霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 (もも)()〔四五一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第21章 桃の実 よみ:もものみ 通し章番号:451
口述日:1922(大正11)年02月25日(旧01月29日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一方本物の日の出神は、神伊弉諾神の命を奉じ、三軍を率いて黄泉島に進んだ。大自在天・大国彦の軍勢は多くの魔神・魔軍を布陣したが、神軍の前には魔力を発揮することはできなかった。
しかし魔軍の将・美山別らの反撃に、神軍の形成はにわかに不利になった。このとき松代姫、竹野姫、梅ヶ香姫の三姉妹の宣伝使は、月・雪・花の三姉妹を従えて、宣伝歌を歌いながら敵の陣中に向かって舞い踊った。
魔軍は女神たちの美しさに心魂を奪われ、武器を地に捨てて見とれていた。魔軍は闘う力を失って、ただ平伏するのみであった。
この三姉妹のはたらきに対し、神伊弉諾命の声が中空から語りかけ、意富加牟豆美神(おほかむづみのかみ)と名を与えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:161頁 八幡書店版:第2輯 449頁 修補版: 校定版:168頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001 (ここ)()出神(でのかみ)は、002神伊邪那諾神(かむいざなぎのかみ)神勅(しんちよく)(ほう)じ、003三軍(さんぐん)(しやう)として黄泉島(よもつじま)(むか)つて花々(はなばな)しく進軍(しんぐん)せり。
004 石拆司(いはさくのかみ)005根拆司(ねさくのかみ)006石筒之男司(いはつつのをのかみ)をして先陣(せんぢん)(つかさど)らしめ、007甕速日司(みかはやびのかみ)008樋速日司(ひはやびのかみ)009建布都司(たけふつのかみ)をして本隊(ほんたい)部将(ぶしやう)とし、010後陣(こうぢん)には闇淤加美神(くらおかみのかみ)011闇御津羽神(くらみつはのかみ)部将(ぶしやう)とし、012旗鼓(きこ)堂々(だうだう)として黄泉島(よもつじま)比良坂(ひらさか)(むか)つて進軍(しんぐん)せしめ、013左翼(さよく)軍隊(ぐんたい)には正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)014駒山彦(こまやまひこ)015右翼(うよく)には奥山津見神(おくやまづみのかみ)016志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)部将(ぶしやう)とし、017遊軍(いうぐん)として闇山津見神(くらやまづみのかみ)018羽山津見神(はやまづみのかみ)019原山津見神(はらやまづみのかみ)020戸山津見神(とやまづみのかみ)十六神将(じふろくしんしやう)をして鶴翼(かくよく)(ぢん)()り、021魚鱗(ぎよりん)(そな)(いさ)ましく、022(あま)鳥船(とりふね)023岩樟船(いはくすぶね)()せて雲霞(うんか)(ごと)大軍(たいぐん)(おく)り、024天地(てんち)震動(ゆる)ぐばかりの言霊(ことたま)発射(はつしや)せしめたり。
025 (ここ)常世(とこよ)(くに)のロッキー(じやう)(あら)はれたる大国彦(おほくにひこ)は、026(みづか)()出神(でのかみ)偽称(ぎしよう)し、027美山別(みやまわけ)をして、028大雷(おほいかづち)029黒雷(くろいかづち)030火雷(ほのいかづち)031拆雷(さくいかづち)勇将(ゆうしやう)(つか)はし、032数多(あまた)魔軍(まぐん)指揮(しき)せしめ、033照山彦(てるやまひこ)伏雷(ふしいかづち)034土雷(つちいかづち)部将(ぶしやう)(ひき)ゐて左翼(さよく)となり、035竹島彦(たけしまひこ)鳴雷(なるいかづち)036若雷(わかいかづち)部将(ぶしやう)(ひき)ゐて右翼(うよく)となり、037国玉姫(くにたまひめ)038田糸姫(たいとひめ)039杵築姫(きつきひめ)をして醜女(しこめ)探女(さぐめ)引率(いんそつ)せしめ、040爆弾(ばくだん)041弓矢(ゆみや)042(やり)043(つるぎ)などの兇器(きようき)(もつ)山上(さんじやう)()(のぼ)り、044一挙(いつきよ)黄泉島(よもつじま)占領(せんりやう)せむと猛虎(まうこ)(いきほひ)(すさま)じく()(きた)る。
