霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:前付 よみ:
章:凡例 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年01月06日(旧12月09日) 口述場所:龍宮館 筆録者:編者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-01-24 01:22:28
愛善世界社版:前付 13頁 八幡書店版:第1輯 修補版: 校定版:266頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:校定版では『あとがき』になっており、後半部の東大寺五重塔の話が削除されている。
001一、002第一巻(だいいつくわん)より第四巻(だいよんくわん)までは、003まだ伊那那岐尊(いざなぎのみこと)004伊邪那美尊(いざなみのみこと)二神(にしん)御降臨(ごかうりん)まします以前(いぜん)物語(ものがたり)であります。005第四巻(だいよんくわん)にいたつて(はじ)めて国祖(こくそ)御隠退(ごいんたい)(あそ)ばされるところになり、006第六巻(だいろくくわん)において、007諾冊二尊(なぎなみにそん)葦原中津国(あしはらのなかつくに)御降臨(ごかうりん)(あそ)ばすところになるのであります。008それゆゑ、009あまりに(ちい)さく現在(げんざい)大本(おほもと)といふものにとらわれてはならないのであります。010たとへば『聖地(せいち)エルサレム』とあるごときも、011(けつ)して綾部(あやべ)()されたものではありません。012これは、013瑞月(ずゐげつ)大先生(だいせんせい)より(とく)御注意(ごちうい)がありましたから、014読者(どくしや)諸氏(しよし)のお(ふく)みおきを(ねが)つておきます。015(えう)するに『(うま)赤児(あかご)』の(こころ)になつて拝読(はいどく)することが、016もつとも必要(ひつえう)であらうと(おも)ひます。
017一、018しかしながら、019歴史(れきし)繰返(くりかへ)すといふごとく、020これは(いま)から六七千万年前(ろくしちせんまんねんぜん)物語(ものがたり)で、021いかにも吾々(われわれ)とは(えん)(とほ)いもののやうに油断(ゆだん)をしてゐると、022脚下(あしもと)から(とり)()つやうなことが出来(しゆつたい)して、023にはかに狼狽(うろた)(さわ)がねばならぬとも(かぎ)らないのであります。
024一、025本書(ほんしよ)第一巻(だいいつくわん)発表(はつぺう)とともに、026かれこれ種々(いろいろ)批評(ひへう)()てゐるやうですが、027(たん)第一巻(だいいつくわん)第二巻(だいにくわん)()んだだけでは、028たうてい(わか)らないのであります。029(なに)にしても批評(ひへう)後廻(あとまは)しにして、030本書(ほんしよ)全部(ぜんぶ)刊行(かんかう)されるまで()つていただきたい。031神諭(しんゆ)にも『細工(さいく)流々(りうりう)仕上(しあ)げを()(くだ)されよ』と(しめ)されてゐます。032ただ一端(いつたん)(のぞ)いただけで、033批評(ひへう)がましき(げん)(ろう)するのは、034いかにも軽率(けいそつ)であるばかりでなく、035御神業(ごしんげふ)にたいして(だい)なる妨害(ばうがい)(あた)へるやうな結果(けつくわ)になりはしないかと(おも)ひます。
036一、037第二巻(だいにくわん)以下(いか)には処々(ところどころ)神様(かみさま)(うた)()てきますが、038これはすべて神代語(かみよことば)(うた)はれたものださうですが、039そのままでは(いま)吾々(われわれ)には理解(りかい)出来(でき)ませぬので、040(とく)現代語(げんだいご)翻訳(ほんやく)されたものであります。041(たと)へば、042本書(ほんしよ)第二十三章(だいにじふさんしやう)竜世姫(たつよひめ)奇智(きち)』の(なか)に、043竜世姫(たつよひめ)滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)(うた)(うた)はれるところがあります。044その(うた)神代語(かみよことば)現代語(げんだいご)大先生(だいせんせい)御教示(ごけうじ)のまま、045一例(いちれい)として対照(たいせう)しておきます。
 
046   歌
 
047 言霊別(ことたまわけ)(かみ)さんは (コトトモオコヨカムソモホ)
048 こしの常世(とこよ)使(つか)ひして (コスヨトコヨイツコイステ)
049 (みち)(たふ)れて(こし)()り (ミツイトホレテコスヨオイ)
050 輿(こし)()せられ(こし)(いた)む (コスイノソロレコスイトム)
051 こしの(くに)でも腰抜(こしぬ)かし (コスヨクシデモコスヌコス)
052 腰抜(こしぬ)(かみ)(わら)はれる (コスヌクカムヨワロヲレル)
053 (ひと)のことなら(なん)ともない (フトヨコトノロノムトヨノイ)
054 こしやかまやせん こしやかまやせん こしやかまやせん こしやかまやせん(コスカモヨセヌ コスカモヨセヌ コスカモヨセヌ コスカモヨセヌ)
 
