霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

附録 第三回高熊山参拝紀行歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:後付 よみ:
章:第7巻 よみ:たかくまやまさんぱいきこうか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm079901
愛善世界社版:312頁 八幡書店版:第2輯 修補版: 校定版:325頁 普及版: 初版: ページ備考:
001王仁作
 
002 高熊山参拝者名簿(一)
003   (大正十一年四月十三日 旧三月十七日)
 
004   (一)
005の御魂の開け
006神の稜威も高熊の(出口王仁三郎)
007清き霊地に詣でんと
008大本信徒の一隊は
009世継山を後にして
010仁愛(みろく)の神の教のまに
011月弥生の十五日
012円満清澄渡る
013御影を頼りとし
014を争ひ(まめひと)(野崎信行)
015進みくこそ雄々しけれ
016世にれたる大(勝本安太郎)
017(のり)は浦国の果
018平洋をのり越えて
019光は日々にり行く
020野原谷の底(増川康)
021(しづか)に栄ゆる神の道
022誠の神の御心を(佐藤勝治)
023佐藤る霊界物語
024劣敗今の世の
025汚れを清めめ行く
026皇大神は(いそ)の上(石川保次郎)
027古き神世の昔より
028禊身たまひし五十鈴
029国家護の神徳は
030他教にまさりていち次郎
031東の海や西の洋
032塞がり渡る雲を(西村寛之助)
033仁無比の言霊
034に開きめつつ(初田彦九郎)
035教へ導く猿田彦
036九郎するがの富士の山
037仰げばき雲の
038喜美の恵は常永に(高橋喜美)
039かがやき渡る雲の上
040下津根やの底(石川こずえ)
041木々のこずえに至るまで
042輝やき和津国(田中亀太郎)
043の齢の充ち太郎
044下津根の日の(岩本なみ)
045なみも静かに治まりて
046雲四方に晴れ渡る(村橋金一郎)
047は黄筋に
048老若男女のばしら(牧近一郎)
049遠ききの隔てなく
050心不乱にさざれ(石川はつ)
051清く流るる和知の
052水瀬はつよく稜威(いづ)(高野久)
053御代栄えは永
054岩城の如く美治よし(岩城よし)
055西田たる青葉蔭
056津留雫も(西田津留)
057なりて水かさまさり行く
058瑞の御魂の海潮が(三上まさ)
059雨ふる郷の亀
060瑞祥閣に立籠り(岡基道)
061五六七のの神の
062加熊山の岩(田中嘉太郎)
063修業なしたる物嘉太
064上田喜三が生家より
065にあたる川原
066内外の区別弁まへず(東條内外)
067夢中遊行月の夜に
068西山口に進()行く(山口三蔵)
069さは暗し松の
070らんと(森国幹造)
071議り玉ひし御神慮を
072堅く真々の(森種次)
073苦労艱難なめぎつ
074上中下なる三段(三段崎俊介)
075御縁はふ神の業
076鬼も大蛇も戌の
077神のけに石田ふや
078天馳せつかい富士の山(石田要之介)
079扇の要之助け以て
080西の穴太の外れ(西村ゆき)
081ゆき未だ残る山の
082わけて辿りつつ(奥村貞雄)
083神のめの霊場に
084尋ね行くこそ々しけれ
085   (二)
086舎のに生れたる
087神に仕ふる神(田村兵次郎)
088その霊術も著次郎
089屹立したる岩城(岩城達禅)
090漸くし悠然と
091姿の帰神術
092を泣渡る
093山郭公血を吐いて(井上武仁)
094男と義の大御代に
095太田る民の(太田幸吉)
096君の恵を仰ぎつつ
097悪しき心を桐山(桐山謙吉)
098力をかくす譲の
099徳の光りはさえもく 大和心の信徒が
100西尾見当てに峰山
101手前の神山にぎて行く(西尾金次郎)
102治まる御代に大崎
103外国人にれたる(大崎勝夫)
104誠に強き大丈
105数回有田九皐(有田九皐)
106瑞穂栄ゆる玉の
107村に生れし田の子(同瑞穂)
108世は吉まりて
109国威も四方に輝きし(井上祥治)
110明治は三十一の年
111春の初めに斎藤(斎藤弁治)
112借家を夜半に立出でて
113咫尺もぜぬ暗の夜を
114神の大道にめんと
115稜威も高木神の山(高木寿三郎)
116経綸(しぐみ)も長き三千寿(とせ)
117国一の不二の峰
118妻の国もけく
119き神代の其ままに(秀平遠安喜)
120波風く治まりて
121悦に充てる松たけ(同たけ)
122花咲く門
123如月九日子の刻に(野口如月)
124小松の御眷属
125やゑの村雲掻別けて(林やゑ)
126天の羽轟かし
127さな宿(やど)に降り来て(車小房)
128顕幽二界の渠をば
129の別なく取り放ち(溝下とみ)
130とみづとの神の(のり)
131加藤諭さん(加藤吉人)
132吾に続けと松岡の
133(うづ)の道柴田どりつつ(柴田健次郎)
134生れ付いたる脚を
135神使にぎて喜三(藤岡しか)
136蔓からむ神の
137しかと踏みしめ漆原(漆原一郎)
138心不乱に(ささ)
139かや生ひしげる山路を(竹中かや)
140神の御杖にすがりつつ
141咲き匂ふ宮垣内(同すが・同梅)
142あとに見捨てて登り行く
143水音々と(高沢たか)
144たか天原となり渡る
145川西あればいさましく(川西いさ)
146栄え目出度き松野代の
147声もしづかに杉原(松野しづ)
148ねて大本の
149誠一つの信徒が(杉原喜重)
150道の泉の水口
151尋ねて進む部隊(水口惣夫)
152老若男女婦連
153松野しげみの下蔭を(松野しげ)
154心いそいそ原の
155余に伸びも(平松丈吉)
156山崎々たつね行く
157今日ての鹿(山崎つね)
158二回目三回四回迄
159登山を為せる人もあり(初島政)
160一回毎にり行く
161歩みも吉田黄金(吉田黄金)
162彩どる野辺を眺めつつ
163の転ぶ圃路(石田ちよ)
164かたへの林にたちよりて
165をふくらす弁当の(原祐蔵)
166の虫を歓ばせ
167小雨の空に一行を(西尾藤之助)
168西尾目指して先藤之
169横芝勇士に手を曳かれ(同与一郎)
170なやむ足元与一々々と
171む色なくどり行く(稲田愛五郎)
172万有一切愛五郎
173谷と谷との落合(落合平三郎)
174少しらな芝の上
175人五人と名西尾(西尾たね)
176きせきりつつ
177あやに畏こき神の山(井上あや)
178の柱のすぐすぐと
179しみ敬ひ坦な(牧慎平)
180巌窟前の木下蔭
181一同の胸も秋月(秋月晴登)
182れたる空をる如
183杉山越えて(杉山勇吉)
184草分けて方へ
185八重野陣をばしき乍ら(村上八重野)
186笹ケを進みきぬ
187息をやすめつつ(小原きぬ・同やす)
188年隊の行く後
189寿らすら々かけ登る(青江寿次)
190(以下第九巻)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)