霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三八章 華燭(くわしよく)(てん)〔三八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第38章 第8巻 よみ:かしょくのてん 通し章番号:388
口述日:1922(大正11)年02月10日(旧01月14日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一同は神前に神言を奏上し、賛美歌を唱えて休息していた。正鹿山津見はふすまを開けて入り来た。そして御飯の用意ができたことを告げた。
蚊ヶ虎は妻のない正鹿山津見の様子を見て、一国の守護職であり宣伝使でもある正鹿山津見に、女房を世話しよう、と申し出た。そして、候補に五月姫を挙げた。
淤藤山津見が正鹿山津見にこのことを伝えた。また、蚊ヶ虎の説き諭しに五月姫は涙を流して感謝の意を表し、承諾した。
ここに一同は盛大な結婚の式を挙げた。直会の宴のさなか、番頭の国彦がやってきて、聖地エルサレムから正鹿山津見を訪ねて三人の娘、松代姫、竹野姫、梅ヶ香姫がやってきた、と伝えた。正鹿山津見は嬉しいことは重なるものだと言って喜んだ。
正鹿山津見はかつて聖地の天使長・桃上彦であった。兄・広宗彦や行成彦の神政を奪って体主霊従の限りを尽くし、地の高天原は混乱の極みに陥った。妻は病死し、自分は常世彦・常世姫によって追放されたのである。
船に乗っていたところ暴風にあって船は転覆したが、琴平別の亀に救われて竜宮城にいたり、門番となって長い間艱難辛苦を嘗めたが、日の出神に救われて、珍の国の守護職となった。
正鹿山津見の三人の娘は、神夢に感じてはるばるここに訪ねて来た。黄泉比良坂の上で黄泉軍を待ち討った伊弉諾命の三個の桃の実とは、すなわち桃上彦の三人の娘の活動を示したものである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0838
愛善世界社版:268頁 八幡書店版:第2輯 247頁 修補版: 校定版:272頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001 一同(いちどう)国魂(くにたま)神前(しんぜん)神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、002讃美歌(さんびか)(とな)(をは)つて休息(きうそく)してゐた。003正鹿山津見(まさかやまづみ)(ふすま)押開(おしあ)()(きた)り、
004御飯(ごはん)出来(でき)ました。005どうぞ御上(おあが)(くだ)さいませ。006何分(なにぶん)(なが)らく留守(るす)(いた)して()きましたのと、007家内(かない)がないので不行届(ふゆきとど)き、008不都合(ふつがふ)だらけですけれど』
009挨拶(あいさつ)()べ、010この()()()りぬ。
011珍山彦(うづやまひこ)(みな)方々(かたがた)012(いま)(うけたま)はれば正鹿山津見様(まさかやまづみさま)女房(にようばう)()いと()(こと)だ。013一国(いつこく)守護職(しゆごしよく)として宣伝使(せんでんし)()ねられた(いそ)がしい身体(からだ)014肝腎(かんじん)女房(にようばう)()いとは()(どく)でないか。015(ひと)珍山彦(うづやまひこ)奥様(おくさま)御世話(おせわ)しようと(おも)ふが如何(どう)でせうな』
016 駒山彦(こまやまひこ)(ひざ)をのり()し、
017『それは結構(けつこう)だな。018適当(てきたう)候補者(こうほしや)見込(みこ)みがあるのかい』
019『あらいでか、020(たしか)にあるのだ。021吾々(われわれ)御世話(おせわ)したいのは、022女宣伝使(をんなせんでんし)五月姫(さつきひめ)だよ。023ナア五月(さつき)さま、024貴方(あなた)珍山峠(うづやまたうげ)(ふもと)(いは)(うへ)で、025正鹿山津見(まさかやまづみ)さまは(まこと)(をとこ)らしい、026立派(りつぱ)御顔付(おかほつ)きの(かた)だと()うて()ましたね、027御異存(ごいぞん)はありますまい』
