霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 審神者(さには)〔二一四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第2篇 中軸移動 よみ:ちゅうじくいどう
章:第14章 第5巻 よみ:さにわ 通し章番号:214
口述日:1922(大正11)年01月07日(旧12月10日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜山別は神がかりの状態で小高き丘陵に飛び上がると、盤古大神を非難した。
盤古大神は少しも動ぜず、鎮魂の姿勢を取って対峙した。また、常世姫の襟首を掴むと大地に思い切り投げつけた。常世姫は神がかりが解け、元の温和な性格に戻ってしまった。
このように、邪神は四魂を弱らせ、肉体を衰えさせて憑依するのである。深山幽谷で苦行をなすのは、すでに邪神に精神を惑わされてしまっている証拠である。
神がかりの修法のためには、正食をなし、心身ともに強壮にして爽快である必要があるのである。
盤古大神の審神は功を奏して、いったんは邪霊どもを追い払うことができたが、一度憑依した悪霊は、全部脱却することは難しい。悪霊の部分が、体内に浸潤してしまっていたのである。
そのため次第次第に常世彦、常世姫、竜山別は悪神の本性を表し、ついにまったく八頭八尾の大蛇の容器となって、神界を混乱させてしまうに至るのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0514
愛善世界社版:83頁 八幡書店版:第1輯 547頁 修補版: 校定版:85頁 普及版:39頁 初版: ページ備考:
001 このとき竜山別(たつやまわけ)はたちまち神憑(かむがか)りして、002小高(こだか)丘陵(きうりよう)()(あが)り、003眼下(がんか)神人(かみがみ)らを梟鳥(ふくろどり)(まる)目玉(めだま)()めつけながら、
004(われ)こそは()大神(おほかみ)005(つき)大神(おほかみ)006国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)なるぞ。007ただいま常世姫(とこよひめ)神憑(かむがか)りしたる玉津姫命(たまつひめのみこと)託宣(たくせん)馬耳東風(ばじとうふう)()きながし、008(あま)つさへ雑言無礼(ざふごんぶれい)(ほしいまま)にしたる盤古大神(ばんこだいじん)塩長彦(しほながひこ)ははたして何者(なにもの)ぞ。009(なんぢ)六面八臂(ろくめんはつぴ)鬼神(おにがみ)魔軍(まぐん)襲撃(しふげき)され、010危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)(かみ)(すく)はれしに(あら)ずや。011神力(しんりき)無辺(むへん)なる八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)(かみ)(かか)りきつたる常世彦(とこよひこ)妻神(つまがみ)常世姫(とこよひめ)生宮(いきみや)にたいして、012(いま)雑言(ざふごん)()()てならず。013神界(しんかい)規則(きそく)()らし盤古大神(ばんこだいじん)はこの()かぎり神界(しんかい)総統者(そうとうしや)(しよく)()り、014その後任(こうにん)八王大神(やつわうだいじん)()ゑたてまつりなば、015万古不易(ばんこふえき)神政(しんせい)完全無欠(くわんぜんむけつ)樹立(じゆりつ)さるべし。016満座(まんざ)神人(かみがみ)ども、017大神(おほかみ)言葉(ことば)(しん)ずるや(いな)や、018返答(へんたふ)()かむ』
019呶鳴(どな)りつつ物凄(ものすご)()をむき()し、020(くち)右上方(みぎじやうはう)につり()げ、021(みづ)ばな(なが)大地(だいち)()れながら、022さも(おごそ)かに宣言(せんげん)した。023あまたの神人(かみがみ)審神(さには)(じゆつ)()らず、024()大神(おほかみ)はじめ(たふと)(かみ)一度(いちど)(かか)らせたまひしものと(しん)じ、025(かうべ)得上(えあ)ぐるものも、026一言(いちごん)答弁(たふべん)をなすものもなかつた。027盤古大神(ばんこだいじん)空嘯(そらうそぶ)きて満面(まんめん)冷笑(れいせう)(たた)へ、028常世姫(とこよひめ)面体(めんてい)凝視(ぎようし)し、029鎮魂(ちんこん)姿勢(しせい)()つてゐた。
