霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:前付 よみ:
章:第2巻 よみ:じょ 通し章番号:
口述日:(旧10月09日) 口述場所:松雲閣 筆録者:瑞月 出口王仁三郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本書は、王仁が明治三十一年旧二月九日から十五日に至る前後一週間の荒行と、帰宅後一週間の床縛りの修行を神界から命ぜられ、その間に霊魂が現幽神三界の消息を実見した。その物語である。
霊界は時間空間を超越しているので、古今東西の出来事は平面的に霊眼に映じる。
一部でも読んでいただき、霊界の消息の一部を窺い、神々の活動を幾分でも了解してもらえれば、後述の目的は達せられる。
本巻はシオン山攻撃の神戦を描いた。国祖大神が天地の律法を制定し、天則違反で稚桜姫命が幽界にやらわれた経緯を述べている。
『三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。須弥仙山に腰を掛け、鬼門の金神、守るぞよ』との神示は、ヨハネの身魂というべき教祖に帰神された、最初の艮の金神様の救世の一大預言であった。
後述者はこの神言を読むたびに、無限絶対、無始無終の大原因神(おほもとがみ)の洪大なご経綸と抱負の雄偉さに、自分の心の海面に真如の月が光り輝き、慈悲の太陽が宇宙全体を斉しく公平に照らし、全世界の闇を晴らすような心持になるのである。
また、『三千世界一度に開く』という宇宙の経綸を堅く完全に言い表している。そして句の終わりに『梅の花』とつづめている。あたかも白扇を広げて涼風を起こし、梅の花の小さな要をもって之を統一した如く、至大無外、至小無内の神権発動の真相を説明している。
『須弥仙山に腰をかけ、艮の金神守るぞよ』とは、偉大な神格の表現である。そのほかにも、大神の帰神の産物としては、三千世界の神界、幽界、現界に対し、神祇、諸仏、人類に警告を与え、将来を示して懇切至らざるはないのである。
後述者は神諭の一端に解釈を施し、大神の大御心がどこにあるかを明らかに示したく、前後ほとんど二十三年間の久しきにわたった。しかしながら神界では、その発表を許さなかったために、今まで神諭の文章の意義については、一言半句も説明したことはなかった。
しかし大正十年の旧九月八日にいたって、突然神命が口述者の身魂に下り、神から開示した霊界の消息を発表せよ、との教えに接した。神の教えに、神が口を借りて口述するので、筆録させろ、とのことだった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 07:46:05 OBC :rm020001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第1輯 153頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 本書(ほんしよ)王仁(わたし)明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)(きう)如月(きさらぎ)九日(ここのか)より、002同月(どうげつ)十五日(じふごにち)にいたる前後(ぜんご)一週間(いつしうかん)荒行(あらぎやう)神界(しんかい)より(めい)ぜられ、003帰宅後(きたくご)また一週間(いつしうかん)床縛(とこしば)りの修業(しうげふ)(めい)ぜられ、004その(あひだ)王仁(わたし)霊魂(れいこん)霊界(れいかい)(あそ)び、005種々(しゆじゆ)幽界(いうかい)神界(しんかい)消息(せうそく)実見(じつけん)せしめられたる物語(ものがたり)であります。006すべて霊界(れいかい)にては時間(じかん)空間(くうかん)超越(てうえつ)し、007遠近(ゑんきん)大小(だいせう)明暗(めいあん)区別(くべつ)なく、008古今東西(ここんとうざい)霊界(れいかい)出来事(できごと)はいづれも平面的(へいめんてき)霊眼(れいがん)(えい)じますので、009その糸口(いとぐち)見付(みつ)け、010なるべく読者(どくしや)了解(れうかい)(やす)からむことを主眼(しゆがん)として口述(こうじゆつ)いたしました。
011 霊界(れいかい)消息(せうそく)(つう)ぜざる人士(じんし)は、012(わたし)の『霊界(れいかい)物語(ものがたり)』を()んで、013子供(こども)だましのおとぎ(はなし)(わら)はれるでせう。014ドンキホーテ(しき)滑稽(こつけい)物語(ものがたり)(あざけ)(かた)もありませう。015(なか)には一篇(いつぺん)夢物語(ゆめものがたり)として(かへり)みない(かた)もあるでせう。016また偶意的(ぐういてき)教訓談(けうくんだん)(おも)(かた)もありませう。017しかし(わたし)(なん)批判(ひはん)されてもよろしい。018(えう)一度(いちど)でも()んでいただきまして、019霊界(れいかい)一部(いちぶ)消息(せうそく)(うかが)ひ、020神々(かみがみ)活動(くわつどう)幾分(いくぶん)なりと了解(れうかい)して(くだ)されば、021それで(わたし)口述(こうじゆつ)目的(もくてき)(たつ)するのであります。
