(いた)せ』
108 (この)一言(いちごん)に、109(はや)()つたる数多(あまた)将卒(しやうそつ)は、110武装(ぶさう)()き、111この()喜々(きき)として(あらは)(きた)り、112(さけ)()(にぎ)(めし)(はら)(ふく)らせ、113歓喜(くわんき)(つく)して(をど)()修羅(しゆら)(たちま)天国(てんごく)(くわ)したり。
114 この(とき)深雪姫命(みゆきひめのみこと)大国別(ひろくにわけ)(みちび)かれ、115門内(もんない)広庭(ひろには)に、116数多(あまた)軍卒(ぐんそつ)(およ)部下(ぶか)将卒(しやうそつ)他愛(たあい)もなく(さけ)()(かは)(よろこ)(たはむ)るる(まへ)(あらは)れ、117(こゑ)(すず)しく(うた)(はじ)(たま)ふ。
118『コーカス(ざん)()れませる
119(みづ)御霊(みたま)御言(みこと)もて
120御山(みやま)(とほ)くサルヂニヤ
121この神嶋(かみしま)(あらは)れて
122()有様(ありさま)深雪姫(みゆきひめ)
123八十(やそ)曲津(まがつ)(たけ)びをば
124(しづ)めむ(ため)言霊(ことたま)
125(うづ)息吹(いぶき)(はな)てども
126(くも)()つたる曲津見(まがつみ)
127(まつ)らふ(よし)もなきままに
128(かみ)御霊(みたま)()れませる
129十握(とつか)(つるぎ)(かず)(おほ)
130(つく)りそなへて()(まも)
131(かみ)(こころ)(いたづ)らに
132(つるぎ)(もつ)()(をさ)
133弓矢(ゆみや)(もつ)曲神(まがかみ)
134言向(ことむ)(やは)(ため)ならず
135(こころ)(たま)(かた)めむと
136(たま)(つるぎ)()たせつつ
137神世(かみよ)(ひら)神業(かむわざ)
138天教山(てんけうざん)()れませる
139(つき)御柱大神(みはしらおほかみ)
140いよいよ(あや)しと思召(おぼしめ)
141(ふか)くも(いと)はせ(きら)ひまし
142菩比命(ほひのみこと)言任(ことま)けて
143此処(ここ)()()(たま)ひしは
144我等(われら)(こころ)白波(しらなみ)
145瀬戸(せと)(うみ)よりいや(ふか)
146(うたが)(たま)(しるし)なり
147七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)
148()(ことごと)何事(なにごと)
149直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
150言向(ことむけ)(やは)()(なほ)
151(まこと)(ひと)つの(ひと)(じま)
152(あめ)真名井(まなゐ)にふり(すす)
153(がみ)()みて()()つる
154気吹(いぶき)狭霧(さぎり)(うま)れたる
155(われ)多紀理(たぎり)毘売神(ひめのかみ)
156(こころ)(たひら)(やす)らかに
157神須佐之男大神(かむすさのをのおほかみ)
158(あか)(こころ)真具(まつぶ)さに
159(あめ)(かへ)りて大神(おほかみ)
160(みこと)(まへ)逸早(いちはや)
161()らせたまへや菩比(ほひ)(かみ)
162朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
163(つき)()つとも()くるとも
164(きみ)(たい)して村肝(むらきも)
165(きたな)(こころ)あるべきか
166天津御神(あまつみかみ)()そなはせ
167国津御神(くにつみかみ)()ろしめせ
168(そら)(かがや)朝日子(あさひこ)
169()出神(でのかみ)(ひと)()
170(てら)して(かみ)真心(まごころ)
171高天原(たかあまはら)(こま)やかに
172()らせ(たま)へよ菩比(ほひ)(かみ)
173(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
174(かみ)(おもて)(あらは)れて
175(うたが)(ふか)空蝉(うつせみ)
176(こころ)(やみ)岩屋戸(いはやど)
177(ひら)かせ(たま)へスクスクに
178(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
179直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
180()(なほ)しませ天津神(あまつかみ)
181御空(みそら)(きよ)天照(あまて)らす
182皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
183(つつし)(うやま)(かし)こみて
184(たけ)雄々(をを)しく(あらは)れし
185十握(とつか)(つるぎ)姫神(ひめがみ)
186神言(みこと)(つるぎ)いと(きよ)
187(ひか)(かがや)神御霊(かむみたま)
188(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
189御前(みまへ)(ささ)(たてまつ)る』
190(うた)(をは)れば、191菩比命(ほひのみこと)(おも)(がけ)()きこの()光景(くわうけい)(ちから)()け、192懺悔(ざんげ)(ねん)()(かね)て、193さしもに(たけ)勇将(ゆうしやう)も、194(なみだ)()るる(ばか)りなりける。
195 (たちま)天空(てんくう)(とどろ)かし、196この()()(くだ)巨大(きよだい)火光(くわくわう)197彼我(ひが)両軍(りやうぐん)頭上(づじやう)を、198前後左右(ぜんごさいう)音響(おんきやう)をたてて廻転(くわいてん)(はじ)めたり。199神々(かみがみ)一斉(いつせい)(てん)(あふ)ぎ、200この光景(くわうけい)見詰(みつ)めつつあつた。201火光(くわくわう)はたちまち(へん)じて(うるは)しき男神(をとこがみ)となり、202空中(くうちう)佇立(ちよりつ)して一同(いちどう)頭上(づじやう)瞰下(みくだ)(たま)ひつつありき。
203 この(かみ)伊弉諾命(いざなぎのみこと)(うづ)御子(みこ)()出神(でのかみ)であつた。204正邪(せいじや)善悪(ぜんあく)証明(あかし)(ため)天教山(てんけうざん)より神勅(しんちよく)(ほう)じて、205(くだ)(たま)うたのである。
206 (たちま)白煙(はくえん)となつて中空(ちうくう)()(たま)ひ、207(あと)嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)(きこ)え、208次第々々(しだいしだい)音楽(おんがく)()(とほ)くなり()きぬ。209いよいよ菩比命(ほひのみこと)降臨(かうりん)によつて、210須佐之男命(すさのをのみこと)(うるは)しき御心(みこころ)判明(はんめい)し、211(みこと)(ただち)高天原(たかあまはら)(この)(よし)復命(ふくめい)さるる(こと)とはなりける。
212大正一一・三・一一 旧二・一三 岩田久太郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)