055一、056神代語(かみよことば)数字(すうじ)一二三四五六七八九十百千万は、057外字外字外字外字外字外字外字外字外字外字外字外字(略して外字外字といふ(ふう)(あら)はすさうであります。
058一、059最近(さいきん)(ひと)つの神秘的(しんぴてき)(はなし)()きましたから、060読者(どくしや)諸氏(しよし)御参考(ごさんかう)のためにここに御紹介(ごせうかい)しておきます。
061 (むかし)062南都(なんと)東大寺(とうだいじ)五重塔(ごぢうたふ)丸柱(まるばしら)虫喰(むしく)(あと)(つぎ)のやうな文字(もじ)(あらは)れたことがあります。
 
063  九九五一 合 二十四西(にし)より(あが)四日月(よつかづき) 
064  一五一一 合 八(しう)神地(しんち)となる
065  ○五○六 合 十一神世(かみよ)(はじめ)
066  一三一一 合 六(がふ)となる
067  二一六一 合 十(すなは)(かみ)となる
068  一一一一 合 四(こん)となる
069  三一六一 合 十一(すなは)(つち)(かみ)となる
070  一○一一 合 三(たい)大神(おほかみ)となる
071  ○○○  合 三ツの御魂(みたま)となる
072  (数字(すうじ)(した)の「合云々」の文字(もじ)瑞月(ずゐげつ)大先生(だいせんせい)がつけ(くは)へられたものです)
 
073 しかし、074誰一人(たれいちにん)これを()むことも出来(でき)なければ、075その意味(いみ)(わか)るものはありませんでしたが、076当時(たうじ)高僧(かうそう)弘法大師(こうぱうだいし)(これ)()()みました。
 
077  月九中岸
078  閑居一一
079  露五幽苔
080  獨身一一
081  法一不一
082  一一一一
083  道一不一
084  時節一一
 
085 瑞月(ずゐげつ)大先生(だいせんせい)にこの(こと)(うかが)ひましたら、086ただちにその意味(いみ)御教示(ごけうじ)(くだ)さいました。087その五重塔(ごぢうたふ)丸柱(まるばしら)(あら)はれた不可思議(ふかしぎ)文字(もじ)全体(ぜんたい)(かぞ)へると七十七の(すう)になります。088そして七十七は(かみ)からも(しも)からも七十七となります。089上下(かみしも)そろふ(わけ)であります。090七十七(すう)外字代詞(だいし)で七は『(なり)』の()であり、091十は『(かみ)』の()であり、092七はまた『(くに)』の()であり、093つまり『成神国(なるかみくに)』の意味(いみ)になるさうであります。094その数字(すうじ)(なか)の○三つは三ツの三(たま)()であります。095つまり(みづ)御魂(みたま)(かく)されてゐるといふことになるのであります。096弘法大師(こうぱうだいし)はこの(こと)()つてゐたのだけれども、097故意(わざ)とかくしてゐたといふことであります。
098 大先生(だいせんせい)()()まれました。
 
099  月懸中岸
100  閑居誰待
101  露萎幽苔
102  獨身孤寂
103  法初不蔓
104  隨鼓増光
105  道獨不擴
106  時節待人
 
107 いかにも月光(げつくわう)万界(ばんかい)(やみ)照破(せうは)し、108神政(しんせい)成就(じやうじゆ)機運(きうん)到達(たうたつ)することを暗示(あんじ)せる神秘的(しんぴてき)面白(おもしろ)(はなし)であるやうに(おも)はれます。
109   大正十一年一月六日  於竜宮館 編著識す
 
110 ()いも(あま)いも(みな)(しり)(あな)111おならの(ごと)くにぬけて()く、112間抜(まぬ)けた(かほ)鼻高(はなだか)が、113尻毛(しりげ)()かれ眉毛(まゆげ)をよまれ、114狐狸(きつねたぬき)のうさ(ごと)と、115相手(あひて)にせねばせぬで()い。116雪隠(せつちん)饅頭(まんぢう)()ひつ武士(ぶし)117武士(ぶし)言葉(ことば)二言(にごん)はないと、118こいた誤託(ごたく)(はな)(くそ)119ひねつて()いて馬鹿(ばか)にして、120一度(いちど)()んで(くれ)(そら)121きよろ(つき)122まご(つき)123嘘月(うそつき)の、124空言(そらごと)ならぬ瑞月(ずゐげつ)霊界(れいかい)物語(ものがたり)(あな)かしこ(あな)かしこ。