霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四七章 仁王(にわう)観音(くわんのん)〔二九七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第8篇 五伴緒神 よみ:いつとものおのかみ
章:第47章 第6巻 よみ:におうとかんのん 通し章番号:297
口述日:1922(大正11)年01月24日(旧12月27日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
広道別天使は、虎公に岩彦という名を与えて、宣伝歌を歌いながらローマの都の中心に進んでいった。今日はローマを治める元照別天使の誕生日祭で、家々に紅、白、青の旗を掲げて祝意を表していた。
群集は祭の出で立ちで、ワッショワッショと鐘やブリキ缶のようなものをたたきながら、練り歩く。そうして、ウラル教の宣伝歌を歌っている。
広道別は三五教の宣伝歌を歌いながら進んでいる。すると、群衆の中の祭頭らしき男が、広道別に拳固を固めて殴りかかった。
岩彦はこの様子に地団駄を踏みつつ、三五教の教えを守り、歯を食いしばって仁王立ちになって我慢している。祭の群集は、岩彦の仁王立ちに行く手をふさがれて、遅れだした。
広道別は、殴られながら小声に宣伝歌、天津祝詞を奏上する。すると殴りかかった男はたちまち、拳を振り上げたまま全身強直してしまった。
ローマの十字街頭には、岩彦とこの殴りかかった男と、二人が仁王のように立ちふさがってしまった。そこへ美しい女宣伝使が宣伝歌を歌いながらやってきた。群衆はこの様に野次馬のように集まってきた。
中には罵詈雑言を浴びせる群集もいたが、女宣伝使が手を左右左に振ると、そうした群集はたちまち強直してしまった。
そこへ、ローマの主・元照別の行列がやってきた。誕生祭にあわせて、地中海の一つ島へ参拝に出かけるのである。しかし二人の仁王が十字街頭をふさいで立っており、行列の先触れの男たちは恐々と立ち止まってしまった。
行列の後ろからは、進め進め、と声がする。と、岩彦の仁王は、『通ること罷りならぬ』と怒鳴りつけた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0647
愛善世界社版:283頁 八幡書店版:第1輯 727頁 修補版: 校定版:284頁 普及版:118頁 初版: ページ備考:
001 広道別天使(ひろみちわけのかみ)は、002この大男(おほをとこ)岩彦(いはひこ)といふ()(あた)へ、003(れい)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、004ローマの(みやこ)中心(ちうしん)(すす)んで()つた。005今日(けふ)元照別天使(もとてるわけのかみ)誕生祭(たんじやうさい)とかで、006家々(いへいへ)(あか)や、007(しろ)や、008(あを)(はた)(かか)げ、009祝意(しゆくい)(へう)しゐたりける。
010 (しかし)数千(すうせん)群集(ぐんしふ)は、011白捩鉢巻(しろねぢはちまき)(むらさき)(たすき)十文字(じふもんじ)綾取(あやど)り、012(いし)茶碗(ちやわん)や、013(かね)錻力鑵(ぶりきくわん)のやうなものを(たた)いて、014ワツシヨワツシヨと(れつ)(つく)つて(はし)つてくる。015さうして一同(いちどう)はウラル(ひこ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、016(いきほひ)(すさま)じく海嘯(つなみ)のやうに此方(こちら)()がけて突進(とつしん)しきたる。017広道別天使(ひろみちわけのかみ)は、
018(かみ)(おもて)(あら)はれて (ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける』
019(うた)ひながら(すす)まむとするを、020群集(ぐんしふ)(なか)(かしら)らしき(をとこ)は、021この(うた)(うた)つてゐる宣伝使(せんでんし)横面(よこづら)めがけて拳骨(げんこつ)(かた)め、022(くび)()べよと()はぬばかりに(なぐ)りつけた。023宣伝使(せんでんし)素知(そし)らぬ(かほ)して、024(また)もや(うた)(うた)ひはじめたり。
025(をとこ)『こいつしぶとい(やつ)026()だほざくか』
027蠑螺(さざえ)のやうな拳骨(げんこつ)(かた)めて、028(ところ)かまはず()()せた。029岩彦(いはひこ)仁王(にわう)のやうな体躯(たいく)(ひか)へ、030(にぎ)(こぶし)(かた)めて()()ひしばり、031地団太(ぢだんだ)()んだ。032されど宣伝歌(せんでんか)の「直日(なほひ)見直(みなほ)せ、033()(なほ)せ」といふ神言(かみごと)(おも)()し、034かつ宣伝使(せんでんし)命令(めいれい)()いので大道(だいだう)仁王(にわう)()ちとなりしまま、035()()ひしばるのみなりき。
