霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 熟々尽(つくづくし)〔三一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第2篇 白雪郷 よみ:はくせつきょう
章:第12章 第7巻 よみ:つくづくし 通し章番号:312
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八は、自分が逃げる途中で腰を抜かしたおかげで、日の出神を村につれてくることができたのだ、と屁理屈を言っている。
村人たちがおかしな会話をしているところへ、酋長の妻の面那美司が戻ってきた。そして、面那芸司は三五教の宣伝使となって旅に出ることになったこと、白雪郷は面那美司がひとり酋長となって治めることになったことを伝えた。
面那美司が、今日は門出のめでたい日だから、特別に酒を飲んでもいいというと、村人たちは先を争って、大中教の使徒たちが残した徳利に群がった。
面那美司はこの光景にあきれつつ、宣伝歌を歌いながら山道へと引き返していった。老若男女は面那美司について山中に入っていった。すると、祝姫はすでに救出されて、日の出神と酋長とともに端座していた。
祝姫が大中教の宣伝使らに取り囲まれて、改宗を脅迫され、今にも打ち殺されようとしたとき、日の出神が現れて、大音声に宣伝歌を歌ったので、大中教の者らは縮み上がってこそこそと四方八方に姿を潜めてしまったのであった。
日の出神、面那芸司、祝姫は山を下り、白雪郷に一泊すると、宣伝の旅に出発して行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0712
愛善世界社版:69頁 八幡書店版:第2輯 60頁 修補版: 校定版:74頁 普及版:30頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第六篇 宗教雑感 > 第六章 信仰の基調
001(はち)本当(ほんたう)にだよ、002たうとう腰抜(こしぬ)かしよつたナ。003(しか)しながら(おれ)(こし)()かしたお(かげ)で、004貴様(きさま)たちは(たす)かり、005コシ安心(あんしん)して()れるのだよ。006コシコシ()ふない、007腰抜野郎(こしぬけやらう)()
008鹿(しか)シカし、009健寅(たけとら)とか()ふドエライ()()いた宣伝使(せんでんし)何処(どこ)()げたのかイ、010酋長(しうちやう)さまは()らつしやらぬじやないか』
011(かふ)只今(ただいま)ナ、012(てん)から()大神様(おほかみさま)とか()(いり)神様(かみさま)とかいふお(かた)がヒヨツクリコと(あらは)れて三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(うた)はれたのだ。013さうするとウラル(ひこ)乾児(こぶん)健寅彦(たけとらひこ)()が、014あの(おほ)きな()をサツパリ(ふさ)ぎよつて、015デカイ(あたま)(かか)へて(ちぢ)こまつて(しま)つて、016(しま)ひには野鼠(のねずみ)のやうに小鼠(こねずみ)一緒(いつしよ)(やま)(おく)()げて()きよつたよ。017そして酋長(しうちやう)さま夫婦(ふうふ)()(くれ)とやらの神様(かみさま)が、018ウラナギとかウラナミとかいふ()(くだ)さつて酋長(しうちやう)さま夫婦(ふうふ)(よろこ)ンで、019この(やま)へドンドンお()(あそ)ばしたのだワ』
020鹿(しか)(なに)ツ!、021ウラ那芸(なぎ)? ウラル(ひこ)(ため)ナギ()()つたのでウラナギといふのかい』
022(かふ)()らぬわい』
023(おつ)()らぬなら()うてやらうか。024ウラナギぢやない、025ツラナギぢやぞ。026その()因縁(いんねん)はマア、027ザツトこの(はう)(まを)(とほ)りだ。028エヘン、029ツラツラ(をもん)みるにツライこの()ツライ()して(たこ)ツラれて()ヅライ宣伝歌(せんでんか)()かされて()ツラ(かは)ぢや。030(おれ)アもう(くび)でもツラねばならぬかと(おも)ふほどツラかつた。031それをツライとも(おも)はずにジツとして(こら)へて御座(ござ)つて、032酋長(しうちやう)さまはツラナンギ辛抱(しんばう)し、033(そと)(おと)(なみだ)(うち)(こぼ)して素知(そし)らぬ(かほ)して()みたい(さけ)()まず、034(するど)(やいば)()(まへ)()きつけられ、035ツラ(さら)されても(なん)ツラからうといふやうなツラ(がま)へをしてござつたのぢや。036それでツラナギ(かみ)037ツラナミ(かみ)さまだ。038(わか)つたか』
039鹿(しか)『へー、040ツラツラと(おほ)きな(つら)をしよつて(なに)劫託(ごふたく)ツラねさらすのだい。041そンな(こと)()かされるのも()ツラ(かは)だ。042ヤイ、043そこいらにウラル(ひこ)宣伝使(せんでんし)(さけ)でも(わす)れて()きよりやせぬかなあ』
044 一同(いちどう)四辺(あたり)()まはして、
