霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 強行軍(きやうかうぐん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第31章 強行軍 よみ:きょうこうぐん 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
猪野軍医長は、盧占魁の軍隊が兵隊も減り始めたのを心配し、もう盧占魁と決別して別行動を取ろうかと提案した。真澄別は、神様の使命が一番に下ったのだから、行くところまで行かなければ仕方がない、と諭した。
岡崎は応援軍を組織するために、一足先に奉天へ戻った後であった。
盧占魁の実弟と、名田彦、山田、小林善吉その他支那人二名が、洮南に向かって強行軍に邪魔になる荷物を積み、一度奉天へ向かって戻っていった。彼ら一行は洮南で官憲に捉えられ、盧の弟は銃殺され、日本人は領事館渡しとなった。
真澄別は日出雄の意を受けて、隊の中でも一番の大部隊を率いている劉陞山と筆談を交わしていた。そして、今後の行軍予定は綏遠で冬籠りをすることだと聞かされた。
六月十一日に熱河区内のラマ廟に着いて、食料を満たすことができた。六月十三日にまたラマ廟に宿泊した。方向は依然として東南に戻り、奉天の張作霖の勢力範囲に近づいて行く様子なので、真澄別が問いただすと、盧占魁はただ、民家の多いところに行くとだけ答えた。
十四日の夕暮れに達頼汗王府と称する管内に入ったが、王府は王は不在であると誠に無愛想な対応であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:275頁 八幡書店版:第14輯 648頁 修補版: 校定版:279頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 岩窟(がんくつ)附近(ふきん)もホノボノと()()めた(ころ)002(うま)()ばしてやつて()たのは萩原(はぎはら)である。
003萩原(はぎはら)昨晩(さくばん)真澄(ますみ)さんからのお()らせに()つて早速(さつそく)引返(ひきかへ)さうかと(おも)ひましたが、004どう()ふものか道筋(みちすぢ)真暗(まつくら)(うま)一寸(ちよつと)(すす)みませぬので、005(やうや)只今(ただいま)(まゐ)りました。006昨晩(さくばん)人家(じんか)四五軒(しごけん)あつた(ため)007(かへ)つて混雑(こんざつ)してゴタゴタしてゐましたから、008()しにならなかつた(はう)好都合(かうつがふ)でした』
009坂本(さかもと)『ヤツパリ神様(かみさま)前途(さき)()える(わい)
010萩原(はぎはら)岡崎(をかざき)さんは非常(ひじやう)憤慨(ふんがい)して盧占魁(ろせんくわい)(あた)()らしてゐましたよ。011それから名田彦(なだひこ)さんは病気(びやうき)(こま)つて心細(こころぼそ)がつて()ましたが、012(なん)でもポツポツ歩行(ある)いて引返(ひきかへ)して()るらしかつたですよ』
013日出雄(ひでを)『そら可愛相(かあいさう)だ。014オイ白凌閣(パイリンク)015(うま)()つて名田彦(なだひこ)さんを(むか)へて()い』
016 白凌閣(パイリンク)(ただ)ちに(こま)(またが)り、017守高(もりたか)乗馬(じようば)名田彦(なだひこ)(むか)(うま)として引具(ひきぐ)()()した。018それと()(ちが)ひに、019五六頭(ごろくとう)(こま)(あたま)()(なら)べて疾駆(しつく)()たのは、020盧占魁(ろせんくわい)(その)副官連(ふくくわんれん)とであつた。021()(ただ)ちに日出雄(ひでを)(そば)()叩頭(かうとう)して何事(なにごと)(べん)じたが、022生憎(あひにく)(この)()には山西省訛(さんせいしやうなま)りの(かれ)支那語(しなご)通訳(つうやく)()(もの)がなかつたが、023(えう)するに『露営(ろえい)適当(てきたう)場所(ばしよ)選定(せんてい)する(ため)(いそ)いだので、024無断(むだん)()つたのは(まこと)()まなかつた。025(ぐん)整理(せいり)もせねばならず、026混雑(こんざつ)してゐるから、027自分(じぶん)心裡(しんり)(さつ)して一緒(いつしよ)(すす)んで(もら)いたい』といふ意味(いみ)であつたらしい。028日出雄(ひでを)(ただ)
