霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 (みだ)(がみ)〔四四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第17章 乱れ髪 よみ:みだれがみ 通し章番号:447
口述日:1922(大正11)年02月23日(旧01月27日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
城内に進み入った固虎は、逆国別に出会う。固虎は、宣伝使・淤藤山津見を生け捕って帰ったと告げて、「日の出神」に注進するようにと伝えた。
大自在天の「日の出神」が現れ、固虎と淤藤山津見に面会した。淤藤山津見は元大自在天の部下・醜国別である。
淤藤山津見は大自在天に、自分が今三五教の宣伝使となっているのは、三五教に潜入して、内情を探るためだ、と答えた。そして、伊弉冊命に化けているのは大国姫であろう、と企みを問いただして明かさせた。
しかし大自在天は二人が松・竹・梅の三姉妹の宣伝使を捕らえてこなかったことを疑い、問い詰めた。二人は困惑してしまうが、そこへ照彦が蚊ヶ虎の姿となって現れ、松・竹・梅の宣伝使を差し出した。
そして昨年、常世城からロッキー山に護送されてきたのは、目の国の月・雪・花の三姉妹であって、これは常世城で常世神王の影武者をしている広国別の謀反の証拠である、と大自在天に信じさせた。
怒った大自在天は、逆国別に命じて、広国別捕縛の軍を常世城に向けた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:134頁 八幡書店版:第2輯 439頁 修補版: 校定版:140頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 固山彦(かたやまひこ)(なん)(はばか)気色(けしき)もなく、002淤縢山津見(おどやまづみ)(ともな)ひて奥殿(おくでん)(ふか)()る。003この(とき)004逆国別(さかくにわけ)玄関(げんくわん)(あら)はれ、
005『ホー、006固虎彦(かたとらひこ)殿(どの)007貴下(きか)常世神王(とこよしんわう)(めい)によつて、008軍隊(ぐんたい)(めし)つれ、009()』の(くに)出陣(しゆつぢん)されしと()いてゐた。010黄泉島(よもつじま)味方(みかた)(ほとん)出陣(しゆつぢん)して、011(いま)はロッキー(じやう)常世城(とこよじやう)012(とも)(まも)(はなは)手薄(てうす)となつてゐる。013(しか)るに貴下(きか)常世城(とこよじやう)(かへ)らず、014ここに出張(しゆつちやう)されしは(なに)かの仔細(しさい)あらむ。015つぶさに物語(ものがた)られたし』
016固山彦(かたやまひこ)『お(まへ)逆国別(さかくにわけ)017これには(ふか)仔細(しさい)がある。018()(かく)019常世城(とこよじやう)固虎彦(かたとらひこ)020三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)淤縢山津見(おどやまづみ)生擒(いけど)(かへ)つたりと奏上(そうじやう)せよ』
021 逆国別(さかくにわけ)は、
022(しばら)()つて(くだ)さい。023()出神(でのかみ)申上(まをしあ)げ、024指図(さしづ)をうけます』
025(きびす)をかへして(おく)()つた。026二人(ふたり)案内(あんない)もなく玄関(げんくわん)(くつ)草鞋(わらぢ)()()て、027一間(ひとま)()つて(いき)(やす)めゐたるに、028()出神(でのかみ)四五(しご)従者(じゆうしや)引連(ひきつ)れ、029儼然(げんぜん)としてこの()(あら)はれ(きた)り、
030『ホー、031固虎彦(かたとらひこ)032何用(なによう)あつて()られしぞ』
033『これには(ふか)様子(やうす)御座(ござ)れば、034(しばら)余人(よじん)(とほ)ざけ(たま)へ』
035(みな)(もの)036この()(とほ)ざかり、037居間(ゐま)(かへ)つて休息(きうそく)いたせ』
038『ハイ』
039(こた)へて一同(いちどう)は、040この()()()る。
041日出神(ひのでのかみ)『イヤ、042(なんぢ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(あら)ずや』