045『おゝ彼処(そこ)にも此処(ここ)にも沢山(たくさん)徳利(とくり)()いとるわい。046ロハ(さけ)なら()ンでやろかい』
047(かふ)『ヤイヤイ、048おけおけ、049それを()(ぐらゐ)なら俺達(おれたち)は、050こンな(つら)()はしやせぬのだよ』
051(おつ)『きまつた(こと)だい。052彼奴(あいつ)(まへ)なり、053酋長(しうちやう)(まへ)だから、054気張(きば)つてゐたが、055健寅彦(たけとらひこ)()らぬ(あと)なら(なん)()ンだつて(わか)らぬぢやないか。056宣伝使(せんでんし)(まへ)()むのは剛腹(がうはら)だからなア』
057(へい)『それでも(かみ)さまは()てござるぞ。058おけおけ』
059 ()()つて口々(くちぐち)(しやべつ)てゐるところへ、060(あら)はれたのは酋長(しうちやう)(つま)面那美(つらなみ)(かみ)なりき。061面那美(つらなみ)(かみ)一同(いちどう)(むか)ひ、
062『お前達(まへたち)神様(かみさま)(をしへ)(まも)つてよく(しの)むでくれた。063これからは(わらは)酋長(しうちやう)となつて、064(まへ)たちを(まも)つてやる。065()(をつと)今日(けふ)より三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)となつて、066世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けにお(まは)(あそ)ばすのだよ。067(いま)までは()(ちひ)さい白雪郷(はくせつきやう)だけ(まも)つてゐたが、068もはやそンな時期(じき)ではない。069こンな(さと)(ぐらゐ)(わらは)一人(ひとり)沢山(たくさん)だから、070今日(けふ)(かぎ)りこの(さと)御出立(ごしゆつたつ)(あそ)ばすのだから、071(まへ)たちもお(いとま)()ひにこの山奥(やまおく)まで()てくるがよい。072ウラル(ひこ)宣伝使(せんでんし)のやうに(さけ)ばかり()むことは出来(でき)ぬが、073今日(けふ)門出(かどで)(いはひ)だから、074充分(じゆうぶん)(さけ)()むがいい』
075(おつ)『それ()たか、076今日(けふ)()ンでもいいつて最前(さいぜん)から(おれ)()つたじやらう。077そこいらにウラル(ひこ)宣伝使(せんでんし)(のこ)した(さけ)がある。078みんな()ンでやらうかい』
079 一同(いちどう)(さき)(あらそ)うて、080その徳利(とくり)(ひろ)()げて()みはじめたるを、081面那美(つらなみ)(つかさ)はこの光景(くわうけい)()(かほ)をしかめ、
082人間(にんげん)といふ(やつ)口卑(くちいや)しいものだなア。083あゝこれでは(をつと)留守番(るすばん)なかなか大抵(たいてい)ぢやなからう。084()(かく)(なに)ごとも神様(かみさま)にお(まか)せするより(ほか)仕方(しかた)がない』
085(ひと)(ごと)()ひながら小声(こごゑ)になつて宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、086もと()(みち)引返(ひきかへ)()く。087老若男女(らうにやくなんによ)片手(かたて)徳利(とくり)(かか)へながら、088姫神(ひめがみ)(あと)(したが)つて山奥(やまおく)(すす)()るに、089(すこ)平坦(へいたん)なる(ところ)に、090()出神(でのかみ)酋長(しうちやう)(とも)(うつく)しき女性(ぢよせい)(まへ)端坐(たんざ)しゐたり。091この女性(ぢよせい)(まへ)()べたる祝姫(はふりひめ)宣伝使(せんでんし)なり。092祝姫(はふりひめ)健寅彦(たけとらひこ)数多(あまた)弟子(でし)(ども)()(かこ)まれ、093(さけ)(けん)とを(もつ)てこの酋長(しうちやう)のごとくに()められたりしが、094(すこ)しも(おそ)れず、095諄々(じゆんじゆん)として、096三五教(あななひけう)教理(けうり)()(さと)しければ、097一同(いちどう)(おほ)いに(いか)りて祝姫(はふりひめ)(いま)打殺(うちころ)さむとなす(をり)しも、098()出神(でのかみ)(あら)はれ(きた)りて大音声(だいおんじやう)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひたる。099その(こゑ)(いづ)れも(ちぢ)(あが)り、100コソコソと四方(しはう)八方(はつぱう)姿(すがた)(ひそ)めし(さい)なりける。
101 ここに()出神(でのかみ)102面那芸(つらなぎ)(かみ)103祝姫(はふりひめ)三柱(みはしら)白雪山(はくせつざん)(くだ)り、104(いつ)たん白雪郷(はくせつきやう)酋長(しうちやう)(いへ)一泊(いつぱく)し、105(よろこ)びを(つく)して宣伝(せんでん)出発(しゆつぱつ)したりける。
106大正一一・一・三〇 旧一・三 桜井重雄録)
107(第八章~第一二章 昭和一〇・二・二二 於増田分院 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。