霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

附録 第一回高熊山参拝紀行歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:後付 よみ:
章:附録 第一回高熊山参拝紀行歌 よみ:たかくまやまさんぱいきこうか 通し章番号:
口述日:1921(大正10)年10月26日(旧09月26日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 07:18:02
愛善世界社版:261頁 八幡書店版:第1輯 修補版: 校定版:269頁 普及版: 初版: ページ備考:大正12年(1923)12月3日に参拝。
001王仁
 
002 高熊山参拝者名簿
003   (大正十年十二月三日)
004千引の岩
005日本男子の大丈夫と(石破馨)
006色香もる女丈夫が
007世界をま森国々の(森国幹造)
008助けのらむと
009東や西や北南
010る国のまめ人が
011男善女を誘ひて(西出善竜)
012宮城に参集ひ
013国を永遠の
014珍の処と歓びて
015神の示を々に(保住啓次郎)
016宣べ伝へ行く言霊は
017円満晴澄の江の
018天竜に登る如
019我日のの権威なる(藤本十三郎)
020一と二三四五つと六ゆ
021七八九つ
022よりきよく田なびかむ
023雲四方にかき別けて(今きよ)
024六合兼太る我国
025真奈の海の洋々と(田村兼太郎)
026渡も静かに浦
027国の栄えも九重の(土井靖都)
028玉の都会
029の奥も押並べて(小山貞之)
030忠勇仁義孝貞之
031道明らけく治まれる
032三十一年如月の
033梅ケ香匂ふ九日の
034月をば西に熊の
035神山に深くわけりて(高井寿三郎)
036寿万歳祈らんと
037ツ葉つつじの其上に
038く端坐しつ
039言霊の神教を(上村清彦)
040耳を澄ませてマツの下
041吹き来る風もいとひなく(同マツ)
042岩窟の前にぎつ
043心の雲も(同寛)
044かすみと共に消え行きて
045稍清の魂となり(中村新吉)
046神の恵みに浴しける
047今日は如何なる日ぞ
048や屍を野に曝すとも
049立の大神や(吉原常三郎)
050ツの御魂の教なら
051などや厭はむ鈴木野や(鈴木延吉)
052深山に足をばすとも
053心持き岩清(水戸富治)
054閉さぬ国と賑はしく
055みて治まる君ケ御代
056五十鈴の流れ清くして
057大川口や小川口(大川ロトク)
058水は溢れてトク川の
059泥にまみれし幕政も
060茲に亡びて大小名
061名主庄司に至るまで(庄司キツ)
062キツ倒れつ四方に散る
063その状実に憐れなり
064かかる例しも在原
065寅金神元に(在原丑太郎)
066現はれましての世の
067神と田美との有様を(前田美千香)
068説き教へたる三年の
069一度にふ白梅の
070花咲く春の
071菊太に目出度神言を(山根菊太郎)
072天地の神に奉上し
073三千世界の改造を
074チカへ玉ひし雄々しさよ
075四尾と本宮の(山根チカヘ)
076経と緯との神の機
077錦の糸の絹枝(同絹枝子)
078神の助けの
079九皐く鳴き(有田九皐)
080に登りし緑毛の
081亀のよはひの長のとし(高岸としゑ)
082びす大黒福の神
083真奈に舞ひ遊ぶ(井上あや)
084あやに尊き神の苑
085海の内外別ちなく
086野河海の神々の
087けの道も々と(外山介昭)
088ゑ拡め行く道
089りの花も々と(植芝盛隆)
090薫る常磐の神の
