霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 三神司(さんしん)邂逅(かいこう)〔三〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第1篇 大台ケ原 よみ:おおだいがはら
章:第2章 第7巻 よみ:さんしんかいこう 通し章番号:302
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:高木鉄男 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そこへ、康代彦と真鉄彦が大台ケ原を登ってやってきた。康代彦と真鉄彦は、大事忍男がウラル山の八岐大蛇の化身であり、神山・大台ケ原に立て籠もっていることを歌いながらやってきた。
そして、日の出神、康代彦、真鉄彦は、天の御柱大神の導きによってここにやってきたという。
二神は、日出づる国の礎を照らす日の出大神は、この大台ケ原に永遠に鎮まって、天津日嗣の皇神の御位を守り奉れ、真鉄彦は左守、康代彦は右守となろう、と歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0702
愛善世界社版:13頁 八幡書店版:第2輯 41頁 修補版: 校定版:15頁 普及版:6頁 初版: ページ備考:
001 (やま)(いただき)より(すず)しき(こゑ)(きこ)えて、
002()常闇(とこやみ)となり()てて
003黄泉国(よもつのくに)()でましし
004(くに)御柱大神(みはしらおほかみ)
005見立(みたて)(たま)ひし八尋殿(やひろどの)
006真木(まき)(はしら)朽果(くちは)てて
007(たふ)れかかりし(かみ)()
008(おこ)(たす)くる康代彦(やすよひこ)
009(こころ)(かた)真鉄彦(まがねひこ)
010天津御国(あまつみくに)(あら)はれて
011(みづ)御魂(みたま)諸共(もろとも)
012この()(もと)(かた)めむと
013天津誠(あまつまこと)御教(みをしへ)
014(てん)()とに(くま)もなく
015()()らはして(かみ)()
016いと(たひら)けく(やす)らけく
017(おや)(くらゐ)(たも)ちつつ
018(ただよ)(くに)弥堅(いやかた)
019()(かた)めたる大事(おほこと)
020忍男神(おしをのかみ)()れまして
021神政(しんせい)成就(じやうじゆ)()()ぐる
022(われ)らは(かみ)御使(みつかひ)
023千代(ちよ)八千代(やちよ)()(もと)
024(いしずゑ)(かた)搗固(つきかた)
025神世(かみよ)(をさ)()()でて
026(をしへ)四方(よも)敷島(しきしま)
027(われ)康代(やすよ)(かみ)なるぞ
028(われ)真鉄(まがね)(かみ)なるぞ
029いま()(まへ)(あら)はれて
030大事忍男神(おほことおしをのかみ)()
031ウラルの(やま)(わだかま)
032八岐大蛇(やまたをろち)化身(けしん)にて
033(いま)より十年(ととせ)のその(むかし)
034この神山(しんざん)立籠(たてこも)
035瑞穂(みづほ)(くに)中国(なかくに)
036(かみ)胞衣(えな)をば打破(うちやぶ)
037この()(みだ)深企(ふかだく)
038これの深山(みやま)(かく)ろひて
039数多(あまた)邪神(じやしん)狩集(かりあつ)
040再挙(さいきよ)(はか)浅間(あさま)しさ
041(あめ)御柱大神(みはしらおほかみ)
042魔神(まがみ)(たく)みを(ことごと)
043(さと)らせ(たま)ひて現世(うつしよ)
044千代(ちよ)八千代(やちよ)康代彦(やすよひこ)
045堅磐常磐(かきはときは)真鉄彦(まがねひこ)
046(つく)(かた)めて浦安(うらやす)
047()()づる(くに)(いしずゑ)
048()らす()()大神(おほかみ)
049仕組(しぐみ)(ふか)きこの(やま)
050(みちび)(たま)雄々(をを)しさよ
051東南西(とうなんせい)海原(うなばら)
052(ひか)へて()てるこの(やま)
053難攻不落(なんこうふらく)鉄壁(てつぺき)
054(なれ)(みこと)はこの(やま)
055堅磐常磐(かきはときは)(しづ)まりて
056天津日嗣(あまつひつぎ)皇神(すめかみ)
057御位(みくら)(まも)(たてまつ)
058(われ)左守(さもり)(かみ)となり
059大和嶋根(やまとしまね)神国(かみぐに)
060真鉄(まがね)(ひこ)弥堅(いやかた)
061弥常久(いやとことは)(ゆる)ぎなく
062(をさ)めてここに立岩(たちいは)
063(ふか)(たく)みを打破(うちやぶ)
064曲神(まが)(ことごと)(たひら)げむ
065康代(やすよ)右守(うもり)(かみ)となり
066荒浪(あらなみ)()ける浮嶋(うきしま)
067(かみ)稜威(みいづ)搗固(つきかた)
068康代(やすよ)(ひこ)(かみ)となり
069浦安国(うらやすくに)心安(うらやす)
070千代(ちよ)八千代(やちよ)(まも)るべし
071朝日(あさひ)直刺(たださ)(かみ)(やま)
072夕日(ゆふひ)直刺(たださ)(かみ)(みね)
073百山(ももやま)千谷(ちだに)のその(なか)
074(そそ)()ちたる大台(おほだい)
075(はら)御山(みやま)永久(とこしへ)
076()出神(でのかみ)(あら)はれて
077天教(てんけう)地教(ちけう)神々(かみがみ)
078(をしへ)(まも)朝日子(あさひこ)
079()出神(でのかみ)()りませよ』
080(うた)ひながら、081巌窟(がんくつ)(まへ)()てる()出神(でのかみ)(そば)(ちか)(すす)(きた)る。
082大正一一・一・三〇 旧一・三 高木鉄男録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。