霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 言霊別命(ことたまわけのみこと)奇策(きさく)〔七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第4篇 常世の国 よみ:とこよのくに
章:第22章 第2巻 よみ:ことたまわけのみことのきさく 通し章番号:72
口述日:1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命はひそかに美濃彦の館に入って、策を練っていた。小島別は竜世姫の急病にあわてて谷底に転落して怪我をしていた。そのうちに、竜世姫の病は病気全快してしまった。
小島別らは美濃彦の館の前を、何も気づかずに通り過ぎた。その後に、言霊別命は後から追いついた。
言霊別命と竜世姫は、わざと偽の喧嘩をして、小島別らの目を欺いた。言霊別命も偽病を演じ、竜世姫は小島別・竹島彦らに、偽病の言霊別命の輿をかつがせた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0222
愛善世界社版:109頁 八幡書店版:第1輯 198頁 修補版: 校定版:111頁 普及版:53頁 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)(なに)ゆゑかこの遭難(さうなん)(あと)にみて、002一目散(いちもくさん)(ひだり)大道(だいだう)(すす)み、003美濃彦(みのひこ)()める紅館(くれなゐやかた)にいたり、004元照彦(もとてるひこ)とともに種々(しゆじゆ)計画(けいくわく)をたて、005万一(まんいち)(そな)へたのである。006小島別(こじまわけ)以下(いか)神司(かみがみ)竜世姫(たつよひめ)急病(きふびやう)(こころ)をとられ、007言霊別命(ことたまわけのみこと)(かげ)(うしな)ひしに心付(こころづ)かず、008種々(しゆじゆ)()をつくして看護(かんご)した。009されど容易(ようい)竜世姫(たつよひめ)(やまひ)()えずして、010(おほ)くの(とき)(つひ)やした。
011 このとき小島別(こじまわけ)狼狽(らうばい)のあまり、012(かたはら)(ふか)谷間(たにま)転落(てんらく)して(こし)()ち、013谷底(たにぞこ)にて悲鳴(ひめい)()げてゐた。014一方(いつぱう)竜世姫(たつよひめ)には松代姫(まつよひめ)看護(かんご)(にん)にあたり、015竹島彦(たけじまひこ)谷間(たにま)(くだ)りて、016小島別(こじまわけ)看護(かんご)(つく)してゐた。017竜世姫(たつよひめ)はますます苦悶(くもん)(うつた)へた。
018 竹島彦(たけじまひこ)小島別(こじまわけ)をやうやく(せな)()ひて(たに)()ひのぼり、019ここにふたりの病神(びやうしん)()()かれ栃麺棒(とちめんぼう)をふつてゐた。020そのとき竜世姫(たつよひめ)(てのひら)(かへ)したごとくに病気(びやうき)全快(ぜんくわい)し、021大声(おほごゑ)()して(わら)ひだした。
022 小島別(こじまわけ)(かほ)をしかめ、023苦痛(くつう)(うつた)へてゐたが、024種々(しゆじゆ)看護(かんご)(すゑ)やうやく(つゑ)(ちから)歩行(ほかう)しうるやうになつた。025ここにはじめて言霊別命(ことたまわけのみこと)(かげ)(うしな)ひしに(おどろ)き、026竹島彦(たけじまひこ)大声(おほごゑ)(はつ)して、027「オーイ、028オーイ」と()ばはつた。029その(こゑ)木精(こだま)にひびき、030山嶽(さんがく)(くづ)るるばかりであつた。031されど言霊別命(ことたまわけのみこと)(こゑ)(なし)(つぶて)(なん)音沙汰(おとさた)もなかつた。
032 小島別(こじまわけ)よろめきつつ(つゑ)(ちから)なめくじり江戸行(えどゆき)のごとく、033遅々(ちち)としてはかどらぬのである。034にはかに従者(じゆうしや)(めい)じ、035輿(こし)にかつがして()くことになつたが、036やがて二股(ふたまた)岐路(きろ)にさしかかつた。037このとき、038一行(いつかう)は、039言霊別命(ことたまわけのみこと)はいづれの(みち)をとりしやと、040しばし思案(しあん)にくれてゐた。
041 竜世姫(たつよひめ)(みぎ)(みち)をとれと(すす)めてやまなかつた。042されど一行(いつかう)途方(とはう)にくれていた。
043 衆議(しうぎ)結果(けつくわ)044竹島彦(たけじまひこ)045松代姫(まつよひめ)(みぎ)(みち)をとつたが、046小島別(こじまわけ)047竜世姫(たつよひめ)左道(さだう)をとつて美濃彦(みのひこ)(やかた)(まへ)何気(なにげ)なく通過(つうくわ)した。
048 言霊別命(ことたまわけのみこと)小島別(こじまわけ)輿(こし)をやり()ごして、049悠々(いういう)として協議(けふぎ)をとげ、050元照彦(もとてるひこ)051美濃彦(みのひこ)(さく)(さづ)け、052やがて(あと)より「オーイ、053オーイ」と大声(おほごゑ)()げて、054小島別(こじまわけ)輿(こし)()びとめた。
