霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 海原(うなばら)(みや)〔三一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第4篇 鬼門より竜宮へ よみ:きもんよりりゅうぐうへ
章:第18章 第7巻 よみ:うなばらのみや 通し章番号:318
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ニュージーランドの沓嶋は、人の上陸を禁じた島である。ただ、飲料水を取るために船が寄港したのであった。
日の出神は、二柱の宣伝使を従えて上陸し、海原彦神の鎮まる宮に詣で、海上の無事を祈願した。
船中で酒を飲みながら四方山話にふけっていたのは、大台ヶ原で山を焼いた、田依彦、時彦、芳彦であった。時彦を芳彦は酔って喧嘩を始めた。そこへ日の出神が戻ってきた。
田依彦は、大台ヶ原で豆寅の奴扱いにされてつらくて堪らないので、日の出神を追ってやって来たことを告げ、立派な名を頂戴したい、と申し出た。三人のおかしなやり取りに、日の出神も苦笑している。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0718
愛善世界社版:109頁 八幡書店版:第2輯 74頁 修補版: 校定版:115頁 普及版:47頁 初版: ページ備考:
001 (ふね)(やうや)くニユージーランドの沓島(くつじま)(みなと)()きぬ。002この(しま)人々(ひとびと)上陸(じやうりく)することを(きん)じられありき。003(ただ)この(しま)より()()づる飲料水(いんれうすゐ)(ふね)(たくは)ふる(ため)寄港(きかう)したるなり。
004 ()出神(でのかみ)は、005天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、006()宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、007二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)(ともな)上陸(じやうりく)し、008海原彦神(うなばらひこのかみ)(しづ)まります(みや)(まう)で、009海上(かいじやう)無事(ぶじ)祈願(きぐわん)し、010風波(ふうは)都合(つがふ)にてこの(しま)一月(ひとつき)(ばか)避難(ひなん)する(こと)となりにける。
011 船中(せんちう)人々(ひとびと)無聊(むれう)(くる)しみ、012(また)もや(めづ)らしき(はなし)(たがひ)(はじ)()し、013国々(くにぐに)自慢(じまん)をなしゐたり。
014 (なか)二三(にさん)色黒(いろくろ)大男(おほをとこ)と、015(かほ)細長(ほそなが)()(たか)(だい)()()ける(をとこ)と、016(すこ)しく()(ひく)痩顔(やせがほ)三人(さんにん)(をとこ)が、017チビリチビリと(さけ)()みながら(はなし)(ふけ)()る。
018『おい、019時彦(ときひこ)020あんまり(さけ)(くら)うと大台ケ原(おほだいがはら)出会(でくわ)した()出神(でのかみ)()つとるぢやないか、021見付(みつ)けられたら大変(たいへん)だぞ』
022芳彦(よしひこ)023(かま)ふない。024(いま)025()出神(でのかみ)(やま)(あが)つて()つたぢやないか。026その(あひだ)(せい)()して貴様(きさま)()め、027(おれ)()むのだ。028おい、029田依彦(たよりひこ)030そンな(おほ)きな()ばつかりギロつかさずに()()め』
031貴様(きさま)規則(きそく)(やぶ)ると、032(おれ)承知(しようち)せぬぞ。033(おれ)(さけ)(にほ)ひを()ぐのも(きら)ひだのに、034両方(りやうはう)から(おれ)(こま)らせようと(おも)ひよつて、035また(さけ)(くら)ふのか。036今度(こんど)こそは()出神(でのかみ)さまに()うてこます037この(なが)(うみ)(うへ)をアタ世間(せけん)(せま)い、038(さけ)(くら)ひたいものだから、039名乗(なのり)()げずに、040何時(いつ)俯向(うつむ)いて(かほ)(かく)して貴様(きさま)だけなら()いが、041(おれ)まで俯向(うつむ)かせられて(たま)つたものかい』
042時彦(ときひこ)(ごふ)()くぢやないかい。043(わか)(をとこ)(をんな)()(うみ)()()みたり、044(あが)つたりしよつてな、045(しまひ)には()()宣伝使(せんでんし)を、046ちよろまかして夫婦(ふうふ)になるなンて、047馬鹿(ばか)にしとるじやないか。048(おい)らは遥々(はるばる)とこの(なみ)(うへ)を、049常世(とこよ)()くのも、050ウラル(ひこ)さまの乾児(こぶん)となつて、051(うま)(さけ)鱈腹(たらふく)()まして(もら)うためだ。052(くに)御柱(みはしら)(かみ)さまが()(くに)とかへ()げて()つたと()つて、053宣伝使(せんでんし)とやらが(さわ)いでゐるが、054()(くに)とか、055夜見(よみ)(くに)とか()ふのは、056常世(とこよ)(くに)のことだい。057きつと(さけ)(つか)つて酒池肉林(しゆちにくりん)といふ、058贅沢(ぜいたく)三昧(さんまい)(あそ)ばして御座(ござ)るのよ。059(おい)らもその酒池肉林(しゆちにくりん)()ひたさに、060可愛(かあい)女房(にようばう)()てて()くのぢやないかエーン』
061 田依彦(たよりひこ)(まる)()()()し、062(くち)(とが)らせ、
063貴様(きさま)はいよいよ()しからぬ(やつ)だ。064常世(とこよ)(くに)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(あら)はれ(あそ)ばして、065神政(しんせい)(ふたた)御開(おひら)(あそ)ばす。066()れに(つい)(むかし)竜宮(りうぐう)家来(けらい)は、067(もと)のごとくに使(つか)うてやらうとおつしやるのだから、068一時(いちじ)(はや)()かうじやないかと、069(おれ)此処(ここ)まで(さそ)()しよつたのは(うそ)だつたな』
