霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 九人娘(くにんむすめ)〔四二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第5篇 百花爛漫 よみ:ひゃっからんまん
章:第29章 第9巻 よみ:くにんむすめ 通し章番号:422
口述日:1922(大正11)年02月16日(旧01月20日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
春山彦が三人の宣伝使をかくまっていることが知れて、同僚の照山彦、竹山彦が家来を引き連れて、捕縛にやってきたのであった。
春山彦は、照山彦・竹山彦を待たせておいて、その間に妻の夏姫を呼び、自分の娘たち、秋月姫・深雪姫・橘姫を宣伝使の変わりに差し出そうと提案した。
夏姫はただ涙にくれていたが、そこへ娘たちはいつの間にか宣伝使の服をつけて両親の前に現れ、自ら身代わりになろうと決心の色を表した。
そこへ松・竹・梅の三姉妹の宣伝使が現れ、春山彦一家の心遣いに感謝しつつも、やはり自分たちが自ら縄につこうと、縛吏の待つ部屋に行こうとする。親子は宣伝使にすがって止めようとする。
照山彦、竹山彦は待ちきれずに春山彦を呼びたてて、宣伝使の引渡しを要求した。松・竹・梅の三姉妹はその場に現れて、自ら縄につき、引かれて行った。春山彦と夏姫はわっとその場に泣き伏した。
そこへ、春山彦の三人の娘と、今引かれて行ったはずの三姉妹の宣伝使が、何事かとやってきた。春山彦夫婦は自分の娘たちも三宣伝使も無事でいることに驚き、思案にくれている。
果たして、捕縛されて行った三姉妹の宣伝使は、何神の化身であろうか。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0929
愛善世界社版:228頁 八幡書店版:第2輯 356頁 修補版: 校定版:237頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001 十六夜(のちのよ)初冬(しよとう)(つき)は、002御空(みそら)皎々(かうかう)(かがや)いてゐる。
003 春山彦(はるやまひこ)門前(もんぜん)には、004照山彦(てるやまひこ)005竹山彦(たけやまひこ)二人(ふたり)数多(あまた)家来(けらい)()()れ、006突棒(つくぼう)007刺股(さすまた)008十手(じつて)009弓矢(ゆみや)(たづさ)へながら、010門戸(もんこ)()(やぶ)(すす)()たり、011大音声(だいおんじやう)
012春山彦(はるやまひこ)在宅(ざいたく)か』
013()ばはるにぞ、014春山彦(はるやまひこ)(しづ)かに(もん)()押開(おしひら)き、
015『これはこれは、016何方(どなた)かと(おも)へば照山彦(てるやまひこ)017竹山彦(たけやまひこ)御両所様(ごりやうしよさま)018数多(あまた)供人(ともびと)()()れ、019この真夜中(まよなか)に、020よくもよくも御入来(ごじゆらい)(くだ)さいました』
021『オー、022今日(こんにち)はよく()たのではない。023照山彦(てるやまひこ)(なんぢ)(ため)には(わる)()たのだ。024()(どく)ながら今日(こんにち)役目(やくめ)025(まを)(わた)仔細(しさい)がある、026(おく)案内(あんない)(いた)せ』
027 春山彦(はるやまひこ)二人(ふたり)(みちび)一間(ひとま)()る。028竹山彦(たけやまひこ)数多(あまた)部下(ぶか)(むか)ひ、
029『その(はう)(ども)はこの(やかた)()()けよ。030(かなら)ずともに油断(ゆだん)(いた)すな』
031()()いて正座(しやうざ)になほるを春山彦(はるやまひこ)は、
032貴方(あなた)鷹取別(たかとりわけ)(かみ)御家来(ごけらい)033この真夜中(まよなか)(なに)御用(ごよう)あつてお()しになりました。034御用(ごよう)次第(しだい)(あふ)()けられ(くだ)さいますれば有難(ありがた)(ぞん)じます』
035 照山彦(てるやまひこ)威儀(ゐぎ)(ただ)し、036春山彦(はるやまひこ)をグツと()めつけ、
037吾々(われわれ)今日(こんにち)(まゐ)つたのは()()ではない。038その(はう)はこのはざま(くに)目付役(めつけやく)(いた)しながら君命(くんめい)(そむ)き、039三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)040(まつ)041(たけ)042(うめ)三人(さんにん)(ひそ)かに隠匿(かくま)()くと()く。043この里人(さとびと)密告(みつこく)によつて、044(たし)かな証拠(せうこ)(にぎ)つてある以上(いじやう)は、045否応(いやおう)()はれまい。046ジタバタしてももう(かな)はぬ。047百千万言(ひやくせんまんげん)()(わけ)も、048(そら)()(かぜ)()(なが)すこの照山彦(てるやまひこ)だ』
