霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 駱駝隊(らくだたい)〔三三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第7篇 日出神 よみ:ひのでのかみ
章:第39章 第7巻 よみ:らくだたい 通し章番号:339
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:高木鉄男 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
熊公は大砂漠を越えるために、数十頭の駱駝を連れてきた。一向は駱駝に乗って豊の国の都に着いた。
都では、熊公の帰還を群集が声をそろえて祝した。実は熊公は、八十熊別という豊の国の大酋長であった。
八十熊別は神通力で日の出神が筑紫洲にやってきて、豊の国に来ることを前知し、砂漠の難を救うべく駱駝を引き連れて、そま人の格好をして霧島山麓まで出迎えていたのであった。
都の群集は酋長・八十熊別が連れてきた客人たちを見て、いろいろ話しに花を咲かせている。
宣伝使たちが招き入れられた八十熊別の館には、天を衝いて五色の雲が立ち昇った。群集はあっと驚いてその場に合掌するのみであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0739
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第2輯 119頁 修補版: 校定版:244頁 普及版:101頁 初版: ページ備考:
001 霧島山(きりしまやま)坂道(さかみち)を、002西南(せいなん)(むか)つて(くだ)()たりし四人(よにん)宣伝使(せんでんし)は、003(だい)(をとこ)熊公(くまこう)先頭(せんとう)(あし)(まか)せて(くだ)()く。
004熊公(くまこう)『モシモシ、005この(はう)へモー(すこ)()けば大沙漠(だいさばく)です。006この沙漠(さばく)をば()えぬ(こと)には、007(とよ)(くに)(みやこ)には()けませぬ。008(さいは)(むか)ふの森林(しんりん)沢山(たくさん)駱駝(らくだ)()ります。009彼奴(きやつ)背中(せなか)(またが)つて沙漠(さばく)横断(わうだん)いたしませうか』
010日出神(ひのでのかみ)『それは面白(おもしろ)からう、011便利(べんり)だ。012駱駝(らくだ)七八頭(しちはつとう)引張(ひつぱ)つて()()れないか』
013(かしこ)まりました』
014熊公(くまこう)駱駝(らくだ)(むれ)(むか)つて()()しぬ。015四人(よにん)宣伝使(せんでんし)路傍(みちばた)(くさ)(うへ)(こし)うち()け、016(いき)(やす)()る。017(しばら)くありて駱駝(らくだ)使(つか)()れたる熊公(くまこう)は、018数十頭(すうじつとう)駱駝(らくだ)引張(ひつぱ)()たり。
019日出神(ひのでのかみ)『ヤア、020沢山(たくさん)のものだなあ』
021熊公(くまこう)()れなつと、022御気(おき)()つた(やつ)御召(おめ)(くだ)さい。023(ほか)(やつ)(ひか)へとして()れて()きます。024沙漠(さばく)(なか)(みづ)()りませぬから、025(みづ)()くなつたら、026此奴(こいつ)背中(せなか)団瘤(だんこぶ)(やぶ)つて(みづ)()して()みつつ()くのです』
027面那芸(つらなぎ)調法(てうはふ)なものだなあ』
028感心(かんしん)する。029()出神(でのかみ)翻然(ひらり)駱駝(らくだ)(またが)り、030(つづ)いて三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)熊公(くまこう)(おな)じく、031駱駝(らくだ)(うへ)(ひと)となりぬ。
032日出神(ひのでのかみ)『これは焦暑(いらあつ)い、033焦付(こげつ)くやうな沙漠(さばく)(ある)くより苦労(くらう)はない。034本当(ほんたう)ラクダ
035無駄口(むだぐち)(しやべ)りながら駱駝(らくだ)(なら)べて、036春風(はるかぜ)(すず)しき不毛(ふまう)沙漠(さばく)(すす)みゆく。
