霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 赤玉(あかだま)出現(しゆつげん)〔四三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第3章 赤玉出現 よみ:あかだましゅつげん 通し章番号:433
口述日:1922(大正11)年02月19日(旧01月23日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世城の奥殿では、照山彦、竹山彦が間の国で三宣伝使捕縛の様子を、常世神王と鷹取別に報告していた。常世神王、鷹取別はご機嫌斜めならず、二人に慰労の言葉をかけた。
照山彦は感謝を述べ立てた。竹山彦は三五教の宣伝使は必ず見つけて御前に引き出して見せよう、と意気を露にしたが、広国別が常世神王の影武者になっていることを非難し、照山彦が得意そうに功名を誇っている様を笑い飛ばした。
照山彦は立ち上がり、固虎にすぐに三宣伝使を引き出してつれてくるようにと催促した。すぐに連れて参ります、という固虎の声がしたかと思うと、たちまちあたりは暗黒となり、暴風が吹きすさんだ。
突然、暗黒の中に毬のような一個の玉が現れた。玉は光は発さないが、赤、白、黄色、紫と色を変じながら、照山彦の頭に向かってポンと突き当たった。
照山彦はアイタタ、と叫んでうつぶせに倒れた。玉は照山彦の頭をつきながら跳ねている。玉を打とうとした鷹取別は、仰向けに倒れてしまった。
今度は玉は鷹取別の頭をついて跳ねはじめた。すると鷹取別の体は硬直してしまった。次に玉は常世神王の額に向かって衝突し、高座から打ち倒した。
竹山彦は玉に向かって、悪神退散の言霊を発した。すると玉は姿を消し、猛り狂った風も止んだ。竹山彦は銀燭に火を灯した。玄関には、松・竹・梅の三宣伝使を伴い来た固虎が、腰を抜かしていた。
竹山彦は、松・竹・梅の三姉妹に、常世神王、鷹取別、照山彦の介抱を命じた。たちまち辺りは馥郁たる香りに包まれ、喨々たる音楽が聞こえてきた。
常世神王、鷹取別、照山彦は三姉妹に介抱されて痛さも忘れ、悦に入っている。これ以降、三姉妹と竹山彦は常世神王に重用され、重要な決定には必ず参画するほどになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:25頁 八幡書店版:第2輯 399頁 修補版: 校定版:28頁 普及版:11頁 初版: ページ備考:
001 花毛氈(はなまうせん)()()めたる常世城(とこよじやう)大奥(おほおく)には、002常世神王(とこよしんわう)中央(ちうあう)高座(かうざ)(あら)はれ、003鷹取別(たかとりわけ)004玉山彦(たまやまひこ)左右(さいう)(はべ)らせ、005鶴翼(かくよく)(ぢん)()りしが(ごと)傲然(がうぜん)として(かま)()る。006照山彦(てるやまひこ)007竹山彦(たけやまひこ)はズツと退(さが)つて下座(げざ)(ひか)へ、008(はざま)(くに)使(つか)ひせし一伍一什(いちぶしじふ)顛末(てんまつ)喋々(てふてふ)として()()つれば、009常世神王(とこよしんわう)機嫌(きげん)(ななめ)ならず、
010天晴(あつぱ)天晴(あつぱ)(なんぢ)らが功名(こうみやう)011流石(さすが)()出神(でのかみ)も、012汝等(なんぢら)縦横無尽(じうわうむじん)機略(きりやく)には(した)()くであらう。013今後(こんご)はますます(ちから)(つく)し、014抜群(ばつぐん)功名(こうみやう)手柄(てがら)(あら)はせよ』
015『ヤア、016(おも)ひがけなき御褒(おほめ)御言葉(おことば)017照山彦(てるやまひこ)()として、018(ぶん)()ぎたる勿体(もつたい)なさ。019今後(こんご)はますます常世神王(とこよしんわう)御為(おんため)に、020粉骨砕身(ふんこつさいしん)021犬馬(けんば)(らう)(をし)まざるの覚悟(かくご)御座(ござ)ります』
