霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四一章 枯木(かれき)(はな)〔三四一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第8篇 一身四面 よみ:いっしんしめん
章:第41章 第7巻 よみ:かれきのはな 通し章番号:341
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:吉原亨 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
旅の途上、宣伝使たちは路傍の石に腰を掛けて、回顧談にふけっている。
高照彦は、父神・国治立命の勘気をこうむって阿弗利加に退去を命じられ、大洪水後に再び大砂漠を拓いた物語を語った。
そして、父神・伊弉諾大神の苦労をしのび、日の出神に出会えた喜びと共に、大神様に尽くさなければならないという思いを新たにした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0741
愛善世界社版:250頁 八幡書店版:第2輯 124頁 修補版: 校定版:258頁 普及版:106頁 初版: ページ備考:
001時世時節(ときよじせつ)()ひながら
002稜威(みいづ)(たか)高照彦(たかてるひこ)
003(うづ)(みこと)(かしこ)くも
004国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
005かくしの(うづ)(かみ)御子(みこ)
006(てん)より(たか)()(はな)
007(とよ)御国(みくに)()(かく)
008八十熊別(やそくまわけ)()()へて
009沙漠(さばく)(つつ)豊国(とよくに)
010(みやこ)(あら)はれ酋長(しうちやう)
011いやしき(かみ)となり()てて
012月日(つきひ)(まつ)時津風(ときつかぜ)
013(はな)()(はる)今日(けふ)(そら)
014()出神(でのかみ)諸共(もろとも)
015(なが)年月(としつき)(すみ)()れし
016(とよ)(みやこ)(あと)にして
017(あめ)(つち)との神々(かみがみ)
018(あか)(こころ)筑紫潟(つくしがた)
019御空(みそら)()して()でて()
020()出神(でのかみ)先頭(せんとう)
021(つづ)面那芸(つらなぎ)宣伝使(せんでんし)
022四方(よも)雲霧(くもきり)祝姫(はふりひめ)
023(のぼ)山路(やまぢ)高照彦(たかてるひこ)
024(うづ)(みこと)諸共(もろとも)
025(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)
026四方(よも)山々(やまやま)谷々(たにだに)
027木霊(こだま)(ひび)かせ(いさ)ましく
028(すす)みて(きた)一行(いつかう)
029筑紫(つくし)(くに)国境(くにざかひ)
030玉野(たまの)(さと)につきにける。
031 ここに四人(よにん)宣伝使(せんでんし)路傍(ろばう)岩角(いはかど)(こし)()ちかけ、032(いき)(やす)めながら(そら)ゆく(くも)(なが)めて、033回顧談(くわいこだん)(ふけ)りける。
034高照彦(たかてるひこ)『アヽ昨日(きのふ)(かは)今日(けふ)(そら)035(なが)()(くも)(なが)むれば、036(じつ)人間(にんげん)()(うへ)ほど(かは)るものはない。037回顧(くわいこ)すれば(われ)こそはヱルサレムの聖地(せいち)(あら)はれ(たま)うた国治立命(くにはるたちのみこと)(うづ)御子(みこ)(うま)れ、038(すこ)しの(あやま)ちより父神(ちちがみ)勘気(かんき)(かうむ)り、039この(しま)(なが)らく神退(かむやら)ひに退(やら)はれ、040身装(みなり)(いや)しき八十熊別(やそくまわけ)となつて(なが)月日(つきひ)(おく)つて()た。041聖地(せいち)大変(たいへん)(みみ)にし、042一時(いちじ)(はや)くヱルサレムに(かへ)つて(ちち)危難(きなん)(すく)はむと(こころ)千々(ちぢ)(あせ)つてみたが、043(なに)()うても勘気(かんき)()けたこの(からだ)044父母(ふぼ)危難(きなん)()ながらに()(なが)し、045見流(みなが)し、046(たす)(まゐ)らすその(すべ)さへも()きの(なみだ)月日(つきひ)(おく)(くる)しさ。