049 竹山彦(たけやまひこ)威儀(ゐぎ)儼然(げんぜん)として、
050『かうなつた以上(いじやう)百年目(ひやくねんめ)だ、051一時(いちじ)(はや)三人(さんにん)(をんな)をこの()引摺(ひきず)()して(わた)さばよし、052(なん)(かん)のと躊躇(ちうちよ)(およ)ばば、053(なんぢ)諸共(もろとも)()(しば)つて常世(とこよ)(くに)()(かへ)り、054拷問(がうもん)(いた)してでも白状(はくじやう)させる。055サア春山彦(はるやまひこ)056返答(へんたふ)()うだ』
057『これはこれは、058寝耳(ねみみ)(みづ)鷹取別(たかとりわけ)御仰(おんあふ)せ、059モウかうなる(うへ)是非(ぜひ)(およ)ばぬ。060可愛(かあい)らしい(てん)にも()にもかけ()へのない(わが)三人(さんにん)(むすめ)……イヤ(むすめ)のやうに可愛(かあい)がつて()三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)をこれへお(わた)(まを)す。061それについても種々(いろいろ)仕度(したく)もござれば、062半刻(はんとき)ばかりの御猶予(ごいうよ)をお(ねが)(いた)します』
063照山彦(てるやまひこ)『イヤ、064その()()はぬ。065ゴテゴテと暇取(ひまど)らせ、066(かぜ)(くら)つてこの()()()せる(なんぢ)(たく)み、067屋敷(やしき)(まは)りには数百人(すうひやくにん)配下(はいか)をつけて()いたれば、068(のみ)()()(すき)もない。069キリキリチヤツと(わた)したが(ため)であらうぞよ』
070『イヤ、071照山彦(てるやまひこ)殿(どの)072(あふ)せの(ごと)くもはや遁走(とんそう)(うれ)ひもなければ、073半刻(はんとき)ばかりの猶予(いうよ)(あた)へ、074吾々(われわれ)はここに休息(きうそく)して()つことに(いた)さう、075竹山彦(たけやまひこ)がお請合(うけあひ)(まを)す』
076『しからば半刻(はんとき)猶予(いうよ)(あた)ふる。077その()三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)をこれへズラリと()()せよ』
078 春山彦(はるやまひこ)(むね)(かすがひ)()たるる心地(ここち)
079承知(しようち)いたしました』
080()つる(なみだ)をかくしつつ、081この()悠然(いうぜん)として立去(たちさ)り、082別殿(べつでん)(すす)()る。083(つま)夏姫(なつひめ)様子(やうす)如何(いか)にと(あん)(わづら)()りしも、084春山彦(はるやまひこ)(つね)ならぬ(かほ)()て、
085(おも)ひがけなき夜中(やちう)のお使者(ししや)086様子(やうす)如何(いかが)でございますか』
087 春山彦(はるやまひこ)吐息(といき)をつきながら、
088女房(にようばう)089(そなた)一生(いつしやう)(ねが)ひがある。090()いては()れようまいかなア』
091『これは(また)092あらたまつたお言葉(ことば)093(をつと)言葉(ことば)女房(にようばう)として、094どうして(そむ)きませう。095(なん)なりと(かな)(こと)ならば(あふ)()(くだ)さいませ』
096『オー夏姫(なつひめ)097よく()うて()れた。098夫婦(ふうふ)(もの)(なが)年月(としつき)099(てふ)(はな)よと(そだ)()げた秋月姫(あきづきひめ)100深雪姫(みゆきひめ)101橘姫(たちばなひめ)三人(さんにん)生命(いのち)()れよ』
102『エヽ』
103返事(へんじ)がないは、104(いや)(まを)すのか。105野山(のやま)(たけ)(けもの)さへも、106()(おも)はざるものがあらうか。107焼野(やけの)雉子(きぎす)108(よる)(つる)109(あさ)(ゆふ)なに、110(てふ)(はな)よと(そだ)()げ、111(つぼみ)(はな)(ひら)きかけたる、112(つき)(ゆき)(はな)三人(みたり)(むすめ)をば、113宣伝使(せんでんし)身代(みがは)りに()てたいばかりの(をつと)(たの)み、114どうぞ得心(とくしん)して()れ。115わが三人(さんにん)(むすめ)世界(せかい)(ため)には(はたら)きの出来(でき)ぬお(ぢやう)(そだ)ちに()()へて、116(うづ)(みやこ)にまします正鹿山津見(まさかやまづみ)(かみ)御娘子(おんむすめご)天下(てんか)宣伝使(せんでんし)となつて衆生済度(しうじやうさいど)(あそ)ばす、117その(きよ)御志(おんこころざし)118(おも)へば(おも)へば、119これがどうして鷹取別(たかとりわけ)(わた)されようか。120(いま)まで(つく)した親切(しんせつ)(かへ)つて(あだ)となつたるか。121あゝどうしたらこの()(くる)しみを(のが)れる(こと)出来(でき)ようぞ。122サア夏姫(なつひめ)返答(へんたふ)()かして()れよ』