091きも悪しきも愛の(森良仁)
092神の恵みは変りなく
093の御園の下斯芸琉
094御国の誉れ照妙の
095綾の高天に(うしとら)(東尾吉雄)
096伊都(いつき)々しくも
097教は広瀬義邦(まつのくに)(広瀬義邦)
098昇る旭は高橋
099その勢ひも永に(高橋常祥)
100開き行く世ぞ(めで)たけれ
101誉れもたかき瑞祥の
102やかたに基いを固めつつ
103御国も近(津村藤太郎)
104すさぶ曲津を(ふじ)太郎
105秋津根の広路に(島田頴)
106八百頴実のりゆく
107の中心に(木村研一郎)
108霊魂きを第一と
109教へ導く白(藤井健弘)
110や栄え行くげさよ
111誠の教を遠近に
112むる時やの空
113雲四方に掻き別けて(北村隆光)
114々のぼる日の
115山や玉の(宮井懿子)
116空に映え行く御徳に
117浴する魂ぞ浦山(浦山専一)
118霊魂修行を専一
119深山の奥に分け入りて
120とり了ふせし高熊の
121イワ屋の内も賑はしく(山佐イワ)
122夕日をとして
123祝詞奏上や神の詩を(日笠吟三)
124じて進むツ御魂
125の仙人芙蓉坊が
126穴太の智はやく
127現はれ来たりて大神(藤村伊之吉)
128き音信を宣り伝へ
129より固き信仰を(石井孝三郎)
130や益々も励みつつ
131敬神愛国の
132ツの綱領怠らず
133加たく御魂にめつつ(加納録平)
134心にしてけく
135たとへ野の奥の奥(山口佐太郎)
136率土の浜も宣べ伝へ
137口佐賀あしき悪太郎
138そしり嘲り
139布教伝道厭トイなく(山内トイ)
140四方の国大日本
141日高のの佐男鹿(中村鹿三)
142妻呼ぶ如き有様に
143世人を思ふ千年の
144神の光りは西
145雲四方にかき()けて(西村理)
146海原けく
147波も鎮まる洲国(海原平八)
148神須之男の神魂
149沢田の姫が現はれて(佐沢広臣)
150教をく君
151を執持つ一(中条勝治郎)
152至誠にるものはなし
153の廿五年より
154佐藤りの開く大
155艮神の四郎し召す(佐藤善四郎)
156梅花の開く神の世は
157老も若きもおしなべて
158五六七の御世の活動を
159汗と油をしぼりつつ
160山田の果ても伊藤ひなく
161くさきりやせ伏の(伊藤耕三郎)
162暑さも涼し高野
163く治まる平の(高野円太)
164風に雲吹き払ひ
165四方のぎも静まりて(黒沢春松)
166さながらの如くなり
167常磐のや白梅の
168枝にて造りし神の杖
169菅野小笠に身を包み(菅野義衛)
170の教らむと
171都をさして波より(京谷朝太郎)
172出口の教祖はまだき
173綾の元立出でて
174海潮純子諸共に
175昨日や京屋明日の旅(京屋フク)
176フク山路をすくすくと
177司朗も見ずに足早に(同司朗)
178飛田つ如く進まるる
179かなそのの梅(飛田豊子)
180五六七の御代に逢坂
181キミの恵みに報いむと(同香)
182鞍馬をさして出でて行く
183出口の守の雄々しさは(逢坂キミ)
184日本魂の鏡なり
185月に雲花に風(村松タミ)
186浮世の常と聞きつれど
187の神世のタミ草の
188心はいつも春の空
189の奥も仁愛の(山崎珉平)
190にほひ(きみ)
191なかけく安らけく
192上野おこなひ下ならひ
193国はかに足御代は(上野豊)
194業務を伊藤ものも無く
195しきの子女子が(伊藤正男)
196の御栄えを
197かに祝ひよろこびつ(大山春子)
198君に捧ぐる真心の
199強きは波田野国人の(波田野菊次郎)
200もまれなる第なり
201澆季末法の世の瀬戸(瀬戸幸次郎)
202現はれ玉ひし艮の
203神の御々に
204いやちこまして国民は
205じ心のきみが御(同きみよ)
206四方の外の
207風もかに笹川(山内静)
208水にも神光り渡る
209々しき清き葦原の(笹川煕雄)
210神の御国ぞたふとけれ
211日本御魂の大丈夫が
212勇気も古井現し世の
213濁りを(古井清市)
214和に佐和佐和に
215五六の御世をの色(野口佐七)
216つ御魂も幸ひて
217長閑な(松本春政)
218常立の御魂
219の道をと筋に(国分義一)
220守るや洋の西
221の尾の上に出入る月(西山勝)
222光りれし大御代に
223立て直さむと昔より
224水野御魂の大御神
225めなき世を(いく)らんと(水野貞弌)
226道も飯田の神の詔
227千代ケ枝澄み渡り(飯田千代松)
228昇る月影高橋
229夜のりとありがたき(高橋守)
230御代に太田の楽もしや
231神の御国にはりし(太田伝九郎)
232つ花の咲き匂ふ
233深山のの寒(奥村芳夫)
234大和心のばしき
235大丈須佐の大神を
236(とう)とみ惟神
237御霊ひて祥の(斎藤幸吉)
238(ひじり)の御代ぞたふとけれ
239道の(おくが)を塞ぎ居る
240雲四方にかきわけて(奥村友夫)
241心も清きの夫が
242至誠を内外に長谷川(長谷川清一)
243きながれもと筋に
244ども尽きぬ水に(米川太介)
245濁世を洗ひ(すけ)んと
246庭綾政雄等が(田辺政雄)
247神の御声をいや高き
248雲井に告げよほととぎす(雲井恒右衛門)
249の誠のおこなひは
250この右衛門(うえも)なき神の笑み
251その身の佐賀康正
252実にも忠と(佐賀康正)
253慈悲をつ楯して
254ましての祖(鈴木孝三郎)
255き昔の神代より
256き神徳次ぎつぎに(戸田澄国)
257かくれて御世を守りつつ
258忍び玉ひし大神を(古高徳次郎)
259きまつるぞとけれ
260きもあしきも吉野の(斎藤吉三)
261花と散りしく
262き平の夢さめて(大島長和)
263西洋(から)の国見渡せば
264神をふ人もなし(西原敬昌)
265物質文明ふとも
266心の花は散りにけり
267波の国にあらはれし
268の神の御教は(谷口清満)
269く天地にちぬらむ
270杉原かきわけて(杉原佐久)
271佐久そのを
272てに進む日本(杉山当一)
273長閑けき風も
274神はらかに(福井精平)
275神の(いちじ)二郎
276鳴り渡るなり高倉の(林二郎)
277高き厳に八重むぐら
278青き苔蒸し小田牧野(林八重子)
279蔓さえ光る万世の
280(えらぎ)て岩の(牧野亀吉)
281鶴さへ巣ぐふ高
282ツ葉つつじ(上倉三之助)
283小野が御間を研きつつ
284生れ赤子とがへり(小野田若次郎)
285第々々にたましひを
286とかためて世を(石渡たみ)
287四方のたみ同一
288神の真道にましめ(同進)
289御代の栄えを内外に
290照らすは神の大本ぞ
291波の国は狭くとも
292こき神の道(谷広賢)
293の上も海原も
294徳かがやきて(井上武仁)
295神の守りの金
296在神のりにて(城所守息)
297神々安遂げたまふ
298その聖世美馬ほしと(美馬邦二)
299心の清き神人が
300邦二つくす真心は
301高下の差こそあれ
302ナカの下木まで(小林ナカ)
303よろこび祝ふし矛
304琉の国の神の(細田徳治)
305円く平穏(おだひ)まりて
306二三太郎(椙元二三太郎)
307広き新道進むより
308神の大道踏める身は
309笹原義登と悉後藤
310いとらか進み行く(笹原義登)
311無事平の神の道
312るは神の温たかき(後藤康仁)
313あまき乳にすがる児の
314太郎次郎の生命の(安達房次郎)
315親の光りとの御代
316の家に生れたる(松田文一郎)
317奴の只
318神の御にぬかづきて(前田茂寿)
319世人をすけ守らんと
320昼はひねもす夜茂寿がら
321愛宕の山のほとり
322つづきがのふもとなる(片岡幸次郎)
323小幡神社のひに
324祈願の効もいち次郎
325大河口や小川口
326教を日々にトク人の(大河口トク)
327心の丈けは庄司きに
328シウジウの苦辛を耐へつつ(庄司シウ)
329せん大神の
330心は清き白ユキ(安達ユキ)
331黄金の世界銀世界
332真鯉の津瀬の(上滝美祐)
333さまはしき神
334心の垢を洗ひつつ
335西山林の道
336めて登り行く(西谷作治)
337四十八個の宝座ある
338高倉にほふ(山崎耕作)
339三ツ葉つつじの花の下
340る田男の
341にもしき
342由緒を知れる由松の(中邨新助)
343道の手引にけられ
344万寿神苑立出でて
345詣づる信者二百人
346出口の海潮を先導に
347田舎のの小幡
348神竜神同に(村橋金一郎)
349渡り田所は宮垣内
350鹿蔵住むなる松林(田所鹿蔵)
351紅葉は散れど青々と
352茂る木の葉のうるはしき
353かな冬の木の
354四方の色を覚めつつも(豊本景介)
355婦人子供に至るまで
356々しくも川を(谷前貞義)
357飛び越え(すす)勇き(よし)
358近藤初めて修業場と(近藤貞二)
359神のめに一同は
360霊地と感謝しつ
361祝詞の声も晴やかに
362木魂に響く床しさよ
363勝又(みろく)の神政に
364水野御魂があらはれて(勝又六郎)
365久米ども尽きぬ真清水の
366かはく事なき祥の(水野久米吉)
367命の親の神心
368仰ぐも加倉の(高田権四郎)
369神の威はツの海
370珍の国や広に(土井理平)
371は届く公
372うましき御世は北村
373人は勇みて神寿ぎの
374祭祀の道も庄太郎(北村庄太郎)
375日本の国はの国
376と日五郎より(松浦国五郎)
377三木(みそぎ)清めし神の国
378一と筋の世の元の三木(そうぎ)善建)
379神のてたる御国なり
380外国人に惑はされ
381御国の精華も白石
382五常の道忘れ(白石倫城)
383難攻不落の堅
384神の造りし無の園(比村中)
385心にかかる雲を
386払ふて清め腹の
387神の授けし御魂をば
388汚さむ事を鴛海(おしみ)つつ(鴛海政彦)
389国家のり家政り
390と夜毎にいそしみて
391たとへ悪魔の襲ふとも
392少しもはず力男(鎌田徴)
393日本心をかに
394照して見せよ三日月の
395の光り鋤の跡
396る八百頴野(鎌田茂頴)
397間田なき秋にアイの空
398瑞穂の国の国の(野間田アイ子)
399誉れを西洋(から)までノブエ
400姫氏の国の豊の年(中西ノブヱ)
401稔も吉田の花ぞサク
402穂にフク風の(吉田サク子)
403薫りは外に類なき
404富貴の草香肝の(清水フク子)
405心の美佐尾芳ばしく
406ほしや曇りたる(比村美佐尾)
407世を田貞て神の世に
408なれば曲事かくろひて(鎌田貞江)
409きこと斗り(さき)
410雲間を照らす神のトク(吉村トク)
411コト那須の神人は
412神にすがりツヤはらぎつ(同コト子)
413吾身のことを打捨てて
414多田道のためクニのため(那須ツヤ子)
415つくしの果の人々も
416こえて庭路の(多田クニ)
417神の御の膝元に
418子の刀自の跡慕ひ(河田親直)
