霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 言向和(ことむけやはし)〔四五四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第24章 言向和 よみ:ことむけやわし 通し章番号:454
口述日:1922(大正11)年02月25日(旧01月29日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黄泉島の戦場で、神軍の言霊に戦意を喪失していた魔軍は、ロッキー山の伊弉冊命(=大国姫)自らの出陣を聞いて、再び勢いを盛り返し始めた。
このとき日の出神は黄泉比良坂の上に立ち、天地神明に祈りを捧げると、大火球となって魔軍の前後左右を唸りを上げて飛び回り始めた。
魔軍は神光に照らされて化石のごとく強直してしまった。
正鹿山津見は進み出て、魔軍に降伏を諭す宣伝歌を歌い始めた。そして大国姫に対して、幽界に出て黄泉醜女を言向け和し、幽界に落ち行く魂を和める役割をなせ、黄泉の神となれ、と呼びかけた。
大国姫はこの歌に感じ、黄泉の大神となって幽政を支配することとなった。ついに伊弉諾神の軍勢は、言霊によって魔軍を言向け和すことに成功し、天教山に凱旋した。
魔神たちは、そのまま行きながら悔改めて善道に立ち返るものもあり、また根底の国に落ち行きて、黄泉大神の戒めを受けて長い年月の苦しみを受け、その結果霊魂を清めて現界に生まれ変わり、神業に参加するものも多数あった、とのことである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:180頁 八幡書店版:第2輯 456頁 修補版: 校定版:187頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
002(とほ)神代(かみよ)大峠(おほたうげ)
003黄泉(よもつ)(しま)(たたか)ひに
004(よわ)りきつたる美山別(みやまわけ)
005国玉姫(くにたまひめ)部下(ぶか)たちは
006朝日(あさひ)(かがや)()出神(でのかみ)
007味方(みかた)(いくさ)(なや)まされ
008天地(てんち)(とどろ)言霊(ことたま)
009(うづ)(ちから)這々(はふはふ)(てい)
010(もだ)(くる)しむ(をり)からに
011黒雲(くろくも)(ふさ)がる大空(おほぞら)
012(とどろ)かしつつ()(くだ)
013磐樟船(いはくすふね)刻々(こくこく)
014地上(ちじやう)(むか)つて(くだ)()
015大国姫(おほくにひめ)神伊邪那美大神(かむいざなみのおほかみ)
016(てき)味方(みかた)(いつは)りて
017日頃(ひごろ)(たく)みし枉業(まがわざ)
018()げむとするぞ(あさ)ましき。
019 神軍(しんぐん)言霊(ことたま)(たましひ)()かし、020(きも)(くじ)かれ、021(こし)()かした醜女(しこめ)探女(さぐめ)悪神(あくがみ)(たち)は、022(どろ)()うたる(ふな)(ごと)く、023毒酒(どくざけ)()うた猩々(しやうじやう)(ごと)く、024(ほね)(すぢ)菎蒻然(こんにやくぜん)(もだ)(くる)しむ(その)(ところ)へ、025常世(とこよ)(くに)総大将(そうだいしやう)026神伊邪那美神(かむいざなみのかみ)御出陣(ごしゆつぢん)()いて、027(ふたた)元気(げんき)()(かへ)し、028八種(やくさ)雷神(いかづちがみ)(はじ)めとし、029百千万(ももちよろづ)魔軍(まぐん)一度(いちど)にどつと(とき)をつくつて、030黄泉比良坂(よもつひらさか)()して破竹(はちく)(ごと)くに()(のぼ)る。
031 「ウロー、032ウロー」の(さけ)(ごゑ)033天地(てんち)震撼(しんかん)するばかりにて、034天津御空(あまつみそら)黒雲(くろくも)益々(ますます)濃厚(のうこう)となり、035雷霆(いかづち)()(とどろ)き、036大地(だいち)震動(しんどう)し、037海嘯(つなみ)(やま)中央(ちうあう)までも(おそ)(きた)り、038黄泉(よもつ)(くに)か、039()(くに)か、040(そこ)(わか)らぬ無残(むざん)光景(くわうけい)に、041美山別(みやまわけ)042国玉姫(くにたまひめ)は、
043常世(とこよ)(くに)興亡(こうばう)(この)一挙(いつきよ)にあり』
