霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 大洪水(だいこうずゐ)(二)〔二六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第3篇 大峠 よみ:おおとうげ
章:第16章 第6巻 よみ:だいこうずい(二) 通し章番号:266
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
酷熱の太陽が一度に数個現れて、大地の氷山を溶解させた。水は大地の中心にある集まり来たり、地球の水位は刻々に増加して、高い山の上にまでも迫った。
竜宮城の三重の金殿は、ふたたび中空に延長して金銀銅の天橋となり、霊線を垂らして正しい神人を引き上げて救い始めた。天教山の宣伝使たちは、黄金橋の上に立って洪水に漂流する神人を救いつつあった。
ウラル彦・ウラル姫もまたなぜか、銅橋の上に救われた。盤古神王と常世神王は黄金橋の上に救われた。しかしウラル彦・ウラル姫はアルタイ山に下ろされた。アルタイ山の山頂には多数の蟻が洪水を避けて非難していたため、ウラル彦らは蟻に身体をたかられて非常な苦痛を覚えた。
アルタイ山には、極悪の神ばかりが送られたのである。平素利己主義によって甘い汁を吸った悪者は、蟻に身体を破られたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0616
愛善世界社版:96頁 八幡書店版:第1輯 665頁 修補版: 校定版:98頁 普及版:40頁 初版: ページ備考:
001 ()焼劫(せうごふ)(ひん)せるか、002酷熱(こくねつ)太陽(たいやう)数個(すうこ)一時(いちじ)(あら)はれて、003地上(ちじやう)(ねつ)放射(はうしや)し、004大地(だいち)氷山(ひやうざん)溶解(ようかい)したる(みづ)大地(だいち)中心(ちうしん)凹部(あふぶ)なる地球(ちきう)(むか)つて(なが)(あつ)まり、005地球(ちきう)冷水(れいすい)刻々(こくこく)増加(ぞうか)して、006さしもに(たか)(やま)尾上(をのへ)次第々々(しだいしだい)(かげ)(ぼつ)するに(いた)りける。
007 このとき(ほし)はその位置(ゐち)(へん)じ、008太陽(たいやう)前後左右(ぜんごさいう)動揺(どうえう)し、009()激動(げきどう)して形容(けいよう)(がた)大音響(だいおんきやう)(みた)されたりぬ。010太陽(たいやう)黒雲(くろくも)(つつ)まれ、011地上(ちじやう)暗黒(あんこく)(へん)じ、012咫尺(しせき)(べん)ぜざる光景(くわうけい)とはなりぬ。
013 ()竜宮城(りうぐうじやう)()りし三重(みへ)金殿(きんでん)は、014中空(ちうくう)際限(さいげん)もなく延長(えんちやう)して、015金銀銅色(きんぎんどうしよく)天橋(てんけう)()し、016各自(かくじ)天橋(てんけう)よりは金銀銅色(きんぎんどうしよく)霊線(れいせん)垂下(すゐか)し、017その(はし)(すく)ひの(かぎ)をもつて、018(ただ)しき神人(しんじん)橋上(けうじやう)()()(はじ)めたり。
019 天橋(てんけう)(うへ)には(あり)(むら)がる(ごと)く、020数多(あまた)神人(かみがみ)(すく)()げられ、021天橋(てんけう)(ふたた)回転(くわいてん)開始(かいし)したり。022東西(とうざい)延長(えんちやう)せる天橋(てんけう)は、023(みなみ)西(にし)(きた)(ひがし)中空(ちうくう)(めぐ)り、024天教山(てんけうざん)025地教山(ちけうざん)その()数ケ所(すうかしよ)高山(かうざん)(いただき)に、026(すく)はれたる神人(しんじん)(おく)り、027またもや憂瀬(うきせ)(しづ)(くる)しめる(ただ)しき神人(しんじん)(すく)ひの(かぎ)(もつ)次第々々(しだいしだい)天橋(てんけう)(うへ)()()(たま)ひける。