022鷹取別(たかとりわけ)『わが推量(すゐりやう)(たが)はず、023今日(こんにち)使命(しめい)首尾(しゆび)よく(はた)せし両人(りやうにん)024常世神王(とこよしんわう)におかせられても(さぞ)御満足(ごまんぞく)ならむ。025鷹取別(たかとりわけ)(かん)()りたり』
026『これはしたり、027常世神王(とこよしんわう)とやら、028広国別(ひろくにわけ)大国彦(おほくにひこ)029大国彦(おほくにひこ)広国別(ひろくにわけ)030(なに)(なん)だか自由自在(じいうじざい)千変万化(せんぺんばんくわ)大自在天(だいじざいてん)だと、031途上(とじやう)にての(うはさ)032()いたる(とき)竹山彦(たけやまひこ)(こころ)(うち)腹立(はらだた)しさ。033竹山彦(たけやまひこ)(たけ)()つたる(きよ)(ただ)しい(こころ)(なん)とやら、034常世(とこよ)(やみ)(くも)につつまれた心地(ここち)(いた)したり。035如何(いか)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)036常世(とこよ)(くに)(きた)るとも、037竹山彦(たけやまひこ)のあらむ(かぎ)りは、038わが天眼通力(てんがんつうりき)にて所在(ありか)(たづ)ね、039一々(いちいち)御前(ごぜん)引摺(ひきず)(いだ)御目(おんめ)()けむ。040(あたま)(ひか)照山彦(てるやまひこ)(ひと)()げなる功名顔(こうみやうがほ)041(あま)りの可笑(をか)しさ臍茶(へそちや)(いた)り、042ワハヽヽヽヽ』
043四辺(あたり)(とどろ)竹山彦(たけやまひこ)(わら)(ごゑ)
044 ()(はや)西(にし)(かたむ)きて、045黄昏(たそがれ)()ぐる村鴉(むらがらす)046カハイカハイと()きながら、047(ねぐら)()して(かへ)()く。048無常(むじやう)()ぐる(かね)()は、049コーンコーンコーン、050コンコンコンと(ひび)くなり。051間毎(まごと)()らす銀燭(ぎんしよく)の、052(まばゆ)きばかり(あたま)(ひか)照山彦(てるやまひこ)は、053むつく()(あが)り、
054『ヤアヤア、055固虎々々(かたとらかたとら)056(なに)愚図々々(ぐづぐづ)いたして()るか。057(はや)三人(さんにん)をこの()(いざな)(きた)れ』
058(よば)はれば、059(こゑ)(した)より固虎(かたとら)は、
060只今(ただいま)三人(さんにん)(むすめ)061それへ召伴(めしつ)(まゐ)ります。062(しば)らく()たせられよ』
063()(をり)しも、064(たちま)四面(しめん)暗黒(あんこく)となり、065暴風(ばうふう)()(すさ)び、066奥殿(おくでん)(はしら)前後左右(ぜんごさいう)(ゆる)()し、067百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)(ごと)地響(ぢひびき)068続々(ぞくぞく)として鳴動(めいどう)し、069燦然(さんぜん)たる銀燭(ぎんしよく)(ひかり)忽然(こつぜん)として()()せ、070黒白(あやめ)()かぬ真黒(しんこく)(やみ)岩戸(いはと)(おろ)されたり。071鷹取別(たかとりわけ)暗中(あんちう)より大音声(だいおんじやう)
072『ヤアヤア(もの)ども、073咫尺(しせき)(べん)(がた)きこの暗黒(あんこく)074片時(へんじ)(はや)燈火(とうくわ)(てん)ぜよ』
075(よば)はる(こゑ)は、076百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)(ごと)くなる大音響(だいおんきやう)(つつ)まれて、077(きこ)えざるこそもどかしき。078常世神王(とこよしんわう)(こころ)(こころ)ならず、079暗中(あんちう)端坐(たんざ)し、080如何(いかが)()()くならむと、081黙然(もくねん)として(むね)(をど)らせ(ひか)()る。082暗中(あんちう)()うて(まり)(ごと)一箇(いつこ)(たま)083座敷(ざしき)中央(ちうあう)忽然(こつぜん)として(あら)はれ、084()るみる座敷(ざしき)中央(ちうあう)(みぎ)(ひだり)に、085(まへ)(うしろ)浮遊(ふいう)(はじ)めたり。086されど(いろ)(あか)きのみにて(すこ)しも光輝(くわうき)放射(はうしや)せず、087(たま)(あか)088(しろ)089()090(むらさき)091いろいろと(いろ)(へん)じ、092照山彦(てるやまひこ)禿頭(はげあたま)(むか)つて、093ポンと()(あた)れば、