070時彦(ときひこ)今頃(いまごろ)貴様(きさま)(うそ)()()いたのかい。071田依(たより)ない(やつ)ぢや。072()れで(たよ)()(ひこ)(みな)()ふのだよ。073(たよ)りに(おも)女房(にようばう)(たま)()られた玉彦(たまひこ)(たま)なしにされて(その)(うへ)(たま)()られたこの時彦(ときひこ)に、074(たま)()られて(なん)(ざま)075貴様(きさま)性念玉(しやうねんだま)()(どく)ながら(くさ)つて()るよ。076(しか)しなンぼ(くさ)つて()ても仕様(しやう)()い。077貴様(きさま)一緒(いつしよ)にかうして(くら)さにやならぬ(くさ)(えん)だもの』
078 田依彦(たよりひこ)は、
079(なに)080馬鹿(ばか)()かす』
081()ふより(はや)鉄拳(てつけん)(かた)めて、082時彦(ときひこ)横面(よこづら)をポカンとやる。
083 時彦(ときひこ)(さけ)(まは)り、084(した)(もつ)れ、085(あし)はひよろひよろなりき。086(くち)ばかり達者(たつしや)なるが、087身体(からだ)自由(じいう)一寸(ちよつと)()かぬ。088(ふね)人々(ひとびと)は、
089喧嘩(けんくわ)喧嘩(けんくわ)だ』
090総立(そうだち)になつて(なが)めてゐる。091()出神(でのかみ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、092海原(うなばら)(かみ)(みや)(あと)にして、093この(ふね)(むか)つて(かへ)りきたる。
094 時彦(ときひこ)095芳彦(よしひこ)蝸々虫(でんでんむし)のやうに(ちぢ)まつて、096(ふね)(そこ)平太(へた)ばりぬ。097田依彦(たよりひこ)は、098むつくと立上(たちあが)り、
099『もしもし()出神(でのかみ)(さま)100(わたくし)田依彦(たよりひこ)であります。101大台ケ原(おほだいがはら)御別(おわか)(いた)(まを)しましてから、102豆寅(まめとら)久々能智(くくのち)()立派(りつぱ)御名(おんな)頂戴(ちやうだい)して、103大屋毘古(おほやびこ)一緒(いつしよ)(いへ)(つく)りをやつて()ります。104それはそれは(えら)鼻息(はないき)で、105(わたくし)らは奴扱(やつこあつか)ひにされて(たま)りませぬので、106たうとう貴下(あなた)(あと)(した)つて(まゐ)りました。107何卒(なにとぞ)(わたくし)にも結構(けつこう)()()けて(くだ)さい。108何時(いつ)までも田依彦(たよりひこ)でも(たよ)るところがなければ仕方(しかた)がありませぬ』
109と、110()をギヨロギヨロさせながら(たの)()る。
111『あゝさうか。112()れに相違(さうゐ)なければ感心(かんしん)(をとこ)だ。113しかし其処(そこ)平太(へた)ばつて()二人(ふたり)は、114時彦(ときひこ)芳彦(よしひこ)では()いか。115(しき)りに、116(さけ)(にほ)ひがするなア。117その徳利(とくり)(たれ)のだ』
118『ハイ、119これはトヽヽヽヽトヽヽヽヽトントもう(わか)りませぬ。120トキドキこンな(こと)があります』
121『それは芳彦(よしひこ)のじやないか』
122『ハイハイ、123田依彦(たよりひこ)はヨヽヽヽヽヨヽヽヽヽヨソの(ひと)かと(おも)ひます。124ヨヽヽヽヽ()うて()ります』
125『なンだ貴様(きさま)は、126(にはか)(どもり)になつたのか』
127『ハイ、128ドヽヽヽヽドヽヽヽヽドウもなりませぬ。129(とき)や、130(よし)(わたくし)()ふことを()かぬものだから、131(わたくし)共々(ともども)にイヤもう()うもかうも申上(まをしあ)げやうはありませぬ。132何卒(なにとぞ)神直日(かむなほひ)()のがし133(きき)のがし(くだ)さいませ。134(しか)し、135此奴(こいつ)燗直日(かんなほひ)()うて、136冷酒(ひや)()ンでゐます。137(わたくし)(そば)()つて、138貴下(あなた)()つかりやせぬかと(おも)ひまして、139ヒヤヒヤアブアブしとりました。140(わたくし)性来(しやうらい)(さけ)(ぎら)ひですから、141(ひと)つも()みませぬ。142時彦(ときひこ)や、143芳彦(よしひこ)は、144たとひ()うならうとも(わたくし)だけは(ゆる)して(くだ)さい。145()出神(でのかみ)さま』
146馬鹿(ばか)()ふな、147貴様(きさま)だけが(たす)かつたら()いのか』
148『イーエ、149()()くは貴様(きさま)も、150(とき)も、151(よし)(たす)けて(もら)ひたいものです。152おい(とき)153(よし)154(つら)()げい。155()出神(でのかみ)さまだぞ。156()から()()るやうな()一遍(いつぺん)()はされて()い、157(さけ)(ゐい)()めるだらう。158(いま)なんと()かした。159(くに)御柱(みはしら)(かみ)さまは、160常世(とこよ)(くに)(さけ)()みに()かつしやつたなンて()うただらう』
161 ()出神(でのかみ)微笑(びせう)しながら、
162()加減(かげん)にせよ。163(いま)(ふね)()る。164(ふね)(なか)悠久(ゆつくり)(あぶら)(しぼ)つてやらうかい』
165 (ふね)(また)もや(いかり)()()げ、166順風(じゆんぷう)()()げて竜宮島(りうぐうじま)さして(すす)()く。
167大正一一・一・三一 旧一・四 外山豊二録)
168(第一三章~第一八章 昭和一〇・二・二三 於徳山 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)