043淤縢山津見(おどやまづみ)(しか)り、044(われ)(むかし)045貴下(きか)(つか)へたる醜国別(しこくにわけ)046(いま)三五教(あななひけう)(いつは)つて宣伝使(せんでんし)となり、047(てき)様子(やうす)(うかが)ひゐる(もの)048如何(いか)機略(きりやく)縦横(じうわう)貴下(きか)大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)(いへど)も、049(とほ)(おもんぱか)(ところ)なかる()からず。050(われ)旧恩(きうおん)(むく)ゆるためワザと三五教(あななひけう)()り、051一切万事(いつさいばんじ)様子(やうす)探知(たんち)(かへ)りたる(もの)052(かなら)(うたが)(たま)ふことなく、053胸襟(きようきん)をひらいて(かた)らせ(たま)へ。054貴下(きか)()出神(でのかみ)名乗(なの)らせ(たま)へども、055その(じつ)神力(しんりき)無双(むさう)大自在天(だいじざいてん)大国彦命(おほくにひこのみこと)()しますこと、056一点(いつてん)(うたが)ひの余地(よち)なし。057また伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)(とな)(たま)ふは、058貴下(きか)御妃(おんひ)大国姫(おほくにひめ)なる(こと)判然(はんぜん)せり。059()くなる(うへ)は、060(つつ)みかくさず、061一切(いつさい)計画(けいくわく)詳細(しやうさい)物語(ものがた)られたし』
062(なんぢ)推量(すゐりやう)(たが)はず、063(われ)大自在天(だいじざいてん)なり。064(わが)神謀鬼策(しんぼうきさく)には(なんぢ)(おどろ)きしならむ』
065吾々(われわれ)()くの(ごと)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()()み、066艱難(かんなん)辛苦(しんく)(いた)(くらゐ)のもの、067貴下(きか)計画(けいくわく)()承知(しようち)(うへ)(こと)なり。068(いま)この固虎彦(かたとらひこ)常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)(めい)(ほう)じ、069(われ)召捕(めしと)らむために『()』の(くに)数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)引連(ひきつ)(すす)(きた)りしも、070(やうや)(わが)胸中(きようちう)(さと)りヤツト安堵(あんど)し、071一切(いつさい)打明(うちあ)けて(われ)本城(ほんじやう)(みちび)きたる英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)072(かん)()つたる固虎(かたとら)(はたら)き。073随分(ずゐぶん)()めの言葉(ことば)(たまは)りたし』
074『イヤ両人(りやうにん)真心(まごころ)には(かん)()つた。075(しか)しながら、076(なんぢ)(ともな)ひし(まつ)077(たけ)078(うめ)宣伝使(せんでんし)079(およ)蚊々虎(かがとら)如何(いかが)されしや』
080 この言葉(ことば)両人(りやうにん)はグツとつまり、
081(かれ)四人(よにん)(おもんばか)(ところ)あり、082()(ところ)()()きたり。083()して御目(おんめ)にかけ(まを)さむ』
084一時(いちじ)(はや)()ひたきものだ。085その所在(ありか)(いま)ここに(おい)(われ)報告(はうこく)されよ。086(われ)適当(てきたう)なる(もの)(つか)はして、087(これ)本城(ほんじやう)(むか)(かへ)らしめむ。088四人(よにん)宣伝使(せんでんし)所在(ありか)()れざる(あひだ)は、089汝等(なんぢら)(うたが)ふの余地(よち)充分(じうぶん)なり。090(はや)所在(ありか)()らせよ』
091固山彦(かたやまひこ)『ここ四五日(しごにち)猶予(いうよ)(ねが)ひます』
092(なんぢ)()(ごと)く、093(しん)吾々(われわれ)()めに、094(いま)まで暗々裡(あんあんり)活動(くわつどう)せしこと(まこと)なりとせば、095その所在(ありか)()れざる(はず)なし。096返答(へんたふ)()ざるは(なんぢ)帰順(きじゆん)せしと(いつは)り、097(こころ)(あは)せ、098手薄(てうす)のロッキー(じやう)顛覆(てんぷく)せしめむとの悪計(あくけい)ならむ。099返答(へんたふ)次第(しだい)によつては容赦(ようしや)(がた)し。100サア(はや)()げよ』
