霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 言霊解(げんれいかい)二〔三九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第6篇 黄泉比良坂 よみ:よもつひらさか
章:第40章 第8巻 よみ:げんれいかい二 通し章番号:390
口述日:1922(大正11)年02月10日(旧01月14日) 口述場所: 筆録者:谷村真友(再録) 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
殺された火の神の頭に現れた神、というのは言論界に現れた悪神ということである。胸に現れた神とは、政治家や大臣など、国を治める立場の人々の悪思想を表している。
同様にして、中流階級、農民階層、実業家などにも利己主義・物質主義がはびこっていることを暗示している。
伊邪那美命が黄泉国の食事を食べたために、元の世界に戻れなくなった、とあるのは、物質文明の毒のために、地球上の霊魂が汚された、ということを現している。
伊邪那岐命は霊で、伊邪那美命は体である。この世は霊ばかりではいけない、霊肉一致でなければならない。日本は霊主体従の教えをもっと世界万民を安育しなければならない。
古事記に言う黄泉国とは、今日の悪化した世の中を指している。そこに霊系の伊邪那岐神が御降りになったということは、精神文明の徳をもって、森羅万象一切のものを愛撫するという至仁至愛の大御心から地球を完成される、ということである。
火力文明のために黄泉国となってしまった世界を、一度元に還そうということである。神の教えにしたがって神が改心し、国魂が改心し、人民が改心して完全な国を造れ、悪の守護神も改心してくれ、ということである。
伊邪那美命がもう少し早くご注意くだされたら、とお答えになった。そして黄泉神と相談するというのは、黄泉国を支配する体主霊従の主権者たちを説き伏せよう、ということである。
しかしなかなか黄泉神たちの議論がまとまらない様子を示している。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0840
愛善世界社版:287頁 八幡書店版:第2輯 253頁 修補版: 校定版:291頁 普及版:128頁 初版: ページ備考:
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年12月1日号(第132号) > 皇典と現代(二)
001(ころ)さえましし迦具土神(かぐつちのかみ)御頭(みかしら)に、002()りませる(かみ)御名(みな)は、003正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)004(つぎ)御胸(みむね)()りませる(かみ)御名(みな)淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)005(つぎ)御腹(みはら)()りませる(かみ)御名(みな)奥山津見神(おくやまづみのかみ)006(つぎ)御陰(みほと)()りませる(かみ)御名(みな)は、007闇山津見神(くらやまづみのかみ)008(つぎ)(ひだり)御手(みて)()りませる(かみ)御名(みな)志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)009(つぎ)(みぎり)御手(みて)()りませる(かみ)御名(みな)は、010羽山津見神(はやまづみのかみ)011(つぎ)(ひだり)御足(みあし)()りませる(かみ)御名(みな)は、012原山津見神(はらやまづみのかみ)013(みぎり)御足(みあし)()りませる(かみ)御名(みな)戸山津見神(とやまづみのかみ)
014 (ころ)された()(かみ)(あたま)()りませる(かみ)はよい(かみ)ではない。015(すなは)正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)(つよ)(たふと)位置(ゐち)にある(わる)(かみ)といふ意味(いみ)であります。016といふ(こと)は、017言霊上(げんれいじやう)018(しま)(てん)(こゑ)019(しま)(ひと)(こゑ)020(しま)()(こゑ)021(すなは)(ひと)(こゑ)022世界(せかい)一般(いつぱん)人種(じんしゆ)衆口愚論(しうこうぐろん)マツミ魔積(まつ)みでありますから、023ヤマツミといふことは言論界(げんろんかい)悪魔(あくま)()むといふ意味(いみ)で、024これが正鹿山津見神(まさかやまづみかみ)(おこ)ることになります。025(あたま)()りませるとは、026(すなは)(うへ)(はう)はいらぬと()うて、027今日(こんにち)のデモクラシーの(ごと)く、028人類(じんるゐ)平等(べうどう)(てん)(めぐみ)()くるといふ(せつ)で、029階級(かいきふ)撤廃(てつぱい)なぞといふ思想(しさう)(おこ)るといふ(こと)であります。
