霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 (たぬき)土舟(つちぶね)〔六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第2篇 善悪正邪 よみ:ぜんあくせいじゃ
章:第11章 第2巻 よみ:たぬきのつちぶね 通し章番号:61
口述日:1921(大正10)年10月29日(旧09月29日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
美山彦・国照姫は、常世国の常世姫を使って竜宮城を乗っ取ろうとした。常世姫は稚桜姫命の三女で、野心の強い神であった。美山彦・国照姫は自分の部下の魔我彦・魔我姫を常世姫につき従わせて入城させようとした
常世姫は竜宮城の入り口の黄金橋までやってくると、神威に打たれて、進むことができなくなった。しかし稚桜姫命は肉親の情から舟を出してヨルダン河を渡らせ、常世姫は竜宮城に安着してしまった。
常世姫は久々の親子の対面に、稚桜姫命に提案して、竜宮城の神人一同で、舟遊びをすることとした。そして、言霊別命には泥舟を用意して溺死させようと企んでいた。
言霊別命は魔我彦によって無理に泥舟に乗せられ、舟が沈んでいったが、従神の斎代姫によって救われた。すると常世姫は、言霊別命と斎代姫の間に怪しい関係ありと誣告をして回った。
言霊別命の妻神・言霊姫は、この誣告を信じなかったが、この一件により、言霊別命夫婦と、稚桜姫命・常世姫親子の間に、面白からぬ高い垣根が築かれてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0211
愛善世界社版:55頁 八幡書店版:第1輯 177頁 修補版: 校定版:56頁 普及版:26頁 初版: ページ備考:
001 ここに高虎姫(たかとらひめ)偽名(ぎめい)なる国照姫(くにてるひめ)は、002常世国(とこよのくに)(とき)めきわたる常世姫(とこよひめ)(うご)かして自分(じぶん)目的(もくてき)(たつ)せむとした。003この常世姫(とこよひめ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)第三女(だいさんぢよ)にして、004もつとも野心(やしん)(つよ)神司(かみ)であつた。005国照姫(くにてるひめ)竜宮城(りゆうぐうじやう)寵神(ちようしん)言霊別命(ことたまわけのみこと)006言霊姫(ことたまひめ)排除(はいじよ)し、007みづから(かは)つてその地位(ちゐ)()たむとしてゐたのである。008ここに国照姫(くにてるひめ)(にせ)美山彦(みやまひこ)とともに常世国(とこよのくに)にいたり常世姫(とこよひめ)()(むか)へ、009もつて竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)せしめむとした。010しかるに(かれ)らは、011天使(てんし)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)012言霊別命(ことたまわけのみこと)にその大敵(たいてき)たることを(さと)られをるをもつて、013自分(じぶん)部下(ぶか)なる魔我彦(まがひこ)014魔我姫(まがひめ)とともに母神(ははがみ)会見(くわいけん)し、015その目的(もくてき)(たつ)すべく常世姫(とこよひめ)教唆(けうさ)した。
016 常世姫(とこよひめ)(ひさ)しぶりにて魔我彦(まがひこ)017魔我姫(まがひめ)をともなひ数多(あまた)神司(かみがみ)(おく)られて無事(ぶじ)竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)せむと、018黄金橋(こがねばし)(たもと)にさしかかりしとき、019神威(しんゐ)にうたれて容易(ようい)(はし)(わた)ることができなかつた。020常世姫(とこよひめ)はやむをえず信書(しんしよ)(したた)(からす)(あし)(しば)りつけ、021黄金橋畔(わうごんけうはん)まで(かへ)りきたりしことを稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)奏上(そうじやう)した。022稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)従臣(じゆうしん)(めい)じ、023(あたら)しき黄金(こがね)(ふね)()してこれを(むか)へしめられた。024常世姫(とこよひめ)(なん)(さはり)もなく竜宮城(りゆうぐうじやう)到着(たうちやく)し、025種々(しゆじゆ)(めづ)らしきものを八足(やたり)机代(つくゑしろ)盛足(もりた)らはして、026これを(みこと)(たてまつ)つた。027(みこと)(ひさ)しぶりの親子(おやこ)対面(たいめん)非常(ひじやう)によろこばれ海山(うみやま)(はなし)()(てつ)し、028常世姫(とこよひめ)常世国(とこよのくに)事情(じじやう)(くは)しく()べ、029(めづ)らしき(はなし)(はな)()き、030和気(わき)靄々(あいあい)として春陽(しゆんやう)気分(きぶん)にみたされたのである。031その翌日(よくじつ)032ただちに数多(あまた)神司(かみがみ)(あつ)歓迎(くわんげい)(えん)をはつた。033神司(かみがみ)(さき)(あらそ)ふて宴席(えんせき)(あら)はれ無事(ぶじ)対面(たいめん)(しゆく)した。
034 さて常世姫(とこよひめ)は、035稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)にむかひ、036一度(いちど)ヨルダン(がは)黄金(こがね)(ふね)(うか)べ、037神司(かみがみ)とともに船遊(ふなあそ)びせむことを希望(きばう)した。038稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(ただ)ちにその(こひ)()れ、039諸神司(しよしん)(めい)じ、040その準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)せしめられた。
 
041  御馳走(ごちそう)にヨルダン(がは)舟遊(ふなあそ)(をしへ)(ふね)にヨルものは()
 