055 小島別(こじまわけ)輿(こし)より()ひいで、
056(みこと)はいづれにありしぞ。057竜世姫(たつよひめ)重病(ぢうびやう)見捨(みす)て、058(われ)らを()てて自由(じいう)行動(かうどう)をとられしは、059(じつ)不深切(ふしんせつ)にして無道(ぶだう)のきはみならずや』
060と、061(こし)()さへながら詰問(きつもん)した。
062 言霊別命(ことたまわけのみこと)()(わら)つて、
063竜世姫(たつよひめ)平素(へいそ)慢心(まんしん)(つよ)し、064重病(ぢうびやう)(かか)るごときは当然(たうぜん)なり。065(のぞ)むらくは途上(とじやう)(たふ)()し、066鳥獣(てうじう)餌食(ゑじき)となるべきものなり。067しかるに(にく)まれ()()羽張(はば)るとの(たとへ)のとほり、068まだ頑強(ぐわんきやう)(いき)ながらへゐたるは不思議(ふしぎ)なり』
069(くち)をきはめて(ののし)つた。
070 小島別(こじまわけ)言霊別命(ことたまわけのみこと)071竜世姫(たつよひめ)心中(しんちゆう)()らず、072躍起(やくき)となつて(いきどほ)り、
073極悪無道(ごくあくむだう)言霊別命(ことたまわけのみこと)074(われ)いま(てん)(かは)つて誅伐(ちうばつ)せむ。075泣面(なきづら)はかくな』
076()(あが)つた。077その一刹那(いちせつな)小島別(こじまわけ)(こし)(いた)みはたちまち()え、078言霊別命(ことたまわけのみこと)路上(ろじやう)にたふれて、079絶息(ぜつそく)してしまうたのである。080小島別(こじまわけ)は、
081神明(しんめい)(おそ)るべし。082(ばつ)覿面(てきめん)なり』
083()()つて(てん)感謝(かんしや)した。
084 竜世姫(たつよひめ)はただちに言霊別命(ことたまわけのみこと)看護(かんご)した。085このとき小島別(こじまわけ)(いか)つて(いは)く、
086(かれ)(みこと)野倒(のた)(じに)(こひねが)ひし悪逆無道(あくぎやくぶだう)(かみ)なり。087(なん)義務(ぎむ)あつて、088仇敵(きうてき)介抱(かいはう)したまふや』
089(なじ)つた。090竜世姫(たつよひめ)(かたち)をあらため、091威儀(ゐぎ)(ただ)し、
092至仁(しじん)至愛(しあい)神慮(しんりよ)(なんぢ)らのたうてい窺知(きち)すべきところに(あら)ず。093(なんぢ)(げん)こそ(じつ)悪魔(あくま)(ささや)きなり。094すみやかに悔改(くいあらた)め、095言霊別命(ことたまわけのみこと)陳謝(ちんしや)(たてまつ)れ。096しからざれば(わらは)はこれより竜宮城(りゆうぐうじやう)にたち(かへ)り、097(なんぢ)不信(ふしん)(つみ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)奏上(そうじやう)(たてまつ)らむ』
098(きび)しく(いまし)めた。
099 小島別(こじまわけ)大地(だいち)平伏(へいふく)し、100平蜘蛛(ひらぐも)のごとくなつて自分(じぶん)過去(くわこ)陳謝(ちんしや)した。101路上(ろじやう)(たふ)れし言霊別命(ことたまわけのみこと)(けつ)して(やまひ)(はつ)して(たふ)れたのではなかつた。102小島別(こじまわけ)をして自分(じぶん)輿(こし)にのせて()つぎ()かしめむための奇策(きさく)であつた。
103 小島別(こじまわけ)竜世姫(たつよひめ)厳命(げんめい)により、104あまたの輿舁(こしかき)(かみ)あるにかかはらず(みづか)輿舁(こしかき)となり、105不精々々(ふしやうぶしやう)に、106あたかも屠所(としよ)()かるる(ひつじ)のごとく、107足並(あしなみ)もあまり面白(おもしろ)からず(すす)むのであつた。
108 ()くことややしばしにして左右(さいう)両岐路(りやうきろ)出会路(であひみち)にさしかかつた。109(みぎ)(みち)をたどりし竹島彦(たけじまひこ)110松代姫(まつよひめ)もここに(きた)り、111たがひに無事(ぶじ)会合(くわいがふ)(しゆく)した。
112 このとき竜世姫(たつよひめ)竹島彦(たけじまひこ)にむかひ、
113()厳命(げんめい)なり。114(なんぢ)後棒(あとぼう)となり、115この輿(こし)(かつ)ぎて(みこと)常世姫(とこよひめ)のもとに(おく)(たてまつ)れ』
116命令(めいれい)した。117竹島彦(たけじまひこ)心中(しんちゆう)おだやかならず。118されど竜世姫(たつよひめ)(めい)(こば)むに(よし)なく、119つひに輿(こし)(かつ)ぐこととなつた。120輿(こし)(かつ)ぎしふたりはとみれば、121(じつ)三宝荒神(さんぽうくわうじん)が、122(かまど)(うへ)不動(ふどう)()(くひ)くらはしたやうな不足相(ふそくさう)顔付(かほつき)であつた。
123大正一〇・一一・一 旧一〇・二 谷口正治録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)