029御苦労(ごくろう)であつた』
030との一言(いちごん)(のこ)し、031真澄別(ますみわけ)032守高(もりたか)(ともな)岩山(いはやま)頂上(ちやうじやう)(のぼ)り、033東天(とうてん)(むか)つて祝詞(のりと)合奏(がつさう)し、034萩原(はぎはら)をして記念(きねん)撮影(さつえい)をなさしめ、035悠々(いういう)として朝食(てうしよく)(きつ)した。036()(ふたた)日出雄(ひでを)(そば)()懇願(こんぐわん)()(へう)すると、037日出雄(ひでを)(うなづ)(なが)(うま)(またが)つた。
038真澄別(ますみわけ)先生(せんせい)039またお(すす)みなさるのですか、040(うま)(はな)して別行動(べつかうどう)()らうではありませぬか』
041引止(ひきと)むれば、
042日出雄(ひでを)折角(せつかく)()懇願(こんぐわん)するから(みな)()(ところ)まで()つて(その)(うへ)(こと)にしよう』
043出発(しゆつぱつ)(いそ)ぐ。044名田彦(なだひこ)山田(やまだ)(とも)轎車(けうしや)便乗(びんじよう)し、045司令部(しれいぶ)駐屯所(ちうとんじよ)(まで)(すす)(こと)となつた。
046真澄別(ますみわけ)『チエツ()()()かれて善光寺参(ぜんくわうじまゐ)りか』
047(つぶや)(なが)ら、048日出雄(ひでを)()(うなが)され砂煙(すなけむ)りを()てて(うま)(いそ)がすのを見送(みおく)つた。049途中(とちう)まで出迎(でむか)へに()猪野軍医長(ゐのぐんいちやう)(くつわ)(なら)べ、050何事(なにごと)(かた)()ひつつボツボツ(すす)()く。
051猪野(ゐの)二先生(アルセンシヨン)052盧占魁(ろせんくわい)(ちから)にして()ては前途(ぜんと)心細(こころぼそ)(こと)はありますまいか。053岡崎(をかざき)さんは、054現状(げんじやう)では(あやふ)くて仕方(しかた)がないから、055(なん)とか方法(はうはふ)(かう)じて()ると()つて、056(はう)団長(だんちやう)轎車(けうしや)同乗(どうじやう)して先程(さきほど)出発(しゆつぱつ)しましたよ』
057真澄別(ますみわけ)()(かく)神様(かみさま)からの第一命令(だいいちめいれい)盧占魁(ろせんくわい)(くだ)つたのだから、058安全(あんぜん)入蒙(にふもう)出来(でき)たのは盧占魁(ろせんくわい)活動(くわつどう)ぢやないか』
059猪野(ゐの)昨晩(さくばん)から段々(だんだん)兵隊(へいたい)()(やう)だ……()命令(めいれい)(すこ)しも権威(けんゐ)がありませぬ。060これ(くらゐ)部隊(ぶたい)統一(とういつ)出来(でき)ない(やう)では不安(ふあん)(たま)りませぬ。061ヤハリ最初(さいしよ)岡崎(をかざき)さんの計画(けいくわく)奉天(ほうてん)日出雄(ひでを)先生(せんせい)のお住居(すまゐ)まで用意(ようい)して()つたと()趙倜(てうてき)趙傑(てうけつ)をお利用(つかひ)になつた(はう)()かつたらうと(おも)ひますが、062()うでせう。063岡崎(をかざき)さんも(しき)りにさう()つて()られましたよ』
064真澄別(ますみわけ)神様(かみさま)(おも)ひと人間(にんげん)(おも)ひとは大変(たいへん)相違(さうゐ)のあるもので、065実際(じつさい)人間(にんげん)には善悪正邪(ぜんあくせいじや)批判(ひはん)する資格(しかく)もないのだから、066(えう)するに盧占魁(ろせんくわい)盧占魁(ろせんくわい)としての使命(しめい)があり、067劉陞山(りうしようさん)には劉陞山(りうしようさん)としての使命(しめい)があつて従軍(じゆうぐん)してゐるのだから、068最後(さいご)(まで)()かなきや(その)真相(しんさう)(わか)るものでないよ。069マア()(ところ)まで()くのさ』
