霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 (うづ)御児(みこ)〔四五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:第1篇 千軍万馬 よみ:せんぐんばんば
章:第26章 貴の御児 よみ:うずのみこ 通し章番号:456
口述日:1922(大正11)年02月26日(旧01月30日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神伊弉諾大神は、青木ヶ原の中津瀬に降り、身魂を漱ぎ、各々の神々の司を定めた。
大国彦を八十禍津日神に命じた。かつての大国彦の従臣たちにもその職掌を分けた。そして淤藤山津見を大禍津日神に命じた。大禍津日神は悪鬼邪霊を監督し、誅罰を加える役目である。八十禍津日神は、各地に分遣されて、小区域の禍津神を監督し罰する役目を負う。
豊国姫神は神直日神となり、月照彦、足真彦、少彦名神、弘子彦神にその神業を分担させた。国直姫神を大直日神に任じ、高照姫、真澄姫、純世姫、竜世姫、言霊姫に役割を分担させた。いずれも皆、霊的主宰の神々である。
次に木の花姫神、日の出神を伊豆能売神に任じた。
すべて神人の身魂は、正神も邪神も、上中下・百八十一の階級に分かれる。それぞれを洗い清める底筒男神々、筒之男神々を定めた。
こうして分掌の神々を定めて、左の目を洗ったときに天照大御神を生み、太陽界の主宰とした。右の目を洗ったときに月読命を生ませ給い、太陰界の主宰とした。
最後に豊国姫の身魂を神格化して、神素盞鳴尊(またの名を国大立命)とした。大海原を司らしめた。国大立命の四魂は、月照彦神、足真彦神、少彦名神、弘子彦神である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:197頁 八幡書店版:第2輯 462頁 修補版: 校定版:204頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 (かみ)御稜威(みいづ)(いや)(たか)く、002(めぐ)みも(ふか)和田(わだ)(はら)003()()()てる不二(ふじ)(やま)004(くも)()したる九山八海(きうざんはつかい)の、005(かみ)(あつ)まる青木ケ原(あをきがはら)に、006黄泉軍(よもついくさ)言向(ことむ)けて、007凱旋(がいせん)したる神伊弉諾大神(かむいざなぎのおほかみ)は、008上瀬(かみつせ)()(はや)し、009下瀬(しもつせ)()(よわ)しと()(たま)ひ、010(はじ)めて中瀬(なかつせ)降潜(おりかづ)きて、011(うる)はしき身魂(みたま)(そそ)ぎ、012()()各々(おのもおのも)(つかさ)(かみ)(さだ)(たま)へり。
013 大国彦(おほくにひこ)八十禍津日神(やそまがつひのかみ)(めい)じ、014美山別(みやまわけ)015国玉姫(くにたまひめ)016広国別(ひろくにわけ)017広国姫(ひろくにひめ)をして、018八十禍津日神(やそまがつひのかみ)神業(しんげふ)分掌(ぶんしやう)せしめ(たま)ひ、019(つぎ)淤縢山津見(おどやまづみ)をして大禍津日神(おほまがつひのかみ)(にん)じ、020志芸山津見(しぎやまづみ)021竹島彦(たけしまひこ)022鷹取別(たかとりわけ)023中依別(なかよりわけ)をして、024(おのおの)その神業(しんげふ)分掌(ぶんしやう)せしめ(たま)ひぬ。025大禍津日神(おほまがつひのかみ)悪鬼(あくき)邪霊(じやれい)監督(かんとく)(あるひ)誅伐(ちうばつ)(くは)ふる(かみ)となり、026八十禍津日神(やそまがつひのかみ)(また)各地(かくち)分遣(ぶんけん)されて、027小区域(せうくゐき)禍津神(まがつかみ)監督(かんとく)し、028誅伐(ちうばつ)(くは)ふる(かみ)となりぬ。029(くは)しき(こと)言霊解(げんれいかい)()めば(わか)ります)