036 群集(ぐんしふ)はこの(をとこ)姿(すがた)()(おどろ)きしか、037途中(とちう)()(とどま)りて一歩(いつぽ)(すす)まず()る。038後列(こうれつ)弥次馬(やじうま)は、
039『ヤーヤイ。040どうしてるのだ。041(すす)まぬか(すす)まぬか』
042呶鳴(どな)りゐる。043宣伝使(せんでんし)()()ゑられ(たた)かれながら、044悠々(いういう)として宣伝歌(せんでんか)小声(こごゑ)(うた)ひ、045かつ天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)した。046たちまち(だい)(をとこ)(こぶし)(にぎ)頭上(づじやう)()()げた刹那(せつな)047全身(ぜんしん)強直(きやうちよく)して銅像(どうざう)のやうになつてしまひ、048()ばかりギヨロギヨロと廻転(くわいてん)させるのみであつた。049こちらは岩彦(いはひこ)大男(おほをとこ)が、050()(いか)らし、051(つら)をふくらし、052(くち)をへの()(むす)んで(にぎ)(こぶし)(かた)めて()()げたまま、053直立(ちよくりつ)不動(ふどう)(てい)である。054一方(いつぱう)拳骨(げんこつ)(かた)()()げたまま、055(くち)()けたまま強直(きやうちよく)して、056たちまちローマの十字街頭(じふじがいとう)には、057阿吽(あうん)仁王様(にわうさま)(あら)はれたる(ごと)くなりき。058群集(ぐんしふ)(なか)からは、
059仁王(にわう)さまぢや仁王(にわう)さまぢや』
060(さけ)ぶものあり、061それに(つづ)いて群集(ぐんしふ)(また)もや(くち)(そろ)へて、
062仁王(にわう)ぢや仁王(にわう)ぢや、063ようマア似合(にあ)うた仁王(にわう)さまぢや』
064無駄口(むだぐち)(たた)きはじめたり。
065 このとき横合(よこあひ)より(うるは)しい(をんな)宣伝使(せんでんし)が、066(また)もや、
067『この()(つく)りし神直日(かむなほひ) 御霊(みたま)(ひろ)大直日(おほなほひ)
068 ただ何事(なにごと)(ひと)()は 直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)せ』
069(うた)ひながら、070この()(あら)はれたり。
071 群集(ぐんしふ)口々(くちぐち)に、
072『オーイ、073()()よ、074立派(りつぱ)仁王(にわう)さまができたと(おも)ふたら、075今度(こんど)三十三相(さんじふさんさう)(そろ)うた大慈(だいじ)大悲(だいひ)観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)だ。076(をが)(をが)め』
077異口同音(いくどうおん)(さけ)()だしたり。
078『ヨーヨー』
079数千(すうせん)群集(ぐんしふ)は、080前後左右(ぜんごさいう)()()き、081さしもに(ひろ)(みやこ)大路(おほぢ)十字街頭(じふじがいとう)も、082すし(づめ)となつて、083(かぜ)(とほ)隙間(すきま)()いやうになつて()た。084(をんな)宣伝使(せんでんし)は、085宣伝歌(せんでんか)(うた)()したるに、086群集(ぐんしふ)(なか)には罵詈雑言(ばりざふごん)(たくま)しうする弥次馬(やじうま)さえ、087沢山(たくさん)(あら)はれ()たりぬ。
088 (をんな)宣伝使(せんでんし)は、089(ほそ)き、090(しろ)()()げて、091左右左(さいうさ)()つた。092悪口雑言(あくこうざふごん)をほざいた群集(ぐんしふ)は、093(くち)()いたなり、094()ぢることもできず強直(きやうちよく)して、095アーアと()ひながら(よだれ)()らすもの、096彼方此方(あちらこちら)(あら)はれたり。
097 このとき前方(ぜんぱう)より、098行列(ぎやうれつ)(いか)めしく立派(りつぱ)乗物(のりもの)()()るものあり。099乗物(のりもの)前後(ぜんご)には、100沢山(たくさん)伴人(とも)警護(けいご)して人払(ひとはら)ひしながら、101おひおひと十字街頭(じふじがいとう)(むか)つて(すす)()るあり。102これはローマの城主(じやうしゆ)元照別天使(もとてるわけのかみ)が、103誕生(たんじやう)(いは)ひを()ね、104地中海(ちちうかい)(ひと)(じま)参拝(さんぱい)する途中(とちう)行列(ぎやうれつ)なりける。