037 (をり)から旋風(せんぷう)吹起(ふきおこ)り、038砂塵(さぢん)()()げ、039四辺(しへん)暗澹(あんたん)として咫尺(しせき)(べん)ぜざるに立到(たちいた)り、040(くは)ふるに折悪(をりあ)しく(むか)(かぜ)なれば、041時々(ときどき)一行(いつかう)駱駝(らくだ)(あたま)(めぐ)らして、042(かぜ)背中(せなか)()(いき)(やす)めける。043(しばら)くありて猛烈(まうれつ)なる旋風(せんぷう)は、044ピタリと(とま)り、045酷熱(こくねつ)(はる)太陽(たいやう)はガンガンと(かがや)(はじ)めたり。046熊公(くまこう)先頭(せんとう)()ち、047(うた)(はじ)めたり。
048()()()()沙漠(さばく)(そら)
049()()()()駱駝(らくだ)()つて
050これが()()宣伝使(せんでんし)
051(あたま)(あつ)(かほ)(あつ)
052(あつ)(なさけ)(ほだ)されて
053(みづ)()らさぬ(あつ)(なか)
054(あつ)()(くに)()()でて
055豊日(とよひ)(わけ)宣伝使(せんでんし)
056(とよ)(みやこ)(すす)()
057()れよ()()()出神(でのかみ)
058()けよ()()科戸(しなど)(かぜ)
059()てよ()てたて砂煙(すなけぶり)
060駱駝(らくだ)(あし)(つづ)かむ(かぎ)
061駱駝(らくだ)えらかろ(おのれ)らくだ
062(あめ)()()れドツサリ()れよ
063()つて()いたる宣伝使(せんでんし)
064(てん)(ほし)から天降(あまくだ)
065(とよ)御国(みくに)(すな)(はら)
066(すす)()()雄々(をを)しさよ
067(とよ)(みやこ)はもう(すこ)
068(すこ)しと()つてもまだ百里(ひやくり)
069百里(ひやくり)千里(せんり)()ンのその
070(すす)めよ(すす)駱駝隊(らくだたい)
071(すす)めよ(すす)駱駝隊(らくだたい)
072四辺(あたり)(はばか)らず、073出任(でまか)せの(うた)(うた)ひつつ(すす)みゆく。074数多(あまた)駱駝(らくだ)()()せたる果物(くだもの)に、075(うゑ)(しの)ぎながら、076()(かさ)ねて(やうや)(とよ)(みやこ)()きにける。
077 (だい)(をとこ)熊公(くまこう)は、078(みやこ)間近(まぢか)くなりしより元気(げんき)()し、079駱駝(らくだ)(しり)無性(むしやう)矢鱈(やたら)()ちながら、080一目散(いちもくさん)(みやこ)()して獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)にて駆込(かけこ)みぬ。081()いで四人(よにん)宣伝使(せんでんし)は、082()(おと)らじと駱駝(らくだ)(しり)鞭打(むちう)ちて、083(くも)(かすみ)()けり()く。084(とよ)(みやこ)入口(いりぐち)には、085数多(あまた)群衆(ぐんしう)(こゑ)(そろ)へてウローウローと、086熊公(くまこう)帰還(きくわん)(しゆく)しける。
087 この熊公(くまこう)は、088(とよ)(くに)大酋長(だいしうちやう)なり。089本名(ほんみやう)八十熊別(やそくまわけ)といふ。090八十熊別(やそくまわけ)神通力(じんつうりき)()ちゐたり。091()出神(でのかみ)宣伝使(せんでんし)が、092このアフリカの筑紫島(つくしじま)(わた)り、093熊襲(くまそ)(くに)上陸(じやうりく)()(くに)()(とよ)(くに)(くだ)()ることを前知(ぜんち)し、094この沙漠(さばく)(なん)(すく)ふべく数多(あまた)駱駝(らくだ)引連(ひきつ)れ、095霧島山(きりしまやま)山麓(さんろく)(まで)この一行(いつかう)(むか)へむために()たりしものなり。096しかして(わざ)熊公(くまこう)只人(ただびと)()名告(なの)()たるなり。097八十熊別(やそくまわけ)(とよ)(みやこ)()くや(いな)や、098国人(くにびと)(をど)(くる)うて無事(ぶじ)帰還(きくわん)(しゆく)しける。099国人(くにびと)歓呼(よろこび)(こゑ)(つつ)まれて、100八十熊別(やそくまわけ)四人(よにん)宣伝使(せんでんし)(とも)(わが)(やかた)(くつわ)(つら)ねて、101悠々(いういう)奥深(おくふか)姿(すがた)(かく)しける。