123 夏姫(なつひめ)はさし伏向(うつむ)いて(なん)応答(いらへ)もなく(なみだ)(そで)(ぬぐ)ふのみ。
124 この(とき)一間(ひとま)()けて(あら)はれ()でたる三人(さんにん)(むすめ)は、125()らぬ()宣伝使(せんでんし)(ふく)()け、
126『お(とう)さま、127(かあ)さま、128吾々(われわれ)姉妹(きやうだい)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)御用(ごよう)()つて、129常世(とこよ)(くに)()かれて(まゐ)ります。130老少不定(らうせうふぢやう)()(なら)ひ、131随分(ずゐぶん)まめ(くら)して(くだ)さいませ』
132(そで)(なみだ)をかくして、133(たたみ)()をつき(たの)()る。
134 春山彦(はるやまひこ)夫婦(ふうふ)一目(ひとめ)()るより吾子(わがこ)三人(さんにん)決心(けつしん)(かん)()り、135一度(いちど)にワツと()かむとせしが、136()(しば)し、137(きこ)えては一大事(いちだいじ)と、138(なみだ)をかくす(くる)しさ。
139 かかる(ところ)松竹梅(まつたけうめ)宣伝使(せんでんし)(あら)はれ(きた)り、
140委細(ゐさい)様子(やうす)(のこ)らず()きました。141海山(うみやま)御恩(ごおん)(かうむ)りて、142まだその(うへ)勿体(もつたい)なや、143(てん)にも()にもかけ()へのない可愛(かあい)三人(さんにん)娘子(むすめご)身代(みがは)りに()てて、144(わらは)(たち)(たす)けて()らうとの思召(おぼしめし)は、145何時(いつ)()にか(わす)れませう。146あゝそのお(こころ)千倍(せんばい)にも万倍(まんばい)にも()けまする。147三人(さんにん)娘子様(むすめごさま)148よくもそこまで(おも)うて(くだ)さいました。149(しか)しながら吾々(われわれ)は、150(ひと)(たす)ける宣伝使(せんでんし)(やく)151卑怯(ひけふ)未練(みれん)にも(かたき)(いつは)つて()(だま)使(つか)ひ、152三人(さんにん)娘子(むすめご)(てき)(わた)すといふ(こと)が、153どうして(しの)ばれませうか。154その御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)うございますが、155かへつて吾々(われわれ)(こころ)(いた)めます。156大事(だいじ)娘子(むすめご)身代(みがは)りに()てさして、157吾々(われわれ)三人(さんにん)はどうしておめおめとこの()()きて()られませうか。158どうぞこればかりは(おも)()まつて(くだ)さいませ。159わらは(たち)天晴(あつぱ)れと名乗(なの)つて(まゐ)ります』
160(さき)()つて(まつ)(たけ)(うめ)三人(さんにん)は、161照山彦(てるやまひこ)居間(ゐま)()かむとするを、162親子(おやこ)五人(ごにん)宣伝使(せんでんし)(すが)りつき、163春山彦(はるやまひこ)はあわてて、
164『マア()つて(くだ)さいませ。165折角(せつかく)(むすめ)(こころざし)166あなたは神様(かみさま)(ため)にこの()(すく)はねばならぬお(やく)167その身代(みがは)りに()つた(むすめ)は、168まことに光栄(くわうえい)(いた)り、169(よろこ)んで身代(みがは)りに()たしていただきます。170どうか(むすめ)(こころざし)(かな)へさして(くだ)さいませ』
171(たの)()る。
172 照山彦(てるやまひこ)大音声(だいおんじやう)
173『アイヤ春山彦(はるやまひこ)174(とき)(せま)つた。175(はや)宣伝使(せんでんし)をこの()()(いだ)せ。176(なに)をぐづぐづ(いた)して()るか』
177呶鳴(どな)(ごゑ)
178『ハイハイ、179(しばら)くお()(くだ)さいませ。180(いま)(すぐ)(まゐ)ります』
181竹山彦(たけやまひこ)(なに)をぐづぐづ(らち)()かぬこと。182(はや)三人(さんにん)をこれへ()せ』
183 春山彦(はるやまひこ)是非(ぜひ)もなく、184二人(ふたり)(まへ)立現(たちあら)はれ、
185只今(ただいま)これへ()(まゐ)ります。186よく御実検(ごじつけん)(くだ)さいませ』
