霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四五章 天地(てんち)律法(りつぱう)〔九五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第7篇 天地の大道 よみ:てんちのだいどう
章:第45章 第2巻 よみ:てんちのりっぽう 通し章番号:95
口述日:1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
地の高天原をしろしめします国治立命、豊国姫命は、神界の混乱は厳格な神律が定められていなかったためであるとして、天道別命とともに、律法を制定された。
内面的な律法:
反省よ。恥ぢよ。悔改めよ。天地を畏れよ。正しく覚れよ。
外面的な律法:
第一に夫婦の道を厳守し、一夫一婦たるべきこと。
第二に神を敬い長上を尊み、博く万物を愛すること。
第三には、互いに嫉妬み、誹り、偽り、盗み、殺しなどの悪行を厳禁すること。
この律法を天下万神人に宣布する前に、竜宮城と地の高天原で実行して模範とすることとなった。この律法により竜宮城と地の高天原はよく治まった。また大足彦が魔軍を追い払ったことで、黄金時代が現出した。
しかし遠い国はいまだ泰平でなく、律法も行き渡っていなかった。
稚桜姫命は天下泰平のお喜びに、諸神の遊楽場にお出ましになった。そこで眉目秀麗な男神が舞うのを見て、にわかに顔色蒼白になって倒れ伏した。
大八洲彦命は驚いて介抱し、奥殿に運び入れた。そして薬を選び手を尽くして看病したが、容態はよくならなかった。あるとき稚桜姫命は舞を見せよと仰せられ、諸神は神楽を奏上した。
舞曲を一心に眺めていた稚桜姫命はまた吐息をもらして倒れ伏した。その夜、大八洲彦命が看病していると、稚桜姫命は玉照彦の名を連呼された。大八洲彦命は稚桜姫命に玉照彦について尋ねたが、命は寝入ってしまって返事がなかった。
大八洲彦命はただちに玉照彦を招き、稚桜姫命の看病を命じた。するとそれより命の病は日に日に回復した。そして玉照彦は稚桜姫命の側近く仕えることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0245
愛善世界社版:229頁 八幡書店版:第1輯 241頁 修補版: 校定版:233頁 普及版:109頁 初版: ページ備考:
001 ()高天原(たかあまはら)宮柱太(みやはしらふと)しき()千木(ちぎ)(たか)しりて(しづ)まりゐます、002国治立命(くにはるたちのみこと)003豊国姫命(とよくにひめのみこと)二神(にしん)は、004神界(しんかい)のかくまで混乱(こんらん)(きよく)(たつ)し、005収拾(しうしふ)()からざるにいたりしは、006諸神人(しよしん)(たい)し、007厳格(げんかく)なる神律(しんりつ)制定(せいてい)されざるに(もと)づくものなりとし、008ここに天道別命(あまぢわけのみこと)とともに律法(りつぱう)制定(せいてい)したまうた。
009 その律法(りつぱう)内面的(ないめんてき)には、010反省(かへりみ)よ。011()ぢよ。012悔改(くいあらた)めよ。013天地(てんち)(おそ)れよ。014(ただ)しく(さと)れよ」の五戒律(ごかいりつ)であつた。015また外面的(ぐわいめんてき)律法(りつぱう)としては、016第一(だいいち)に、017夫婦(ふうふ)(みち)厳守(げんしゆ)し、018一夫一婦(いつぷいつぷ)たるべきこと。019第二(だいに)に、020(かみ)(うやま)長上(ちやうじやう)(たふと)み、021(ひろ)万物(ばんぶつ)(あい)すること。022第三(だいさん)には、023(たが)ひに嫉妬(ねた)み、024(そし)り、025(いつは)り、026(ぬす)み、027(ころ)しなどの悪行(あくかう)厳禁(げんきん)すること」(とう)三大(さんだい)綱領(かうりやう)である。
028 この律法(りつぱう)天下(てんか)(ひろ)むるに先立(さきだ)ち、029まづ竜宮城(りゆうぐうじやう)および()高天原(たかあまはら)より実行(じつかう)し、030これが模範(もはん)天下(てんか)万神人(ばんしん)伝示(でんじ)(かた)遵奉(じゆんぽう)せしむることと(さだ)められた。031これより高天原(たかあまはら)規律(きりつ)(ただ)しく、032ことに一夫一婦(いつぷいつぷ)(みち)厳格(げんかく)(まも)られてゐた。
033 竜宮城(りゆうぐうじやう)()高天原(たかあまはら)も、034天使(てんし)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)035大足彦(おほだるひこ)らの機略(きりやく)縦横(じうわう)神策(しんさく)により、036常世姫(とこよひめ)魔軍(まぐん)()ちはらひ、037平穏(へいおん)無事(ぶじ)(おさ)まり、038諸神司(しよしん)太平(たいへい)(ゆめ)()ひ、039(はな)(たはむ)れ、040(つき)()で、041荘厳(さうごん)なる神楽(かぐら)奏上(そうじやう)して(かみ)御祭(みまつり)盛大(せいだい)挙行(きよかう)し、042()(あそ)黄金時代(わうごんじだい)となつた。
043 しかるに(とほ)国々(くにぐに)はいまだ泰平(たいへい)ならず、044したがつて大神(おほかみ)律法(りつぱう)もゆきわたるまでに(いた)らなかつた。045(ここ)において稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)天上(てんじやう)および天下(てんか)泰平(たいへい)御喜(およろこ)びに、046盛装(せいさう)()らして諸神司(しよしん)遊楽場(いうらくぢやう)出場(しゆつぢやう)(あそ)ばされ、047高座(かうざ)より愉快気(ゆくわいげ)にこれを(なが)めてをられた。048このとき、049眉目清秀(びもくせいしう)なる年若(としわか)男神司(だんしん)は、050(なが)(そで)錦衣(きんい)(ちやく)中央(ちうあう)()ち、051音楽(おんがく)につれて(しと)やかに()ひはじめた。052(じつ)万緑叢中(ばんりよくそうちう)紅一点(こういつてん)(くわん)があつた。053(とき)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、054にはかに顔色蒼白(がんしよくさうはく)となり、055吐息(といき)をつき、056その()(たふ)()したまうた。
057 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)神将(しんしやう)(おどろ)いて介抱(かいはう)し、058奥殿(おくでん)(おく)りたてまつり、059(やはら)かき夜具(やぐ)八重(やへ)(かさ)ね、060その(うへ)(みこと)安臥(あんぐわ)させたてまつり、061いろいろと介抱(かいはう)余念(よねん)なかつた。062神司(かみがみ)はめいめいに病床(びやうしやう)(たづ)ね、063いろいろの薬草(やくさう)遠近(をちこち)山々(やまやま)より(もと)(きた)つてこれを(すす)めた。064されども(みこと)御首(みくび)左右(さいう)()つてこれを拒絶(きよぜつ)したまひ、065(みこと)様子(やうす)()をおふて疲労(ひらう)()すばかりであつた。066神司(かみがみ)種々(しゆじゆ)()をつくし、067(こころ)をつくした。068されど、069(みこと)病気(びやうき)にたいしては(なん)効能(かうのう)もなかつた。070このとき(みこと)(おも)()つたやうに、071神楽(かぐら)(まひ)()せよと(あふ)せられた。072(ただ)ちに諸神司(しよしん)準備(じゆんび)()りかかり、073(みこと)御前(ごぜん)神楽(かぐら)奏上(そうじやう)した。074音楽(おんがく)につれて数多(あまた)乙女(をとめ)長袖(ちやうしう)をひるがへし、075(しと)やかに()ひはじめた。076諸神人(しよしん)歓呼(くわんこ)(こゑ)077拍手(はくしゆ)(ひび)きは(てん)(とどろ)くばかりであつた。
078 稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)はその舞曲(ぶきよく)一心(いつしん)(なが)め、079(まなこ)諸方(しよはう)(くば)り、080また「あゝ」と吐息(といき)をもらして床上(しやうじやう)()したまうた。081大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)御病(おやまひ)のかへつて(おも)らむことをおそれ、082舞曲(ぶきよく)中止(ちゆうし)し、083自分(じぶん)はただ一柱(ひとり)枕頭(ちんとう)()して看護(かんご)余念(よねん)なかつたのである。084夜中(やちう)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、
085『あゝ玉照彦(たまてるひこ)086玉照彦(たまてるひこ)
087連呼(れんこ)された。088大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はあわてて、
089玉照彦(たまてるひこ)如何(いか)にいたせしや』
090()ひたてまつつた。091(みこと)(なん)返答(へんたふ)もなく、092すやすやと(ねむ)らせゐたまうのであつた。
093 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はただちに玉照彦(たまてるひこ)(まね)き、094(みこと)看護(かんご)(めい)じた。095それより稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)御病(おんやまひ)()()恢復(くわいふく)し、096玉照彦(たまてるひこ)(みこと)のそば(ちか)奉仕(ほうし)することとなつた。097(あめ)()(かぜ)(あら)()瞬時(しゆんじ)御傍(おそば)(はな)したまはず、098玉照彦(たまてるひこ)掌中(しやうちう)(たま)のごとくに(あい)されたまうた。
099大正一〇・一一・八 旧一〇・九 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)