霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 モーゼとエリヤ〔五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第1篇 神界の混乱 よみ:しんかいのこんらん
章:第6章 第2巻 よみ:もーぜとえりや 通し章番号:56
口述日:1921(大正10)年10月28日(旧09月28日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命はまた、稚桜姫命、大八洲彦命の命により、オコツク海方面の猛将・岩高彦を招くことになった。
しかし岩高彦は、オコツク海方面には邪神が多くはびこっているため、自分がこの場所を開けて地の高天原に参向するわけには行かない、代わりに部下の滝津彦を遣わそう、と提案した。
言霊別命は、その言を地の高天原に奏上しようと述べた。そこへ、天の一方から雷鳴が一時に百も轟くほどの大音響を発して、黒雲を押し分けて降ってくる巨神人があった。たちまち天に群がる悪竜・邪鬼を、左右の鉄棒で打ち悩ませると、降ってきた。
そして、自分は天神の命によって国治立命の補佐を命じられた神である、と明かした。この神の名を天道別命といい、後のモーゼの神となって神則を定めた神である。またの名を天道坊と言う。
また、西方の海から雲霧立ち上り、中天で天地を輝かす明るい玉となって大陸を越えてオコツク海に落ち、海面に渦巻きを立てると、その波間から現れた巨神人があった。これを天真道彦命、またの名を天真坊と言う。
天真坊は、国治立命が天地を創造した際に、神命を奉じて海中に玉となって沈み、神命が下るのを待っていた神である。この混乱期に現れて、予言警告を発して神人を戒める、エリヤの神である。
言霊別命は、天道別命、天真道彦命、オコツク海の部将・滝津彦の三神人を得て、天にも上る心地で相伴って竜宮城に帰還した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 07:01:39 OBC :rm0206
愛善世界社版:31頁 八幡書店版:第1輯 169頁 修補版: 校定版:33頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)002大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(めい)(ほう)じ、003海原彦命(うなばらひこのみこと)部下(ぶか)猛将(まうしやう)岩高彦(いわたかひこ)はオコツク(かい)方面(はうめん)にありと()り、004これを高天原(たかあまはら)招致(せうち)せむとされた。
005 言霊別命(ことたまわけのみこと)(あま)磐楠船(いはくすぶね)()りて、006浪風(なみかぜ)(あら)海原(うなばら)酷烈(こくれつ)なる寒気(かんき)(をか)して(すす)まれた。007ここに岩高彦(いはたかひこ)神命(しんめい)()きおほいに(よろこ)び、008われに優渥(いうあく)なる神命(しんめい)(くだ)りしは(じつ)光栄(くわうえい)()にあまる次第(しだい)なり、009しかしながら当方(たうはう)邪神(じやしん)もつとも(おほ)く、010寸時(すんじ)もわれの不在(ふざい)(ゆる)さず、011あまたの悪竜神(あくりゆうじん)(いま)やオコツク(かい)八方(はつぱう)より占奪(せんだつ)せむとするの真最中(まつさいちう)なり。012ゆえに折角(せつかく)御神勅(ごしんちよく)なれども(みこと)(おう)ずることを()ず。013もしこの一角(いつかく)魔軍(まぐん)占領(せんりやう)されなば、014竜宮城(りゆうぐうじやう)()高天原(たかあまはら)(たも)ちがたし。015われはこの(うみ)(かく)れて大神(おほかみ)のために死力(しりよく)をつくさむ。016されども神命(しんめい)拒否(きよひ)するは心許(こころもと)なければ、017部下(ぶか)神将(しんしやう)滝津彦(たきつひこ)をわれに(かは)つて参向(さんかう)せしめむと(こた)へた。
018 言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
019理義(りぎ)明白(めいはく)なる貴下(きか)御言葉(おことば)020げにもつともなり。021われは(かへ)りて大神(おほかみ)貴下(きか)赤誠(せきせい)奏上(そうじやう)(たてまつ)らむ』
022満腔(まんこう)感謝(かんしや)()べられた。023このとき(てん)一方(いつぱう)より百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)くごとき大音響(だいおんきやう)(はつ)し、024黒雲(こくうん)押分(おしわ)(くだ)りくる巨神人(きよしん)あり。025たちまち天上(てんじやう)(むら)がる悪竜(あくりゆう)邪鬼(じやき)を、026左右(さいう)()鉄棒(てつぼう)()(まは)縦横無尽(じゆうわうむじん)にうち(なや)ませ、027悠々(いういう)として(くだ)りきたり、028岩高彦(いはたかひこ)(むか)つて、
029(いま)地上(ちじやう)世界(せかい)悪霊(あくがみ)のために大混乱(だいこんらん)(おちい)らむとするの(てう)あり。030われは天神(てんしん)(めい)によりて地上(ちじやう)神政(しんせい)輔翼(ほよく)し、031国治立命(くにはるたちのみこと)とともに、032天上(てんじやう)制度(せいど)地上(ちじやう)()かむがために(くだ)れり』
033といと(おごそ)かに()べられたり。034この(かみ)再来(さいらい)して(のち)にモーゼの神人(かみ)となり、035すべて神則(しんそく)(さだ)められた。036この(かみ)御名(みな)天道別命(あまぢわけのみこと)といひ、037また天道坊(てんどうぼう)仮称(かしよう)する。
038 ここに(とほ)西方(せいはう)(うみ)より雲霧(うんむ)立昇(たちのぼ)り、039中天(ちゆうてん)において光茫(くわうばう)天地(てんち)(かがや)かす明玉(めいぎよく)となつて、040大陸(たいりく)()えオコツク(かい)()ち、041水煙(みずけぶり)()て、042かつ海面(かいめん)渦巻(うづまき)をたて、043山岳(さんがく)のごとき波間(はかん)より(あら)はれ(いで)たる巨神人(きよしん)あり、044これを天真道彦命(あめのまみちひこのみこと)といふ。045また天真坊(てんまぼう)仮称(かしよう)する。
046 この(かみ)国治立命(くにはるたちのみこと)天地剖判(てんちぼうはん)のとき、047神命(しんめい)(ほう)じて海中(かいちゆう)明玉(めいぎよく)となつて(しづ)み、048神命(しんめい)のくだるを()ちたまうた(かみ)である。049いまや神界(しんかい)混乱(こんらん)混乱(こんらん)(かさ)ね、050邪神(じやしん)悪鬼(あくき)跳梁跋扈(てうりやうばつこ)する時機(じき)なり、051神司(かみがみ)善悪(ぜんあく)正邪(せいじや)区別(くべつ)なく右往左往(うわうさわう)(まよ)ふのをりからなれば、052天地(てんち)諸神司(しよしん)にむかつて宇宙(うちう)一切(いつさい)道理(だうり)()き、053因果(いんぐわ)神律(しんりつ)開示(かいじ)せむとして(あら)はれたまうた。054この神人(かみ)再生(さいせい)して天下(てんか)(あら)はれ、055予言(よげん)警告(けいこく)(はつ)して神人(しんじん)(いまし)めたまふた。056これをエリヤの(かみ)といふ。
057 言霊別命(ことたまわけのみこと)二神人(にしん)出現(しゆつげん)(ちから)()058(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して四神人(ししん)(あひ)ともなひ竜宮城(りゆうぐうじやう)目出度(めでた)帰城(きじやう)し、059ここにいよいよ大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(あま)ねく天上(てんじやう)天下(てんか)拡充(くわくじゆう)された。
060大正一〇・一〇・二八 旧九・二八 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)