045 (てん)(ふる)()(ゆる)ぎ、046()()はれぬ激戦(げきせん)(ここ)開始(かいし)されける。047(もも)()(なぞら)へたる国玉姫(くにたまひめ)048田糸姫(たいとひめ)049杵築姫(きつきひめ)婉麗(ゑんれい)(なら)びなき姿(すがた)も、050霊主体従(れいしゆたいじゆう)神軍(しんぐん)(たい)しては、051その魔力(まりよく)発揮(はつき)するの(すべ)(さら)になかりけり。
052 中空(ちうくう)よりは、053神軍(しんぐん)として月照彦神(つきてるひこのかみ)054足真彦神(だるまひこのかみ)055少彦名神(すくなひこなのかみ)056弘子彦神(ひろやすひこのかみ)057雄姿(ゆうし)(あら)はし神軍(しんぐん)指揮(しき)しつつあり。058美山別(みやまわけ)軍勢(ぐんぜい)は、059この神軍(しんぐん)応援(おうゑん)(すす)()ね、060(やや)躊躇(ちうちよ)(いろ)ありしが、061中空(ちうくう)より(きこ)ゆる森厳(しんげん)なる言霊(ことたま)(ひびき)に、062(あたま)(いた)(むね)()けむばかり(くる)しみ(もだ)えて、063()むを()(さか)(うへ)より退却(たいきやく)(はじ)めたれば、064()出神(でのかみ)(ひき)ゆる神軍(しんぐん)は、065(とき)(うつ)さず比良坂(ひらさか)(くだ)りて、066美山別(みやまわけ)魔軍(まぐん)追跡(つゐせき)すること益々(ますます)(きふ)なり。067美山別(みやまわけ)一隊(いつたい)は、068八種(やくさ)雷神(いかづちがみ)数万(すうまん)魔軍(まぐん)()へて生命(いのち)(かぎ)りに()(かへ)(きた)るを、069()出神(でのかみ)左翼(さよく)部隊(ぶたい)なる正鹿山津見(まさかやまづみ)070駒山彦(こまやまひこ)一隊(いつたい)()いて、071迂廻(うくわい)して魔軍(まぐん)背面(うしろ)(むか)はしめたるに、072魔軍(まぐん)不意(ふい)言霊(ことたま)(ふたた)(きも)()かれ、073萎縮(ゐしゆく)して(おも)はず大地(だいち)俯伏(ふふく)する。074月照彦(つきてるひこ)075足真彦(だるまひこ)らの神軍(しんぐん)活動(くわつどう)(しよう)して蒲子(ゑびかづらのみ)()りきと()ひ、076駒山彦(こまやまひこ)077正鹿山津見(まさかやまづみ)一隊(いつたい)活動(くわつどう)(しよう)して、078湯津津間櫛(ゆづつまぐし)引闕(ひきか)きて投棄(なげう)(たま)へば(すなは)(たかむら)()りきと()ふなり。
079 ()出神(でのかみ)は、080軽々(かるがる)しく(すす)(てき)術中(じゆつちう)(おちい)らむ(こと)(おそ)れ、081()()(じやう)じて(もと)本陣(ほんじん)大部隊(だいぶたい)神軍(しんぐん)(かへ)し、082宣伝歌(せんでんか)高唱(かうしやう)して、083(てき)襲撃(しふげき)(そな)へつつありき。
084 美山別(みやまわけ)一隊(いつたい)は、085ここを先途(せんど)全力(ぜんりよく)(つく)し、086魔軍(まぐん)(ちから)集中(しふちう)し、087一団(いちだん)となつて驀地(まつしぐら)()出神(でのかみ)陣営(ぢんえい)(むか)つて(すす)(きた)る。088一進一退(いつしんいつたい)089容易(ようい)勝負(しようぶ)()えざりける。
090 美山別(みやまわけ)(かち)(じやう)じ、091あらゆる精巧(せいかう)なる武器(ぶき)(もつ)縦横無尽(じうわうむじん)()()(きた)るを、092()出神(でのかみ)神軍(しんぐん)は、093各自(おのおの)両刃(もろは)(つるぎ)(たづさ)へをれども、094(もと)より折伏(しやくふく)(つるぎ)にあらず、095摂取不捨(せつしゆふしや)利剣(りけん)なれば、096(てき)鋒鋩(ほうばう)(たい)しても容易(ようい)にこれを(もち)ゐず、097ただ至誠(しせい)至実(しじつ)言霊(ことたま)応用(おうよう)して、098これに対抗(たいかう)するのみ。099されども(ひと)(さかん)なれば(てん)()ち、100(あく)(ぜん)(しひた)げ、101(ばう)(じう)(くる)しめ、102(とき)ならずして神軍(しんぐん)形勢(けいせい)益々(ますます)悲境(ひきやう)(おちい)りぬ。
103 この(とき)桃上彦(ももがみひこ)(むすめ)104松代姫(まつよひめ)105竹野姫(たけのひめ)106梅ケ香姫(うめがかひめ)(つき)107(ゆき)108(はな)三人(さんにん)女将(めがみ)(したが)へ、109数多(あまた)(うつく)しき女人(によにん)(ひき)ゐて、110宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、111(てき)陣中(ぢんちう)()がけて長袖(ちやうしう)(しとやか)(をど)()(くる)ふにぞ、112(さすが)魔軍(まぐん)も、113容色(ようしよく)端麗(たんれい)にして天女(てんによ)(ごと)清楚(せいそ)なる姿(すがた)(まなこ)(くら)み、114(こん)(うば)はれ、115呆然(ばうぜん)として(おのおの)武器(ぶき)()()()つめ()る。
116 (まつ)117(たけ)118(うめ)119(つき)120(ゆき)121(はな)宣伝使(せんでんし)は、122魔軍(まぐん)陣中(ぢんちう)前後左右(ぜんごさいう)()(まは)り、123(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)(うた)へば、124魔軍(まぐん)(しやう)美山別(みやまわけ)(はじ)めとし、125八種(やくさ)雷神(いかづちがみ)(いた)るまで、126女神(めがみ)姿(すがた)恍惚(くわうこつ)として(たたか)ひの(には)にある(こと)(わす)るるに(いた)りぬ。127(この)(あひだ)()出神(でのかみ)は、128諸将(しよしやう)引率(いんそつ)して黄泉比良坂(よもつひらさか)(さか)(うへ)退却(たいきやく)し、129ここに一時(いちじ)休養(きうやう)せり。130魔軍(まぐん)(いづ)れも(たたか)ふの(ちから)なく平伏(へいふく)するを、131(まつ)132(たけ)133(うめ)以下(いか)女神(めがみ)は、134悠々(いういう)として()出神(でのかみ)(たむろ)せる黄泉比良坂(よもつひらさか)(さか)(うへ)(かへ)(きた)り、135戦況(せんきやう)(つぶ)さに奏上(そうじやう)せり。136この(とき)空中(くうちう)(こゑ)あり、
137(われ)神伊邪那諾命(かむいざなぎのみこと)138()出神(でのかみ)をして黄泉軍(よもついくさ)言向(ことむ)(やは)さしめたれども、139魔軍(まぐん)(いきほひ)(つよ)くして容易(ようい)にこれを帰順(きじゆん)せしむ()からず。140諸神将卒(しよしんしやうそつ)(たたか)ひに(つか)(なや)みたる(をり)しも、141(なんぢ)(まつ)142(たけ)143(うめ)(もも)()(あらは)(きた)りて魔軍(まぐん)言向(ことむ)(やは)(わが)神軍(しんぐん)(すく)ひたるは、144この(たたか)ひに()ける第一(だいいち)功名(こうみやう)なり。145これより(まつ)146(たけ)147(うめ)(もも)()は、148(わが)(ぐん)(たす)けたる(ごと)く、149世人(せじん)悪魔(あくま)(なや)まされ、150憂瀬(うきせ)()ちて(くる)しまむ(もの)あらば、151(なんぢ)言霊(ことたま)(もつ)てこれを(すく)へよ。152(なんぢ)三柱(みはしら)(たい)して、153意富加牟豆美神(おほかむづみのかみ)といふ御名(みな)(たま)ふ』
154()らせ(たま)ひぬ。
155大正一一・二・二五 旧一・二九 東尾吉雄録)