105 群集(ぐんしふ)四方(しはう)八方(はつぱう)()つて(しま)つた。106仁王(にわう)さまは、107依然(いぜん)として十字街頭(じふじがいとう)二柱(ふたはしら)相並(あひなら)んで、108阿吽(あうん)(いき)()らして佇立(ちよりつ)してゐる。109先払(さきばら)ひは仁王(にわう)にむかひ、
110(みぎ)(みぎ)へ』
111(こゑ)をかけた。112仁王(にわう)ウンとも、113スンとも()はず、114十字街頭(じふじがいとう)鯱虎(しちやこ)()つてゐる。115広道別天使(ひろみちわけのかみ)路傍(ろばう)(ある)(いへ)軒先(のきさき)()つて、116この光景(くわうけい)(なが)めゐたり。
117先払(さきばらい)『この無礼者(ぶれいもの)118(みぎ)へと()つたら、119なぜ(みぎ)()かぬか。120(なん)心得(こころえ)ゐるか。121勿体(もつたい)なくもローマの城主(じやうしゆ)元照別天使(もとてるわけのかみ)御通行(ごつうかう)だ。122(すみや)かに(みぎ)()れ』
123といひつつ、124あまり巨大(きよだい)なる(をとこ)(にぎ)(こぶし)(かた)めて()つて()るに、125やや(おどろ)きしと()(ふる)(ごゑ)呶鳴(どな)りをる。
126 輿(こし)段々(だんだん)(すす)んでくる。127仁王(にわう)はどうしても微躯(びく)ともせぬ。128先払(さきばら)ひの甲乙丙(かふおつへい)は、129恐々(こはごは)(まへ)()つてこの大男(おほをとこ)(あふ)()た。130()れば(うご)いてゐるものは()ばかりなり。
131(かふ)『ハヽーこいつは(つく)(もの)だな。132ローマの人民(じんみん)今日(けふ)御城主(ごじやうしゆ)御通(おとほ)りだと(おも)つて、133アーチの(かは)りにこんな(ところ)に、134仁王立(にわうだ)ちを(こしら)へて()てときよつたらしい。135しかしもつと距離(きより)()けとかぬと、136これでは(とほ)れはせぬワイ。137()()かぬ(やつ)だな』
138(おつ)『イヤ、139此奴(こいつ)人間(にんげん)だぞ。140それ()い、141()()いてらア。142(えら)目玉(めだま)()きよつて俺等(おいら)(おど)かさうといふ駄洒落(だじやれ)だな。143ヤイ、144退()かぬか。145どかぬと()()いてやるぞ』
146(へい)無茶(むちや)するない、147もし(かみ)さまが()けとるのぢやつたら、148如何(どう)する、149(ばち)(あた)るぞ』
150(かふ)(かみ)さまなら、151(ひと)(たの)んで()ようかい。152モシモシ渋紙(しぶがみ)さま』
153(おつ)渋紙(しぶかみ)さまてあるものかい』
154(かふ)『それでも渋紙(しぶかみ)()たやうな(いろ)してるぢやないかい』
155(おつ)渋紙(しぶかみ)さまなら貴様(きさま)(こと)だい。156(くら)ひものに(しぶ)い、157仕事(しごと)(にぶ)い、158そこで()(ぞこ)なひの(あは)せて六分(ろくぶ)(のぞ)つて、159(あと)(のこ)りの渋紙(しぶがみ)貧乏神(びんばふがみ)つたら、160貴様(きさま)のことだ。161この(あひだ)貴様(きさま)のとこの(かか)貧乏神(びんばふがみ)と、162ぼやかられよつて、163(さる)渋柿(しぶがき)()つたやうな(かほ)をさらして、164渋々(しぶしぶ)()()きよつたぢやないか』
165(かふ)『しぶとい(やつ)ぢや。166こんな大道(だいだう)真中(まんなか)で、167他人(ひと)(ところ)(うち)棚卸(たなおろ)しまで()めて(もら)はふかい。168そんなこと()かすと仁王(にわう)さまに取掴(とつつか)まるぞ。169それそれあのお(かほ)()い、170御機嫌(ごきげん)(ななめ)なりだ。171あの()()げた鉄拳(てつけん)が、172(いま)貴様(きさま)頭上(づじやう)にくるぞ』
173(おつ)馬鹿(ばか)()へ、174(つく)(もの)だ、175(つく)(もの)だ』
176 (うしろ)(はう)よりは、
177(すす)め、178(すす)め』
179号令(がうれい)がかかる。180このとき一方(いつぱう)仁王(にわう)大手(おほで)(ひろ)げて、
181(とほ)ること(まか)りならぬ』
182怒鳴(どな)りゐる。
183(へい)『オー化物(ばけもの)(もの)()うた。184ヤイ貴様(きさま)(ひる)白昼(はくちう)に、185こンな(ところ)()()けたつてあかぬぞー。186仁王(にわう)幽霊(いうれい)()が』
187 (また)もや(うしろ)(はう)より、
188(すす)め、189(すす)め』
190(こゑ)(しき)りに(きこ)えきたる。
191大正一一・一・二四 旧大正一〇・一二・二七 外山豊二録)