霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 木局収ケ原(ムチズがはら)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第4篇 神軍躍動 よみ:しんぐんやくどう
章:第22章 入蒙記 よみ:むちずがはら 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日出雄は軍の編成が終わった後、野山に兎狩りを催し、野生のにらやにんにくを採集しなど、愉快に索倫の日を送っていた。
すべての制度がせせこましかった国から、十六倍の面積を有するという蒙古へ来て、たくさんの兵士や畜類を相手に自由自在に勝手なことをして飛び回るのは、生まれて五十四年来なかった愉快さ、のんきさだった。
五月一日、盧占魁がやってきて、大庫倫に進むには、興安嶺付近に駐屯する赤軍と一戦交えなければならず、熱、察、綏三区域にある吾が参加軍が到達するには、遠すぎる。そこで、本年はこの区域で冬ごもりをし、完全な兵備を整えてから、来週を待って大庫倫入りをなすようにする考えである、と諮ってきた。
また、張作霖からは、兵備が整わないうちは軍資金、武器を送ることができないので、我慢してくれ、という意味の伝言が来た。
この地はいく抱えもあるような楊、柳、楡の大木が山野に繁茂し、トール河の清流はソーダを含んでゆるやかに流れ、天然の恩恵は無限に遺棄されている宝庫である。
盧占魁によれば、ジンギスカンが蒙古の原野に兵を上げてから六百六十六年となり、頭字の三つそろったのを見れば、いよいよ本年は三六の年だと言って、勇んでいた。
一日、野にて萩原や坂本が原野に放った火が、大風に吹かれてあっという間に身辺に広がってきた。日出雄は日本武尊が焼津で、神剣で草を払って賊軍の火計を追い返したという故事を思い出し、身辺の草を薙ぐと向かい火をつけて、天の数歌を奏上した。不思議にもにわかに風向きが変わり、危うく難を逃れたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rmnm22
愛善世界社版:201頁 八幡書店版:第14輯 621頁 修補版: 校定版:203頁 普及版: 初版: ページ備考:
001王仁(おに)日出雄(ひでを))、002松村(まつむら)真澄別(ますみわけ))、003矢野(やの)唐国別(からくにわけ))、004植芝(うゑしば)守高(もりたか))、005名田(なだ)音吉(おときち)名田彦(なだひこ))、006佐々木(ささき)(さかき))、007大石(おほいし)大倉(おほくら)
 
008 日出雄(ひでを)(ぐん)編成後(へんせいご)009護衛長(ごゑいちやう)馮巨臣(へうきよしん)以下(いか)十数名(じふすうめい)兵卒(へいそつ)(ともな)ひ、010北方(ほくほう)野山(のやま)兎狩(うさぎがり)(もよほ)し、011(ある)(とき)野生(やせい)(にら)(にんにく)採集(さいしふ)し、012枯草(かれくさ)芒々(ばうばう)たる原野(げんや)()かつてテンムリチエブナをなし、013愉快(ゆくわい)索倫(ソーロン)()(おく)つて()た。014岡崎(をかざき)鉄首(てつしゆ)015萩原(はぎはら)敏明(としあき)016猪野(ゐの)敏夫(としを)三名(さんめい)は、017数十人(すうじふにん)兵士(へいし)(おく)られ(うま)(またが)りて、018途中(とちう)馬賊(ばぞく)官兵(くわんぺい)(かこみ)()いて無事(ぶじ)日出雄(ひでを)(もと)()いた。019名田彦(なだひこ)日出雄(ひでを)(および)()(めい)()つて、020数名(すうめい)衛兵(ゑいへい)(したが)軍使(ぐんし)として奉天(ほうてん)水也商会(みづやしやうくわい)()(かへ)した。
