霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三五章 黄泉帰(よみがへり)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 特別篇 山河草木 入蒙記 篇:第5篇 雨後月明 よみ:うごげつめい
章:第35章 黄泉帰 よみ:よみがえり 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年08月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年2月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
六月二十一日の夜、日出雄が鴻賓旅館で捕縛されたとき、そこに泊まり合わせていた日本人某がふと庭にお取次ぎを行う杓子を見つけた。そして日出雄の歌と拇印が記されているのを認め、日出雄一行の遭難を知ったのである。
パインタラから一番の汽車に乗ると、鄭家屯の日本領事館に届け出た。領事館はすぐに土屋書記生を急行せしめ、二十二日の夕ごろにパインタラに着き、知事に面会して日出雄一行の引渡しを要求した。土屋書記生は獄舎につながれている日出雄一行にも面会し、安心するようにと言いおいて帰って行った。
書記生が来る前は、日出雄一行の処置に着いて、蒙古人として処刑することに決まり、準備をしていたそうである。ところが、日本領事館に知れたことがわかり、国際上の後難を恐れて、決行するに至らなかったという。
翌日、居留日本人会長・太田勤氏、満鉄公所の志賀秀二氏が面会に来て、官憲と種々協議の結果、ようやく手かせのみ解かれることになった。国際法によれば、領事館引渡し要求から二十四時間以内に引渡しを行うべきところ、三十日までパインタラに拘束されていたのは、日本領事館と現地官憲との交渉が難しかったためであるとのことであった。
四五日経ってから日本人一同は、パインタラ県知事の法廷に引き出され、馬賊でないかどうか取調べを受けた。一同は自分たちは馬賊ではないと言って反駁した。六月三十日には、鄭家屯において同様の取調べを受けた。
七月五日の夕暮れ、鄭家屯の日本領事館に引き渡されることになった。領事館にて一応の取調べを受けた後、久しぶりに湯を使った。監房で一夜を明かし、翌六日、奉天の総領事館に送られた。
奉天にはすでに名田彦、山田、小林らが収容されており、しばらくして大倉が入ってきた。取調べの結果、三年間支那からの退去処分ということに落ち着いた。日本から中野岩太、隆光彦が役員信者代表として奉天に出張し、奉天支部の西島と共に差し入れその他について奔走した。
七月二十一日に大連に着き、船で門司に送られた。日出雄は船内で船長や乗客に請われて大本教義についての公演や揮毫を求められた。日本の玄関口に到着したのは、七月二十五日であった。その光景はあたかも凱旋将軍を迎えるがごとき有様であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:322頁 八幡書店版:第14輯 665頁 修補版: 校定版:325頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 日出雄(ひでを)六月(ろくぐわつ)二十一日(にじふいちにち)()002白音太拉(パインタラ)鴻賓旅館(こうひんりよくわん)寝込(ねこみ)捕縛(ほばく)された(とき)003(をり)よく其処(そこ)宿(とま)つて()日本人(につぽんじん)(ぼう)が、004(あさ)になつてふと(には)()ると、005皇道大本(くわうだうおほもと)神器(しんき)として病者(びやうしや)祈願(きぐわん)(もち)ゆる杓子(しやくし)一本(いつぽん)遺棄(ゐき)されてあつた。
006 (その)杓子(しやくし)には、
 
007 天地(あめつち)身魂(みたま)(すく)(この)杓子(しやくし)(こころ)のままに世人(よびと)(すく)はむ
 