101(やや)(こゑ)をはげまし(きび)しく()()められ、102二人(ふたり)蚊々虎(かがとら)および三人(さんにん)(むすめ)に、103山中(さんちう)(おい)(けむり)()えられ、104その所在(ありか)()らず、105その返答(へんたふ)(くる)しみ、106顔色(がんしよく)(へん)じ、107心中(しんちう)に「サア失敗(しくじ)つたり」と(おも)(わづら)(をり)からに、108中門(なかもん)(ひら)いて(すす)(きた)照彦(てるひこ)は、109(にはか)蚊々虎(かがとら)姿(すがた)(へん)じ、110(つき)111(ゆき)112(はな)三人(さんにん)(ともな)ひて()(きた)り、
113(われ)大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)114(いま)()出神(でのかみ)(もと)家来(けらい)蚊々虎(かがとら)にて(さふらふ)115(つき)116(ゆき)117(はな)(いつは)つて、118三五教(あななひけう)宣伝(せんでん)し、119天下(てんか)(まどは)(まつ)120(たけ)121(うめ)女宣伝使(をんなせんでんし)召連(めしつ)れ、122この()引連(ひきつ)(まゐ)りたり。123一時(いちじ)(はや)く、124()出神(でのかみ)125実検(じつけん)せられよ』
126()ばはり()る。
127 ()出神(でのかみ)(はじ)固山彦(かたやまひこ)128淤縢山津見(おどやまづみ)は、129寝耳(ねみみ)(みづ)面持(おももち)にて(たがひ)(かほ)見合(みあ)はせ、130黙然(もくねん)として(ひか)へゐる。131照彦(てるひこ)三人(さんにん)(むすめ)(ともな)ひ、132この()にドシドシと(あら)はれ(きた)り、
133『ヤア、134これはこれは大国彦(おほくにひこ)(さま)135(われ)こそは旧臣(きうしん)蚊々虎(かがとら)でございます。136(やうや)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(たづ)(もと)めて、137これに(まゐ)りました。138ここに(あらは)れたる固虎彦(かたとらひこ)139淤縢山津見(おどやまづみ)二人(ふたり)も、140この(こと)はよく御存(ごぞん)じの(はず)です。141仔細(しさい)御調(おしらべ)(ねが)(たてまつ)る』
142といふより(はや)く、143三人(さんにん)(むすめ)被面布(ひめんぷ)()(のぞ)けば、144一同(いちどう)(おも)はず、
145『ヤア』
146(こゑ)をあげたまま、147黙然(もくねん)三人(さんにん)(かほ)看守(みまも)つてゐる。148(しばら)くあつて、149()出神(でのかみ)三人(さんにん)(むすめ)(かほ)熟視(じゆくし)した(うへ)
150合点(がてん)()かぬ三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)151(なんぢ)松代姫(まつよひめ)152竹野姫(たけのひめ)153梅ケ香姫(うめがかひめ)相違(さうゐ)なきや。154去年(きよねん)(ふゆ)155常世神王(とこよしんわう)より(まつ)156(たけ)157(うめ)三人(さんにん)なりと(まを)()て、158本城(ほんじやう)(おく)(きた)れる三五教(あななひけう)(まつ)159(たけ)160(うめ)宣伝使(せんでんし)(くら)ぶれば、161容貌(ようばう)骨格(こつかく)その()において非常(ひじやう)相違(さうゐ)(てん)あり。162(なんぢ)(はた)して(まつ)163(たけ)164(うめ)相違(さうゐ)なきや』
165妾等(わらはら)(うづ)(くに)城主(じやうしゆ)正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)(むすめ)166(まつ)167(たけ)168(うめ)三人(さんにん)相違(さうゐ)これなく(さふらふ)169妾等(わらはら)三人(さんにん)は、170(いま)(かつ)常世城(とこよじやう)(とら)はれし(こと)もなければ、171(したが)つて本城(ほんじやう)(きた)りし(こと)もなし。172(なに)かの間違(まちが)ひにはおはさずや』