021 蒙古(もうこ)家屋(かをく)前述(ぜんじゆつ)(とほ)(きは)めて不潔(ふけつ)で、022南京虫(なんきんむし)横行(わうかう)(はなは)だしく、023加之(おまけ)幾十日(いくじふにち)()使(つか)はない()めに衣服(いふく)には(しらみ)発生(はつせい)し、024一行(いつかう)日々(ひび)南京虫(なんきんむし)(しらみ)退治(たいぢ)()(つひや)し、025南京虫(なんきんむし)予防(よばう)()めにとて、026いやな(にほひ)のする(にんにく)(かほ)をしかめて食事(しよくじ)(ごと)()つて()た。027日出雄(ひでを)(にんにく)()()れて(つひ)には、028(ねぎ)野菜(やさい)(なま)平気(へいき)嗜食(ししよく)するやうになつた。029温長興(をんちやうこう)日出雄(ひでを)一行(いつかう)炊事長(すゐじちやう)となり、030王瓚璋(わうさんしやう)馬夫長(ばふちやう)となり、031王盛明(わうせいめい)随従長(ずいじうちやう)032守高(もりたか)近侍長(きんじちやう)033名田彦(なだひこ)近侍(きんじ)となつて日出雄(ひでを)身辺(しんぺん)(すべ)ての用務(ようむ)(つか)へ、034真澄別(ますみわけ)一切(いつさい)代理権(だいりけん)行使(かうし)する(こと)となつた。035(また)萩原(はぎはら)敏明(としあき)写真係(しやしんがかり)036坂本(さかもと)広一(くわういち)近侍(きんじ)037(ほか)李連長(りれんちやう)以下(いか)二十名(にじふめい)兵士(へいし)直接(ちよくせつ)保護(ほご)(にん)(あた)つて()た。038(すべ)ての制度(せいど)がせせこましかつた(くに)から十六倍(じふろくばい)面積(めんせき)(いう)すると()蒙古(もうこ)()()て、039沢山(たくさん)兵士(へいし)畜類(ちくるゐ)相手(あひて)自由自在(じいうじざい)勝手(かつて)(こと)をして()(まは)るのは、040(うま)れて以来(いらい)五十四年間(ごじふよねんかん)(いま)(かつ)経験(けいけん)した(こと)のない愉快(ゆくわい)呑気(のんき)さだ。041大丈夫(だいぢやうぶ)たるもの現世(げんせ)(うま)れて(せま)(くに)(つよ)圧迫(あつぱく)()けて()るよりも、042勝手気儘(かつてきまま)()らぬ外国(ぐわいこく)(そら)で、043外国人(ぐわいこくじん)面白(おもしろ)(あそ)ぶのは(じつ)壮快(さうくわい)だと日出雄(ひでを)(よろこ)んでゐた。
044 索倫山(ソーロンざん)本営(ほんえい)には馬隊(ばたい)頭目(とうもく)日々(ひび)二百人(にひやくにん)三百人(さんびやくにん)部下(ぶか)(ひき)ゐて、045喇叭(ラツパ)(こゑ)(いさ)ましく参加(さんか)軍気(ぐんき)(おほい)(ふる)つた。046()総司令(そうしれい)五月(ごぐわつ)一日(ついたち)日出雄(ひでを)(やかた)()(きた)り、
047大庫倫(だいクーロン)進出(しんしゆつ)せむとすれば、048此処(ここ)より二百(にひやく)支里(しり)(へだ)てたる興安嶺(こうあんれい)(ある)地点(ちてん)赤軍(せきぐん)七千人(しちせんにん)駐屯(ちうとん)し、049警戒(けいかい)なかなか厳重(げんぢう)なる(こと)斥候(せきこう)()つて判明(はんめい)(いた)しました。050それ(ゆゑ)051貴下(きか)(めい)(したが)つて、052(この)(まま)大庫倫(だいクーロン)直進(ちよくしん)するは、053(へい)(そん)弾薬(だんやく)消費(せうひ)するばかりで、054()(ねつ)055(さつ)056(すゐ)三区域(さんくゐき)()数万(すうまん)参加軍(さんかぐん)到達(たうたつ)するは、057(みち)(とほ)くして容易(ようい)でない。