030 (つぎ)に『御胸(みむね)()りませる(かみ)御名(みな)031淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)』の(むね)といふのは、032人間(にんげん)身体(しんたい)にたとふれば、033心臓(しんざう)肺臓(はいざう)(ちち)(あたり)で、034政治家(せいぢか)でいへば、035大臣(だいじん)とか、036親任官(しんにんくわん)とか、037勅任官(ちよくにんくわん)などが(むね)であります。038(すなは)是等(これら)人々(ひとびと)思想(しさう)()いてあるのであります。039(した)から種々(しゆじゆ)思想上(しさうじやう)戦争(せんそう)(おこ)つて、040それに(むね)(いた)めて、041おどおどして()るから軍隊(ぐんたい)や、042警察(けいさつ)(ちから)圧迫(あつぱく)脅威(けふゐ)するといふ意味(いみ)になります。
043 (つぎ)に『御腹(みはら)()りませる(かみ)()044奥山津見神(おくやまづみのかみ)』といふのは、045国民(こくみん)中堅(ちうけん)(すなは)中流(ちうりう)社会(しやくわい)といふことで、046人体(じんたい)にたとふれば(へそ)(あた)るのであります。
047 (こころ)048()むとか、049(くる)しむとかいふ(こと)で、050中流(ちうりう)階級(かいきふ)中央(ちうあう)()つて、051()うしたらよからうかと()うて、052(くるし)んで()るのであります。053(すなは)保守(ほしゆ)主義(しゆぎ)でも()かず、054(あたら)しい主義(しゆぎ)でも()かず、055その(なか)()つて、056うまくやりたいといふ言霊上(げんれいじやう)意味(いみ)になるのであります。
057 (つぎ)に『御陰(みほと)()りませる(かみ)()058闇山津見神(くらやまづみのかみ)』といふのは、059ほと農業(のうげふ)従事(じうじ)する(たみ)で、060人体(じんたい)にたとふれば陰部(いんぶ)(あた)りまして、061()()()(ところ)であります。062(すなは)農家(のうか)といふことになります。063この百姓(ひやくしやう)現在(げんざい)如何(いか)なる思想(しさう)があつて、064その意味(いみ)(なん)であるかわからず、065指導者(しだうしや)()つて如何(どう)でもなることを意味(いみ)して()るのであります。066(まつた)(とき)(いきほひ)()つて何方(どつち)にもつく無定見(むていけん)思想(しさう)闇山津見(くらやまづみ)(かみ)といふことになります。
067 (つぎ)に『(ひだり)御手(みて)()りませる(かみ)()068志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)』の、069この(ひだり)()といふことは(うへ)(はう)()といふことで、070(すなは)政治家(せいぢか)で、071(みぎ)()実業(じつげふ)のことになります。072(すべ)政治家(せいぢか)(かみ)左手(ひだりて)(やく)073実業家(じつげふか)(みぎ)()(やく)で、074(みぎ)()仕事(しごと)をして、075(ひだり)()(をさ)めることになるのであります。076志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)(みづ)で、077(かみ)(くに)(かさ)なりたる意味(いみ)であります。078さうすると政治家(せいぢか)精神文明(せいしんぶんめい)()がつかずに、079精神(せいしん)教育(けういく)よりも、080物質(ぶつしつ)(はう)(おも)きを()くといふ意味(いみ)になります。081今日(こんにち)(いた)(ところ)排日(はいにち)思想(しさう)(おこ)つて()りますが、082この思想(しさう)問題(もんだい)思想(しさう)(おさ)へつけなければならぬのに、083貿易(ぼうえき)(うへ)にも圧迫(あつぱく)()け、084軍備(ぐんび)彼方(むかう)はよく(ととの)へて()るとなりますと、085(この)(はう)にも日本(にほん)なれば八々艦隊(はちはちかんたい)(つく)つたり、086陸軍(りくぐん)(まし)たりして、087(くに)(まも)らうとして()(かんが)への(さか)んな(とき)のことを志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)といふのであります。