173 ()出神(でのかみ)双手(もろて)()み、174(かうべ)(かたむ)思案(しあん)(しづ)む。
175固山彦(かたやまひこ)『モシ、176()出神(でのかみ)(さま)177昨年(さくねん)常世神王(とこよしんわう)より(おく)(きた)りし(まつ)178(たけ)179(うめ)三人(さんにん)は、180御承知(ごしようち)(ごと)何時(いつ)とはなしにこの警護(けいご)(きび)しき(なか)(けむり)(ごと)()()りしは、181(えう)するに常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)妖術(えうじゆつ)にて、182(かれ)表面(へうめん)貴下(きか)随従(ずゐじう)する(ごと)()せかけ、183(ひそ)かに天教山(てんけうざん)(くわん)(つう)じ、184貴下等(きから)計画(けいくわく)根底(こんてい)より(くつが)へさむとするの悪辣(あくらつ)なる計略(けいりやく)(たく)みをる(もの)185拙者(せつしや)はその計略(けいりやく)(おく)()(ぞん)じをれば、186広国別(ひろくにわけ)(せま)つて、187その不都合(ふつがふ)詰責(きつせき)せし(ところ)188広国別(ひろくにわけ)(つひ)(かぶと)()ぎ、189(いや)しき門番(もんばん)固虎(かたとら)をして(くち)ふさぎのため重職(ぢうしよく)(さづ)けたるは、190(まつた)くその奸計(かんけい)()()れざらむがための(かれ)術策(じゆつさく)191昨冬(さくとう)(まつ)192(たけ)193(うめ)(しよう)したるは、194広国別(ひろくにわけ)魔術(まじゆつ)によつて(あら)はれたる悪狐(あくこ)所為(しよゐ)なれば、195(かなら)御油断(ごゆだん)あつてはなりませぬ』
196言葉(ことば)(たくみ)()()てたり。
197 大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)()出神(でのかみ)はこれを()くとともに、198怒髪天(どはつてん)()き、
199『ヤアヤア逆国別(さかくにわけ)200一時(いちじ)(はや)家来(けらい)()()け、201常世神王(とこよしんわう)召捕(めしと)りかへれ』
202大音声(だいおんじやう)(よば)はれば、
203『ハイ』
204(こた)へて逆国別(さかくにわけ)はその()(あら)はれ、205()出神(でのかみ)(めい)まにまに数百人(すうひやくにん)部下(ぶか)引率(ひきつ)れ、206常世城(とこよじやう)(むか)ひ、207(うま)(またが)り、208あわただしく出張(しゆつちやう)する。
209淤縢山津見(おどやまづみ)()出神(でのかみ)申上(まをしあ)げます。210(じつ)油断(ゆだん)のならぬは人心(ひとごころ)211一切(いつさい)秘密(ひみつ)打明(うちあ)け、212御信任(ごしんにん)(あさ)からざる常世神王(とこよしんわう)広国別(ひろくにわけ)は、213かかる腹黒(はらぐろ)(もの)とは(おも)はれなかつたでせう。214吾々(われわれ)(はじ)めて固虎彦(かたとらひこ)言葉(ことば)()きまして(おどろ)きました。215(ひと)()かけによらぬものとは、216よく()つたものですワ』
217『さうだ、218(ひと)()かけによらぬものだ。219醜国別(しこくにわけ)淤縢山津見(おどやまづみ)となつて三五教(あななひけう)のウラをかき220広国別(ひろくにわけ)常世神王(とこよしんわう)となつて(この)(はう)のウラをかき221天教山(てんけうざん)(くわん)(つう)ずるのも(おな)道理(だうり)だ。222(てき)(なか)にも味方(みかた)あり、223味方(みかた)(なか)にも(てき)ありとはこの(こと)だのう』
224(わたくし)(しん)じて(くだ)さいますか』
225固山彦(かたやまひこ)吾々(われわれ)()出神(でのかみ)であつたら、226容易(ようい)(しん)じないなア。227ハヽヽヽヽヽ』
228淤縢山津見(おどやまづみ)固虎(かたとら)さま、229あまり(くち)()ぎますよ。230あなた、231そんな(かほ)して()つて、232(こころ)(そこ)天教山(てんけうざん)三五教(あななひけう)(くわん)(つう)じてゐるのでせう。233アハヽヽヽヽ』
234日出神(ひのでのかみ)(なん)だか(わけ)(わか)らぬやうになつて()た。235(きつね)につままれたやうだワイ』
236大正一一・二・二三 旧一・二七 桜井重雄録)