028 五月姫(さつきひめ)(だま)つて(そで)(かほ)(かく)す。029駒山彦(こまやまひこ)言葉(ことば)せはしく、
030『そらいかぬ。031(ひと)(ちが)ふではないかな。032貴様(きさま)はあれ()()れてゐたではないか。033(おれ)貴様(きさま)(おく)さまに世話(せわ)したいと(おも)つてゐたのだ。034ソンナ遠慮(ゑんりよ)()らぬ。035(とほ)(ところ)からくすぐるやうに(なぞ)かけをせずに、036五月姫(さつきひめ)殿(どの)037珍山彦(うづやまひこ)女房(にようばう)になつて(くだ)さい」と、038(をとこ)らしくキツパリと()()したら如何(どう)だい。039奥歯(おくば)(もの)(つま)つたやうな(こと)()ひよつて、040何処(どこ)までも図々(づうづう)しう(しら)ばくれる(をとこ)だな』
041このはなさまは(ゆゑ)あつて女房(にようばう)(もた)ぬのだ。042それ(だけ)(こら)へて()れ。043(あんま)(おれ)洒落(しやれ)るものだから、044本当(ほんたう)にし()つて(いた)うない(はら)(さぐ)られて迷惑(めいわく)だよ。045さうぢやと()つて、046()可愛(かあい)らしい五月姫(さつきひめ)(きら)ひだと()ふのでは()い。047()きの()きの大好(だいす)きだが、048女房(にようばう)(もた)れぬ因縁(いんねん)があるのだよ』
049『オイ蚊々虎(かがとら)050ドツコイ珍山彦(うづやまひこ)051その因縁(いんねん)()かうかい』
052『お(まへ)()かせるやうな、053因縁(いんねん)なら()(かく)さう。054こればかりは(こら)へて()れ。055(おれ)()()重大(ぢうだい)なる任務(にんむ)があるのだから』
056 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
057『ヤア珍山(うづやま)さま、058貴方(あなた)(こと)()うしても吾々(われわれ)合点(がつてん)()かない。059丸切(まるき)天空(てんくう)(かけ)蛟竜(かうりう)(ごと)く、060千変万化(せんぺんばんくわ)捕捉(ほそく)すべからずだ。061もう何事(なにごと)()ひませぬ。062貴方(あなた)御意見(ごいけん)(まか)して五月姫(さつきひめ)さまを、063此家(ここ)主人(しゆじん)奥様(おくさま)推薦(すゐせん)したいものですな』
064 珍山彦(うづやまひこ)は、
065『どうか貴方(あなた)御同意(ごどうい)ならば、066正鹿山津見(まさかやまづみ)さまに(ひと)掛合(かけあ)つて()(くだ)さいな』
067 淤縢山津見(おどやまづみ)は『よろしい』といつて()()()一室(ひとま)()つた。
068 五月姫(さつきひめ)(かほ)(あか)らめて俯向(うつむ)いてゐる。069駒山彦(こまやまひこ)は、
070『これこれ五月(さつき)さま、071(をんな)にとつて一生(いつしやう)一大事(いちだいじ)072俯向(うつむ)いてばかり()つては(こと)(わか)らぬ、073珍山(うづやま)さまにするか、074正鹿山津見(まさかやまづみ)さまにするか、075(みぎ)(ひだり)返答(へんたふ)しなさい。076御意見(ごいけん)あらば吾々(われわれ)に、077(へだ)ても(なに)もない(なか)だ、078キツパリ()つて(くだ)さい。079万々一(まんまんいち)両人(ふたり)御方(おかた)()()らねば、080(ほか)候補者(こうほしや)()いことはありませぬよ。081コーと()頭字(かしらじ)のついた(ひと)御世話(おせわ)(いた)しませうか』
082 珍山彦(うづやまひこ)駒山彦(こまやまひこ)(かほ)(なが)めて、
083『ウフヽヽヽ』
084 五月姫(さつきひめ)(やうや)くに(おもて)()げて、