094『アイタヽヽ』
095照山彦(てるやまひこ)俯伏(うつぶ)せになる。096(たま)子供(こども)(まり)をつくやうに照山彦(てるやまひこ)(あたま)基点(きてん)として、097ポンポンポンポンとつき(いだ)すにぞ、098鷹取別(たかとりわけ)はその(たま)()たむとして座席(ざせき)より()(はづ)し、099スツテンドウと仰向(あふむ)けに(たふ)れたれば、100(たま)(ところ)()へて、101鷹取別(たかとりわけ)仰向(あふむ)けに(たふ)れた(あたま)(うへ)を、102(また)もやポンポンポンポンと(まり)つき(はじ)めぬ。103不思議(ふしぎ)や、104鷹取別(たかとりわけ)身体(からだ)強直(きやうちよく)してビクとも(うご)()ず、105(たま)(また)もや位置(ゐち)()へ、106(はな)(うへ)(きた)りて(また)もや(まり)をつく。107鷹取別(たかとりわけ)は、
108『アイタヽ、109アイタヽヽ、110(はな)(めげ)る。111()まらぬ()まらぬ』
112泣声(なきごゑ)をしぼる。113(たま)(また)もや常世神王(とこよしんわう)(ひたひ)(むか)つて、114(うな)りを()てて衝突(しようとつ)したるその(はづみ)に、115常世神王(とこよしんわう)高座(かうざ)より仰向(あふむ)けに後方(こうはう)(せき)筋斗(もんどり)()つて顛倒(てんたふ)し、116(いき)()()えに(うめ)(くる)しむ(をり)もあれ、117竹山彦(たけやまひこ)暗中(あんちう)より大音声(だいおんじやう)
118『ヤア、119奇怪(きくわい)千万(せんばん)なる()()光景(くわうけい)120()(たま)となつて風雨(ふうう)(おこ)し、121(うな)(ごゑ)(ひび)かせ、122(また)もや常世城(とこよじやう)攪乱(かくらん)せむとする(こころ)(にく)八十曲津神(やそまがつかみ)123わが言霊(ことたま)威力(ゐりよく)にくたばれよ』
124言葉(ことば)(もと)に、125()(たま)姿(すがた)()()し、126(いま)まで(たけ)(くる)ひし(かぜ)(ひびき)はピタリと()みて、127(そら)には一面(いちめん)(ほし)(ひか)(かがや)(わた)る。128竹山彦(たけやまひこ)火打(ひうち)()()し、129カチカチ()()銀燭(ぎんしよく)(てん)じたれば、130四辺(あたり)(ひる)のごとく(かがや)(わた)りぬ。131この(とき)三人(さんにん)(むすめ)(ともな)(きた)りし固虎(かたとら)は、132(こし)()かして玄関(げんくわん)蹲踞(しやが)()たりき。
133『ヤア、134(おも)はざる悪神(あくがみ)襲来(しふらい)135これはしたり常世神王様(とこよしんわうさま)136怪我(けが)御座(ござ)いませぬか。137竹山彦(たけやまひこ)138御案(ごあん)(まを)す。139イヤなに松代姫(まつよひめ)殿(どの)140神王(しんわう)御介抱(ごかいはう)(あそ)ばされよ。141これはしたり鷹取別(たかとりわけ)殿(どの)142貴下(きか)(つね)ならぬ御顔色(おかほいろ)143(まが)火玉(ひだま)()たれ(たま)ひしと見受(みう)けたり。144竹野姫(たけのひめ)殿(どの)145介抱(かいはう)(あそ)ばされよ。146鷹取別(たかとりわけ)殿(どの)(はな)如何(いかが)(いた)されしや。147イヤもう(だい)なしでござる』
148 鷹取別(たかとりわけ)は、149()()ての団子(だんご)のやうな(はな)をペコペコさせながら、150(なに)フガフガ()つて()るばかり。