102 あとに(のこ)りし群集(ぐんしふ)は、103口々(くちぐち)言葉(ことば)(はな)()かしゐたりけり。
104(かふ)『オイ大酋長(だいしうちやう)八十熊別(やそくまわけ)さまは、105()(かんが)へてあンな蓑虫(みのむし)()(やう)な、106乞食(こじき)(やう)な、107(いろ)(しろ)(やつ)や、108(あか)(やつ)や、109(くろ)(やつ)をあの(ひろ)沙漠(さばく)()えて引張(ひつぱ)つて()たのであらうか。110チツト物好(ものず)きにも(ほど)があるぢやないか。111あンな(やつ)()れて()ようものなら、112(とよ)(くに)はさつぱり蹂躪(ふみにじ)られてしまひ、113ドドドン(づま)りは、114自分(じぶん)(たた)()されてしまふかも()れやあしないぜ』
115(おつ)八十熊別(やそくまわけ)さま(だけ)なら()いが、116(おれ)たちも何処(どこ)(たた)きやられるか()れやあしない。117(こま)つた(こと)になつたものだのー』
118(へい)貴様(きさま)たちに(なに)(わか)るかい。119アレ(だけ)(ちから)(つよ)(かしこ)立派(りつぱ)八十熊別(やそくまわけ)さまに抜目(ぬけめ)があるものかい、120燕雀(えんじやく)()ンぞ大鵬(たいほう)(こころざし)()らむやだ。121(つばめ)(すずめ)がチユーチユーと()つたつてあくものかい』
122(おつ)燕雀(えんじやく)とは()ンぢや、123(おい)らが燕雀(えんじやく)なら、124貴様(きさま)たちは糞蟲(くそむし)だよ』
125(へい)(なに)糞蟲(くそむし)だい、126(くそ)(あき)れらあ。127燕雀(えんじやく)(くそ)から()きよつた、128貴様(きさま)糞蟲(くそむし)だよ』
129(てい)貴様(きさま)らは()ンにも()りはしない、130この(はう)(まを)(こと)(つつし)ンで(うけたま)はらう。131この(あひだ)(うしとら)(てん)(あた)つて、132五色(ごしき)(くも)()(のぼ)つたのを、133貴様(きさま)らも()たじやらう』
134(へい)『オー()()た、135あれは一体(いつたい)なンだらうナア』
136(てい)(だま)つて(おれ)()(こと)()け。137(てん)風雲(ふううん)(へん)あり(ひと)(やまひ)(くる)しみありだ。138()ンでも()(なか)(かは)つて()るのよ。139()れで(かしこ)八十熊別(やそくまわけ)(さま)御覧(ごらん)(あそ)ばして、140()ンでも立派(りつぱ)神様(かみさま)(うしとら)(はう)(あら)はれてござると仰有(おつしや)つて、141駱駝(らくだ)引連(ひきつ)れて御出(おいで)(あそ)ばしたのぢや。142()(いま)大酋長様(だいしうちやうさま)()いて()たあの(かみ)さまは、143五色(ごしき)(くも)変化(へんげ)(あそ)ばしたのに(ちが)ひないのだ。144愚図々々(ぐづぐづ)()かすと天罰(てんばつ)(あた)るぞ』
145(かふ)道理(だうり)で、146乞食(こじき)雲助(くもすけ)(てん)から()つて()よつたのか、147てん(わけ)(わか)らぬわい。148やそ(てん)やけとか雲天焼(くもてんやけ)とか、149()ンとか()(かみ)(まじ)つとると()(こと)じや』
150(てい)(わか)らぬ(やつ)ぢや、151貴様(きさま)らに(はなし)出来(でき)ぬ。152(つか)まへ(どころ)()(こと)ばかり()かしよつて』
153(かふ)(つか)まへても()らぬのに(はな)すもはなさぬ()るものかい、154馬鹿(ばか)ツ!』
155 没分漢(わからずや)()つて(たか)つて、156勝手(かつて)下馬評(げばひやう)(こころ)みてゐる。157八十熊別(やそくまわけ)(やかた)には、158(また)もや(てん)()いて五色(ごしき)(くも)()(のぼ)つた。159群集(ぐんしふ)はアツと(さけ)ンでその()(たふ)合掌(がつしやう)するのみ。
160大正一一・二・二 旧一・六 高木鉄男録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。