058それ(ゆゑ)059貴下(きか)()(そむ)くかは()りませぬが、060軍事(ぐんじ)経験上(けいけんじやう)061(ねつ)062(さつ)063(すゐ)特別区域(とくべつくゐき)進出(しんしゆつ)し、064本年(ほんねん)はこの区域(くゐき)(おい)冬籠(ふゆごも)りをなし、065完全(くわんぜん)兵備(へいび)(ととの)諸王(しよわう)招撫(せうぶ)し、066来春(らいしゆん)()つて大庫倫(だいクーロン)(すす)赤軍(せきぐん)交渉(かうせふ)開始(かいし)し、067()和議(わぎ)()らざれば()むを()開戦(かいせん)(きよ)()づるを()とすべく、068大庫倫(だいクーロン)には(やく)一万(いちまん)赤兵(せきへい)駐屯(ちうとん)し、069戒厳令(かいげんれい)()()れば、070小数(せうすう)軍隊(ぐんたい)にては容易(ようい)目的(もくてき)(たつ)すべからず、071来春(らいしゆん)ならば(すく)なくとも十万(じふまん)(へい)麾下(きか)(あつ)まるは(たしか)なる事実(じじつ)でありますから、072(その)(うへ)にて大庫倫入(だいクーロンいり)()し、073(ここ)根拠(こんきよ)(さだ)め、074(いきほひ)(じやう)じて新彊(しんきやう)(あは)せ、075西比利亜(シベリア)赤軍(せきぐん)帰順(きじゆん)させ、076飽迄(あくまで)人類愛(じんるゐあい)()め、077貴下(きか)()め、078一身(いつしん)(ささ)げ、079(この)(うへ)如何(いか)になり()くとも(かみ)思召(おぼしめし)(しん)蒙古男子(もうこだんし)初志(しよし)貫徹(くわんてつ)さす(かんが)へです。080(この)目的(もくてき)(たつ)した(あかつき)支那(しな)四百余州(しひやくよしう)()ふに(およ)ばず、081東三省(とうさんしやう)(かなら)貴下(きか)(めい)(ふく)するでせう』
082誠意(せいい)(おもて)(あら)はして(ぐん)行動(かうどう)につき命令(めいれい)()うた。
083 日出雄(ひでを)(とほ)故国(ここく)()つて不知案内(ふちあんない)奥蒙(おくもう)()084しかも言語(げんご)不通(ふつう)支蒙人(しもうじん)相手(あひて)開闢(かいびやく)以来(いらい)大神業(だいしんげふ)従事(じゆうじ)する──(かれ)得意(とくい)(はた)して如何(いかが)であつただらう。085各地(かくち)(わう)馬隊(ばたい)頭目(とうもく)086活仏(くわつぶつ)などよりは見舞(みまひ)として、087(ぶた)野羊(やぎ)088炒米(チヨオミイ)などを日出雄(ひでを)(およ)()総司令(そうしれい)(おく)つて()る。089日出雄(ひでを)()(とも)日々(ひび)感謝(かんしや)生活(せいくわつ)(おく)つて()た。090万有愛護(ばんいうあいご)(をしへ)()てて()日出雄(ひでを)も、091かかる(くに)()ては(いや)でも(おう)でも(ぶた)(ひつじ)092鶏肉(けいにく)などを()はねばならなかつた。093真澄別(ますみわけ)はヌール、094チヤカンナ、095マチナ(顔面(がんめん)吹腫物(ふきでもの))に(くるし)み、096守高(もりたか)出国(しゆつこく)以来(いらい)風邪(かぜ)(いま)()えず、097坂本(さかもと)(また)風邪(かぜ)気味(きみ)にて全身(ぜんしん)(いた)み、098日出雄(ひでを)南京虫(なんきんむし)()められて()た。099一日(いちにち)100(もう)秘書長(ひしよちやう)(きた)り、101支那語(しなご)(もつ)()(ごと)(だん)じた。
102『昨天到来、103二百槍馬完全今日送給肥猪両口肥羊二隻、104不出五日又来隊伍六百槍馬完全的。105司令近非常歓喜所愁的款項無有的又苦於告貸将来隊伍均到来的無款的怎麼必実在投法子。
106閣下不愁不遇現状況難一点的事作到張作霖必能付給款項俟将隊伍招斉款就不困難了』
