霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 宇宙(うちう)太元(たいげん)〔二五一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第1篇 山陰の雪 よみ:さんいんのゆき
章:第1章 第6巻 よみ:うちゅうたいげん 通し章番号:251
口述日:1922(大正11)年01月16日(旧12月19日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大宇宙の元の始めは、湯気とも煙ともなんとも形容のしがたい一種異様の微妙なものが漂っていた。これがほぼ十億年の歳月を経て、無形・無声・無色の霊物となった。これを宇宙の大元霊という。
日本の神典ではこの大元霊を天御中主神、天之峯火夫神という。仏典では阿弥陀如来、キリスト教ではゴッド、易では対極、中国では天帝、等々と呼ばれている。
天御中主神の霊徳は、次第に宇宙に広がって行き、ついには霊、力、体を完成した。無始無終、無限絶対の大宇宙の森羅万象を完成させた神であるので、これを称して大国治立尊、天常立命、ミロクの大神とも言う。
宇宙の大原因である一種微妙の霊物は、天御中主神の純霊として、霊力を産出するにいたった。これを霊系の祖神・高皇産霊神という。
次に元子(または水素)を醸成した。これを体系の祖神・神皇産霊神という。この二神の霊と体から、一種の力徳が生じた。ほとんど三十億年を要して、霊・力・体がやや完成にいたった(造化三神)。
水素は次第に集合して清水となった。高皇産霊神は、清水に火霊を宿したので、清水には流動する力が備わった。水の流体を葦芽彦遅神という。水は一切動物の根源をなし、これに火を宿すことで動物の本質である力徳が発生する。生魂(いくむすび)とはこのことを言う。
次に火と水が抱合して固形物体が発生した。宇宙一切を修理固成する根源の力となる。これが常立神であり、剛体素という。玉留魂(たまつめむすび)である。玉留魂によって、宇宙は固体を備えるに至った。ここまで太初から五十億年かかっている。
水を胞衣として創造された宇宙の中で、一切の円形のものは、水の微粒子の円形に基づいている。
剛体は玉留魂の神威発動による。日地月星がようやく形成された。宇宙の大地は、ほうらくを伏せたような山と、剛流の混淆した泥海から成っている。
玉留魂の神の神徳が発揮されて大地・海陸の区別がなった。軽くて清いものは大空となり、重くて濁ったものが下に留まって大地を形成した。
流と剛、すなわち生魂と玉留魂の水火が合して不完全な呼吸を営み、その中から植物の本質である柔体・足魂(たるむすび)が完成した。これを神典では豊雲野命という。
ここまできて、宇宙には剛(玉留魂)、柔(足魂)、流(生魂)の本質が完成された。
これらの原子と原因は、互いに生成化育して発達し、動(大戸地神)、静(大戸辺神)、解(宇比地根神)、凝(須比地根神)、引(生枠神)、弛(角枠神)、合(面足神)、分(惶根神)という八力を産出した。
この八力によって宇宙の組織が成就し、大地星辰はその位置を保つことができるようになった。こうして、大宇宙が完成するまでに、ほとんど五十六億万年を費やした。
こうして大宇宙の大原因霊である天御中主神は五十六億万年かけて宇宙の一切を創造し、大国治立命と顕現した。そしてその霊魂を分派して我が宇宙に下したもうた。これが、国治立命である。国治立命は、豊雲野命と剛柔相対して地上に動植物を生成化育し、諾冊二尊を生み、日月を作ってその主宰神とした。
しかしながら国治立命の神政も、年が経るにつれて邪気が宇宙に行き渡ったために、ご退隠を余儀なくされたことは、すでに述べたとおりである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-03 00:08:31 OBC :rm0601
愛善世界社版:9頁 八幡書店版:第1輯 635頁 修補版: 校定版:11頁 普及版:4頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第一巻「神と人間」 > 『霊界物語』 抄 > 宇宙太元
001 大宇宙(だいうちう)元始(げんし)(あた)つて、002湯気(ゆげ)とも(けむり)とも(なん)とも形容(けいよう)仕難(しがた)一種(いつしゆ)異様(いやう)微妙(びめう)のものが(ただよ)()たり。003この(もの)(ほとん)十億年間(じふおくねんかん)歳月(さいげつ)()て、004一種(いつしゆ)無形(むけい)005無声(むせい)006無色(むしよく)霊物(れいぶつ)となりたり。007(これ)宇宙(うちう)大元霊(だいげんれい)()ふ。008()神典(しんてん)にては、009天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)(とな)(また)天之峰火男(あまのみねひを)(かみ)(しよう)し、010仏典(ぶつてん)にては阿弥陀如来(あみだによらい)(しよう)し、011キリスト(けう)にては、012ゴツド(また)はゼウスと()ひ、013易学(えきがく)にては太極(たいきよく)()ひ、014支那(しな)にては天主(てんしゆ)015天帝(てんてい)016(また)(たん)(てん)()をもつて(しめ)され()るなり。017(くに)によつては造物主(ざうぶつしゆ)018(また)世界(せかい)創造者(さうざうしや)とも()ふあり。019この天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)霊徳(れいとく)は、020漸次(ぜんじ)宇宙(うちう)瀰漫(びまん)し、021氤氳化醇(いんうんくわじゆん)して(つひ)(れい)022(りよく)023(たい)完成(くわんせい)し、024無始(むし)無終(むしう)無限(むげん)絶対(ぜつたい)大宇宙(だいうちう)森羅万象(しんらばんしやう)完成(くわんせい)したる(かみ)(しよう)して大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)一名(いちめい)天常立命(あめのとこたちのみこと))と()ひ、025ミロクの大神(おほかみ)とも()ふなり。
026 宇宙(うちう)大原因(だいげんいん)たる、027一種(いつしゆ)微妙(びめう)霊物(れいぶつ)028天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)無色(むしよく)無形(むけい)無声(むせい)純霊(じゆんれい)(つひ)霊力(れいりよく)産出(さんしゆつ)するに(いた)れり。029これを霊系(れいけい)祖神(そしん)高皇産霊神(たかみむすびのかみ)()ふ。030(つぎ)元子(げんし)031所謂(いはゆる)水素(すゐそ)(また元素(げんそ)といふ)を醸成(じやうせい)した、032(これ)体系(たいけい)祖神(そしん)神皇産霊神(かむみむすびのかみ)といふ。033(れい)陽主陰従(やうしゆいんじゆう)にして、034(たい)陰主陽従(いんしゆやうじゆう)なり。035かくして(この)二神(にしん)(れい)(たい)とより一種(いつしゆ)異様(いやう)力徳(りきとく)(しやう)じたり。036(これ)霊体(ちから)といふ。037ほとんど三十億年(さんじふおくねん)歳月(さいげつ)(えう)して、038霊力体(れいりよくたい)のやや完全(くわんぜん)()することを()たるなりき。039皇典(くわうてん)(おい)ては、040(これ)造化(ざうくわ)三神(さんしん)といふ。041(ここ)完全(くわんぜん)なる水素(すゐそ)産出(さんしゆつ)した。042水素(すゐそ)漸次(ぜんじ)集合(しふがふ)して現今(げんこん)()むごとき清水(せいすゐ)となりぬ。043この清水(せいすゐ)には高皇産霊神(たかみむすびのかみ)火霊(くわれい)宿(やど)し、044よく流動(りうどう)する(ちから)(そな)はりぬ。045(みづ)(うご)かすものは()にして、046()(はたら)かすものは(みづ)なることは第四巻(だいよんくわん)()べたるがごとし。047この(みづ)流体(りうたい)を、048神典(しんてん)にては葦芽彦遅神(あしがひひこぢのかみ)といふ。049一切(いつさい)動物(どうぶつ)根元(こんげん)をなし、050(これ)霊系(れいけい)(すなは)()(れい)宿(やど)して一種(いつしゆ)力徳(りきとく)発生(はつせい)し、051動物(どうぶつ)本質(ほんしつ)となる。052神祇官(しんぎくわん)所祭(しよさい)生魂(いくむすび)これなり。053(つぎ)火水(ひみづ)抱合(はうがふ)して一種(いつしゆ)固形(こけい)物体(ぶつたい)発生(はつせい)し、054宇宙(うちう)一切(いつさい)修理固成(しうりこせい)するの根元力(こんげんりよく)となる。055(これ)常立神(とこたちのかみ)といひ、056剛体素(がうたいそ)といふ。057神祇官(しんぎくわん)所祭(しよさい)玉留魂(たまつめむすび)これなり。058(きん)059(ぎん)060(どう)061(てつ)062(りん)063(すな)064(いし)(とう)はこの玉留魂(たまつめむすび)(もつと)多量(たりやう)包含(はうがん)し、065万有(ばんいう)一切(いつさい)(ほね)となり()るなり。066この剛体素(がうたいそ)067玉留魂(たまつめむすび)完成(くわんせい)するまでに太初(たいしよ)より(ほとん)五十億年(ごじふおくねん)(つひや)しゐるなり。068(ここ)海月(くらげ)なす(ただよ)へる宇宙(うちう)(やうや)固体(こたい)(そな)ふるに(いた)りぬ。069この(みづ)胞衣(えな)となして創造(さうざう)されたる宇宙(うちう)一切(いつさい)円形(ゑんけい)なるは、070(みづ)微粒子(びりうし)円形(ゑんけい)なるに(もとづ)くものなり。071剛体(がうたい)玉留魂(たまつめむすび)072(すなは)常立(とこたち)(みこと)神威(しんゐ)発動(はつどう)()つて、073日地月星(ひつちつきほし)(やうや)形成(けいせい)されたり。074されど第一巻(だいいつくわん)()ぶるがごとく、075大宇宙(だいうちう)一小部分(いちせうぶぶん)たる()宇宙(うちう)大地(だいち)は、076あたかも炮烙(はうらく)()せたるが(ごと)(やま)と、077剛流(がうりう)混淆(こんかう)したる泥海(どろうみ)なりしなり。
078 (ここ)絶対(ぜつたい)無限力(むげんりよく)玉留魂(たまつめむすび)(かみ)弥々(いよいよ)その神徳(しんとく)発揮(はつき)して大地(だいち)海陸(かいりく)区別(くべつ)し、079清軽(せいけい)なるものは(たなび)きて大空(たいくう)となり、080重濁(ぢうだく)なるものは淹滞(えんたい)して(した)(とど)まり、081大地(だいち)形成(けいせい)したり。082されど(この)(とき)宇宙(うちう)天地(てんち)生物(せいぶつ)(かげ)(いま)()かりけり。083ここに流剛(りうがう)すなはち生魂(いくむすび)玉留魂(たまつめむすび)との水火(いき)(がつ)して不完全(ふくわんぜん)なる呼吸(こきふ)(いとな)み、084(その)(うち)より植物(しよくぶつ)本質(ほんしつ)たる柔体(じうたい)足魂(たるむすび)完成(くわんせい)したり。085(これ)神典(しんてん)にては豊雲淳命(とよくもぬのみこと)といふなり。086いよいよ宇宙(うちう)(れい)087(りよく)088(たい)元子(げんし)なる、089剛柔流(がうじうりう)本質(ほんしつ)完成(くわんせい)されたのである。090されど宇宙(うちう)(いま)だその活動(くわつどう)開始(かいし)するに(いた)らなかつた。091これらの元子(げんし)元因(げんいん)とは(たがひ)生成化育(せいせいくわいく)し、092(ちから)はますます発達(はつたつ)して、093(どう)094(せい)095(かい)096(ぎよう)097(いん)098()099(ぶん)100(がふ)八力(はちりき)産出(さんしゆつ)した。101神典(しんてん)にては、102宇宙(うちう)動力(どうりよく)大戸地神(おほとのぢのかみ)といひ、103静力(せいりよく)大戸辺神(おほとのべのかみ)といひ、104解力(かいりよく)宇比地根神(うひぢねのかみ)といひ、105凝力(ぎようりよく)須比地根神(すひぢねのかみ)といひ、106また引力(いんりよく)活杙神(いくぐひのかみ)といひ、107弛力(ちりよく)角枠神(つぬぐひのかみ)といひ、108合力(がふりよく)面足神(おもたるのかみ)といひ、109分力(ぶんりよく)惶根神(かしこねのかみ)といふ。110この八力(はちりき)完成(くわんせい)して(はじ)めて宇宙(うちう)組織(そしき)成就(じやうじゆ)し、111大空(たいくう)(かか)れる太陽(たいやう)は、112無数(むすう)星晨(せいしん)相互(さうご)(どう)113(せい)114(かい)115(ぎよう)116(いん)117()118(ぶん)119(がふ)八力(はちりき)各自(かくじ)活動(くわつどう)によつて、120その地位(ちゐ)(たも)大地(だいち)(また)この八力(はちりき)によつて、121その地位(ちゐ)保持(ほぢ)する(こと)となりしなり。122かくして大宇宙(だいうちう)完成(くわんせい)(いた)るまで(ほとん)五十六億万年(ごじふろくおくまんねん)(つひや)した。
123 (ここ)宇宙(うちう)主宰神(しゆさいしん)顕現(けんげん)(たま)無限(むげん)絶対(ぜつたい)(ちから)を、124大国治立命(おほくにはるたちのみこと)(しよう)(たてまつ)る。125国治立命(くにはるたちのみこと)は、126豊雲淳命(とよくもぬのみこと)(また)御名(みな)豊国姫命(とよくにひめのみこと))と剛柔(がうじう)相対(あひたい)して地上(ちじやう)動植物(どうしよくぶつ)生成化育(せいせいくわいく)し、127二神(にしん)水火(いき)より諾冊(なぎなみ)二尊(にそん)()み、128日月(じつげつ)(つく)りてその主宰神(しゆさいしん)たらしめたまひける。
129 かくて大宇宙(だいうちう)大原因霊(だいげんいんれい)たる天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)五十六億万年(ごじふろくおくまんねん)()宇宙(うちう)一切(いつさい)創造(さうざう)し、130(ここ)大国治立命(おほくにはるたちのみこと)顕現(けんげん)し、131その霊魂(れいこん)分派(ぶんぱ)して()宇宙(うちう)(くだ)したまへり。132(すなは)国治立命(くにはるたちのみこと)これなり。133国治立命(くにはるたちのみこと)仁慈(じんじ)無限(むげん)神政(しんせい)も、134(ほし)(うつ)(とし)(かさ)なるに()れて妖邪(えうじや)()135宇宙(うちう)瀰漫(びまん)し、136(つひ)にその邪気(じやき)のために一時(いちじ)独神而(ひとりがみに)して隠身(かくりみ)なり』の必然的(ひつぜんてき)経綸(けいりん)(おこな)はせたまふ(こと)とはなりける。137(しかし)霊界物語(れいかいものがたり)第一巻(だいいつくわん)より本巻(ほんくわん)(わた)口述(こうじゆつ)するところは、138大宇宙(だいうちう)完成(くわんせい)するまでに五十六億万年(ごじふろくおくまんねん)(えう)したる(とき)より以後(いご)(こと)()べたものなり。139これより以前(いぜん)(こと)は、140神々(かみがみ)として完全(くわんぜん)花々(はなばな)しき御活動(ごくわつどう)はなく、141(とき)(ちから)によりて氤氳化醇(いんうんくわじゆん)結果(けつくわ)142宇宙(うちう)形成(けいせい)するを()たれたるなり。
143大正一一・一・一六 旧大正一〇・一二・一九 加藤明子録)
144(序歌~第一章 昭和一〇・一・二七 於筑紫別院 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。