霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 無心(むしん)(ふね)〔三一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第4篇 鬼門より竜宮へ よみ:きもんよりりゅうぐうへ
章:第19章 第7巻 よみ:むしんのふね 通し章番号:319
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船は出港し、竜宮島に向かって進んでいく。暗礁が点在する難路である。日の出神は海上の無事を、沫那岐、沫那美の二神に祈りつつ、宣伝歌を歌った。
時彦と芳彦は、しきりに酒を飲みたがるが、田依彦はそれをたしなめていた。船中には、小声でウラル教の宣伝歌を歌う者がある。
時彦と芳彦はその歌を聞いて酒が恋しくてたまらなくなり、踊り出す。田依彦は二人を鉄拳で張り飛ばした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0719
愛善世界社版:115頁 八幡書店版:第2輯 76頁 修補版: 校定版:121頁 普及版:50頁 初版: ページ備考:
001 (ふね)(ともづな)()いて、002国治立大神(くにはるたちのおほかみ)御冠(おんかむり)になりませる竜宮島(りうぐうじま)(むか)つて(すす)()く。003暗礁(あんせう)点綴(てんてつ)(あひだ)004何時(いつ)(ふね)打破(うちやぶ)るかも()れぬ難海路(なんかいろ)なり。005()出神(でのかみ)海上(かいじやう)無事(ぶじ)沫那芸(あわなぎ)沫那美(あわなみ)二神(にしん)(いの)りつつ、006(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひたまふ。
007(くに)御祖(みおや)とあれませる
008国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
009蓮華台上(れんげだいじやう)(あら)はれて
010その御冠(おんかむり)をとりはづし
011海原(うなばら)()がけて()(たま)
012御魂(みたま)()りて(ひと)(じま)
013冠島(かんむりじま)となりにけり
014冠島(かんむりじま)永遠(とことは)
015(しづ)まりゐます豊玉姫(とよたまひめ)
016(かみ)(みこと)玉依姫(たまよりひめ)
017(うづ)(みこと)御恵(みめぐ)みに
018御船(みふね)(やす)(すす)()
019荒浪(あらなみ)(たけ)海原(うなばら)
020(やみ)より(くら)()(なか)
021朝日(あさひ)夕日(ゆふひ)()()えて
022(かみ)御魂(みたま)()りて()
023(あめ)(つち)との大道(おほみち)
024(をしへ)(ひら)宣伝使(せんでんし)
025()出神(でのかみ)(あら)はれて
026(めぐみ)(かしら)冠嶋(かむりじま)
027天地(てんち)をまつる祝姫(はふりひめ)
028(つら)()()面那芸(つらなぎ)
029(かみ)御心(みこころ)(あは)れみて
030常世(とこよ)(くに)(つつが)なく
031(わた)らせ(たま)天津神(あまつかみ)
032神伊弉諾(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
033(つき)大神(おほかみ)野立彦(のだちひこ)
034野立(のだち)(ひめ)やあら(がね)
035(つち)(まも)らす(かね)(かみ)
036浪路(なみぢ)(まも)綿津神(わたつかみ)
037常世(とこよ)(やみ)()らせかし
038常世(とこよ)(やみ)()らせかし』
039と、040(うた)ひつつ(すす)()く。041田依彦(たよりひこ)は、
042『オイ、043時彦(ときひこ)044(はや)()出神(でのかみ)(さま)にお(わび)をせぬか。045一生(いつしやう)(さけ)()みませぬ。046目出度(めでた)(とき)(かぎ)つてお神酒(みき)(いただ)かして(もら)ひます」と()つて、047辞儀(じぎ)をせぬかい。048芳彦(よしひこ)貴様(きさま)もその(とほ)りだぞ』
049時彦(ときひこ)(おれ)アもう雪隠(せつちん)火事(くわじ)だ。050やけくそだ。051(かか)アよりも(めし)よりも()きな(さけ)()めるなら、052(たれ)がこンな常世(とこよ)(くに)()くものかい。053アヽ()みたい()みたい』
054芳彦(よしひこ)時彦(ときひこ)055貴様(きさま)如何(どう)しても改心(かいしん)できぬのかなア、056(こま)つたものだよ』
057時彦(ときひこ)貴様(きさま)改心(かいしん)すると(ぬか)してから、058一体(いつたい)何年(なんねん)になると(おも)ふ。059八尋殿(やひろどの)酒宴(さかもり)に、060()(つぶ)れて、061竹熊(たけくま)計略(けいりやく)(かか)り、062イの一番(いちばん)(たま)()られて、063それからと()ふものは、064アヽ(さけ)(つつし)まねばならぬ、065(おれ)(さけ)縮尻(しくじ)つたと()かして、066毎日(まいにち)日日(ひにち)(あを)(かほ)して、067(ちひ)さくなつてゐたのも、068(わづ)かに二月(ふたつき)三月(みつき)069ソロソロ地金(ぢがね)をほり()して、070(いま)(いま)まで(さけ)(くら)つてよい(ほど)()うて、071(した)もロクに(まは)らぬやうになつた(うへ)に、072(おれ)改心(かいしん)したもないものだ。073また(ゑひ)(さめ)ると、074貴様(きさま)(のど)がヂリヂリと()きついて、075(ふと)(はら)(なか)から結構(けつこう)副守護神(ふくしゆごじん)()()して、076「オイ芳彦(よしひこ)077(さけ)()みてもヨシ(ひこ)ぢや、078規則(きそく)(やぶ)つてもヨシ(ひこ)079()めよ(さわ)げよヨシ(ひこ)080一寸先(いつすんさき)(やみ)でもヨシ(ひこ)081(やみ)(あと)から(つき)()りや尚々(なほなほ)ヨシ(ひこ)だ」と(ぬか)してな、082(すす)めるのだろ。