028 このとき天教山(てんけうざん)宣伝使(せんでんし)は、029何時(いつ)()にか黄金橋(わうごんけう)(うへ)()ち、030金色(こんじき)霊線(れいせん)泥海(どろうみ)()げ、031漂流(へうりう)する(ただ)しき神人(しんじん)()()げつつあり。032(しか)して天橋(てんけう)神人(しんじん)充満(じゆうまん)するを()ちて、033またもや天橋(てんけう)起重機(きぢゆうき)のごとく東南西北(とうなんせいぼく)転回(てんくわい)し、034その身魂(みたま)相当(さうたう)高山(かうざん)(はこ)ばれゆくなり。035神諭(しんゆ)に、
036(まこと)(もの)は、037さあ(いま)()(ところ)になりたら、038(かみ)見届(みとど)けてあるから、039たとひ泥海(どろうみ)(なか)でも(つま)()げてやるぞよ』
040(しめ)されあるを、041(おも)()さしめらるるなり。
042 (すく)()げられたる(なか)にも、043(おに)()にも見落(みおと)しとも()ふべきか、044(あるひ)宣伝使(せんでんし)(ふか)経綸(しぐみ)ありての(こと)か、045さしも悪逆無道(あくぎやくぶだう)なりしウラル(ひこ)046ウラル(ひめ)銅橋(どうけう)(うへ)(すく)()げられたり。047(しか)して常世神王(とこよしんわう)(はじ)盤古神王(ばんこしんわう)もまた金橋(きんけう)(うへ)(すく)はれて()たりける。
048 ウラル(ひこ)はアルタイ(ざん)(はこ)ばれ、049その()神人(かみがみ)(おほ)くここに(おろ)されたり。050この(やま)大小(だいせう)無数(むすう)(あり)051山頂(さんちやう)(うづだか)(つも)()たりけるが、052(すべ)(あり)洪水(こうずゐ)前知(ぜんち)し、053山上(さんじやう)真先(まつさき)避難(ひなん)したりしなり。
054 ウラル彦神(ひこのかみ)(あり)(やま)(はこ)ばれ、055全身(ぜんしん)(あり)(つつ)まれ、056身体(しんたい)各所(かくしよ)(するど)(はり)にて()(やぶ)られ、057非常(ひじやう)苦悶(くもん)()へかねて(すこ)しく(やま)(くだ)り、058泥水(でいすゐ)(なか)全身(ぜんしん)(ひた)()たるに、059(あり)一生懸命(いつしやうけんめい)()()きて、060苦痛(くつう)はますます(はげ)しく、061またもや(あり)(やま)へと()(あが)りゆけり。
062 蚊取別(かとりわけ)禿頭(はげあたま)此処(ここ)()たるが、063この(とき)ばかりはその禿頭(はげあたま)全部(すつかり)()()えたるごとく()えたりき。064(まつた)(あり)(たか)りたる結果(けつくわ)なりける。
065 このアルタイ(ざん)(はこ)ばれた神人(かみがみ)は、066極悪(ごくあく)神人(かみ)ばかりにして、067極善(ごくぜん)神人(かみ)天教(てんけう)068地教(ちけう)両山(りやうざん)に、069極悪者(ごくあくしや)はアルタイ(ざん)(すく)はれたりける。
070 平素(へいそ)利己主義(りこしゆぎ)()し、071(あま)(しる)()うた悪者(わるもの)(ども)は、072全身(ぜんしん)(のこ)らず(あま)くなつてをると()えて、073(あり)(よろこ)びて(たか)るに(はん)して、074世界(せかい)のために(にが)経験(けいけん)()めたる神人(しんじん)は、075身体(しんたい)(にが)く、076一匹(いつぴき)(あり)(たか)()ざるなり。077(うら)神諭(しんゆ)に、
078(あま)いものには(あり)がたかる(有難(ありがたかる))。079(にが)いものには(あり)がたからぬ(不有難(ありがたからぬ))』
080()いてあるのは、081この物語(ものがたり)光景(くわうけい)()らされしものなるべし。082嗚呼(ああ)地上(ちじやう)世界(せかい)今後(こんご)(いづ)れに()くか心許(こころもと)なき次第(しだい)なり。
083大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 井上留五郎録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら