霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 改心(かいしん)祈願(きぐわん)〔三五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第2篇 四十八文字 よみ:しじゅうはちもじ
章:第8章 第8巻 よみ:かいしんきがん 通し章番号:358
口述日:1922(大正11)年02月06日(旧01月10日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
漁師たちは猿世彦の言霊に感心して尊敬の念を払い、三五教の教理に服した。猿世彦は教理には通じていなかったため、平然として矛盾脱線の教えを語っていたが、ただ神を祈ることは一生懸命であったので、神徳を授けられたのである。
朴訥な漁師たちにはあまり難しい教理を説く必要もなく、ただ豊漁を与えてもらうことをもって信仰の基礎としていた。
ただ村長の照彦は立派な男であったが、猿世彦の熱心な祈祷の力に感じて、猿世彦を賛美する歌を歌った。
かくして、猿世彦は宣伝使となって法外れの教理を説いていたが、村人たちは信仰を怠らなかった。
アリナの滝から数町奥に、不思議な岩窟があった。岩窟の中には直径一丈ばかりの円い池があり、清鮮な水をたたえていた。村人たちは池を鏡の池と読んでいた。
猿世彦は村人たちを従えて、この鏡の池に禊身にやってきた。村長をはじめ村人たちに池の水で洗礼を施し、そして池に向かって祈願を込め始めた。
その祈願は、村人たちの信仰と救いへの守りを祈り、また自らの過去の罪を懺悔し、日の出神に出会ったことで改心できた感謝を捧げていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0808
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第2輯 169頁 修補版: 校定版:53頁 普及版:23頁 初版: ページ備考:
001 漁夫(りようし)猿世彦(さるよひこ)言霊(ことたま)()つて、002(たこ)意外(いぐわい)なる収獲(しうくわく)()003今迄(いままで)軽侮(けいぶ)(ねん)(もつ)(ぐう)して()猿世彦(さるよひこ)(たい)し、004尊信(そんしん)畏敬(ゐけい)態度(たいど)(もつ)(のぞ)むことになり、005アリナ(たき)草庵(さうあん)(むす)猿世彦(さるよひこ)住家(すみか)となし、006尊敬(そんけい)(ねん)(はら)三五教(あななひけう)教理(けうり)悦服(えつぷく)したり。007されど(にはか)宣伝使(せんでんし)猿世彦(さるよひこ)(いま)三五教(あななひけう)教理(けうり)には徹底(てつてい)してをらず、008(ただ)(かみ)(いの)ることのみは一生懸命(いつしやうけんめい)なりき。009夫故(それゆゑ)平然(へいぜん)として(かれ)()(ところ)教理(けうり)矛盾(むじゆん)脱線(だつせん)()()たれども、010(まこと)(かみ)(かれ)熱心(ねつしん)(かん)じて神徳(しんとく)(さづ)けられたるなり。
011 この(むら)無智(むち)朴訥(ぼくとく)なる漁夫(りようし)のみなれば、012(あま)高遠(かうゑん)なる教理(けうり)()くの必要(ひつえう)()く、013また漁夫(りようし)どもは(かみ)(いの)りて(ゆたか)(りよう)(あた)へて(もら)(こと)のみを信仰(しんかう)基礎(どだい)として()たり。014(しか)掃溜(はきだめ)にも金玉(きんぎよく)あり、015雀原(すずめばら)にも(つる)()りて(あそ)ぶが(ごと)く、016(この)(むら)酋長(しうちやう)照彦(てるひこ)()立派(りつぱ)(をとこ)ありけり。017(かれ)猿世彦(さるよひこ)熱誠(ねつせい)なる祈祷(きたう)効力(かうりよく)(かん)じ、018(うた)(つく)つて(これ)讃美(さんび)したりける。
019朝日(あさひ)(まば)ゆき智利(てる)(くに)
020御空(みそら)(つき)智利(てる)(くに)
021猿世(さるよ)(あたま)(てる)(くに)
022(ひる)日照(ひてる)(かみ)となり
023(よる)月照彦(つきてるひこ)となり
024(われ)らを()らす宣伝使(せんでんし)
025かかる(たふと)(すく)宣使(がみ)
026(また)アリナ(たき)(ごと)
027(その)()四方(よも)(ひび)くなり
028(その)()四方(よも)(ひび)くなり。
029村人(むらびと)(うた)はせたり。030猿世彦(さるよひこ)得意(とくい)満面(まんめん)(あふ)れ、031天晴(あつぱ)宣伝使(せんでんし)となりすまし、032法外(はふはづ)れの教理(けうり)()きゐたり。033()れど朴訥(ぼくとく)なる村人(むらびと)(まこと)(かみ)(たふと)(をしへ)(かた)(しん)じ、034(なみだ)(なが)して(よろこ)び、035信仰(しんかう)(おこた)らざりける。