070猪野(ゐの)(まつた)(りう)(かへ)つて()命令(めいれい)する(やう)傾向(けいかう)ですよ。071(りう)(たい)人数(にんずう)一番(いちばん)(おほ)いし武器(ぶき)(そろ)ふてますからなア。072(わたし)(なん)だか危険味(きけんみ)(かん)ずるので、073一度(いちど)洮南(たうなん)(かへ)つてみたい(やう)()(いた)しますが如何(いかが)でせう』
074真澄別(ますみわけ)『それは大先生(だいせんせい)(うかが)つてお()めなさい。075(わたし)としては(いづ)れとも御勧(おすす)めする(わけ)には()かない。076(わたし)大先生(だいせんせい)自身(じしん)(かみ)(しん)じて()るので、077仮令(たとへ)自分(じぶん)(かんが)へと(ちが)つた言行(げんかう)大先生(だいせんせい)にあつても、078何事(なにごと)(その)舞台々々(ぶたいぶたい)筋書(すぢがき)神様(かみさま)でなくては(わか)らぬから、079大先生(だいせんせい)(たい)()(めい)()(したが)つて()くのだ。080(なん)だか最前(さいぜん)岩窟(がんくつ)から前進(ぜんしん)するのは(いや)仕方(しかた)がないけれども、081大先生(だいせんせい)がああして()一緒(いつしよ)(すす)まれるのだから(かみ)(まか)せて()くのですよ』
082猪野(ゐの)『そんなものですかなア』
083()()ちぬ顔色(かほいろ)(したが)()く。084(この)(とき)司令部(しれいぶ)駐屯所(ちうとんじよ)熱河(ねつか)最北部(さいほくぶ)()民家(みんか)で、085輓近(ばんきん)大英子児(タアインヅル)活動(くわつどう)根拠(こんきよ)は、086(みぎ)岩窟(がんくつ)附近(ふきん)だといふのも何等(なんら)かの因縁事(いんねんごと)であらう。087さて日出雄(ひでを)一行(いつかう)到着(たうちやく)した司令部(しれいぶ)兵員(へいゐん)整理(せいり)(ため)如何(いか)にも混雑中(こんざつちう)で、088岡崎(をかざき)包金山(はうきんざん)(とも)応援軍(おうゑんぐん)組織(そしき)(ため)奉天(ほうてん)(むか)つた(あと)であつた。089(ここ)陣容(ぢんよう)一新(いつしん)され、090乗馬(じやうば)銃器(じゆうき)調(とと)のはざるものは、091それぞれ旅費(りよひ)手当(てあて)給与(きふよ)して帰還(きくわん)()()かしめる(こと)となつた。092()実弟(じつてい)盧秉徳(ろへいとく)093名田彦(なだひこ)094山田(やまだ)095小林(こばやし)善吉(ぜんきち)(その)()支那人(しなじん)二名(にめい)は、096洮南(たうなん)より(きた)れる二台(にだい)轎車(けうしや)分乗(ぶんじやう)し、097強行軍(きやうかうぐん)邪魔(じやま)になる(やう)携帯品(けいたいひん)をも()()み、098四百余(しひやくよ)支里(しり)距離(きより)(しよう)せらるる洮南(たうなん)(むか)つて帰奉(きほう)()()いた。099(この)一行(いつかう)(のち)(いた)突泉(とつせん)にて支那官憲(しなくわんけん)()(とら)へられ、100盧秉徳(ろへいとく)洮南(たうなん)(おい)銃殺(じゆうさつ)せられ、101日本側(につぽんがは)三名(さんめい)領事館渡(りやうじくわんわた)しとなつたのである。
102 ()民家(みんか)一室(いつしつ)には、103真澄別(ますみわけ)日出雄(ひでを)()()けて劉陞山(りうしようさん)筆談(ひつだん)交換(かうくわん)してゐる。104(その)意味(いみ)()(とほ)りである。
105真澄別(ますみわけ)一体(いつたい)(この)部隊(ぶたい)(これ)から何方(どちら)()(こと)になつてゐますか』
106(りう)物資(ぶつし)(ゆた)かな綏遠(すゐえん)冬籠(ふゆごも)りをするのだと()つてゐますから、107()察哈爾(チヤハル)(むか)ふのでせう。108それに(つい)てはこれから三百(さんびやく)支里(しり)(ほど)()つた(ところ)で、109開魯(かいろ)(へい)一戦(ひといくさ)せねばなりませぬから、110此処(ここ)可成(かな)手足纏(てあしまと)ひを(すく)なくする(やう)(はか)つたのです』
111真澄別(ますみわけ)『あなたは何処(どこ)(まで)()司令(しれい)行動(かうどう)(とも)にするお(かんが)へですか』
112(りう)大体(だいたい)(わたし)(なに)()らずに参加(さんか)したのです。113奉天(ほうてん)第一師長(だいいちしちやう)李景林(りけいりん)から、114鄭家屯(ていかとん)闞旅長(かんりよちやう)手紙(てがみ)をやつた結果(けつくわ)115闞中将(かんちうじやう)君等(きみら)保護(ほご)すると()つてるから、116(はや)索倫(ソーロン)()つて盧占魁(ろせんくわい)(ぐん)参加(さんか)せよとの(こと)でしたから、117(じつ)盧軍(ろぐん)目的(もくてき)(なに)()かず、118()きな(みち)だから、119早速(さつそく)手兵(しゆへい)()れて参加(さんか)した次第(しだい)ですが、120(わたし)()(かく)大先生(だいせんせい)中心(ちうしん)にして何処(どこ)(まで)押立(おした)てる(かんが)へで()ります。121おゝ司令(しれい)其処(そこ)()えました』
122 ()(この)(とき)微笑(びせう)(なが)()(きた)り、
123()『これで武器(ぶき)携帯(けいたい)した騎兵(きへい)のみ五百騎(ごひやくき)となりました。124こんな(ところ)駐屯(ちうとん)して()ても仕方(しかた)がありませぬから、125今少(いますこ)兵糧(ひやうらう)()られる(ところ)まで(まゐ)りませう。126大先生(だいせんせい)今日(けふ)から轎車(けうしや)()つて(いただ)(こと)(いた)します』
127とて(ただ)ちに出動(しゆつどう)用意(ようい)(ととの)へた。128劉陞山(りうしようさん)部隊(ぶたい)先鋒(せんぽう)()ち、129日出雄(ひでを)自分(じぶん)手廻(てまは)(ひん)()貴重品(きちようひん)()()はした轎車(けうしや)()り、130盧占魁(ろせんくわい)(みづか)(うま)(ぎよ)し、131守高(もりたか)(ならび)二三(にさん)支那将校(しなしやうかう)日出雄(ひでを)轎車(けうしや)附添(つきそ)(まも)り、132真澄別(ますみわけ)(あるひ)先頭(せんとう)(あるひ)後方(こうはう)出没(しゆつぼつ)して全軍(ぜんぐん)見守(みまも)り、133萩原(はぎはら)写真機(しやしんき)(かた)にして自由(じいう)()(まは)り、134(ここ)西南(せいなん)(むか)ふて強行軍(きやうかうぐん)開始(かいし)せられることとなつた。135(ただ)宿営(しゆくえい)場合(ばあひ)には、136日本人(につぽんじん)一同(いちどう)日出雄(ひでを)(そば)(あつま)一団(いちだん)となる(こと)(わす)れなかつた。
137 六月(ろくぐわつ)十一日(じふいちにち)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)十日(とをか))の(あさ)138熱河区内(ねつかくない)喇嘛廟(ラマベウ)到着(たうちやく)する(まで)は、139(とき)数戸(すうこ)民家(みんか)中心(ちうしん)として休息(きうそく)する(ほか)(ほとん)昼夜兼行(ちうやけんかう)強行軍(きやうかうぐん)で、140索倫(ソーロン)より携帯(けいたい)せし食料(しよくれう)(すで)()き、141巻煙草(まきたばこ)一本(いつぽん)()(まは)しも(もと)()れて(しま)ふ。142()(その)()阿片(アヘン)嗜好者(しかうしや)顔色(がんしよく)憔悴(せうすゐ)して勇気(ゆうき)(とみ)(おとろ)へ、143(うま)(たふ)るる(もの)(あるひ)落伍(らくご)する(もの)漸次(ぜんじ)増加(ぞうか)窮境(きうきやう)(おちい)つた。144(やうや)くにして喇嘛廟(ラマベウ)において炒米(チヨオミイ)供給(きようきふ)()145附近(ふきん)民家(みんか)より(ひつじ)(もと)めて全員(ぜんゐん)(はら)()たす(こと)出来(でき)たのである。146蒙古内地(もうこないち)喇嘛廟(ラマベウ)(がい)して小高(こだか)丘上(きうじやう)(また)山腹(さんぷく)建立(こんりふ)せられ、147本堂(ほんだう)最上(さいじやう)中心(ちうしん)として数多(あまた)僧坊(そうばう)が、148それぞれ西蔵本山(チベツトほんざん)()して羅列(られつ)し、149(これ)遠望(ゑんばう)すれば(さなが)一大城廓(いちだいじやうくわく)(くわん)がある。