042 今日(こんにち)のヨルダン(がは)河幅(かははば)もあまり(ひろ)からず、043(なが)れもまた(きよ)からず、044(にご)りをおびをれど、045神界(しんかい)にて()たるヨルダン(がは)(みづ)(きよ)(なが)れも(ゆる)やかにして、046(ひろ)きこと揚子江(やうすかう)のやうである。047これは神界(しんかい)におけるヨルダン(がは)光景(くわうけい)である。048黄金(こがね)(ふね)幾艘(いくそう)となく準備(じゆんび)された。049上流(じやうりう)には、050かの金色燦然(きんしよくさんぜん)たる黄金(こがね)大橋(おほはし)が、051太鼓(たいこ)(なら)べたやうにその影水(かげみづ)(うつ)り、052(じつ)荘厳(さうごん)(きは)めてをる。053常世姫(とこよひめ)主賓(しゆひん)として周囲(しうゐ)数多(あまた)(ふね)をならべ、054珍酒佳肴(ちんしゆかかう)()ひて諸神司(しよしん)(かは)るがはる面白(おもしろ)歌舞(かぶ)音楽(おんがく)(そう)し、055(じつ)(にぎ)はしき底抜(そこぬ)(さわ)ぎの大散財(おほさんざい)であつた。
 
056  そこぬけのさわぎに(ふね)(そこ)いため
 
057 この(とき)058竜宮城(りゆうぐうじやう)神司(かみがみ)大部分(だいぶぶん)出遊(しゆついう)し、059(ねこ)杓子(しやくし)もみな船遊(ふなあそ)びに(ふけ)つた。060言霊別命(ことたまわけのみこと)(なん)となく(こころ)不安(ふあん)(かん)じ、061船遊(ふなあそ)びの(れつ)(くは)はらなかつた。062その(とき)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(いろ)()し、
063(なんぢ)常世姫(とこよひめ)(ひさ)しぶりに帰城(きじやう)せるを(よろこ)ばざる面持(おももち)あり』
064不満(ふまん)()(あら)はされた。065(をり)しも常世姫(とこよひめ)使(つかひ)なりとて魔我彦(まがひこ)(れい)をつくし言霊別命(ことたまわけのみこと)(むか)へにきた。066言霊別命(ことたまわけのみこと)(いな)むに(よし)なく斎代彦(ときよひこ)067斎代姫(ときよひめ)とともに船遊(ふなあそ)びの(れつ)(くは)はることとなつた。068あまたの神司(かみがみ)(みこと)河畔(かはん)(あら)はれしを()(おほ)いによろこび、069()()つて喝采(かつさい)した。070この(とき)魔我彦(まがひこ)(あたら)しき黄金(こがね)(ふね)搭乗(たふじやう)(すす)めた。071(みこと)(むし)()らすか(なん)となくこの(ふね)()ることを(いな)(いろ)があつた。072ふたたび魔我彦(まがひこ)はしきりに搭乗(たふじやう)(すす)めてやまぬが、073(ほか)(ふね)には神司(かみがみ)満乗(まんじやう)してすこしも空席(くうせき)がない。074()むをえずしてこれに()中流(ちうりう)(さを)さしてすすんだ。075魔我彦(まがひこ)常世姫(とこよひめ)()れる大船(おほふね)(そば)(ちか)()るとみるや、076この(ふね)()てて常世姫(とこよひめ)用船(ようせん)()()つた。077言霊別命(ことたまわけのみこと)()せた(ふね)は、078表面(へうめん)堅固(けんご)()えてその(じつ)はもろき(たぬき)土船(つちぶね)であつた。079土製(どせい)(ふね)金箔(きんぱく)()りたる偽船(ぎせん)である。080たちまち(ふね)崩壊(ほうくわい)沈没(ちんぼつ)した。081言霊別命(ことたまわけのみこと)(みづ)(おぼ)(ふか)みに(しづ)まむとして九死一生(きうしいつしやう)(てい)である。082神司(かみがみ)はアレヨアレヨと(こゑ)(はな)つて(さけ)ぶばかりである。083この(とき)斎代彦(ときよひこ)水練(すゐれん)(めう)()たるをもつて、084からうじて(きし)(およ)ぎついた。
085 斎代姫(ときよひめ)()犠牲(ぎせい)として激浪(げきらう)(なか)()()り、086言霊別命(ことたまわけのみこと)頭髪(とうはつ)(にぎ)り、087(なが)(わた)りに此方(こなた)(きし)についた。088ここに国照姫(くにてるひめ)謀計(ぼうけい)(まつた)(やぶ)れた。
089 常世姫(とこよひめ)船遊(ふなあそ)びををへ、090諸神司(しよしん)(とも)竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)し、
091斎代姫(ときよひめ)(をつと)斎代彦(ときよひこ)()もくれず、092言霊別命(ことたまわけのみこと)(いのち)をかけて(すく)ひたる義侠(ぎけふ)勇気(ゆうき)(かん)ずるにあまりあれども、093また一方(いつぱう)より(かんが)ふる(とき)は、094まことに(あや)しき(ふし)あり』
095言霊姫(ことたまひめ)および稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)種々(しゆじゆ)言葉(ことば)(まう)けて誣告(ぶこく)した。
 
096  きりまくる(した)(つるぎ)のおそろしさ
 
097 これより言霊別命(ことたまわけのみこと)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(だい)なる疑惑(ぎわく)()けた。098されど妻神(つまがみ)はこれを(しん)じなかつた。099それより稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)100常世姫(とこよひめ)と、101言霊別命(ことたまわけのみこと)102言霊姫(ことたまひめ)(あひだ)面白(おもしろ)からぬたかき(かき)(きづ)かれた。
103大正一〇・一〇・二九 旧九・二九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)