107 (えう)するにその主旨(しゆし)は、108兵備(へいび)(ととの)つた(うへ)張作霖(ちやうさくりん)より相当(さうたう)軍資金(ぐんしきん)(およ)武器(ぶき)(おく)つて()るが、109それ(まで)仕方(しかた)がない、110(しばら)辛抱(しんばう)してくれと()意味(いみ)である。111さうして今日(こんにち)武器(ぶき)携帯(けいたい)して参加兵(さんかへい)二百名(にひやくめい)(ぶた)(ひつじ)(おく)つて()た。112(また)五日(いつか)(のち)には六百(ろくぴやく)馬隊(ばたい)此処(ここ)到着(たうちやく)するとも()ふた。
113 広大無辺(くわうだいむへん)()えた原野(げんや)雑草(ざつさう)()ふるに(まか)(なが)ら、114(しか)他国人(たこくじん)()(きた)るを(きら)ひ、115(おそ)れて外国人(ぐわいこくじん)()れば(ただち)(じゆう)(もつ)()(ころ)すと()ふ、116蒙古人(もうこじん)ともつかず支那人(しなじん)ともつかぬ(また)露西亜人(ろしあじん)でもないチヨロマン人種(じんしゆ)が、117十年(じふねん)以前(いぜん)(まで)(この)()割拠(かつきよ)して()たが、118(いま)数百(すうひやく)支里(しり)北方(ほくほう)森林(しんりん)退却(たいきやく)して()る。119(うさぎ)(きじ)などは(この)方面(はうめん)(とく)(おほ)く、120幾抱(いくかか)えもあるやうな(やう)121(りう)122(にれ)大木(たいぼく)山野(さんや)繁茂(はんも)し、123洮児川(トールがは)曹達(そうだ)(ふく)んだ清流(せいりう)はゆるやかに(なが)れ、124天然(てんねん)恩恵(おんけい)無限(むげん)遺棄(ゐき)されて()稀有(けう)宝庫(はうこ)である。125日出雄(ひでを)日本(につぽん)当局(たうきよく)政治家(せいぢか)が、126何故(なにゆゑ)(この)()()をつけないのであらうかと(あや)しんだ。127オンクス、128アルテナ、129ウンヌルテー(放屁臭(へくさい))など()つて、130蒙古人(もうこじん)相手(あひて)日出雄(ひでを)(たはむ)れて()ると、131盧占魁(ろせんくわい)御機嫌(ごきげん)(うかが)ひだと()つて、132洮南(たうなん)から(おく)つて()(めづ)らしい菓子(くわし)果物(くだもの)などを()つて()た。133さうして()(はなし)によれば、134成吉思汗(ジンギスカン)蒙古(もうこ)原野(げんや)(へい)()げてから六百六十六年(ろくぴやくろくじふろくねん)となり、135頭字(かしらじ)(みつ)(そろ)うたのを()れば、136愈々(いよいよ)本年(ほんねん)三六(みろく)(とし)だと()つて(いさ)んで()た。
 
137 (はる)()にコルギーホアラ(野生(やせい)福寿草(ふくじゆさう))あちこちとボルンガチチク(紫色(むらさきいろ)(はな)()()でにけり
 
138 五月(ごぐわつ)上旬(じやうじゆん)であり(なが)ら、139蒙古(もうこ)奥地(おくち)では野生(やせい)福寿草(ふくじゆさう)(しろ)(むらさき)()(ほこ)つて、140(ほとん)花莚(はなむしろ)()()めた(ごと)(うつく)しい。141日出雄(ひでを)(この)花莚(はなむしろ)(なか)(うま)縦横無尽(じうわうむじん)(むちう)ちながら、142数多(あまた)支蒙兵(しもうへい)指揮(しき)して野遊(のあそび)(こころ)みた。143ケンケンと雉子(きじ)(こゑ)彼方(かなた)此方(こなた)枯草(かれくさ)(なか)から(きこ)えて()る、144其処(そこ)三匹(さんびき)山兎(やまうさぎ)()()した。145蒙古兵(もうこへい)(ただ)ちにモーゼル(じゆう)()し、146ポンポンポンと三発(さんぱつ)(つづ)()ちに三匹(さんびき)(うさぎ)(あたま)(ばか)()つて捕獲(ほくわく)した。