霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二八章 高白山(かうはくざん)戦闘(せんとう)〔七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第28章 第2巻 よみ:こうはくざんのせんとう 通し章番号:78
口述日:1921(大正10)年11月02日(旧10月03日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命と元照彦は、猿世彦の木乃伊に神言を奏上して息を吹きかけると、猿世彦はたちまち蘇生した。言霊別命は、常世姫に対する降伏勧告の信書を持たせ、猿世彦を解放した。
一方、スペリオル湖畔を港彦に守らせると、言霊別命と元照彦は、高白山へと軍を進めた。高白山には正しい神司・荒熊彦・荒熊姫が割拠していたが、常世姫の部下・駒山彦のために包囲され、捕虜となっていた。
言霊別命と元照彦は背後から駒山彦軍を攻撃して、荒熊彦・荒熊姫を救い出した。二神人は言霊別命に恩を感謝し、自ら従臣となって高白山の城塞を献上した。
言霊別命は元照彦をローマ、モスコーに遣わして情勢を探らせ、自らは荒熊彦・荒熊姫とともにしばらく高白山に根拠を置くことになった。高白山は常世の国の北極に位置する、世界経綸の神策上、もっとも枢要な地点である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0228
愛善世界社版:141頁 八幡書店版:第1輯 209頁 修補版: 校定版:143頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)元照彦(もとてるひこ)(とも)に、002猿世彦(さるよひこ)木乃伊(ミイラ)にむかひ、003前後(ぜんご)より神言(かみごと)奏上(そうじやう)(いき)()きかけられた。004たちまち猿世彦(さるよひこ)体温(たいおん)次第(しだい)にまし、005(から)うじて蘇生(そせい)した。
006 猿世彦(さるよひこ)はわが(まへ)に、007言霊別命(ことたまわけのみこと)以下(いか)神将(しんしやう)姿(すがた)()(おほ)いに(おどろ)き、008ひたすらに生命(いのち)(すく)(つみ)(ゆる)されむことを嘆願(たんぐわん)した。009言霊別命(ことたまわけのみこと)仁義(じんぎ)(おも)んじ生命(いのち)(すく)ひしうへ、010一片(いつぺん)信書(しんしよ)(したた)め、011これを常世姫(とこよひめ)伝達(でんたつ)せむことを(めい)じた。
012 猿世彦(さるよひこ)唯々(ゐゐ)として(めい)(はい)し、013かつ救命(きうめい)大恩(だいおん)感謝(かんしや)し、014()をふり嬉々(きき)として帰国(きこく)した。
015 その信書(しんしよ)文面(ぶんめん)は、
016言霊別命(ことたまわけのみこと)017元照彦(もとてるひこ)は、018勇猛(ゆうまう)無比(むひ)神将(しんしやう)をあまた引率(ひきつ)れ、019スペリオル()中心(ちゆうしん)として陣営(ぢんえい)(つく)り、020大挙(たいきよ)して常世城(とこよじやう)占領(せんりやう)せむとす。021(なんぢ)常世姫(とこよひめ)すみやかに善心(ぜんしん)立帰(たちかへ)り、022前非(ぜんぴ)()心底(しんてい)より()(あらた)めよ。023しからざれば、024われはここに天軍(てんぐん)(おこ)して(なんぢ)鏖滅(あうめつ)せむ』
025との意味(いみ)であつた。026猿世彦(さるよひこ)虎口(ここう)(のが)れ、027(かしら)をさげ、028(こし)をまげ()をふりつつ南方(なんぱう)さして()げかへつた。029スペリオル湖畔(こはん)陣営(ぢんえい)は、030港彦(みなとひこ)をしてこれを(まも)らしめ、031(みこと)元照彦(もとてるひこ)とともに長駆(ちやうく)して高白山(かうはくざん)(すす)んだのである。032ここは荒熊彦(あらくまひこ)033荒熊姫(あらくまひめ)二神司(にしん)があつた。
034 この二神司(にしん)高白山(かうはくざん)守将(しゆしやう)である。
035 高白山(かうはくざん)常世姫(とこよひめ)一派(いつぱ)魔軍(まぐん)()(なや)まされ、036二神司(にしん)はすでに捕虜(ほりよ)となり、037岩窟(がんくつ)()つて()じこめられてゐた。
038 このとき言霊別命(ことたまわけのみこと)は、039山上(さんじやう)より白雲(はくうん)立上(たちのぼ)るを()(ただ)しき神司(かみ)ありと()り、040(ちか)づき()るに、041常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)駒山彦(こまやまひこ)包囲(はうゐ)してをつた。042言霊別命(ことたまわけのみこと)南方(なんぱう)より、043元照彦(もとてるひこ)西方(せいはう)より迂回(うくわい)して北方(ほつぱう)背後(はいご)()で、044前後(ぜんご)より高白山(かうはくざん)攻撃(こうげき)した。045駒山彦(こまやまひこ)不意(ふい)強力(きやうりよく)なる援軍(ゑんぐん)背後(はいご)()かれ不覚(ふかく)をとり、046はうはうの(てい)にてわづかに()をもつて(まぬ)がれ、047全軍(ぜんぐん)はほとんど四方(しはう)潰走(くわいそう)した。
048 言霊別命(ことたまわけのみこと)049元照彦(もとてるひこ)は、050南北(なんぽく)両面(りやうめん)より高白山(かうはくざん)にのぼり、051白雲(はくうん)()てる岩窟(がんくつ)()打砕(うちくだ)き、052二神司(にしん)(すく)()した。
053 ここに荒熊彦(あらくまひこ)054荒熊姫(あらくまひめ)再生(さいせい)(おん)(しや)し、055みづから()ふて従臣(じゆうしん)となり、056高白山(かうはくざん)城塞(じやうさい)言霊別命(ことたまわけのみこと)奉献(たてまつ)つた。
057 言霊別命(ことたまわけのみこと)元照彦(もとてるひこ)をローマ、058モスコーに(つか)はして、059味方(みかた)情勢(じやうせい)偵察(ていさつ)せしめ、060みづからは荒熊彦(あらくまひこ)部将(ぶしやう)としてここに根拠(こんきよ)(さだ)められた。
061 高白山(かうはくざん)常世(とこよ)(くに)北極(ほくきよく)にして、062世界経綸(せかいけいりん)神策上(しんさくじやう)もつとも枢要(すうえう)なる地点(ちてん)である。
063大正一〇・一一・二 旧一〇・三 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)