霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 甦生(かうせい)〔四一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第3篇 天涯万里 よみ:てんがいばんり
章:第17章 第9巻 よみ:こうせい 通し章番号:410
口述日:1922(大正11)年02月14日(旧01月18日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
駒山彦は日々教訓の歌を神から聞きつつ谷間に百日の行をなし、心魂清まり、ここに羽山津見司となった。心身健やかに、宣伝歌を歌いながらカルの都を指して進んでいった。
宣伝歌を歌いながら道々国人たちに神の教えを伝えながら進んで行く。
第四篇 千山万水
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0917
愛善世界社版:140頁 八幡書店版:第2輯 325頁 修補版: 校定版:146頁 普及版:58頁 初版: ページ備考:
001 駒山彦(こまやまひこ)(ただ)一人(ひとり)002(やみ)谷間(たにま)(のこ)されて(やや)決心(けつしん)(ほぞ)(かた)まり()めたり。003暗中(あんちう)何神(なにがみ)(こゑ)とも()らず、004五十音歌(ごじふおんか)(きこ)(きた)る。
005たまの(うへ)から(あし)(うら)
006つも(こころ)(くば)りつつ
007かうか(くら)すな()(ひと)
008耀栄華(えうえいぐわ)(ゆめ)()まし
009のおの(わざ)(はげ)めよや
010みの(めぐ)みは天地(あめつち)
011らめき(わた)()(わた)
012まなく(ひか)(てら)すなり
013しき(いや)しき曲道(まがみち)
014ころの(たま)(けが)すなよ
015()(つき)大神(おほかみ)
016きます(しま)八十島(やそしま)
017みずみ(まで)()(わた)
018(かい)一度(いちど)(ひら)くなる
019のの白梅(しらうめ)(かを)るなり
020天原(あまはら)(あら)はれて
021(はた)百機(ももはた)()りなせる
022きの御神(みかみ)棚機(たなばた)
023(たへ)和衣(にぎたへ)荒衣(あらたへ)
024ばりを()げて天津神(あまつかみ)
025(らく)(そこ)まで(すく)ふなり
026しや(ひがし)(きた)(みなみ)
027(たま)()(くら)くとも
028(そこ)(くに)(くら)くとも
029ぞみは(ふか)(かみ)(みち)
030()(はる)弥生空(やよひぞら)
031かり(かがや)皇神(すめかみ)
032みてし(みち)漸々(やうやう)
033()(かみ)分霊(わけみたま)
034ろびの(みち)()()へて
035ことの(みち)(すす)()
036ちは二条(ふたすぢ)(ぜん)(あく)
037かしも(いま)(かは)りなき
038出度(でた)(かみ)太祝詞(ふとのりと)
039もの罪咎(つみとが)()えて()
040まと島根(しまね)何時(いつ)までも
041(さか)()(もも)(はな)
042()(たま)椿(つばき)(いろ)(あか)
043()(しげ)(はびこ)りて
044永久(とこしへ)(まも)るなり
045高砂(たかさご)神島(かみしま)
046づの(みたま)瑞霊(みづみたま)
047べなひまして(うるは)しき
048(かみ)()さしの宝島(たからじま)
049()(しげ)老松(おいまつ)
050さまる御代(みよ)目出度(めでた)けれ
051この神国(かみくに)(わた)りきて
052(こころ)(いや)しき宣伝使(せんでんし)
053三五教(あななひけう)(ひら)くとは
054(おろか)なりける次第(しだい)ぞや
055(おろか)なりける次第(しだい)ぞや』
056 駒山彦(こまやまひこ)はこの谷間(たにま)百日(ひやくにち)(ぎやう)をなし、057心魂(しんこん)(きよ)まつて(ここ)羽山津見神(はやまづみのかみ)となり、058身体(からだ)(すこやか)に、059(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ、060カルの(みやこ)をさして(けは)しき(やま)()(たに)(わた)り、061(あつ)さと(たたか)ひ、062(うゑ)(しの)ぎながら(すす)()く。
063智利(てる)御国(みくに)奥山(おくやま)
064(ふか)谷間(たにま)につれ()かれ
065百千万(ももちよろづ)(くる)しみを
066()めさせられて様々(さまざま)
067(かみ)(いまし)言霊(ことたま)
068(をしへ)()きて()(ひか)
069(こころ)(ひか)智利(てる)(くに)
070身霊(みたま)にかかる村雲(むらくも)
071()(はら)はれて(なつ)()
072(あら)ふが(ごと)月影(つきかげ)
073()らされ(すす)(うれ)しさよ
074(つき)()つとも()くるとも
075仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
076智利(てる)深山(みやま)山奥(やまおく)
077(ふか)谷間(たにま)(あら)ひたる
078(わが)霊魂(たましひ)永久(とこしへ)
079千代(ちよ)八千代(やちよ)(くも)らまじ
080黒雲(くろくも)四方(よも)(ふさ)がりて
081()常暗(とこやみ)となるとても
082駒山彦(こまやまひこ)真心(まごころ)
083常久(とは)()みぬる月影(つきかげ)
084(ひか)(まば)ゆく惟神(かむながら)
085(みち)三千三百里(さんぜんさんびやくり)
086三五(さんご)(つき)(てら)されて
087(こころ)(ひか)真寸鏡(ますかがみ)
088摂取不捨(せつしゆふしや)真心(まごころ)
089(つるぎ)右手(めて)()()ちて
090左手(ゆんで)(かみ)太祝詞(ふとのりと)
091()るも(たふと)(かみ)(みち)
092(よこ)さの(みち)(あゆ)むなる
093体主霊従(から)身魂(みたま)言向(ことむ)けて
094常世(とこよ)(やみ)()らしつつ
095(こころ)(あし)もカルの(くに)
096霊魂(みたま)(ひか)()(くに)
097ロッキー(ざん)()()えて
098醜女(しこめ)探女(さぐめ)(たけ)ぶなる
099黄泉(よもつ)(しま)()(わた)
100神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
101(たふと)御業(みわざ)(つか)ふべし
102()しき御業(みわざ)(つか)ふべし
103この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
104(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
105直日(なほひ)(かみ)御恵(みめぐみ)
106身魂(みたま)(きよ)()(わた)
107(かみ)経綸(しぐみ)(たふと)けれ
108(かみ)御稜威(みいづ)(たふと)けれ』
109昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく、110数多(あまた)国人(くにびと)(かみ)(をしへ)(つた)へつつカルの(くに)()して(すす)()く。
111大正一一・二・一四 旧一・一八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)