085『ハイハイ、086正鹿山津見(まさかやまづみ)さまさへ御異存(ごいぞん)()くば』
087 珍山彦(うづやまひこ)()()つて、
088『お()でたお()でた、089願望(ぐわんもう)成就(じやうじゆ)090(とき)(いた)れりだ。091ヤア、092さすがは五月姫(さつきひめ)殿(どの)093天晴(あつぱ)天晴(あつぱ)れ、094よう()()いた。095()れでこそ天下(てんか)宣伝使(せんでんし)だ。096(おも)()つたを吉日(きちにち)に、097今日(けふ)婚礼(こんれい)(しき)()げませう』
098 駒山彦(こまやまひこ)は、
099『コラコラ、100珍山彦(うづやまひこ)101一方(いつぱう)承知(しようち)したつて、102一方(いつぱう)()()ふか(わか)りはしない、103(あはび)片想(かたおも)ひかも()れないのに、104よく周章(あわ)てる(やつ)だな』
105珍山彦(うづやまひこ)『なに大丈夫(だいぢやうぶ)だよ。106(ねこ)鰹節(かつをぶし)だ、107(きつね)(ねずみ)油揚(あぶらあげ)だ、108(ふた)返事(へんじ)()ひつき(あそ)ばす(こと)は、109請合(うけあ)ひの西瓜(すゐくわ)だ、110(なか)まで真赤(まつか)だ。111コレコレ五月姫(さつきひめ)さま、112貴方(あなた)(いま)までは()しも()されもせぬ一人前(いちにんまへ)(をんな)だ、113(をとこ)(をんな)(おな)権利(けんり)だつた、114()はば男女(だんぢよ)同権(どうけん)115しかし今日(けふ)から結婚(けつこん)したが最後(さいご)116(をつと)(したが)はねばならぬ。117夫唱婦従(ふしやうふじゆう)天則(てんそく)(まも)り、118主人(しゆじん)によう(つか)へ、119(いへ)(なか)(をさ)めて()くのが貴女(あなた)(やく)だよ。120男女(だんぢよ)同権(どうけん)でも、121夫婦(ふうふ)同権(どうけん)でないから、122それを(わす)れぬやうに賢妻良母(けんさいりやうぼ)(かがみ)()して、123三五教(あななひけう)(ひかり)天下(てんか)(あら)はすのだ。124(ひろ)()(なか)(をつと)となり(つま)となるのも(ふか)(ふか)因縁(いんねん)だ、125神様(かみさま)御引合(おひきあは)せだから、126(けつ)して気儘(きまま)()してはいけませぬぞ。127(わたし)珍山峠(うづやまたうげ)御話(おはな)ししたやうに、128どうぞこの(はな)婿(むこ)大切(たいせつ)にして(はす)(うてな)末永(すゑなが)う、129(かなら)祝姫(はふりひめ)()(まひ)()まぬやうにして(くだ)さい。130(たの)みます』
131 五月姫(さつきひめ)(なみだ)をボロボロと(こぼ)しながら、
132『ハイ、133(なに)から(なに)まで、134貴方(あなた)御親切(ごしんせつ)孫子(まごこ)時代(じだい)(おろ)か、135五六七(みろく)()まで(けつ)して(わす)れは(いた)しませぬ。136貴方(あなた)御教訓(ごけうくん)(かなら)(かた)(まも)ります。137御安心(ごあんしん)して(くだ)さいませ』
138『ナント珍山(うづやま)139貴様(きさま)(へん)(をとこ)だねー。140ホンニ合点(がつてん)のゆかぬ(をとこ)だ。141コンナ別嬪(べつぴん)(ひと)にやるなどと、142ナントした変人(へんじん)だらう。143(しか)感心(かんしん)だ。144この駒山(こまやま)だつたら(とて)其処(そこ)まで身魂(みたま)(みが)けて()らぬからなー』
145 ()(はな)(をり)しも、146淤縢山津見(おどやまづみ)正鹿山津見(まさかやまづみ)(ともな)ひ、147この()(あら)はれ叮嚀(ていねい)辞儀(じぎ)をしながら、
148御一同様(ごいちどうさま)149いろいろと御世話(おせわ)になつた(うへ)150今度(こんど)結構(けつこう)御世話(おせわ)(くだ)さいまして有難(ありがた)う。151御恩(ごおん)(かへ)(やう)は、152もう御座(ござ)りませぬ』
153感謝(かんしや)()(もら)した。