030 盤古大神(ばんこだいじん)眼光(ぐわんくわう)(にら)みつけられたる常世姫(とこよひめ)神憑(かむがか)りは、031左右(さいう)(そで)(かほ)をかくし、032()(ごゑ)をふりしぼり、
033八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)よ。034いま盤古大神(ばんこだいじん)には、035常世(とこよ)(くに)年古(としふる)()める古狸(ふるだぬき)(れい)036憑依(ひようい)してこの(たふと)(かみ)生宮(いきみや)無礼千万(ぶれいせんばん)にも()めつけをれり。037神力(しんりき)をもつて(すみ)やかに(かれ)退去(たいきよ)せしめ、038貴下(きか)盤古大神(ばんこだいじん)地位(ちゐ)()かるべし。039神勅(しんちよく)至正(しせい)至直(しちよく)にして寸毫(すんがう)(をか)すべからず、040満座(まんざ)神人(かみ)異存(いぞん)あるや、041返答(へんたふ)()かむ。042かくも大神(おほかみ)言葉(ことば)をもつて神人(かみがみ)宣示(せんじ)すれども、043一言(いちごん)(いら)へなきは、044(なんぢ)諸神人(しよしん)(かみ)言葉(ことば)(しん)ぜざるか、045ただしは(かみ)軽蔑(けいべつ)するか。046かよわき常世姫(とこよひめ)生宮(いきみや)として、047歯牙(しが)にかけざるごとき態度(たいど)をなすは無礼(ぶれい)のいたりなり。048アーラ残念(ざんねん)や、049口惜(くちを)しやな』
050()ひつつ丘陵上(きうりようじやう)前後左右(ぜんごさいう)()んだり、051()ねたり、052(ころ)んだり、053その醜態(しうたい)()もあてられぬ有様(ありさま)であつた。054常世彦(とこよひこ)は、055やにはに常世姫(とこよひめ)(たふ)れたる(まへ)(すす)みいで、056襟首(えりくび)無雑作(むざふさ)(ねこ)でも(ひつさ)げたやうに引掴(ひつつか)みて、057(みぎ)片腕(かたうで)(たか)くさしあげ、058大地(だいち)(むか)つて(ほね)(くだ)けよとばかり()げつけた。059常世姫(とこよひめ)はキヤツと一声(いつせい)(さけ)ぶと()()に、060邪神(じやしん)神憑(かむがか)りはにはかに()んで、061(また)もや、062もとの優美(いうび)にして温和(をんわ)なる常世姫(とこよひめ)(かは)つてしまつた。
063 かくのごとく種々(しゆじゆ)悪神(あくがみ)たち、064大神(おほかみ)御名(みな)(かた)つて神人(かみがみ)らに一度(いちど)にどつと憑依(ひようい)せしは、065数十日(すうじふにち)断水(だんすゐ)断食(だんじき)のため身体(しんたい)霊魂(れいこん)ともに疲労(ひらう)衰耄(すいもう)(きよく)(たつ)し、066肉体(にくたい)としては(ほとん)(のみ)一匹(いつぴき)(ちから)さへなくなつた。067その(すき)をねらつて霊力(れいりよく)(よわ)邪神(じやしん)憑依(ひようい)したのである。068すべて邪神(じやしん)憑依(ひようい)せむとするや、069天授(てんじゆ)四魂(しこん)(よわ)らせ、070肉体(にくたい)(おとろ)へさするをもつて憑依(ひようい)第一方便(だいいちはうべん)とするものである。071ゆゑに神道(しんだう)または仏道(ぶつだう)修業者(しうげふしや)などが深山幽谷(しんざんいうこく)()()り、072滝水(たきみづ)にうたれ火食(くわしよく)()ち、073あるひは断水(だんすゐ)(ぎやう)をなし、074または百日(ひやくにち)断食(だんじき)などをなすは、075その最初(さいしよ)よりすでに妖魅(えうみ)邪鬼(じやき)にその精神(せいしん)蠱惑(こわく)されて(しま)つてゐるのである。076ゆゑに(かむ)がかりの修養(しうやう)をなさむとせば、077まづ第一(だいいち)正食(せいしよく)(はげ)み、078身体(しんたい)強壮(きやうさう)にし、079身魂(しんこん)ともに爽快(さうくわい)となりしとき、080(はじ)めて至真(ししん)081至美(しび)082至明(しめい)083至直(しちよく)神霊(しんれい)にたいし帰神(きしん)修業(しうげふ)をなし、084憑依(ひようい)または降臨(かうりん)()はねばならないのである。
085 (すべ)神界(しんかい)には正神界(せいしんかい)邪神界(じやしんかい)との二大別(にだいべつ)あるは、086この物語(ものがたり)(いち)ぺん()みたる(ひと)はすでに諒解(りやうかい)されしことならむ。087されど正邪(せいじや)区別(くべつ)人間(にんげん)として如何(いか)賢明(けんめい)なりといへども、088これを正確(せいかく)審判(しんぱん)することは容易(ようい)でない。089邪神(じやしん)(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)り、090善言美辞(ぜんげんびじ)(つら)ね、091あるひは一時(いちじ)幸福(かうふく)(あた)へ、092あるひは予言(よげん)をなし、093もつて審神者(さには)心胆(しんたん)(とろ)かし、094しかして(おく)()悪事(あくじ)遂行(すゐかう)せむとするものである。095また善神(ぜんしん)(おほむ)神格(しんかく)容貌(ようばう)優秀(いうしう)にして、096何処(いづこ)ともなく権威(けんゐ)()たるるものである。097されど(なか)には悪神(あくがみ)姿(すがた)(へん)じ、098あるひは悪言暴語(あくげんばうご)連発(れんぱつ)し、099一時的(いちじてき)災害(さいがい)(くだ)し、100かつ予言(よげん)不適中(ふてきちう)なること(しばしば)なるものがある。101これらは神界(しんかい)(ふか)御経綸(ごけいりん)(しか)らしむところであつて、102人心小智(じんしんせうち)窺知(きち)()べき範囲(はんゐ)ではないのである。103ゆゑに審神者(さには)たらむものは、104相当(さうたう)知識(ちしき)経験(けいけん)胆力(たんりよく)とがもつとも必要(ひつえう)である。105かつ幾分(いくぶん)霊界(れいかい)消息(せうそく)(つう)じてゐなければ、106たうてい正確(せいかく)審神者(さには)(つと)まらないのである。107世間(せけん)審神者(さには)先生(せんせい)神術(かむわざ)にたいしては、108ほとんど合格者(がふかくしや)はないといつても過言(くわげん)(あら)ずと(おも)ふのである。
109 却説(さて)110盤古大神(ばんこだいじん)注意(ちうい)周到(しうたう)なる審神(さには)はよくその(かう)(そう)し、111邪神(じやしん)はここに(ばけ)(かは)をむかれ、112一目散(いちもくさん)にウラルの山上(さんじやう)目蒐(めが)けて雲霞(くもかすみ)のごとく()(かへ)つた。113されど一度(いちど)憑依(ひようい)せし悪霊(あくれい)全部(ぜんぶ)脱却(だつきやく)することは至難(しなん)(わざ)である。114ちやうど(あたら)しき徳利(とくり)(さけ)()り、115その(さけ)(のこ)らず()()(から)にしたその()も、116なほ幾分(いくぶん)(さけ)(にほひ)残存(ざんぞん)してゐるごとく、117悪霊(あくれい)(いく)部分(ぶぶん)はその体内(たいない)浸潤(しんじゆん)してゐるのである。118この神憑(かむがか)りありしより、119常世彦(とこよひこ)120常世姫(とこよひめ)121竜山別(たつやまわけ)も、122()()(つき)(かさ)ねて、123ますます悪神(あくがみ)本性(ほんしやう)(あら)はし、124つひには全部(ぜんぶ)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)容器(ようき)となり、125神界(しんかい)大混乱(だいこんらん)暗黒界(あんこくかい)(くわ)してしまつたのである。126あゝ(つつし)むべきは審神(さには)研究(けんきう)神憑(かむがか)りの修業(しうげふ)である。
127大正一一・一・七 旧大正一〇・一二・一〇 加藤明子録)