083そこで貴様(きさま)(のど)()けるし、084(もと)から口汚(くちぎたな)い、085口卑(くちいや)しい性来(しやうらい)だから、086(なん)でもヨシヨシと()かして(また)しても(くら)ふのだ。087(いま)一寸(ちよつと)のあひだ改心(かいしん)したつて、088(なん)にもなりやしない。089改心(かいしん)するなら、090万古(まんご)末代(まつだい)(かは)らぬやうに改心(かいしん)せい……(おい)らはそんな柔弱(じうじやく)(こと)(きら)ひだ。091一生涯(いつしやうがい)(さけ)だけは改心(かいしん)せぬ心算(つもり)だよ』
092田依彦(たよりひこ)『エヽ貴様(きさま)たちは仕様(しやう)のない(やつ)らだナ。093(なん)でそンな(から)い、094えぐい(もの)()きなのだい。095貴様(きさま)最前(さいぜん)船客(せんきやく)()つてゐた雪隠(せんち)(むし)(たで)()(むし)仲間(なかま)だナ』
096時彦(ときひこ)『オイオイ、097よい加減(かげん)にせぬか、098()出神(でのかみ)(さま)(きこ)えるぞ』
099 田依彦(たよりひこ)(おほ)きな(こゑ)()して、
100(きこ)えるやうに()ふのだ。101如何(どう)しても()まぬか、102ウラル(ひこ)(ところ)へどうしても()きたいか』
103故意(わざ)大声(おほごゑ)呶鳴(どな)()てる。104時彦(ときひこ)芳彦(よしひこ)両方(りやうはう)(みみ)(ふさ)いで(ちぢ)こまりゐる。
105田依彦(たよりひこ)貴様(きさま)自分(じぶん)(みみ)(おさ)へて(なに)をするのだい』
106(とき)107(よし)()出神(でのかみ)(きこ)えぬやうに、108(ふた)してるのだい。109貴様(きさま)があまり(おほ)きな(こゑ)()すからナ』
110田依彦(たよりひこ)(みみ)(ふた)して(すず)(ぬす)むやうな馬鹿(ばか)真似(まね)をしたつて、111()出神(でのかみ)さまの(みみ)にはよく(わか)つてるぞ。112ソレソレこつちを(いま)()いて(こは)(かほ)してゐらつしやる。113綺麗(きれい)114サツパリと改心(かいしん)すると(ぬか)せ』
115 この(とき)116(かたはら)船客(せんきやく)のなかに(かす)かな(こゑ)(しぼ)つて、
117()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
118(やみ)(あと)には(つき)()
119とかく()()(いろ)(さけ)
120(さけ)()ければ()(なか)
121面白(おもしろ)可笑(をか)しく(くら)せない
122()いて(くら)すも一生(いつしやう)なら
123(わら)つて(くら)すも一生(いつしやう)ぢや
124一升(いつしよう)徳利(とつくり)(くび)()
125二生(にしやう)三生(さんしやう)夫婦(めをと)ぢやと
126(ちか)うた女房(にようばう)(なん)のその
127(さけ)(わたし)女房(にようばう)ぢや
128(さけ)より可愛(かあい)(つま)あろか
129(さけ)より(うま)いものあろか
130(さけ)(きら)ひと(ぬか)(やつ)
131(へん)チキチンの馬鹿者(ばかもの)
132この()(うま)れて()(うへ)
133(さけ)(さかな)心中(しんぢう)して
134()ンで地獄(ぢごく)()ちたとて
135(さけ)(きら)ひな(おに)はない
136(こは)(おに)めに徳利(とつくり)
137()せてやつたらニーヤリと
138(たちま)相好(さうご)(くづ)すだろ
139この()もあの()(かみ)()
140(さけ)でなければ(わた)られぬ
141神酒(みき)あがらぬ(かみ)はない
142(さけ)(きら)ひと(ぬか)(やつ)
143(かみ)には(あら)(おほかみ)
144顔色(かほいろ)(わる)貧乏神(びんばふがみ)
145シミタレ(がみ)(くさ)(がみ)
146()出神(でのかみ)とはそりや(なん)ぢや
147(さけ)()くては()()らぬ
148(さかな)()くては()()けぬ
149ドツコイシヨのドツコイシヨ
150ドツコイシヨのドツコイシヨ
151トツクリ思案(しあん)をして()れよ
152さした(さかづき)やクルクル(まは)
153(まは)浮世(うきよ)(いろ)(さけ)
154ドツコイシヨのドツコイシヨ』
155と、156小声(こごゑ)(うた)()したるものあり。
157 時彦(ときひこ)158芳彦(よしひこ)(たま)らなくなり、159(なさけ)なささうな(こゑ)()して、
160(とき)(よし)『あゝア、(さけ)()めなら()めもしよ
161()まぬとおけなら()みもせぬ
162それでも天地(てんち)(かみ)さまは
163神酒(みき)あがるが(おれ)不思議(ふしぎ)
164(さけ)()むのが(わる)いなら
165(おれ)はこれからサツパリと
166改心(かいしん)いたして神酒(みき)()
167改心(かいしん)いたして神酒(みき)()む』
168調子(てうし)()つて(うた)(はじ)め、169(をど)(くる)ふ。
170 田依彦(たよりひこ)()(まる)くし、171(また)もや鉄拳(てつけん)(ふる)つてポンポンと(つづ)()ちに二人(ふたり)横面(よこづら)をイヤといふほど(くら)はしける。
172 無心(むしん)(ふね)はこの(ささや)きを()せてドンドンと竜宮島(りうぐうじま)()して(すす)()く。
173大正一一・一・三一 旧一・四 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。