150地方(ちはう)()りて美観(びくわん)壮観(さうくわん)程度(ていど)はあるが、151一般(いつぱん)民家(みんか)茅屋(あばらや)()しくは羊皮天幕住居(やうひてんとすまゐ)対照(たいせう)して、152調和(てうわ)()れない(こと)(おびただ)しい。153(もつと)()れは蒙古民族(もうこみんぞく)信仰(しんかう)結晶(けつしやう)として(あら)はれてゐるのだから批判(ひはん)(かぎ)りではあるまい。154(また)炒米(チヨオミイ)日本(につぽん)(あは)()つた(やう)なもので、155(その)(まま)()べても(かん)ばしい(あぢ)がある。156(ちや)()しくは牛乳(ぎうにう)ブツかければ猶更(なほさら)()(やす)蒙古(もうこ)唯一(ゆゐいつ)穀物(こくもつ)である。157(この)()より(さら)方向(はうかう)一転(いつてん)されて東南(とうなん)()して(すす)(こと)となつた。158局面(きよくめん)展開(てんかい)して、159(あるひ)小砂漠(せうさばく)160(あるひ)砂山(すなやま)(わづ)かに草木(さうもく)()(しげ)れる(ところ)横断(わうだん)せねばならなかつた。
161 六月(ろくぐわつ)十三日(じふさんにち)陰暦(いんれき)五月(ごぐわつ)十二日(じふににち)(また)もや喇嘛廟(ラマベウ)宿泊(しゆくはく)する(こと)()たが、162方向(はうかう)依然(いぜん)東南(とうなん)(むか)奉天省(ほうてんしやう)勢力範囲(せいりよくはんゐ)(ちか)づく様子(やうす)なので、163真澄別(ますみわけ)()(ただ)すと、
164民家(みんか)(おほ)(ところ)()かねば、165兵糧(ひやうらう)馬糧(ばりやう)不足(ふそく)して、166()うする(こと)出来(でき)ませぬ』
167(ちから)なげに(こた)ふる(ばか)りであつた。168(やうや)くにして十四日(じふよつか)夕暮(ゆふぐれ)(ちか)(ころ)169達頼汗王府(タアライハンわうふ)一族(いちぞく)(しよう)する管内(くわんない)()ると、170輪奐(りんくわん)()(きは)めた朱欄碧瓦(しゆらんへきぐわ)形容詞(けいようし)相当(さうたう)しさうな喇嘛廟(ラマベウ)王府(わうふ)が、171(やく)十丁(じつちやう)(ばか)(はな)れて対立(たいりつ)し、172(ほか)支那風(しなふう)建築(けんちく)民家(みんか)十数戸(じふすうこ)()(なら)んで()る。173()司令(しれい)王府(わうふ)使(つかひ)(つか)はし面会(めんくわい)申込(まをしこ)むと、174(わう)不在(ふざい)なりとて数人(すうにん)留守居(るすゐ)(まこと)無愛想(ぶあいさう)挨拶(あいさつ)なのに、175()不審(ふしん)(おも)ひをし(なが)ら、176西南方(せいなんぱう)谷間(たにま)民家(みんか)(さが)()て、177一同(いちどう)宿泊所(しゆくはくじよ)()めた。178此処(ここ)喇嘛廟(ラマベウ)全部(ぜんぶ)()(とざ)し、179(ねこ)()一匹(いつぴき)ゐない静寂(せいじやく)さであつたのは、180(すこぶ)一同(いちどう)(まゆ)をひそめしめた。
181 (この)()薄暗(うすぐら)宿営(しゆくえい)一遇(いちぐう)に、182日出雄(ひでを)何事(なにごと)かヒソヒソと真澄別(ますみわけ)(むか)(ささや)いてゐたが、183(ただ)最後(さいご)真澄別(ますみわけ)(こゑ)として、
184洮南(たうなん)御神勅(ごしんちよく)に、185今度(こんど)(きよ)必要(ひつえう)(かね)十万円(じふまんゑん)だと(うけたまは)つて()ましたから、186()以上(いじやう)金額(きんがく)(はや)()へば死金(しにがね)だと(わたし)(しん)じてゐます。187そして最後(さいご)上木局子(かみもくきよくし)大石氏(おほいしし)(せま)られて、188先生(せんせい)矢野(やの)さんへ送金(そうきん)する(やう)依頼状(いらいじやう)をお()きに()つたなどは、189(まつた)一種(いつしゆ)脅迫(けふはく)でしたね』
190(きこ)えたのみで、191あとは(いぬ)のけたたましき()(ごゑ)()森閑(しんかん)()()くのであつた。
192大正一四・八 筆録)