022 本書(ほんしよ)()ぶるところは(がい)してシオン(ざん)攻撃(こうげき)神戦(しんせん)であつて、023国祖(こくそ)大神(おほかみ)天地(てんち)律法(りつぱう)制定(せいてい)したまひ、024第一(だいいち)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)天則(てんそく)違反(ゐはん)(つみ)(をか)幽界(いうかい)神退(かむやら)ひに退(やら)はれたまへる、025経緯(いきさつ)()べたのであります。026本書(ほんしよ)信用(しんよう)されない(かた)は、027(ひと)つのおとぎ(ばなし)(まづ)小説(せうせつ)として()んで(くだ)さい。028これを()んで幾分(いくぶん)なりとも、029精神上(せいしんじやう)立替立直(たてかへたてなほ)しのできる方々(かたがた)があれば、030王仁(わたし)としては望外(ばうぐわい)(さいはひ)であります。
031 『三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)032(うしとら)金神(こんじん)()になりたぞよ。033須弥仙山(しゆみせんざん)(こし)()け、034鬼門(きもん)金神(こんじん)035(まも)るぞよ』との神示(しんじ)は、036神世開基(ヨハ子)身魂(みたま)ともいふべき教祖(けうそ)帰神(きしん)された最初(さいしよ)(うしとら)金神様(こんじんさま)が、037救世(きうせい)のための一大(いちだい)獅子吼(ししく)であつた。038アゝ(なん)たる雄大(ゆうだい)にして、039荘厳(さうごん)なる神言(しんげん)でありませうか。040三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)く』とは、041宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(もの)活生命(くわつせいめい)(あた)へ、042世界(せかい)のあらゆる生物(せいぶつ)に、043安心立命(あんしんりつめい)神鍵(しんけん)(さづ)けたまへる一大(いちだい)慈言(じげん)でありますまいか。
044 口述者(こうじゆつしや)はいつも()神言(かみごと)()(たび)ごとに、045無限(むげん)絶対(ぜつたい)046無始(むし)無終(むしう)大原因神(おほもとがみ)洪大(こうだい)なる御経綸(ごけいりん)と、047その抱負(はうふ)雄偉(ゆうゐ)にして、048なんとなく吾人(ごじん)(こころ)海面(かいめん)に、049真如(しんによ)(つき)(ひか)(かがや)き、050慈悲(じひ)太陽(たいやう)宇内(うだい)一斉(いつせい)公平(こうへい)照臨(せうりん)したまひ、051万界(ばんかい)(やみ)()らしたまふやうな心持(こころもち)になるのであります。
052 そして、053三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)く』と宇宙(うちう)経綸(けいりん)(たて)に、054しかと完全(くわんぜん)()(あら)はし、055()(をは)りにいたつて『(うめ)(はな)』とつづめたるところ、056あたかも白扇(はくせん)(ひろ)げて涼風(りやうふう)(おこ)し、057(うめ)(はな)(ちひ)さき(かなめ)をもつて(これ)統一(とういつ)したる、058至大無外(しだいむぐわい)059至小無内(しせうむない)神権(しんけん)発動(はつどう)真相(しんさう)説明(せつめい)したまひしところ、060到底(たうてい)智者(ちしや)061学者(がくしや)などの(くはだ)(およ)ぶべきところではない。
062 またその(つぎ)に『須弥仙山(しゆみせんざん)(こし)をかけ、063(うしとら)金神(こんじん)(まも)るぞよ』との神示(しんじ)がある。064アゝこれまたなんたる偉大(ゐだい)なる神格(しんかく)表現(へうげん)であらうか。065なんたる大名文(だいめいぶん)であらうか。066到底(たうてい)人心(じんしん)小智(せうち)企及(ききふ)すべきところではない。067そのほか、068大神(おほかみ)帰神(きしん)産物(さんぶつ)としては、069三千世界(さんぜんせかい)いはゆる神界(しんかい)070幽界(いうかい)071現界(げんかい)にたいし、072神祇(しんぎ)はさらなり、073諸仏(しよぶつ)074各人類(かくじんるい)にいたるまで大慈(だいじ)神心(かみごころ)をもつて警告(けいこく)(あた)へ、075将来(しやうらい)顕示(けんじ)して、076懇切(こんせつ)いたらざるはなく、077(じつ)古今(ここん)にその類例(るゐれい)()つてゐる。
