霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 竜世姫(たつよひめ)奇智(きち)〔七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第4篇 常世の国 よみ:とこよのくに
章:第23章 第2巻 よみ:たつよひめのきち 通し章番号:73
口述日:1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小島別・竹島彦らが言霊別命の輿をかついで不満そうに行く姿を、竜世姫は道中からかって進んだ。言霊別命自身も、輿の中から小島別・竹島彦をからかう歌を歌った。
小島別・竹島彦は怒って言霊別命の輿を谷底に投げ捨てたが、言霊別命は領巾の神力によって怪我ひとつなかった。
道中、言霊別命と竜世姫は激烈な喧嘩を続けたが、これは両神合意のもとによる、偽喧嘩であった。
常世姫の宮殿に着いた言霊別命は水を求めた。常世姫の部下が水を捧げたが、竜世姫は言霊別命のような者に水を捧げる必要はない、とののしって、水を奪って打ちかけた。水がかかった神の衣は火煙を発して発火した。これは、竜世姫が言霊別命の毒殺を、喧嘩にみせかけて防いだのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0223
愛善世界社版:114頁 八幡書店版:第1輯 199頁 修補版: 校定版:116頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 小島別(こじまわけ)002竹島彦(たけじまひこ)は、003言霊別命(ことたまわけのみこと)輿(こし)をかつぎながら、004(さる)渋柿(しぶがき)()つたやうに、005子供(こども)(にが)陀羅助(だらすけ)()んだやうな面構(つらがま)へして嫌々(いやいや)ながらかついでゆく。006心中(しんちう)不平(ふへい)不満(ふまん)(さつ)するにあまりがあつた。007やうやく(けは)しい(さか)()しかかつた。008ふたりは汗水(あせみづ)()らして(のぼ)りゆく。009松代姫(まつよひめ)竹島彦(たけじまひこ)後棒(あとぼう)()しながら(たす)けてゆく。010竜世姫(たつよひめ)滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)神司(かみ)である。011(うしろ)からこの状態(じやうたい)()012()()ちつつ(わら)ひ、013いろいろの面白(おもしろ)()まね、014足踏(あしぶ)みしながら、
015言霊別(ことたまわけ)(かみ)さんは こしの常世(とこよ)使(つか)ひして
016 (みち)(たふ)れて(こし)(をり)り 輿(こし)()せられ(こし)(いた)
017 こしの(くに)でも(こし)()かし 腰抜(こしぬ)(がみ)(わら)はれる
018 (ひと)(こと)なら(なん)ともない こしやかまやせぬ、019かまやせぬ』
020(こゑ)(はな)つてからかふ。
021 小島別(こじまわけ)以下(いか)一行(いつかう)は、022(のぼ)(ざか)にあたつて(くる)しみつつある(さい)023この(うた)()きて()きだし、024(わら)ひこけ、025(あし)まで()るくなつて一歩(いつぽ)(すす)めず、026ここらに立往生(たちわうじやう)をなし、027つひには(こし)をまげ(はら)(かか)へて(わら)ふのであつた。028輿(こし)(なか)よりは、029言霊別命(ことたまわけのみこと)(こゑ)としてさも愉快(ゆくわい)げに、
030『こいでこいでと松代(まつよ)()いで 末法(まつぱふ)()がきて駕籠(かご)をかく
031 小島(こじま)032竹島(たけじま)()(どく) さぞやお(こし)(いた)からう
033 お(はら)竜世(たつよ)(たふ)れうが (ひと)のことなら(なん)ともない
034 こしや(かま)やせぬ、035かまやせぬ』
036(うた)つた。037小島別(こじまわけ)038竹島彦(たけじまひこ)はその(うた)()くなり(おほ)いに(いか)つて輿(こし)をそのまま谷底(たにぞこ)()()てた。
039 輿(こし)転々(てんてん)として谷底(たにぞこ)()木葉微塵(こつぱみぢん)(くだ)けてしまつた。040小島別(こじまわけ)らは()をうつて快哉(くわいさい)(さけ)()ひをどつてゐた。