419しげ通ふ楽もしさ
420柴田間萩躅躑(同滋子)
421茂れる山路ふみ別けて
422じ心の隊は(柴田米子)
423神の恵と勇みつつ
424清水湧き出る宮垣(同一與)
425の家も々に
426立出で田渡る野山路(内田市子)
427心せきセキヨぢ登る
428新池馬場を一(田渡セキヨ)
429進めば砂止山の神
430祠の跡を右に見て(馬場斉)
431杉潜りぬけ
432の道の垣は(谷村真友)
433見かけ々と
434めの場所さして行く(奥村貞雄)
435黄昏近く
436空に出口の(ひろちか)(湯浅仁斎)
437岩屋の神をひつつ
438も知らぬの中(雨森松吉)
439葉の露の一雫
440味はひしと喜びて
441呑みし昔の思ひ出に
442水の冥(とう)とみつ(加藤明子)
443天地神の洪徳を
444感謝しまつる此一行
445折も吉野ときつ風
446吹かれて顔の煙りも(吉野とき子)
447御空になびく曇り
448霊魂をく三柱の(湯浅研三)
449神の宝座の大前に
450東尾さして神(東尾吉三郎)
451拍手々の
452えの声をきくの年(上坂きく)
453の尾の上をわけて
454昇る旭日のあけの空(山崎あけ子)
455男鹿妻恋ふ熊の
456見るも勇ましつ岩(小高一栄)
457え久しき神国の
458の柱とまめ人の(牧慎平)
459み仕え大前に
460低頭身祈りつつ
461松のお千葉もいと
462月も見五郎の十五日(千葉清五郎)
463大山小山の中道を
464おのが寿美家へ々しくも(大山寿美雄)
465神使に誘はれて
466の古巣へ帰りける(岡本尚市)
467き教へを早く
468の炉に宣ぶる時(田辺林三郎)
469小松の神憑り
470ツの御魂が現はれて
471近藤二度目の立替は
472御国を思の神(近藤兼堂)
473現はれまして々と
474の宮のの跡(畠山彦久)
475本宮神宮の聖邑に
476国武の大神は
477世も方の天津神
478月見の神や天照す(佐藤かめ)
479皇大神の神言もて
480世人を佐藤し身をたかめ(平野千代子)
481天下太平野千代の基
482佐藤りて三よしの花の春(佐藤よし)
483井とく水の恩
484しき御の宮柱(土井とく)
485千本高知りてきんぎんや
486珠玉を飾る三体の(正木きん)
487神の御舎殿(みあらか)荘厳に
488大宮小宮建て並べ(小宮きゑ)
489きゑにしを説き諭す
490高天の神の道(原竹蔵)
491松のみさをは神の国
492竹蔵即ち外国に
493たとへて東尾日の本と
494さきはひ玉ふぞ尊とけれ(東尾さき)
495り尽せしあがなひの
496の置戸を負ふ神の(板倉寛太郎)
497度の胸の内
498じ教も々と(同寛文)
499化の魁け梅の花
500御空は清く山(青野都秀)
501村も(みやこ)れたる
502神の大道に従ひて
503帝国らけく
504五郎の信仰現はれて(東安五郎)
505全無事の世の中に
506せしめ聖(安達哲也)
507教は四方に響く
508じ天地に生ひ立ちし(同佐右衛門)
509草木で佐右衛門色艶を
510増して歓こぶ君が御代
511世は古川の水絶えず
512万寿の苑は岡の(古川亀市)
513中に高く聳えつつ
514曇れる社会を照らし行く
515神の仕組の万寿苑
516瑞祥閣の芽出度けれ。
517
 
518教の花の桜井愛子
519中野祝子の太祝詞(桜井愛子)
520じく作郎青年も
521巌の上田に参ゐ詣で(中野祝子)
522各自気分も由松
523(さきがけ)るは十四夜の(同作郎)
524田を照らす月の影
525風も清けき秋の末(上田由松)
526此一行廿二人
527巻尾に記して証となす。(前田満稲)
528 (以上)