030 (つぎ)豊国姫(とよくにひめ)神直日神(かむなほひのかみ)(にん)じ、031月照彦神(つきてるひこのかみ)032足真彦神(だるまひこのかみ)033少彦名神(すくなひこなのかみ)034弘子彦神(ひろやすひこのかみ)をして()神業(しんげふ)分担(ぶんたん)せしめ(たま)ひ、035国直姫(くになほひめ)をして大直日神(おほなほひのかみ)(にん)じ、036高照姫(たかてるひめ)037真澄姫(ますみひめ)038純世姫(すみよひめ)039竜世姫(たつよひめ)040言霊姫(ことたまひめ)をして()神業(しんげふ)分掌(ぶんしやう)せしめ(たま)ふ。041(いづ)れも(みな)霊的主宰(れいてきしゆさい)(かみ)()しける。
042 (つぎ)()花姫神(はなひめのかみ)043()出神(でのかみ)をして、044伊豆能売神(いづのめのかみ)(にん)(たま)ひぬ。045言霊解(げんれいかい)()()し)(すべ)神人(しんじん)身魂(みたま)は、046()霊能(れいのう)活用(くわつよう)如何(いかん)()りて優劣(いうれつ)差別(さべつ)あり。047(これ)上中下(じやうちうげ)三段(さんだん)大別(たいべつ)され、048(なほ)細別(さいべつ)をすれば、049正神界(せいしんかい)邪神界(じやしんかい)(おのおの)百八十一(ひやくはちじふいち)階級(かいきふ)となる。050邪神(じやしん)(つね)正神(せいしん)圧迫(あつぱく)誑惑(きやうわく)し、051邪道(じやだう)(おとしい)れむと昼夜(ちうや)間断(かんだん)なく(すき)(うかが)ひつつあるものにして、052第三段(だいさんだん)身魂(みたま)(あか)(あら)はむが(ため)に、053底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)054底筒之男神(そこづつのをのかみ)(にん)(たま)ひ、055第二段(だいにだん)身魂(みたま)(あら)(きよ)むる(ため)に、056中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)057中筒之男神(なかづつのをのかみ)(にん)(たま)ひ、058第一段(だいいちだん)身魂(みたま)(あら)(きよ)むる(ため)に、059上津綿津見神(うはつわたつみのかみ)060上筒之男神(うはづつのをのかみ)(にん)(たま)へり。061(いづ)れも(みづ)御魂(みたま)活動(くわつどう)にして、062大和田原(おほわだのはら)(しほ)となりて世界(せかい)(めぐ)り、063(あめ)となり、064(ゆき)となりて、065物質界(ぶつしつかい)(けが)れをも(あら)(きよ)生気(せいき)(あた)ふる御職掌(ごしよくしやう)なり。
066 ()くの(ごと)分掌(ぶんしやう)(かみ)()(たま)ひ、067いやはて(ひだり)御眼(おんめ)(あら)(たま)ひて、068天照大御神(あまてらすおほみかみ)()ませ(たま)ひ、069太陽界(たいやうかい)主宰(しゆさい)となし(たま)ふ。070(つぎ)(みぎ)御眼(おんめ)(あら)(たま)ひて、071月読命(つきよみのみこと)()(たま)ひ、072太陰界(たいいんかい)主宰(しゆさい)となし(たま)ひ、073いやはて陰陽(いんやう)火水(いき)(はな)(たま)ひて、074豊国姫(とよくにひめ)身魂(みたま)神格化(しんかくくわ)して神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)()づけ、075大海原(おほうなばら)(つかさ)(にん)(たま)ふ。076豊国姫命(とよくにひめのみこと)より神格化(しんかくくわ)せる神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(また)御名(みな)本巻(ほんくわん)にては国大立命(くにひろたちのみこと)といふ。077国大立命(くにひろたちのみこと)四魂(しこん)(わか)ちて、078月照彦神(つきてるひこのかみ)079足真彦神(だるまひこのかみ)080少彦名神(すくなひこなのかみ)081弘子彦神(ひろやすひこのかみ)となり、082(げん)083(しん)084(いう)三界(さんかい)(またが)りて神業(しんげふ)参加(さんか)(たま)ひつつあることは前巻(ぜんくわん)(すで)()べたる(ところ)なり。
085大正一一・二・二六 旧一・三〇 外山豊二録)