041 言霊別命(ことたまわけのみこと)懐中(くわいちう)()てる、042種々物(くさぐさもの)領巾(ひれ)神力(しんりき)により、043(すこ)しの負傷(ふしやう)だもなく、044悠然(いうぜん)として(たに)(のぼ)り、045小島別(こじまわけ)一行(いつかう)()てる(まへ)(あら)はれた。046竜世姫(たつよひめ)(くち)をきはめて言霊別命(ことたまわけのみこと)熱罵(ねつば)した。047ここに二神(にしん)のあひだに大争論(だいそうろん)がはじまり、048つひには(つか)みあひとなつた。049この争論(そうろん)(まつた)両神(りやうしん)八百長(やほちやう)である。050真意(しんい)()らざる小島別(こじまわけ)051竹島彦(たけじまひこ)らは、052竜世姫(たつよひめ)怪我(けが)させじと(なか)()けいり、053言霊別命(ことたまわけのみこと)双方(さうはう)より乱打(らんだ)した。054それより竜世姫(たつよひめ)055言霊別命(ことたまわけのみこと)(あと)になり(さき)になり悪口(あくこう)(かぎ)りをつくし、056犬猿(けんゑん)もただならざる様子(やうす)(しめ)した。057一行(いつかう)はおひおひ常世(とこよ)(みやこ)(ちか)づいた。058常世姫(とこよひめ)はあまたの神司(かみがみ)をして言霊別命(ことたまわけのみこと)一行(いつかう)(むか)へしめた。059そして二台(にだい)輿(こし)がきた。060一台(いちだい)には言霊別命(ことたまわけのみこと)これに()り、061一台(いちだい)には竜世姫(たつよひめ)がこれに()つた。062小島別(こじまわけ)063竹島彦(たけじまひこ)(むか)への神司(かみがみ)(めい)じ、064言霊別命(ことたまわけのみこと)輿(こし)前後(ぜんご)左右(さいう)(ゆす)りまはし、065あるひは(たか)頭上(づじやう)()げ、066ときどきは(ひく)地上(ちじやう)()とし(くる)しめた。067(みこと)はほとんど眩暈(めまひ)するばかりであつた。068常世姫(とこよひめ)宮殿(きうでん)()いたときは、069言霊別命(ことたまわけのみこと)劇烈(げきれつ)なる動揺(どうえう)のため疲労(ひらう)し、070咽喉(のど)をかわかせ、071(いそ)(みづ)(もと)めた。072常世姫(とこよひめ)侍者(じしや)黄金(わうごん)(うつは)(みづ)()り、073(かは)ける(みこと)捧呈(ほうてい)した。074このとき竜世姫(たつよひめ)輿(こし)より()り、075この(さま)をみて、
076『かかる(たふと)玉水(ぎよくすゐ)腰抜神(こしぬけがみ)()ますの必要(ひつえう)なし。077われは(おほ)いに(かは)きたり。078この(みづ)はわが()むべき(みづ)なり。079腰抜神(こしぬけがみ)泥水(どろみづ)にて充分(じゆうぶん)なり』
080といひながらその(みづ)横合(よこあひ)よりやにはに(うば)ひ、081松代姫(まつよひめ)(かみ)()がけて(うち)かけた。082松代姫(まつよひめ)(そで)よりは火煙(くわえん)(はつ)し、083(あつ)さに(もだ)えつつ(ほり)飛込(とびこ)()()し、084(から)うじて()(あが)つてきた。085諸神司(しよしん)(おどろ)いて松代姫(まつよひめ)(はう)(はし)(あたら)しき(ころも)着替(きが)へさせこれを(いた)はり(なぐさ)めた。086言霊別命(ことたまわけのみこと)竜世姫(たつよひめ)剛情我慢(がうじやうがまん)(なじ)つた。087竜世姫(たつよひめ)はしきりに「(こし)ぬけ、088(こし)ぬけ」と嘲笑(てうせう)した。089言霊別命(ことたまわけのみこと)憤懣(ふんまん)(いろ)をあらはし、090(つるぎ)(つか)()をかけ()つて()てむと竜世姫(たつよひめ)(せま)つた。091小島別(こじまわけ)092竹島彦(たけじまひこ)二神人(にしん)(なか)()つていり、093百方(ひやつぱう)(べん)をつくして仲裁(ちゆうさい)(らう)をとり、094この紛争(ふんさう)無事(ぶじ)(おさ)まつたのである。095この(あらそ)ひは竜世姫(たつよひめ)言霊別命(ことたまわけのみこと)毒殺(どくさつ)されむとするを(すく)ふための深慮(しんりよ)()でたる一場(いちぢやう)狂言(きやうげん)であつた。
096大正一〇・一一・一 旧一〇・二 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)