088 (つぎ)に『(みぎ)御手(みて)()りませる(かみ)御名(みな)089羽山津見神(はやまづみのかみ)』といふのは、090下々(しもじも)百姓(ひやくしやう)労働者(らうどうしや)091実業家(じつげふか)()したものであります。092(すなは)戦争(せんそう)(おこ)れば人気(にんき)(わる)くなるかも()れぬが(こめ)(たか)くなつたり、093物価(ぶつか)(あが)つたりするから、094(こめ)(たくは)へて()いて(まう)けてやらうとか、095(また)沢山(たくさん)品物(しなもの)仕入(しい)れて()いて一儲(ひとまう)けしようとか、096如何(どう)したら(かね)(まう)かるかと()ふことばかりを(かんが)へて()る。097(じつ)(した)人民(じんみん)真心(まごころ)が、098(みだ)れた利己主義(われよし)といふことになります。
099 (ひら)くといふことでありますがハヤマツミ(つづ)きますと、100(なに)変動(へんどう)(おこ)れば(まう)けたいと()つて(かんが)へこむ意味(いみ)で、101(すなは)大火事(おほくわじ)があれば材木(ざいもく)(あが)るから、102(いま)(うち)(これ)仕入(しい)れてやらうとか、103饑饉(ききん)()百穀(ひやくこく)(みの)らず、104不作(ふさく)であつたら(いま)(うち)(こめ)沢山(たくさん)買込(かひこ)んでおいて一儲(ひとまう)けしようとか、105(じつ)不都合(ふつがふ)利己主義(われよし)にかぶれて、106何事(なにごと)変動(へんどう)()つて()(たましひ)を、107羽山津見神(はやまづみのかみ)といふのであります。
108 (つぎ)に『(ひだり)御足(みあし)()りませる(かみ)()109原山津見神(はらやまづみのかみ)110(みぎ)御足(みあし)()りませる(かみ)()111戸山津見神(とやまづみのかみ)』といふのは、112この(あし)海外(かいぐわい)発展(はつてん)する(かんが)へを()(ひと)(こと)で、113海外(かいぐわい)()くなら外国(ぐわいこく)思想(しさう)研究(けんきう)して()てやらう、114外国(ぐわいこく)(しん)文明国(ぶんめいこく)だ、115わが(くに)未開国(みかいこく)だ。116向方(むかう)(くに)親善(しんぜん)をして談笑(だんせう)(うち)に、117国際間(こくさいかん)紛擾(ふんぜう)都合(つがふ)よく解決(かいけつ)をつけたいといふ、118(すなは)西洋(せいやう)文明(ぶんめい)憧憬(あこがれ)()る、119(すべ)ての学者(がくしや)(せつ)が、120(ひだり)(あし)原山津見神(はらやまづみのかみ)であります。
121 トヤといふのは(そと)(ひら)くといふことで、122この戸山津見神(とやまづみのかみ)は、123移民(いみん)とか、124出稼(でかせぎ)とかいふ(こと)で、125外国(ぐわいこく)移民(いみん)(おく)るとか、126外国(ぐわいこく)外国(ぐわいこく)移民(いみん)排斥(はいせき)とか、127種々(しゆじゆ)大問題(だいもんだい)勃発(ぼつぱつ)する(こと)で、128丁度(ちやうど)今日(こんにち)()(なか)によく()()るのであります。129この移民(いみん)といふことは、130神代(かみよ)では()ういふ(こと)(しめ)されたものか(わか)りませぬが、131()ういふ(ふう)言霊的(げんれいてき)予言(よげん)(しめ)されて()るのであります。132(すなは)()同胞(どうはう)遠国(ゑんごく)(そら)で、133排日(はいにち)のために(くや)残念(ざんねん)(こら)へて、134()ふに()はれぬ苦労(くらう)をして()るのに国民(こくみん)冷淡(れいたん)であるとか、135政府(せいふ)(なに)をして()るかというて、136反対(はんたい)やら、137不平(ふへい)やらを持出(もちだ)す、138()状態(じやうたい)戸山津見神(とやまづみのかみ)といふのであります。
139(ここ)(その)(いも)伊弉冊命(いざなみのみこと)相見(あひみ)まく(おもほ)して、140黄泉国(よもつのくに)追往(おひい)でましき。141(すなは)殿騰戸(とののあげと)より出向(いでむか)へます(とき)に、142伊弉諾命(いざなぎのみこと)語詔(かたら)ひたまはく、143(うつ)くしき我那邇妹命(わがなにものみこと)144吾汝(あれいまし)(つく)れりし(くに)(いま)(つく)()へずあれば、145(かへ)りまさねとのりたまひき、146(ここ)伊弉冊命(いざなみのみこと)(こたへ)(まを)したまはく、147(くや)しきかも、148()()まさずて()黄泉戸喫(よもつへぐひ)しつ。149(しか)れども(うつ)くしき、150我那勢命(あがなせのみこと)入来(いりき)ませる(こと)(かしこ)ければ(かへ)りなむを。151(しばら)黄泉神(よもつがみ)相論(あげつら)はむ。152()をな()たまひそ。153如此(かく)(まを)して(その)殿内(とぬち)(かへ)()りませる(ほど)甚久(いとひさ)しくて()ちかねたまひき。154(かれ)155(ひだり)御美髪(みみづら)()させる湯津津間櫛(ゆづつまぐし)男柱(をばしら)一箇(ひとつ)取闕(とりか)きて、156一火(ひとひ)(とも)して入見(いりみ)ます(とき)に、157(うじ)(たか)(とどろ)きて、158御頭(みかしら)には大雷(おほいかづち)()り、159御胸(みむね)には火雷(ほのいかづち)()り、160御腹(みはら)には黒雷(くろいかづち)()り、161御陰(みほと)には拆雷(さくいかづち)()り、162(ひだり)御手(みて)には若雷(わかいかづち)()り、163(みぎり)御手(みて)には土雷(つちいかづち)()り、164(ひだり)御足(みあし)には鳴雷(なるいかづち)()り、165(みぎり)御足(みあし)には伏雷(ふしいかづち)()(あは)せて(やくさ)雷神(いかづちがみ)()()りき』
166 この御言葉(みことば)地球上(ちきうじやう)霊魂(れいこん)なる大国魂(おほくにたま)守護(しゆご)(わる)いから、167()うなつたのであり、168()文明(ぶんめい)(すなは)物質文明(ぶつしつぶんめい)惨毒(さんどく)(ため)(かく)(ごと)世界(せかい)(ほとん)滅亡(めつぼう)(ひん)したのであります。
169 伊弉諾命(いざなぎのみこと)(れい)で、170伊弉冊命(いざなみのみこと)(たい)であります。171この()(なか)(れい)ばかりでもいけない、172(すなは)霊肉一致(れいにくいつち)でなければならぬのであります。173(わが)日本(にほん)霊主体従(れいしゆたいじゆう)(をしへ)(もつ)て、174世界(せかい)国魂(くにたま)()かし、175世界(せかい)万民(ばんみん)安育(あんいく)させて()かねばならぬ(くに)であります。176世界(せかい)道義的(だうぎてき)精神文明(せいしんぶんめい)徳沢(とくたく)(もつ)て、177全地球(ぜんちきう)一切(いつさい)愛撫(あいぶ)すると()至仁至愛(みろく)大御心(おほみこころ)から、178()大神(おほかみ)地球(ちきう)完成(くわんせい)(たま)(ため)に、179伊弉冊命(いざなみのみこと)会見(くわいけん)申込(まをしこ)み、180遥々(はるばる)御降(おくだ)りになつた(こと)であります。
181()(いも)伊弉冊命(いざなみのみこと)相見(あひみ)まく(おもほ)して黄泉国(よもつのくに)追往(おひい)でましき』といふ、182この黄泉国(よもつのくに)死後(しご)のことをいうたのでなくして、183今日(こんにち)全世界(ぜんせかい)状態(じやうたい)黄泉国(よもつのくに)であります。184そこで(てん)から、185本当(ほんたう)神様(かみさま)(くだ)つて()岩戸(いはと)騰戸(あげど)をば(すこ)(ひら)いて()られたのであります。186さうすると世界(せかい)各国(かくこく)187()(しま)つてゐる。188この()といふことは(ばつ)(こと)でありまして、189門閥(もんばつ)だとか、190政党閥(せいたうばつ)だとか、191資本閥(しほんばつ)だとか、192学閥(がくばつ)だとか、193宗教閥(しうけうばつ)などいふものが()であります。