008(おもて)(しる)(その)(うら)には、
 
009 この杓子(しやくし)(わが)(うま)れたる十二夜(じふにや)(つき)姿(すがた)にさも()たるかな
010王仁(おに)
 
011(しる)し、012拇印(ぼいん)押捺()してあつたのを()つけ()し、013(おどろ)いて日出雄(ひでを)一行(いつかう)遭難(さうなん)()り、014白音太拉(パインタラ)から一番(いちばん)汽車(きしや)()り、015鄭家屯(ていかとん)日本領事館(につぽんりやうじくわん)(とど)けて()た。016領事館(りやうじくわん)では(おどろ)いて土屋(つちや)書記生(しよきせい)急行(きふかう)せしむる(こと)となつた。017()日出雄(ひでを)(すべ)ての所持品(しよぢひん)兵営(へいえい)(あづけ)ると()()(もと)没収(ぼつしう)され、018真澄別(ますみわけ)(ほか)一同(いちどう)所持金(しよぢきん)から帽子(ばうし)019(くつ)020帯革(おびかは)(その)()所有(しよいう)携帯品(けいたいひん)支那巡警(しなじゆんけい)から掠奪(りやくだつ)されて仕舞(しま)つたさうである。021(かれ)巡警(じゆんけい)()今晩(こんばん)日本人(につぽんじん)全部(ぜんぶ)銃殺(じゆうさつ)(けい)(しよ)せらるると()(こと)()いて()たから、022()つたら取得(とりどく)だと()(かんがへ)で、023真裸体(まつぱだか)として(しま)つたのである。024一方(いつぱう)土屋(つちや)書記生(しよきせい)二十二日(にじふににち)夕頃(ゆふごろ)白音太拉(パインタラ)()き、025通遼公署(つうれうこうしよ)(いた)り、026知事(ちじ)面会(めんくわい)し、027日出雄(ひでを)一行(いつかう)引渡(ひきわた)しを交渉(かうせふ)した。028さうして(よく)早朝(さうてう)土屋氏(つちやし)日出雄(ひでを)(つな)がれて()監獄(かんごく)見舞(みまひ)()て、029親切(しんせつ)(なぐさ)め、030もう領事館(りやうじくわん)から()()(うへ)は、031生命(せいめい)大丈夫(だいぢやうぶ)です安心(あんしん)なさいと()ふて(かへ)つて()つた。
032 書記生(しよきせい)白音太拉(パインタラ)()いた二十二日(にじふににち)()は、033(なん)となく(さわ)がしく、034四方(しはう)八方(はつぱう)から数百千(すうひやくせん)とも()れぬ(いぬ)(こゑ)(きこ)え、035何事(なにごと)勃発(ぼつぱつ)しさうな形勢(けいせい)であつた。036(あと)から()いて()れば、037書記生(しよきせい)日出雄(ひでを)面会(めんくわい)する(まへ)038蒙古人(もうこじん)として銃殺(じゆうさつ)する準備(じゆんび)をして()たと()(こと)である。039(しか)(なが)最早(もはや)日本領事館(につぽんりやうじくわん)(わか)つた以上(いじやう)040国際上(こくさいじやう)後難(こうなん)(おそ)れ、041(その)()決行(けつかう)(いた)らなかつた。042書記生(しよきせい)日出雄(ひでを)()面会(めんくわい)してより(やうや)くにして(なは)()き、043各々(おのおの)足枷(あしかせ)()れられ、044日出雄(ひでを)守高(もりたか)045井上(ゐのうへ)萩原(はぎはら)046真澄別(ますみわけ)坂本(さかもと)三組(さんくみ)047二人(ふたり)づつ手枷(てかせ)(つな)がれ、048便所(べんじよ)()くにも弾丸(たま)をこめた(へい)銃剣(じゆうけん)()して警戒(けいかい)し、049巡警(じゆんけい)弾込(たまこ)(じゆう)()つて、050大小便(だいせうべん)ともついて()た。
051 (その)翌日(よくじつ)052居留日本人会長(きよりうにつぽんじんくわいちやう)太田(おほた)(つとむ)(およ)満鉄公所(まんてつこうしよ)志賀(しが)秀二(ひでじ)二氏(にし)面会(めんくわい)()て、053種々(しゆじゆ)支那官憲(しなくわんけん)交渉(かうせふ)した結果(けつくわ)054(やうや)くにして手枷(てかせ)のみを()かれる(こと)となつた。055四五日(しごにち)()つた(とき)056日本(につぽん)より広瀬(ひろせ)義邦(よしくに)水也商会(みづやしやうくわい)小野(をの)(ぼう)(とも)公署(こうしよ)()日出雄(ひでを)面会(めんくわい)し、057かつ太田(おほた)058志賀(しが)両氏(りやうし)(かね)(あづ)けて日出雄(ひでを)()一行(いつかう)(すべ)ての差入(さしい)れを依頼(いらい)した。059それ(まで)日出雄(ひでを)一行(いつかう)支那食(しなしよく)高粱飯(かうりやうめし)不味(まづ)味噌(みそ)をそへて()ひ、060不自由(ふじゆう)獄舎生活(ごくしやせいくわつ)(おく)つて()たのである。061種々(しゆじゆ)差入(さしいれ)ものが()()ると、062支那(しな)巡警部長(じゆんけいぶちやう)一々(いちいち)折箱(をりばこ)などを()けて()ては、063(これ)美味(うまい)だらうとか、064不味(まづい)だらうとか()つては一口(ひとくち)()ひ、065二口(ふたくち)()ひ、066弁当(べんたう)余剰(あま)つたのは餓鬼(がき)(ごと)(あらそ)ひて(くつ)(しま)ふ。067(また)ビールやサイダー、068葡萄酒(ぶだうしゆ)などの空瓶(あきびん)出来(でき)ると(わたし)()()れと、069日出雄(ひでを)一行(いつかう)(たの)()んで()つて(かへ)るのであつた。
070 さうして知事(ちじ)監獄長(かんごくちやう)071(その)()から、072吾々(われわれ)にも相当(さうたう)謝礼(しやれい)(もら)()い、073貴方(あなた)(がた)(ころ)される(ところ)であつたのを、074知事(ちじ)監獄長(かんごくちやう)斡旋(あつせん)生命(いのち)(たす)かつたのだ、075公然(こうぜん)賄賂(わいろ)要求(えうきう)する。076日本(につぽん)警察官(けいさつくわん)(くら)ぶれば(その)(いや)しい(こと)077品格(ひんかく)下劣(げれつ)なること、078口卑(くちいや)しい(こと)など、079到底(たうてい)内地人(ないちじん)想像(さうざう)せられぬ(ほど)である。080巡警部長(じゆんけいぶちやう)王某(わうぼう)親切(しんせつ)日出雄(ひでを)(あか)()いた(あし)()(あら)ひ、081(かた)()みなどして親切(しんせつ)介抱(かいほう)をし、
082大人(たいじん)日本(につぽん)(かへ)らるる(とき)(わたし)()れて(かへ)つて(くだ)さい、083巡警(じゆんけい)()めて大本(おほもと)信者(しんじや)となり、084庭掃除(にはさうじ)でもさして(いただ)()い』
085(たの)()むのであつた。086日出雄(ひでを)は、
087奉天(ほうてん)()いた(うへ)088模様(もやう)()つて電報(でんぱう)()つから、089電報(でんぱう)(とど)いたら奉天(ほうてん)(まで)()()い、090日本(につぽん)同道(どうだう)する』
091()つてやつたら、092王部長(わうぶちやう)非常(ひじやう)(よろこ)んだ。093国際法(こくさいはふ)()つて領事館(りやうじくわん)から引渡(ひきわた)しを要求(えうきう)した(とき)は、094二十四時間内(にじふよじかんない)引渡(ひきわた)すべきものなるに、095二十一日(にじふいちにち)()から三十日(さんじふにち)(まで)十日間(とをかかん)パインタラに(つな)いで()いたのは、096余程(よほど)日本領事館(につぽんりやうじくわん)支那官憲(しなくわんけん)との交渉(かうせふ)六ケ敷(むつかし)かつた(ため)であつたとの(こと)である。
097 四五日(しごにち)()つてから日本人(につぽんじん)一同(いちどう)通遼県知事(つうれうけんちじ)法廷(はふてい)引出(ひきだ)され、098日本語(につぽんご)通訳官(つうやくくわん)(かい)して取調(とりしら)べを()けた。099(この)取調(とりしらべ)要点(えうてん)は、100日出雄(ひでを)名刺(めいし)素尊汗(スーツンハン)()いてあるが、101(ハン)()へば蒙古(もうこ)第一(だいいち)(わう)名称(めいしよう)である。102(また)出生地(しゆつしやうち)蒙古(もうこ)(くに)としてあるが、103蒙古(もうこ)支那(しな)版図(はんと)であつて、104蒙古国(もうここく)()国名(こくめい)()(はず)だ。105(なんぢ)盧占魁(ろせんくわい)使嗾(しそう)して宗教(しうけう)(おもて)蒙古独立(もうこどくりつ)(くはだ)てたのであらう、106()ふのである。107日出雄(ひでを)平然(へいぜん)として、
108自分(じぶん)支那(しな)新宗教(しんしうけう)道院(だうゐん)宣伝使(せんでんし)だ。109蒙古(もうこ)()宗教(しうけう)宣伝(せんでん)するの特権(とくけん)()つてゐる。110さうして蒙古(もうこ)(くに)()つたのは(べつ)(ふか)意味(いみ)があるのでは()い。111我々(われわれ)日本(につぽん)(くに)には八十余個(はちじふよこ)国名(こくめい)があり、112丹波(たんば)(くに)113丹後(たんご)(くに)114山城(やましろ)(くに)などと小区劃(せうくくわく)国名(こくめい)()んで()る。115さうだから支那(しな)一区域(いちくくわく)たる蒙古(もうこ)蒙古(もうこ)(くに)()いたのだ。116自分(じぶん)蒙古(もうこ)のみならず、117新彊(しんきやう)118印度(インド)119西蔵(チベツト)120支那(しな)()ふに(およ)ばず、121露西亜(ロシア)122西比利亜(シベリア)()欧羅巴(ヨーロツパ)天地(てんち)(まで)宗教的王国(しうけうてきわうこく)建設(けんせつ)するのだから、123(ちひ)さい蒙古(もうこ)などに執着(しふちやく)して()るのではない。124さうして宗教(しうけう)国境(こくきよう)超越(てうゑつ)して()るのだ』
125()べた(ところ)126知事(ちじ)二三回(にさんくわい)うなづいて、127日出雄(ひでを)獄舎(ごくしや)(かへ)した。128(つぎ)には真澄別(ますみわけ)以下(いか)五名(ごめい)一人(ひとり)づつ()()されて取調(とりしら)べを()けたが、129真澄別(ますみわけ)憤然(ふんぜん)として知事(ちじ)(その)()訊問官(じんもんくわん)(むか)ひ、
130吾々(われわれ)馬賊(ばぞく)とは()しからぬ、131貴官(きくわん)盧占魁(ろせんくわい)馬賊(ばぞく)()はれるが、132(かれ)(ひさ)しく行動(かうどう)(とも)にして()()たが、133(かれ)には(すこ)しも馬賊的(ばぞくてき)行為(かうゐ)()かつた。134それよりも支那官兵(しなくわんぺい)自分等(じぶんら)所持金(しよぢきん)掠奪(りやくだつ)し、135(その)()一切(いつさい)所持品(しよぢひん)(ぬす)()つたではないか。136泥棒(どろばう)する(もの)官兵(くわんぺい)()ひ、137泥棒(どろばう)せない(もの)馬賊(ばぞく)()ふのか、138張作霖(ちやうさくりん)だつて、139(その)()有名(いうめい)督軍(とくぐん)だつて(もと)馬賊(ばぞく)ぢやないか、140自分(じぶん)馬賊(ばぞく)()ふのならそれでよい。141まづ馬賊(ばぞく)定義(ていぎ)から()かして(もら)()い』
142()ふ。143萩原(はぎはら)(また)真澄別(ますみわけ)(おな)(こと)()ふて知事(ちじ)(その)()()こずらす。
144 (つぎ)守高(もりたか)145井上(ゐのうへ)146坂本(さかもと)三人(さんにん)(たい)し、147武器(ぶき)携帯(けいたい)して()ただらうと(きび)しく訊問(じんもん)した。148(いづ)れも日出雄(ひでを)先生(せんせい)のお弟子(でし)であつて宗教家(しうけうか)だと()()け、149やつと公署(こうしよ)調(しら)べも()んだ。150それから一行(いつかう)六人(ろくにん)足枷(あしかせ)()められた(まま)151門口(かどぐち)(なら)べられ一葉(いちえう)写真(しやしん)()られた(うへ)152(その)翌日(よくじつ)六月(ろくぐわつ)三十日(さんじふにち)荷車(にぐるま)三台(さんだい)()せられ、153銃剣(じゆうけん)をつけた兵士(へいし)六名(ろくめい)(おく)られて汽車(きしや)()り、154鄭家屯道尹(ていかとんだういん)護送(ごそう)され、155(つい)同地(どうち)警官教習所(けいくわんけうしふじよ)拘留所(かうりうじよ)警官室(けいくわんしつ)足枷(あしかせ)()められた(まま)分置(ぶんち)せられた。156其処(そこ)横尾(よこを)敬義(ゆきよし)157井口(ゐぐち)藤五郎(とうごらう)両人(りやうにん)見舞(みまひ)()日出雄(ひでを)一行(いつかう)(なぐさ)めた。158其処(そこ)(ふたた)道尹(だういん)取調(とりしら)べを()けたが、159(たづ)ねる(こと)も、160(こた)へる(こと)も、161白音太拉(パインタラ)同様(どうやう)であつた。
162 七月(しちぐわつ)五日(いつか)夕暮(ゆふぐれ)163鄭家屯(ていかとん)日本領事館(につぽんりやうじくわん)()(わた)さるる(こと)になつた。164(わか)れに(のぞ)んで道尹(だういん)高等官(かうとうくわん)以下(いか)十数名(じふすうめい)は、165(すみ)(ふで)とを用意(ようい)して日出雄(ひでを)揮毫(きがう)()ふた。166日出雄(ひでを)(こころよ)彼等(かれら)請求(せいきう)(おう)じ、167(うで)(ふる)ふて大小(だいせう)数十(すうじふ)文字(もんじ)()(あた)へた。168()十二時(じふにじ)(ごろ)日本領事館(につぽんりやうじくわん)()(わた)り、169一応(いちおう)取調(とりしら)べを()け、170領事館(りやうじくわん)にて(ひさ)()りで()使(つか)(あか)(おと)し、171監房(かんばう)一夜(いちや)(あか)し、172(よく)六日(むいか)通常服(つうじやうふく)領事館(りやうじくわん)警察署長(けいさつしよちやう)以下(いか)五人(ごにん)(おく)られ奉天総領事館(ほうてんそうりやうじくわん)収容(しうよう)された。173(その)(とき)(すで)名田彦(なだひこ)174山田(やまだ)175小林(こばやし)三人(さんにん)収容(しうよう)されて()り、176(しばら)くして大倉(おほくら)這入(はい)つて()都合(つがふ)十人(じふにん)になつた。177取調(とりしら)べの結果(けつくわ)三ケ年(さんかねん)退支処分(たいししよぶん)一件落着(いつけんらくちやく)した。
178 (これ)より(さき)179日本(につぽん)から中野(なかの)岩太(いはた)180隆光彦(たかてるひこ)二人(ふたり)役員(やくゐん)信者(しんじや)代表(だいへう)として出張(しゆつちやう)し、181差入(さしい)(もの)(その)()について奉天支部(ほうてんしぶ)西島(にしじま)(とも)奔走(ほんそう)した。
182 七月(しちぐわつ)二十一日(にじふいちにち)三浦検事(みうらけんじ)(ほか)三名(さんめい)警察官(けいさつくわん)(おく)られ大連(だいれん)水上署(すゐじやうしよ)()き、183(この)()より(また)二名(にめい)警官(けいくわん)(おく)られ、184ハルピン(まる)にて門司(もじ)()いた。185航海中(かうかいちう)日出雄(ひでを)船長(せんちやう)以下(いか)乗客(じやうきやく)依頼(いらい)(おう)じて大本教義(おほもとけうぎ)(くわん)する演説(えんぜつ)()し、186沢山(たくさん)揮毫(きがう)をし、187数多(あまた)信者(しんじや)(むか)へられ、188日本(につぽん)玄関口(げんくわんぐち)安着(あんちやく)したのは七月(しちぐわつ)二十五日(にじふごにち)午前(ごぜん)であつた。189(その)光景(くわうけい)(あだか)凱旋将軍(がいせんしやうぐん)(むか)ふるが(ごと)有様(ありさま)であつた。
190大正一四・八 筆録)