078 かかる(たふと)大神(おほかみ)神示(しんじ)は、079俗人(ぞくじん)容易(ようい)(かい)(がた)きはむしろ当然(たうぜん)()にして、080したがつて誤解(ごかい)(しやう)(やす)きところ、081口述者(こうじゆつしや)(つね)にこれを(うれ)ひ、082おほけなくも神諭(しんゆ)一端(いつたん)をも解釈(かいしやく)をほどこし、083大神(おほかみ)大御心(おほみこころ)の、084那辺(なへん)(そん)するやを(あき)らかに(しめ)したく、085(おも)(わづら)ふことほとんど前後(ぜんご)二十三年間(にじふさんねんかん)(ひさ)しきにわたつた。086されど神界(しんかい)にては、087その発表(はつぺう)(ゆる)したまはざりしため、088今日(こんにち)まで御神諭(ごしんゆ)文章(ぶんしやう)意義(いぎ)については、089一言半句(いちごんはんく)説明(せつめい)したことは()かつたのであります。
090 しかるに本年(ほんねん)(きう)九月(くぐわつ)八日(やうか)にいたつて、091突然(とつぜん)神命(しんめい)口述者(こうじゆつしや)身魂(みたま)(くだ)り、092いよいよ明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)如月(きさらぎ)に、093(かみ)より開示(かいじ)しおきたる霊界(れいかい)消息(せうそく)発表(はつぺう)せよ』との神教(しんけう)(せつ)しましたので、094二十四年間(にじふよねんかん)わが胸中(きようちう)蓄蔵(ちくざう)せる霊界(れいかい)物語(ものがたり)発表(はつぺう)する決心(けつしん)(さだ)めました。095しかるに口述者(こうじゆつしや)は、096本春(ほんしゆん)以来(いらい)()()み、097頭脳(づなう)(いた)めてより、098執筆(しつぴつ)自由(じいう)(いう)せず、099かつ(しひ)執筆(しつぴつ)せむとすれば、100たちまち()頭部(とうぶ)痛苦(つうく)(おぼ)如何(いかん)ともすること(あた)はず、101(ほと)んどその取扱(とりあつか)ひについて非常(ひじやう)心神(しんしん)(なや)めてゐたのであります。102その神教(しんけう)降下(かうか)ありて(のち)103十日(とをか)()ぎし十八日(じふはちにち)(あさ)にいたり、104神教(しんけう)ありて『(なんぢ)執筆(しつぴつ)するを(えう)せず、105(かみ)(なんぢ)(くち)()りて口述(こうじゆつ)すべければ、106外山豊二(とやまとよじ)107加藤明子(かとうはるこ)108桜井重雄(さくらゐしげお)109谷口正治(たにぐちまさはる)四人(よにん)(まね)き、110(なんぢ)(くち)より()づるところの神言(しんげん)筆録(ひつろく)せしめよ』とのことでありました。
111 そこで自分(じぶん)はいよいよ()(けつ)し、112並松(なみまつ)松雲閣(しよううんかく)隠棲(いんせい)して霊媒者(れいばいしや)となり、113神示(しんじ)口伝(くちづた)へすることになつたのであります。114二十四年間(にじふよねんかん)(こころ)()めたる霊界(れいかい)消息(せうそく)も、115いよいよ(ひら)時津風(ときつかぜ)116三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)117(かを)常磐(ときは)(まつ)()の、118(かみ)経綸(しぐみ)(ひら)(ぐち)119()いた(くち)(すぼ)まらぬやうな、120不思議(ふしぎ)物語(ものがた)り、121(ゆめ)かうつつか(まぼろし)か、122(かみ)のしらせか、123白瀬川(しらせがは)124(した)音無瀬(おとなせ)由良(ゆら)(かは)125和知川(わちがは)126上林川(かんばやしがは)清流(せいりう)(しづ)かに(なが)れ、127その中央(ちゆうあう)小雲川(こくもがは)128並木(なみき)老松(らうしよう)(かは)()(かげ)(ひた)して(たち)ならぶ、129(なが)れも(きよ)く、130(かぜ)(きよ)く、131本宮山(ほんぐうやま)(ふもと)なる、132並松(なみまつ)に、133(あらた)()ちし松雲閣(しよううんかく)書斎(しよさい)()にて五人連(ごにんづ)れ、134(くち)から(かた)る、135(ふで)()る、136五人(ごにん)活気(くわつき)凛々(りんりん)として、137神示(しんじ)のままを口述(こうじゆつ)発表(はつぺう)することとなつたのであります。
138   大正十年十一月 旧十月九日
139於松雲閣 瑞月 出口王仁三郎誌
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら