霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 大洪水(だいこうずゐ)(一)〔二六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第3篇 大峠 よみ:おおとうげ
章:第15章 第6巻 よみ:だいこうずい(一) 通し章番号:265
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ついに五百六十七日の大洪水と大地震が続いてそのときがやってきた。神示の方舟を作っていた者は、ちょうど銀杏の実のように上面がすっかり板に覆われていたため、激しい豪雨にも船中に水が入って沈むことはなかった。
宇宙の変事は、すべて地上神人の精神の悪化が妖邪の気を発生させて宇宙を混濁せしめた結果なのである。宇宙の縮図である人心の悪化によって、宇宙が悪化してしまうのである。
人間とは、万物普遍の元霊である主神に代わって天地経綸の主宰者たるべき天職を賦与されていることを忘れてはならない。
古今未曾有の天変地異が襲来したのも、まったく地上の人類が、悪霊に表意されて体主霊従の行動を敢えて行い、天地の神恩を忘却した結果なのである。
大神は禽獣虫魚までも救うことを本願としているので、人民に改心をするように、神諭で警告をしているのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0615
愛善世界社版:91頁 八幡書店版:第1輯 663頁 修補版: 校定版:93頁 普及版:38頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第二巻「変革と平和」 > 第三部 『霊界物語』の思想 > 大洪水 一
001 (てん)より(たか)()(はな)の、002天教山(てんけうざん)()しませる、003木花姫(このはなひめ)御教(みをしへ)も、004地教(ちけう)(やま)(かく)ります、005高照姫(たかてるひめ)垂教(すいけう)も、006八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)の、007宣伝使(せんでんし)艱難(かんなん)も、008盲目(めくら)聾者(つんぼ)()(なか)は、009(なん)効果(かうくわ)荒風(あらかぜ)の、010(そら)()(こゑ)()(なが)し、011肯諾(うけが)(もの)千柱(ちばしら)の、012(なか)にもわづか一柱(ひとはしら)013(ひと)つの(はしら)()(もの)を、014(きん)(ぎん)(どう)天橋(てんけう)に、015(すく)はむための神心(かみごころ)016(あだ)(すご)せしその(むく)い、017(あめ)(しき)りに()りきたり、018前後(ぜんご)(つう)じて五百六十七日(ごひやくろくじふしちにち)の、019大洪水(だいこうずゐ)大地震(だいぢしん)020彗星(すゐせい)処々(しよしよ)出没(しゆつぼつ)し、021日月(じつげつ)(ひかり)()(かく)し、022御空(みそら)(くら)大地(だいち)(うへ)は、023(たひら)一面(いちめん)(どろ)(うみ)024(すさ)まじかりける次第(しだい)なり。
025 宣伝使(せんでんし)神示(しんじ)嘲笑(てうせう)して(みみ)にも()れざりし長白山(ちやうはくざん)磐長彦(いはながひこ)以下(いか)数多(あまた)神人(かみがみ)は、026追々(おひおひ)地上(ちじやう)泥水(どろみづ)(おほ)はれて()(まよ)ひ、027草木(くさき)はいづれもずるけ(くさ)り、028禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)生命(いのち)(たも)たむため、029あらゆる附近(ふきん)(やま)(さき)(あらそ)うて()(のぼ)りける。
030 されど、031連日(れんじつ)連夜(れんや)大雨(おほあめ)洪水(こうずゐ)はますます地上(ちじやう)氾濫(はんらん)し、032(つひ)には小高(こだか)(やま)もその姿(すがた)水中(すゐちう)(ぼつ)するに(いた)りぬ。
033 神示(しんじ)方舟(はこぶね)暴風(ばうふう)()まれつつ、034()()()るごとき(あやふ)光景(くわうけい)にて、035高山(かうざん)(いただき)めがけて漂着(へうちやく)せむと(あせ)りをる。
036 この方舟(はこぶね)一名(いちめい)目無堅間(めなしかたま)(かね)といひ、037ちやうど銀杏(ぎんなん)()(うか)べたる(ごと)くにして、038上面(じやうめん)全部(すつかり)(くす)堅固(けんご)(いた)で、039中高(なかだか)(まる)(おほ)はれ()り、040わづかに側部(そくぶ)空気孔(くうきあな)()けあるのみなりける。
041 (ふね)(なか)には神人(しんじん)(はじ)め、042牛馬(ぎうば)043(ひつじ)044(とり)(とう)一番(ひとつがひ)(づつ)各自(めいめい)()れられ、045また数十日間(すうじふにちかん)食物(しよくもつ)用意(ようい)されありける。
046 種々(いろいろ)(ふね)()(たく)し、047高山(かうざん)目蒐(めが)けて避難(ひなん)せむとする(もの)沢山(たくさん)ありたれど上方(じやうはう)屋根(やね)なき(ふね)は、048()りくる(あめ)(はげ)しさに、049(たま)(みづ)()()(ひま)なく、050かつ()せくる山岳(さんがく)のごとき怒濤(どたう)()まれて、051数限(かずかぎ)りなき(ふね)(のこ)らず沈没(ちんぼつ)(やく)()ひける。
052 されど(とり)啼声(なきごゑ)や、053獣類(じうるゐ)のいづれも(やま)()(のぼ)るを()て、054朧気(おぼろげ)ながらにも世界(せかい)大洪水(だいこうずゐ)()り、055逸早(いちはや)高山(かうざん)避難(ひなん)したる人畜(じんちく)はやうやく生命(いのち)(ささ)()たりしなり。
056 一般(いつぱん)蒼生(さうせい)数多(あまた)禽獣(きんじう)(むし)のために、057安眠(あんみん)することも出来(でき)ず、058(あめ)()まず、059(じつ)困難(こんなん)(きは)めたりける。060ここに一般人(いつぱんじん)宣伝使(せんでんし)宣伝歌(せんでんか)今更(いまさら)のごとく(おも)()し、061悔悟(くわいご)(ねん)()(おこ)し、062(にはか)(かみ)祈願(きぐわん)(はじ)めたれど(なん)効験(かうけん)もなく、063(かぜ)はますます(はげ)しく、064(あめ)次第(しだい)(つよ)くなるのみなりき。065(すべ)ての神人(しんじん)昼夜(ちうや)不安(ふあん)(ねん)()られ、066ここにいよいよ()終末(をはり)(ひん)せることを(なげ)(かな)しみけり。
067 現代(げんだい)(さか)しき人間(にんげん)は、068天災地妖(てんさいちえう)人事(じんじ)とには、069(すこ)しも関係(くわんけい)()しと()ふもの(おほ)けれど地上(ちじやう)神人(しんじん)精神(せいしん)悪化(あくくわ)は、070地上(ちじやう)一面(いちめん)妖邪(えうじや)()発生(はつせい)し、071宇宙(うちう)溷濁(こんだく)せしめ、072天地(てんち)霊気(れいき)腐穢(ふゑ)し、073かつ空気(くうき)変乱(へんらん)せしめたるより、074自然(しぜん)天変地妖(てんぺんちえう)発生(はつせい)するに(いた)るものなり。
075 (すべ)ての宇宙(うちう)変事(へんじ)は、076宇宙(うちう)縮図(しゆくづ)たる人心(じんしん)悪化(あくくわ)によつて宇宙(うちう)一切(いつさい)悪化(あくくわ)するのは、077(あたか)時計(とけい)竜頭(りゆうづ)破損(はそん)して、078時計(とけい)全体(ぜんたい)がその(よう)()さないのと(おな)(やう)なものである。079(ゆゑ)大神(おほかみ)神諭(しんゆ)には、
080(かみ)(かたち)(つく)られて、081(かみ)(かは)つて御用(ごよう)(いた)人民(じんみん)の、082一日(いちにち)(はや)く、083一人(ひとり)でも(おほ)く、084(こころ)立替立直(たてかへたてなほ)しをして、085(まこと)神心(かみごころ)()つてくれよ』
086(しめ)(たま)ふたのは、087この()(もとづ)くものである。088また、
089人民(じんみん)くらゐ結構(けつこう)(たふと)いものは()いぞよ。090(かみ)よりも人民(じんみん)結構(けつこう)であるぞよ』
091(しめ)されあるも、092人間(にんげん)万物(ばんぶつ)普遍(ふへん)元霊(げんれい)たる(かみ)(かは)つて、093天地経綸(てんちけいりん)主宰者(しゆさいしや)たる()天職(てんしよく)を、094惟神(かむながら)賦与(ふよ)されて()るからである。
095 古今(ここん)未曾有(みぞう)のかくのごとき天変地妖(てんぺんちえう)襲来(しふらい)したのも、096(まつた)地上(ちじやう)人類(じんるゐ)が、097(おに)大蛇(をろち)金狐(きんこ)邪霊(じやれい)憑依(ひようい)されて、098神人(しんじん)たるの天職(てんしよく)(わす)れ、099体主霊従(たいしゆれいじゆう)行動(かうどう)(あへ)てし、100天地(てんち)神恩(しんおん)忘却(ばうきやく)したる自然的(しぜんてき)結果(けつくわ)である。
101 (かみ)(もと)より至仁(しじん)至愛(しあい)にましまして、102(ただ)一介(いつかい)昆虫(こんちう)といへども、103最愛(さいあい)寵児(ちようじ)として(これ)保護(ほご)(たま)ひつつあるがゆゑに、104地上(ちじやう)人類(じんるゐ)(はじ)動植物(どうしよくぶつ)一切(いつさい)が、105()(つき)繁殖(はんしよく)して天国(てんごく)生活(せいくわつ)(おく)ることを、106最大(さいだい)本願(ほんぐわん)となし(たま)ふなり。107また、
108(かみ)(うら)めてくれるな。109(かみ)人民(じんみん)その()万物(ばんぶつ)を、110(ひと)つなりとも(おほ)(たす)けたいのが(かみ)(むね)一杯(いつぱい)であるぞよ。111(かみ)(こころ)推量(すゐりやう)して万物(ばんぶつ)(ちやう)()はるる人民(じんみん)は、112(はや)改心(かいしん)いたしてくれ。113(かみ)()けるぞよ。114(あと)取返(とりかへ)しのならぬ(こと)がありては、115(かみ)(やく)()まぬから、116(かみ)()くまでも()()けたが、117もう()()けやうが()いぞよ。118(かみ)残念(ざんねん)なぞよ』
119との神諭(しんゆ)を、120我々(われわれ)はよく(あぢは)はねばならぬ。
121大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 井上留五郎録)