151貴殿(あなた)御言葉(おことば)判然(はつきり)いたさぬ。152フガフガとは(なん)(こと)でござるか。153不甲斐(ふがひ)ないことだとの御歎(おんなげ)きか。154ヤアヤア照山彦(てるやまひこ)殿(どの)155貴下(きか)(あたま)如何(いかが)(あそ)ばされた。156(じつ)(めう)恰好(かつかう)でござる。157梅ケ香姫(うめがかひめ)殿(どの)158サア(はや)御介抱(ごかいはう)(あそ)ばさるるがよからう』
159『アイ』
160(こた)へて三人(さんにん)(むすめ)は、161竹山彦(たけやまひこ)(めい)ずるままに甲斐々々(かひがひ)しく介抱(かいほう)()りかかりぬ。
162『ヤアヤア、163常世(とこよ)(くに)(ゆき)(おこ)しか、164(しろ)(たふ)しか(なん)だか()らないが、165(うま)れてから()たこともない天狗風(てんぐかぜ)()きよつて、166この固虎(かたとら)吃驚(びつくり)仰天(ぎやうてん)167()()ガタガタガタ(とら)になつて(しま)つた。168(みな)方々(かたがた)(うつく)しい御介抱人(ごかいはうにん)出来(でき)結構(けつこう)だが、169吾々(われわれ)(かた)()け、170(こし)()け、171(かたがた)(かた)(わる)いものでござる。172三人(さんにん)のお(かた)夫々(それぞれ)御介抱人(ごかいはうにん)があつて結構(けつこう)だが、173この固虎(かたとら)(かぎ)りて(たれ)世話(せわ)する(をんな)がないとは、174片手落(かたておち)にも(ほど)がある。175(いづ)れの(かた)()()(あら)はれて、176わが()介抱(かいほう)して()れてもよささうなものだな』
177竹山彦(たけやまひこ)『オイ固虎(かたとら)178貴様(きさま)日頃(ひごろ)から無信心(むしんじん)で、179おまけにヱルサレムの(みや)(むかし)から(かた)もないやうな悪戯(いたづら)をいたしただらう。180それが(ため)時節(じせつ)到来(たうらい)181神様(かみさま)仇敵(かた)御討(おう)(あそ)ばしたのぢや。182ガタ(とら)でなうてカタキとられだ。183御気(おき)(どく)(さま)ながら、184生命(いのち)()くなるまで、185其処(そこ)辛抱(しんばう)なさるがよからう』
186『ヤア竹山彦(たけやまひこ)殿(どの)187そんなこと(どころ)ではない。188本当(ほんたう)真面目(まじめ)になつて、189(たれ)()んで()(くだ)さいな』
190常世神王様(とこよしんわうさま)191歴々(れきれき)方々(かたがた)のこの大難(だいなん)(すく)はねばならぬ吾々(われわれ)任務(にんむ)192(なんぢ)(ごと)きに介抱(かいほう)する(いとま)があらうか』
193 (とき)しも馥郁(ふくいく)たる香気(かうき)室内(しつない)()(わた)り、194嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)何処(いづこ)ともなく(きこ)(きた)る。195常世神王(とこよしんわう)松代姫(まつよひめ)(すく)はれ、196御機嫌(ごきげん)(ななめ)ならず、197鷹取別(たかとりわけ)198照山彦(てるやまひこ)も、199竹野姫(たけのひめ)200梅ケ香姫(うめがかひめ)介抱(かいほう)され、201メシヤゲた(あたま)(はな)(いた)さを(わす)れて(えつ)()る。202音楽(おんがく)()はますます()(わた)り、203何処(どこ)となく四辺(あたり)(にぎは)しくなり(きた)れり。
204 (そら)(とどろ)(あま)磐船(いはふね)205鳥船(とりふね)(ひびき)()()(ごと)(きこ)(きた)る。206これより(まつ)207(たけ)208(うめ)三人(さんにん)(はじ)め、209竹山彦(たけやまひこ)常世神王(とこよしんわう)(おぼ)目出度(めでた)く、210何事(なにごと)一切(いつさい)重要(ぢうえう)事件(じけん)帷幕(ゐばく)(さん)ずることとはなりぬ。
211大正一一・二・一九 旧一・二三 外山豊二録)