187竹山彦(たけやまひこ)『オー、188(はや)()せ。189ここの(うち)には秋月姫(あきづきひめ)190深雪姫(みゆきひめ)191橘姫(たちばなひめ)三人(さんにん)(むすめ)があると()(こと)()いてゐる。192その(むすめ)(かほ)をよく見知(みし)つたる竹山彦(たけやまひこ)193身代(みがは)りを()さうなどと量見(りやうけん)(ちが)ひいたして、194あとで吠面(ほえづら)をかわくな』
195 春山彦(はるやまひこ)進退(しんたん)これ(きは)まり、196如何(いかが)はせむと(こころ)(うち)に、
197野立彦命(のだちひこのみこと)198野立姫命(のだちひめのみこと)199木花姫命(このはなひめのみこと)(まも)らせ(たま)へ』
200一生懸命(いつしやうけんめい)(ねん)()る。201(まつ)(たけ)(うめ)宣伝使(せんでんし)はこの(まへ)(あら)はれ、
202『オー照山彦(てるやまひこ)203竹山彦(たけやまひこ)御使(おつかひ)とやら、204(わらは)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)205(むかし)はヱルサレムに(おい)(とき)めき(わた)天使長(てんしちやう)桃上彦命(ももがみひこのみこと)(むすめ)(うま)れた、206松代姫(まつよひめ)207竹野姫(たけのひめ)208梅ケ香姫(うめがかひめ)の、209(いま)天下(てんか)宣伝使(せんでんし)210わが(かほ)をよく(あらた)めて一時(いちじ)(はや)()(かへ)り、211常世神王(とこよしんわう)(まへ)手柄(てがら)をいたされよ。212ヤー、213春山彦(はるやまひこ)214(なんぢ)(こころざし)215何時(いつ)()にかは(わす)れむ。216(わらは)三人(さんにん)(いま)(とら)はれて常世(とこよ)(くに)(いた)ると(いへど)も、217(たふと)(かみ)御恵(みめぐ)みにて、218(ふたた)御目(おんめ)にかかることもあらむ。219親子(おやこ)夫婦(ふうふ)むつまじく達者(たつしや)(くら)して(くだ)されませ』
220 春山彦(はるやまひこ)(なみだ)(ぬぐ)ひながら、
221『これはこれは勿体(もつたい)なき宣伝使(せんでんし)のお言葉(ことば)222どうぞ御無事(ごぶじ)(かへ)つて(くだ)さいませ』
223照山彦(てるやまひこ)『エー、224グヅグヅと、225(なに)をベソベソ、226(はや)くこの()()()らぬか。227竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)228よく調(しら)べられよ』
229 竹山彦(たけやまひこ)三人(さんにん)(かほ)をトツクと(なが)め、
230『オー、231これは秋月姫(あきづきひめ)でもない、232深雪姫(みゆきひめ)でもない、233また橘姫(たちばなひめ)でもない。234(まが)(かた)なき(まつ)(たけ)(うめ)宣伝使(せんでんし)にきまつた。235アイヤ、236春山彦(はるやまひこ)237今日(こんにち)までこの三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)隠匿(かくま)うた(つみ)(ゆる)して(つか)はす。238今後(こんご)()をつけて(ふたた)びかやうな不都合(ふつがふ)(こと)はいたすでないぞよ』
239と、240三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)無理矢理(むりやり)駕籠(かご)()せ、241大勢(おほぜい)家来(けらい)(かつ)がせながら、242凱歌(がいか)(そう)して(かへ)()く。
243 春山彦(はるやまひこ)244夏姫(なつひめ)は、245ワツとばかりに(こゑ)()りあげ()()す。246この(こゑ)(おどろ)いて、247(つき)248(ゆき)249(はな)三人(さんにん)(むすめ)と、250(まつ)251(たけ)252(うめ)宣伝使(せんでんし)は、253この()にあわただしく()(きた)り、
254『オー、255父上(ちちうへ)256母上(ははうへ)
257春山彦(はるやまひこ)どの、258夏姫(なつひめ)(さま)
259(こゑ)かけられて夫婦(ふうふ)(かしら)()げ、260ハツとばかりに二度(にど)吃驚(びつくり)261(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)か、262合点(がてん)ゆかぬと夫婦(ふうふ)(かほ)見合(みあは)せ、263思案(しあん)()れゐたる。
264 あゝ(いま)()かれて()つた(まつ)(たけ)(うめ)宣伝使(せんでんし)は、265何神(なにがみ)化身(けしん)なるか、266いぶかしき。
267大正一一・二・一六 旧一・二〇 東尾吉雄録)