154 珍山彦(うづやまひこ)は、
155『あゝ結構々々(けつこうけつこう)156それで安心(あんしん)して吾々(われわれ)宣伝(せんでん)(まゐ)ります。157どうぞ幾久(いくひさ)しく夫婦(ふうふ)仲好(なかよ)くして()神国(かみくに)永遠(ゑいゑん)(をさ)めて(くだ)さい。158一朝(いつてう)(こと)ある(とき)は、159夫婦(ふうふ)諸共(もろとも)神界(しんかい)御用(ごよう)()つて(くだ)さい』
160()ごろ快活(くわいくわつ)(をとこ)()ず、161(こゑ)(くも)らして(うれ)(なみだ)(こぼ)()たり。
162 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
163『ヤア、164()(はなし)(まと)まつた(うへ)は、165善事(ぜん)(いそ)げだ。166(はや)神前(しんぜん)結婚(けつこん)用意(ようい)にかかりませうか』
167 (ここ)一同(いちどう)(いへ)()郎党(らうたう)(とも)に、168盛大(せいだい)なる結婚(けつこん)(しき)()げける。169一同(いちどう)直会(なほらい)(えん)にうつり、170(おのおの)()()(うた)(うた)ひ、171感興(かんきよう)()くが(ごと)(をり)しも、172番頭(ばんとう)国彦(くにひこ)(ふすま)(ひら)いて、
173御主人様(ごしゆじんさま)申上(まをしあ)げます。174只今(ただいま)ヱルサレムの聖地(せいち)から松代姫(まつよひめ)175竹野姫(たけのひめ)176梅香姫(うめがかひめ)三人(さんにん)御嬢様(おぢやうさま)が、177御父様(おとうさま)住家(すみか)此処(ここ)か」と()つて、178一人(ひとり)(とも)()れて御出(おい)でになりました。179如何(いか)取計(とりはか)らひませうか』
180 正鹿山津見(まさかやまづみ)(おどろ)きながら、
181『あゝ(うれ)しいことが(かさ)なるものだな』
182 一同(いちどう)()()つて、183ウローウロー。
184   附言(ふげん)
185 正鹿山津見(まさかやまづみ)は、186聖地(せいち)ヱルサレムの天使長(てんしちやう)であつた桃上彦命(ももがみひこのみこと)である。187(あに)広宗彦命(ひろむねひこのみこと)188行成彦命(ゆきなりひこのみこと)神政(しんせい)(うば)ひ、189体主霊従(たいしゆれいじゆう)(かぎ)りを(つく)し、190()高天原(たかあまはら)(ため)混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)(きよく)(おちい)り、191その(つま)病死(びやうし)し、192自分(じぶん)常世彦(とこよひこ)193常世姫(とこよひめ)のために、194(ある)一時(いちじ)失敗(しつぱい)より追放(つゐはう)され、195三人(さんにん)(むすめ)(あと)(のこ)して()()れし(みやこ)(あと)に、196(ひと)(じま)(すす)(をり)しも、197暴風(ばうふう)()(ふね)(たちま)顛覆(てんぷく)し、198琴平別(ことひらわけ)(かめ)(すく)はれ竜宮城(りうぐうじやう)にいたり、199門番(もんばん)となり()てし(をり)しも、200()出神(でのかみ)(すく)はれ、201この(うづ)(みやこ)守護職(しゆごしよく)となれるなり。
202 この(こと)三人(さんにん)(むすめ)は、203神夢(しんむ)(かん)じて遥々(はるばる)此処(ここ)(たづ)()たり。204黄泉比良坂(よもつひらさか)(さか)(うへ)(おい)て、205黄泉軍(よもついくさ)()()(たま)ひし伊弉諾命(いざなぎのみこと)三個(さんこ)(もも)()は、206(すなは)桃上彦命(ももがみひこのみこと)三人(さんにん)(むすめ)活動(くわつどう)(しめ)されたるなり。
207大正一一・二・一〇 旧一・一四 外山豊二録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。