044と、045部下(ぶか)魔軍(まぐん)(はげ)まして、
046(すす)(すす)め』
047下知(げち)すれば、048(いのち)()らずの魔軍(まいくさ)は、049醜女(しこめ)探女(さぐめ)先頭(せんとう)に、050(こころ)(やみ)(まよ)ひつつ、051(ちから)(かぎ)りに(たたか)ひける。
052 爆弾(ばくだん)(ひび)き、053(つつ)(おと)054()(かよ)(おと)は、055暴風(ばうふう)(こゑ)相和(あひわ)して益々(ますます)(すさま)じくなり(きた)る。
056 ()(とき)()出神(でのかみ)比良坂(ひらさか)(さか)(うへ)()ちて、057()(のぼ)()数万(すうまん)魔軍(まぐん)(むか)ひ、
058神伊邪那岐大神(かむいざなぎのおほかみ)059神伊邪那美大神(かむいざなみのおほかみ)060(まも)らせ(たま)へ。061常世(とこよ)(くに)より(うと)(すさ)(きた)黄泉神(よもつがみ)062大国姫(おほくにひめ)伊邪那美命(いざなみのみこと)一泡(ひとあわ)()かせ、063(こころ)(まが)(はら)()り、064皇大神(すめおほかみ)神嘉言(かむよごと)(こゑ)(まが)(こころ)(てら)させ(たま)へ。065(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)(かみ)(たち)よ、066()出神(でのかみ)(ひと)()を、067天地(てんち)(てら)すは(いま)この(とき)ぞ。068(ゆる)させ(たま)へ』
069()ふより(はや)く、070姿(すがた)()えて巨大(きよだい)なる大火球(たいくわきう)(へん)じ、071魔軍(まぐん)頭上(づじやう)(むか)つて(うな)りを()て、072前後左右(ぜんごさいう)()(まは)るにぞ、073数多(あまた)魔軍(まぐん)は、074神光(しんくわう)(てら)されて(まなこ)(くら)み、075()(うな)りに(あたま)(いた)み、076(みみ)(しび)れ、077身体(しんたい)(たちま)強直(きやうちよく)して化石(くわせき)(ごと)く、078幾万(いくまん)立像(りつざう)大地(だいち)(すな)(かず)(ごと)くに(あら)はれける。
079 正鹿山津見(まさかやまづみ)(すず)しき(こゑ)()りあげて、
080(かみ)(おもて)(あら)はれて
081(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
082(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
083(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
084(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
085直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
086()過失(あやまち)()(なほ)
087黄泉(よもつ)(しま)善悪(ぜんあく)
088(みち)(へだ)つる大峠(おほたうげ)
089言問(ことと)ひわたす神々(かみがみ)
090(まこと)(みち)千代(ちよ)八千代(やちよ)
091(さだ)むる世界(せかい)大峠(おほたうげ)
092(おに)大蛇(をろち)曲津見(まがつみ)
093言問(ことと)(やは)言問岩(ことどいは)
094(この)(さか)()(さや)りたる
095千引(ちびき)(いは)(かみ)()
096邪曲世(まがよ)(へだ)つる八重(やへ)(かき)
097出雲(いづも)八重垣(やへがき)(つま)ごみに
098八重垣(やへがき)(つく)(かみ)(くに)
099ソモ伊邪那美(いざなみ)大神(おほかみ)
100(いつは)(きた)曲神(まがかみ)
101大国姫(おほくにひめ)国姫(くにひめ)
102(なれ)(みこと)幽界(かくりよ)
103黄泉醜女(よもつしこめ)(ことごと)
104言向(ことむ)(やは)現世(うつしよ)
105あとに見捨(みす)てて(かへ)()
106(もも)霊魂(みたま)(まも)れかし
107黄泉(よもつ)(くに)()でまして
108一日(ひとひ)千人(ちひと)八千人(やちひと)
109()()(たま)(なご)めつつ
110(うつつ)(くに)(きた)らじと
111黄泉(よみ)鉄門(かなど)をよく(まも)
112神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
113生成化育(せいせいくわいく)御徳(おんとく)
114()出神(でのかみ)(あら)はれて
115一日(ひとひ)千五百(ちいほ)人草(ひとぐさ)
116(よろづ)民草(たみぐさ)大空(おほぞら)
117(ほし)(ごと)くに()()やし
118(かみ)御国(みくに)(ひら)くべし
119那岐(なぎ)那美(なみ)との二柱(ふたはしら)
120(たがひ)呼吸(いき)(あは)せまし
121(くに)八十国(やそくに)八十(やそ)(しま)
122青人草(あをひとぐさ)諸々(もろもろ)
123()ける(もの)らを()みなして
124堅磐常磐(かきはときは)(かみ)()
125()てさせ(たま)常世国(とこよくに)
126ロッキー(ざん)をふり()てて
127(こころ)をしづめ幽界(かくりよ)
128黄泉(よもつ)(かみ)()れませよ
129黄泉(よもつ)(かみ)()れませよ』
130 大国姫(おほくにひめ)はこの(うた)(かん)じてや、131千引(ちびき)(いは)(まへ)(あら)はれて、
132(われ)常世(とこよ)神司(かむづかさ)
133神伊邪那美(かむいざなみ)大神(おほかみ)
134(もも)神人(かみびと)(いつは)りて
135()()(まが)(おこな)ひつ
136(こころ)(くも)らせ(なや)ませて
137あらぬ月日(つきひ)(おく)りしが
138(かみ)御稜威(みいづ)(あきら)けき
139()出神(でのかみ)諸神(ももがみ)
140(きよ)(こころ)(てら)されて
141(むね)(ひと)()(かがや)きぬ
142(かがや)きわたる村肝(むらきも)
143(こころ)(そら)(うる)はしき
144(まこと)月日(つきひ)()れましぬ
145嗚呼(ああ)天地(あめつち)(かた)めたる
146神伊邪那美(かむいざなみ)大神(おほかみ)
147(われ)黄泉(よみぢ)()をひそめ
148(しこ)枉霊(まがひ)(しこ)みたま
149醜女(しこめ)探女(さぐめ)(ことごと)
150(かみ)御教(みのり)(みちび)きて
151霊魂(みたま)(あら)(きよ)めさせ
152(ふたた)()きて現世(うつしよ)
153(かみ)(はしら)()れしめむ
154(うつ)神世(かみよ)()みながら
155曲業(まがわざ)たくむ醜神(しこがみ)
156一日(ひとひ)千人(ちひと)(むか)()
157根底(ねそこ)(くに)()()きて
158(もも)責苦(せめく)(あた)へつつ
159きたなき(たま)(きよ)むべし
160あゝ皇神(すめかみ)皇神(すめかみ)
161常世(とこよ)(やみ)黄泉国(よもつのくに)
162(やみ)(てら)して日月(じつげつ)
163(そこ)ひも()れぬ()(くに)
164(そこ)(くに)まで(くま)もなく
165(てら)させ(たま)朝日(あさひ)()
166夕日(ゆふひ)(かがや)(ひと)()
167()出神(でのかみ)よいざさらば
168(もも)(かみ)(たち)いざさらば』
169(うた)つて改心(かいしん)(まこと)(あら)はし、170黄泉(よみ)大神(おほかみ)となつて幽政(いうせい)支配(しはい)する(こと)(ちか)(たま)ひたるぞ(かしこ)けれ。171ここに伊邪那岐神(いざなぎのかみ)神言(みこと)()ちて、172()出神(でのかみ)その()諸神将卒(しよしんしやうそつ)は、173(やいば)(ちぬ)らず、174言霊(ことたま)威力(ゐりよく)によつて、175黄泉軍(よもついくさ)言向(ことむ)(やは)し、176(かみ)守護(まもり)(もと)天教山(てんけうざん)(むか)つて凱旋(がいせん)されたり。
177 数多(あまた)曲津神(まがつかみ)()(あらた)めて、178()きながら善道(ぜんだう)立帰(たちかへ)るもあり、179霊魂(みたま)となりて()(あらた)むるもあり、180(あるひ)根底(ねそこ)(くに)()()きて黄泉大神(よもつおほかみ)(いまし)めを()け、181長年月(ちやうねんげつ)(あひだ)(くる)しみて、182その(こころ)(あらた)霊魂(れいこん)(きよ)め、183現界(げんかい)(むか)つて(うま)(きた)り、184神業(しんげふ)参加(さんか)する神々(かみがみ)(すくな)からずとの神言(みこと)なりけり。
185大正一一・二・二五 旧一・二九 井上留五郎録)