036 アリナ(たき)より数町(すうちやう)(おく)不思議(ふしぎ)なる巌窟(がんくつ)あり。037巌窟(がんくつ)(なか)には直径(ちよくけい)一丈(いちぢやう)ばかりの(まる)(いけ)あり、038清鮮(せいせん)(みづ)(たた)へ、039村人(むらびと)(これ)(かがみ)(いけ)命名(なづ)()たり。040猿世彦(さるよひこ)村人(むらびと)をあまた(したが)へ、041この(かがみ)(いけ)(みそぎ)()さむと(すす)()きぬ。042まづ酋長(しうちやう)照彦(てるひこ)(かがみ)(いけ)(みづ)(すく)つて洗礼(せんれい)(ほどこ)し、043次々(つぎつぎ)(これ)()(すく)ひ、044老若男女(らうにやくなんによ)(むか)一々(いちいち)洗礼(せんれい)(ほどこ)し、045この巌窟(がんくつ)(かがみ)(いけ)(むか)つて祈願(きぐわん)()めにける。
046嗚呼(ああ)天地(てんち)御造(おつく)(あそ)ばした国治立(くにはるたち)大神様(おほかみさま)047太陽(たいやう)(ごと)(つき)(ごと)(かがみ)(ごと)く、048(まる)(きよ)らかなる(この)(かがみ)(いけ)水晶(すゐしやう)御水(おみづ)(ごと)く、049酋長(しうちやう)(はじ)めその()老若男女(らうにやくなんによ)身魂(みたま)(きよ)(みが)かせ(たま)うて、050(この)(みづ)千代(ちよ)万代(よろづよ)(かれ)ざる(ごと)く、051(きよ)信仰(しんかう)何処(どこ)までも(つな)がせ(たま)ひて、052神様(かみさま)御膝下(おひざもと)(すく)はれます(やう)に、053(また)この(たふと)き、054(きよ)御水(おみづ)(かがみ)として、055吾々(われわれ)はじめ各自(めいめい)のものが何時(いつ)までも(こころ)(にご)しませぬやうに、056御守(おまも)(くだ)さいますやう御願(おねが)(いた)します。057(わたくし)今日(けふ)まで鬼城山(きじやうざん)立籠(たてこも)り、058木常姫(こつねひめ)共々(ともども)大神様(おほかみさま)御神業(ごしんげふ)(ちから)(かぎ)り、059(こん)(かぎ)妨害(ばうがい)(いた)しました(その)(つみ)は、060(てん)よりも(たか)く、061千尋(ちひろ)(うみ)よりもまだ(ふか)いもので御座(ござ)います。062(しか)るに貴方様(あなたさま)大慈(だいじ)大悲(だいひ)大御心(おほみこころ)(もつ)て、063吾々(われわれ)(ごと)大罪人(だいざいにん)(たい)満腔(まんこう)(なみだ)御注(おそそ)(くだ)さいまして、064(おそ)(おほ)くも天教山(てんけうざん)猛火(まうくわ)(なか)御身(おんみ)(とう)(たま)うたことを(うけたま)はりました。065(その)(こと)()きましてから(わたくし)は、066(むかし)悪事(あくじ)(おも)ひだし、067()つても()ても()れぬやうな心持(こころもち)になりました。068嗚呼(ああ)一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)したいと(おも)ひますと、069(わたくし)(はら)(なか)から悪魔(あくま)が「馬鹿々々(ばかばか)070(なに)をソンナ(よわ)(こと)(おも)ふか」と(しか)りますので、071ついウロウロと(たましひ)(まよ)ひ、072(こころ)ならぬ月日(つきひ)(おく)つて()りました。073(たまたま)(わたくし)常世(とこよ)(くに)逃出(にげだ)して、074筑紫(つくし)(しま)彼方(あちら)此方(こちら)彷徨(さまよ)(うち)075()出神(でのかみ)()立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)が、076智利(てる)(みやこ)御出(おい)(あそ)ばしたと()いて、077朝日丸(あさひまる)()つて此処(ここ)(わた)ります(その)(ふね)(なか)に、078有難(ありがた)くも()出神(でのかみ)(さま)()つて()られ、079いろいろ結構(けつこう)御話(おはなし)()かして(くだ)さいました。080(これ)(まつた)貴方様(あなたさま)御引合(おひきあは)せと有難(ありがた)感謝(かんしや)(いた)します。081()(きよ)(かがみ)(いけ)(みづ)は、082円満(ゑんまん)なる大神様(おほかみさま)大御心(おほみこころ)でありませう。083この滾々(こんこん)として()()づる(きよ)(みづ)は、084大神様(おほかみさま)(われ)らを(あは)れみ(たま)(なみだ)(あつ)まりでありませう。085(この)(みづ)(きよ)きは、086大神様(おほかみさま)血潮(ちしほ)でありませう。087(ねが)はくば永遠(ゑいゑん)(われ)らの(たましひ)を、088(この)(かがみ)(いけ)円満(ゑんまん)なるが(ごと)く、089清麗(せいれい)なるが(ごと)(まも)らせ(たま)はむ(こと)を、090村人(むらびと)(とも)御願(おねが)(いた)します。091惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)092惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
093真心(まごころ)()めて祈願(きぐわん)したり。094数多(あまた)人々(ひとびと)異口同音(いくどうおん)に、095惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)(とな)へて神徳(しんとく)讃美(さんび)したりけり。
096大正一一・二・六 旧一・一〇 森良仁録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)