霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 篇:余白歌 よみ:
章:余白歌 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年8月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
千早振(ちはやふ)(かみ)大道(おほぢ)(つく)()
一入(ひとしほ)(まが)(たけ)忌々(ゆゆ)しき〈総説歌〉
(おも)ひきや御国(みくに)(ため)(つく)()
あしざまに()(しこ)のたぶれら〈総説歌〉
大神(おほかみ)御霊(みたま)宿(やど)(にく)(みや)
曲津(まがつ)(かみ)()ぐふべしやは〈総説歌〉
かむながらたふとき(みち)(あゆ)()
高天原(たかあまはら)清処(すがど)()つなり〈総説歌〉
生死(いきしに)(さかひ)()えし神人(かみびと)
如何(いか)なる(まが)(おそ)れざるなり〈総説歌〉
曲神(まがかみ)伊猛(いたけ)(くる)(やみ)()
狐狸(こり)天狗(てんぐ)白日(はくじつ)()〈第2章(三)〉
しるべすと()らせたまひし其日(そのひ)より
(あづま)(そら)(あふ)(くら)しつ〈第4章〉
(みだ)れたる()(ただ)さむと(われ)はいま
(くに)のことごと(ひと)()ぎつつ〈第4章(校)〉
肝向(きもむか)(こころ)(かど)打明(うちあ)けて
天地(てんち)神々(かみがみ)(むか)(まつ)らな〈第5章(三)〉
久方(ひさかた)(あめ)橋立(はしたて)(たか)けれど
(きみ)とのぼれば(さか)しくもあらず〈第7章〉
(あづま)なる伊都(いづ)のたよりを(きく)()
君待(きみま)ちがてに()(おも)ふかな〈第8章〉
(よく)()()国人(くにびと)(たましひ)
神国(みくに)()かせ麻柱(あななひ)(のり)〈第10章(三)〉
三五(あななひ)(かみ)(をしへ)黄泉国(よもつくに)
(まが)(かけ)をば地上(ちじやう)(ぼつ)せり〈第12章(三)〉
足曳(あしびき)(やま)(うご)かす信仰(しんかう)
(ちから)(すす)むロツキーの(やま)〈第12章(三)〉
常夜往(とこよゆ)(やみ)()らして神国(かみくに)
人生(ひとい)かさむと朝夕(あさゆふ)いそしむ〈第13章(三)〉
言霊(ことたま)(まこと)をつくしの島ケ根(しまがね)
()かし()らさむ惟神(かむながら)(われ)〈第17章(三)〉
(おも)ひきや常世神王(とこよしんわう)ならずして
(あたま)(かさ)威張(ゐば)れる笠取(かさとり)〈第19章(三)〉
立花(たちばな)小戸(をど)のあはぎが(はら)()
(ごゑ)(きみ)御稜威(みいづ)なりけり〈第20章〉
瑞々(みづみづ)雲井(くもゐ)(そら)(もち)()
(つき)のみひとり(ひか)りさやけき〈第20章〉
(もも)()三柱(みはしら)女神(めがみ)大神(おほかみ)
意富加牟豆美(おほかむづみ)()(もら)ひける〈第21章(三)〉
神軍(みいくさ)引率(いんそつ)したる(ひと)()
()()(かみ)御稜威(みいづ)なりけり〈第21章(三)〉
(よる)(くに)知召(しろしめ)します素盞烏(すさのを)
(かみ)世人(よびと)(たす)(がみ)なり〈第28章〉
豊国姫(とよくにひめ)神格化(しんかくくわ)して神素盞烏(かむすさのを)(かみ)
一名(またのな)国大立(くにひろたち)(みこと)(まう)〈第28章(三)〉
千早振(ちはやふ)(かみ)大道(おほぢ)余所(よそ)にして
我日本(わがひのもと)(をさ)まるべきやは〈第28章(三)〉
言霊(ことたま)天照国(あまてるくに)(うま)れあひて
いかで(にご)さむ(きよ)霊魂(みたま)〈第30章(三)〉
()(もと)(かみ)()(くに)(けが)しゆく
曲神(まがかみ)忌々(ゆゆ)()(はふ)りてむ〈第32章(再)〉
人々(ひとびと)(こころ)()める月影(つきかげ)
(かく)すは(よく)(つみ)(くも)なり〈第32章〉
曲神(まがかみ)(しこ)のすさびに(ほろ)()
(ひと)(すく)はむと大道(おほみち)()〈第33章(三)〉
(いま)()(しよ)して御国(みくに)泰山(たいざん)
(やす)きにおかむは惟神(かむながら)大道(おほみち)〈第33章(再)〉
この(みち)のもし我国(わがくに)(ほろ)びなば
この()(うへ)(くに)(みだ)れむ〈第33章(再)〉
人道(じんだう)政治(せいち)不安(ふあん)現代(げんだい)
(かみ)(をしへ)(すく)ふのみなる〈(再)〉
上中下(じやうちゆうげ)三層階級(さんそうかいきふ)おしなべて
不安(ふあん)()つるも神知(かみし)らぬ(くに)〈第34章〉
()(もと)(まこと)(かみ)(いつ)かずば
()何時(いつ)までも(やす)からざるべし〈第37章(再)〉
()(かは)()麻柱(あななひ)神徳(しんとく)
(やす)(わた)りぬ(かみ)のまにまに〈第37章(三)〉
()(つき)()()(もと)(せま)()
邪神(まがみ)忌々(ゆゆ)しも(まよ)へる国人(くにびと)〈附録(再)〉
吾々(われわれ)秩序(ちつじよ)不安(ふあん)におびえ()
同胞(どうはう)のため(みち)(ひら)かむ〈附録(再)〉
神代(かみよ)より(さか)()はてなき神国(かみくに)
常久(とは)(まも)らへ大本信徒(おほもとまめひと)〈巻末(再)〉
(ひと)(おや)そのおやおやを(たづ)ぬれば
伊弉諾(いざなぎ)(かみ)伊弉冊(いざなみ)(かみ)〈巻末(再)〉
()(もと)(うま)れしもののその(おや)
諾冊二尊(なぎなみにそん)基礎(きそ)にぞありける〈巻末〉
(校は昭和十年三月、王仁校正時に挿入したもの  三は三版、再は再版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]