194 その()()けて、195伊弉諾命(いざなぎのみこと)(いは)れますには、196()(うつ)くしき』と()(こと)は、197(えう)するに地球(ちきう)国魂(くにたま)世界(せかい)一般(いつぱん)人民(じんみん)も、198森羅万象(しんらばんしやう)一切(いつさい)のものを(みな)(あい)(たま)ひての御言葉(おことば)であります。199すなはち霊系(れいけい)体系(たいけい)相俟(あひま)つて、200(うる)はしい世界(せかい)(つく)らむとしたが、201()(かみ)いはゆる火力(くわりよく)文明(ぶんめい)のために、202世界(せかい)黄泉国(よもつくに)()つたのである。203それで(いま)一度(いちど)(もと)(かへ)れと()はれたのであります。204この太元(もと)(かへ)れといふことは、205(かみ)(をしへ)(したが)つて(かみ)改心(かいしん)し、206国魂(くにたま)改心(かいしん)し、207人民(じんみん)改心(かいしん)して、208上下一致(しやうかいつち)(もつ)完全(くわんぜん)なる(くに)(つく)らむとの意味(いみ)であります。209(すなは)地球上(ちきうじやう)(あく)守護神(しゆごじん)に、210改心(かいしん)してくれといふことになります。
211 そこで伊弉冊命(いざなみのみこと)(こたへ)(いは)るるには、212(くや)しきかも()()まさずして、213()黄泉戸喫(よもつへぐひ)しつ』とあります。214これは残念(ざんねん)なことを(いた)しました。215(われ)黄泉戸喫(よもつへぐひ)した。216モウ(すこ)(はや)御注意(ごちうい)(くだ)さらば、217(ここ)まで地球上(ちきうじやう)一切(いつさい)腐敗(ふはい)せなかつたで()らうに、218今日(こんにち)となつては(じつ)(くも)()り、219(にご)()り、220(くさ)()りた()(なか)()のつけやうもない。221()きも(もど)りも、222()げも(おろ)しも、223二進(につち)三進(さつち)()かぬ状態(じやうたい)であるといふ意味(いみ)であります。
224 (すなは)(かみ)も、225(われ)も、226(ひと)も、227(とも)(みな)(けが)されて()ることでありますから、228(てん)から(まこと)(かみ)御出(おいで)(くだ)さいまして、229地球(ちきう)破滅(はめつ)せむとするのを(なほ)してやらう、230完全(くわんぜん)なる天国(てんごく)建設(けんせつ)してやらう、231(いは)れますのは、232(まこと)(おそ)(おほ)い、233(たふと)い、234(かたじけ)ない(かみ)御言葉(おことば)でありますから、235(わたくし)国魂(くにたま)(すなは)世界(せかい)一般(いつぱん)神人(しんじん)改心(かいしん)すれば、236()(こと)を『(かへ)りなむ』と(まを)すのである。237しかし一寸(ちよつと)黄泉神(よもつがみ)相談(さうだん)して()ますから、238それまで御待(おま)ちを(ねが)ひますと(こた)へられたのであります。239この黄泉神(よもつがみ)といふのは、240現代(げんだい)暗黒(あんこく)世界(せかい)支配(しはい)して()(かく)体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)主権者(しゆけんしや)大統領(だいとうりやう)といふことでありまして、241相論(あげつら)うといふことは、242一応(いちおう)この(こと)相談(さうだん)して()ませう、243多勢(おほぜい)()()いて()かせて、244その意見(いけん)()いて()ませうといふ(こと)であります。
245 (つぎ)に『甚久(いとひさ)しく()ちかねたまひき』といふのは、246この議論(ぎろん)一寸(ちよつと)や、247そつとの(あひだ)(まと)まらずに、248やれ物質(ぶつしつ)主義(しゆぎ)がよいとか、249金銀(きんぎん)為本(ゐほん)がよいとか、250天産(てんさん)自給(じきふ)だとか、251いろいろの議論(ぎろん)があつて、252二年(にねん)三年(さんねん)()()てぬのであります。253神様(かみさま)(いま)ぢや(はや)ぢやというて(はや)改心(かいしん)せよと、254明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から()(つづ)けに()はれて御急(おいそ)ぎになつて()るが、255黄泉神(よもつがみ)議論(ぎろん)中々(なかなか)(まと)まらぬといふ()うな意味(いみ)であります。
256大正九・一一・一 於五六七殿講演 外山豊二録)
257大正一一・二・一〇 旧一・一四 谷村真友再録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。