147(すべ)蒙古人(もうこじん)(やう)(えだ)(ゆみ)(こしら)へ、148(ほそ)いので()(つく)り、149()(さき)(いし)縛付(しばりつ)けて(あら)(あさ)(なは)(つる)となし、150空立(そらた)(とり)()つに滅多(めつた)(はづ)れた(こと)がない。151支那(しな)露西亜(ロシア)廃物(はいぶつ)になつたやうな銃器(じゆうき)でも、152蒙古人(もうこじん)使(つか)ふと一々(いちいち)命中(めいちう)するのは(じつ)不思議(ふしぎ)(ほど)である。153(ほと)んど神様(かみさま)ではないかと(おも)(ほど)154天性的(てんせいてき)射術(しやじゆつ)技能(ぎのう)(そな)はつてゐる。155一日(いちにち)156日出雄(ひでを)喇嘛服(ラマふく)()けた(まま)司令部(しれいぶ)(はる)前方(ぜんぱう)で、157パサパーナ(吐糞(とふん))をやつて()ると、158シーゴーと()蒙古名物(もうこめいぶつ)猛犬(まうけん)がパサを()はむとして七八頭(しちはつとう)(あつま)つて()た。159このシーゴーは蒙古犬(もうこいぬ)(おほかみ)との混血児(こんけつじ)で、160非常(ひじやう)(つよ)如何(いか)なる猛獣(まうじう)(いへど)()(ころ)すと()牧畜国(ぼくちくこく)蒙古(もうこ)にあつては天与(てんよ)貴獣(きじう)である。161日出雄(ひでを)がポホラを(まく)つてウンウンと気張(きば)つてゐると、162シーゴーがやつて()た。163草原(くさはら)(あな)(なか)()んでゐた大眼子(ターエンズ)(チヨロマ)がパサの(にほひ)()いで(あな)から(くび)をつき()した(ところ)164嗅覚(しうかく)(するど)いシーゴーが直様(すぐさま)四方(しはう)八方(はつぱう)から(その)(あな)前足(まへあし)()り、165()()るチヨロマを捕獲(ほくわく)して(しま)つた。166()敏捷(すばし)こい(こと)(じつ)驚歎(きやうたん)(あたひ)する。
167 すると折柄(をりから)蒙古名物(もうこめいぶつ)大風(おほかぜ)()いて()た。168萩原(はぎはら)坂本(さかもと)(うま)遠乗(とほのり)して原野(げんや)()(はな)つたので、169()(かぜ)(あふ)られ一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)黒煙(こくえん)濛々(もうもう)日出雄(ひでを)身辺(しんぺん)(まで)(せま)つて()た。170茫々(ばうばう)たる枯草(かれくさ)(なか)到底(たうてい)(のが)れる(こと)出来(でき)ぬ。171シーゴーは(さか)んに()()てる。172日出雄(ひでを)(むかし)日本武尊(やまとたけるのみこと)東夷征伐(とういせいばつ)(とき)駿河(するが)焼津(やいづ)賊軍(ぞくぐん)計略(けいりやく)にかかり()(つつ)まれ、173(ひうち)()()して(むか)()をつけ、174(かつ)叢雲(むらくも)神剣(つるぎ)にて(くさ)()(はら)大勝利(だいしようり)()られた故事(こじ)(おも)()し、175(ただち)佩刀(はいとう)()(はな)身辺(しんぺん)(くさ)()ぎ、176懐中(くわいちう)よりマツチを取出(とりだ)して(むか)()をつけ、177さうして(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)した。178不思議(ふしぎ)にも(かぜ)(には)かに南方(なんぱう)(へん)じ、179日出雄(ひでを)兵士(へいし)焼死(しやうし)(なん)(まぬ)かれた。180蒙古(もうこ)()()(はな)つて(あそ)ぶのは(じつ)剣呑(けんのん)である。
181大正一四・八 筆録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)