047()段々(だんだん)立替(たてかは)世界(せかい)大洪水(だいこうずゐ)(ひた)され、048その(とき)(われ)方舟(はこぶね)(つく)つて、049ヒマラヤ(さん)()(もど)り、050()(とど)かぬ大沙漠(だいさばく)(ひら)いて、051やうやう今日(けふ)まで(すご)してきた。052アヽ時節(じせつ)()たねばならぬもの、053今日(けふ)如何(いか)なる吉日(きちにち)か、054(おそ)(おほ)くも神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)(うづ)御子(みこ)たる、055()出神(でのかみ)()素性(すじやう)()()かし、056()にも(たふと)天下(てんか)宣伝使(せんでんし)となつて、057今日(けふ)のお(とも)(つか)へまつるは(なん)有難(ありがた)(こと)であらう。058(ちち)大神(おほかみ)(つね)(おほ)せられた。059この(わし)をアフリカの沙漠(さばく)神退(かむやら)(たま)うた(とき)に、060(ふた)つの()(なみだ)(たら)して「英雄(えいゆう)(なみだ)(ふる)つて馬稷(ばしよく)()る、061(おれ)(むね)焼金(やきがね)をあてる(やう)だ、062()うして(わが)()(にく)いものがあらう、063かうなり()くも時世時節(ときよじせつ)(あきら)めてくれ、064ただ何事(なにごと)時節(じせつ)()てよ、065時節(じせつ)()れば煎豆(いりまめ)(はな)()(こと)もある、066枯木(かれき)(はな)()(ためし)もないではない、067(かご)(とり)でも時節(じせつ)()てば(こも)(やぶ)れる(こと)もある。068無慈悲(むじひ)(おや)ぢやと(うら)まずに、069天地(てんち)規則(きそく)(やぶ)られぬ、070サツサと()つてくれ、071老少不定(らうせうふぢやう)072これが現世(このよ)見納(みをさ)めになるやも()れぬ」と仰有(おつしや)つた(こと)(いま)(おも)()せば、073(なん)とも()へぬ心持(こころもち)がして()る。074これを(おも)へば今日(けふ)吾々(われわれ)のこの(うれ)しさを(ちち)大神(おほかみ)に、075一度(いちど)()にかけて()たいものだ。076(ちち)のこの()知召(しろしめ)時代(じだい)神代(かみよ)といつて(たれ)(かれ)(みな)(かみ)()(たまは)つたが、077世界(せかい)立替(たてかへ)以後(いご)大洪水(だいこうずゐ)(あと)のこの()(かみ)()()くなつて、078(たれ)(かれ)(ひと)といふ()になり、079彼方(あちら)080此方(こちら)(かしら)するものばかりが(かみ)となつて、081加美(かみ)といふ()をつけることになつた。082(しか)神代(かみよ)(みだ)れたというても今日(こんにち)(やう)(むご)たらしい()(なか)ではなかつた。083人間(にんげん)(だい)になつてからは悪魔(あくま)はますます天下(てんか)横行(わうかう)し、084血腥(ちなまぐさ)(かぜ)四方(しはう)八方(はつぱう)より()(すさ)ンでくる。085これに()いてもこの()(をさ)(たま)伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ)大御心使(おほみこころづか)ひが(おも)ひやられ、086杖柱(つゑはしら)(おも)つてゐた伊邪那美命(いざなみのみこと)は、087この()愛想(あいさう)をつかし、088()(かみ)(ため)夜見(よみ)(くに)にお()ましになつたとかいふ(こと)だ。089アヽ吾々(われわれ)伊邪那岐(いざなぎ)大神(おほかみ)(うづ)御子(みこ)なる()出神(でのかみ)()()され、090こンな有難(ありがた)いことはない。091この御恩(ごおん)(むく)ゆるために骨身(ほねみ)(くだ)いても大神様(おほかみさま)のために(つく)さねばならぬ。092アヽ有難(ありがた)いありがたい、093(かは)れば(かは)()(なか)だなア』
094長物語(ながものがたり)をしながら、095両眼(りやうがん)から(したた)(なみだ)(ぬぐ)ふ。096()出神(でのかみ)一行(いつかう)はこの(いつは)らざる(はなし)感激(かんげき)して、097(いづ)れも(そで)をしぼりける。
098大正一一・二・二 旧一・六 吉原亨録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。