霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 神示(しんじ)方舟(はこぶね)〔二二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第3篇 予言と警告 よみ:よげんとけいこく
章:第22章 第5巻 よみ:しんじのはこぶね 通し章番号:222
口述日:1922(大正11)年01月09日(旧12月12日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大江神はこの小天国の神王となった。蟹若と桃園王がその補佐となった。大江神は果実が実らない木を伐採し、方舟を多数作らせた。人々はいぶかったが、蟹若はただ、大江神を信じて従うのみ、と神人らを諭した。
神人らの働きにより、三百三十三の方舟が完成した。舟には残らず果実や家畜、草木の種を満載した。
すると、顕恩郷の東北に立っていた鬼武彦の石像が立つ棒岩は、音を立てて回転し、天に向かって伸張し始めた。これを天の逆鉾という。顕恩郷の人々は逆鉾の下に来て供え物をし、祝詞を唱えて顕恩郷の繁栄を祈願した。すると天の逆鉾から宣伝歌が聞こえ、そして沈黙した。
後に地上の大洪水が起こったとき、この郷の神人らは残らず方舟に乗ってヒマラヤ山に難をのがれ、二度目の人間の祖となった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0522
愛善世界社版:127頁 八幡書店版:第1輯 562頁 修補版: 校定版:130頁 普及版:57頁 初版: ページ備考:
001 大江神(おほえのかみ)は、002小天国(せうてんごく)神王(しんわう)として神人(かみがみ)らより畏敬(ゐけい)尊信(そんしん)され、003その命令(めいれい)遺憾(ゐかん)なく実行(じつかう)された。
004 ここに蟹若(かにわか)(ぬき)んでて左守(さもり)となし、005橙園王(とうゑんわう)抜擢(ばつてき)し、006右守(うもり)(にん)じ、007この(いち)小区劃(せうくくわく)(じつ)天国(てんごく)楽土(らくど)出現(しゆつげん)したるがごとくであつた。
008 大江神(おほえのかみ)橙園山(とうゑんざん)(のぼ)り、009部下(ぶか)神人(かみがみ)使役(しえき)して真金(まがね)()()し、010(のこぎり)011(をの)その()金道具(かなだうぐ)製作(せいさく)した。012そして橙園郷(とうゑんきやう)果実(くわじつ)(みの)らざる(すぎ)013(ひのき)014(くす)(とう)大木(たいぼく)伐採(ばつさい)し、015数多(あまた)方舟(はこぶね)(つく)ることを(をし)へた。
016 神人(かみがみ)らは(なん)()たるかを()らず、017ただ(めい)のまにまに汗水(あせみづ)()らして方舟(はこぶね)製作(せいさく)金道具(かなだうぐ)製作(せいさく)嬉々(きき)として従事(じうじ)した。018神人(かみがみ)(なか)には方舟(はこぶね)何用(なによう)()つべきかを左守(さもり)(むか)つて(たづ)ねた。019されど左守(さもり)は、
020(はた)して(なん)(よう)()すものか、021(われ)神王(しんわう)一言半句(いちげんはんく)(うかが)ひたることなし。022ただ吾々(われわれ)神王(しんわう)(めい)服従(ふくじゆう)すれば()なり。023(われ)らの安全(あんぜん)(はか)りたまうて天上(てんじやう)より(くだ)りきたれる神王(しんわう)なれば、024無益(むえき)のことを(めい)じたまふべき(いは)れなし。025(なんぢ)らもただ(めい)のまにまに服従(ふくじう)して一意専心(いちいせんしん)方舟(はこぶね)製作(せいさく)従事(じうじ)せば()なり』
026といひ(わた)した。
027 (すべ)(かみ)のなす(わざ)人間(にんげん)窺知(きち)()べき(ところ)にあらず。
028(かみ)(いま)(いま)までは何事(なにごと)(まを)さぬぞよ、029人民(じんみん)はただ(かみ)(まを)すやうにいたせば、030ちつとも落度(おちど)はないぞよ』
031神諭(しんゆ)(しめ)されたるごとく、032ただ吾々(われわれ)(くだ)らぬ屁理屈(へりくつ)をやめて、033ただただ神命(しんめい)のまにまに活動(くわつどう)すべきものである。
034 (しか)るに人々(ひとびと)(うち)には、035()から()まで、036(かぶら)から菜種(なたね)まで詮索(せんさく)しなくては、037(かみ)(しん)ぜられないとか、038御用(ごよう)出来(でき)ないとかいつて、039利巧(りかう)ぶるものが沢山(たくさん)にある。040いかに才能(さいのう)ありとて、041学力(がくりよく)ありとて、042洪大無辺(こうだいむへん)(かみ)意思(いし)経綸(けいりん)(わか)るべきものではない。043また(かみ)よりこれを(くは)しく人間(にんげん)(つた)へむとしたまふとも、044貪瞋痴(どんしんち)三毒(さんどく)()てられたる体主霊従(たいしゆれいじう)人間(にんげん)の、045到底(たうてい)首肯(しゆこう)()べきものでない。046ただただ(かみ)言葉(ことば)(しん)じて身魂(みたま)(みが)き、047(めい)ぜらるるままに神業(しんげふ)従事(じうじ)せばよい。
048 顕恩郷(けんおんきやう)神人(かみがみ)らは衣食住(いしよくぢう)(うれ)ひなく、049心魂(しんこん)ともに質朴(しつぼく)にして(すこ)しの猜疑心(さいぎしん)もなく、050天真爛漫(てんしんらんまん)にして現代人(げんだいじん)のごとく小賢(こざか)しき智慧(ちゑ)()つてゐなかつた。051そのために従順(じうじゆん)(かみ)(めい)服従(ふくじう)することを()たのである。052聖書(せいしよ)にも、
053(かみ)(つよ)(もの)054(かしこ)(もの)(あら)はさずして、055(よわ)(もの)056(おろか)なる(もの)(まこと)(あら)はし(たま)ふを感謝(かんしや)す』
057とあるごとく、058(せう)なる人間(にんげん)不徹底(ふてつてい)なる知識(ちしき)才学(さいがく)ほど(わざはひ)なるはない。
059 かくして神人(かみがみ)らの昼夜(ちうや)丹精(たんせい)によつて、060三百三十三(さんびやくさんじふさん)(ぞう)立派(りつぱ)なる方舟(はこぶね)(つく)りあがつた。061さうしてこの(ふね)には(のこ)らず果物(くだもの)()み、062または家畜(かちく)草木(さうもく)(たね)満載(まんさい)された。
063 (いま)まで平穏(へいおん)なりし顕恩郷(けんおんきやう)東北隅(とうほくぐう)山間(さんかん)()てる棒岩(ぼういは)は、064(にはか)(うな)りを()てて前後左右(ぜんごさいう)廻転(くわいてん)(はじ)めた。065さうして鬼武彦(おにたけひこ)石像(せきざう)は、066漸次(ぜんじ)(てん)(むか)つて延長(えんちやう)しだした。067(これ)(あま)逆鉾(さかほこ)(とな)へる。
068 (さる)のごとき容貌(ようばう)(そな)へたる種族(しゆぞく)と、069蟹面(かにづら)種族(しゆぞく)(たがひ)()(たづさ)へて相親(あひした)しみ、070この逆鉾(さかほこ)(した)にいたつて果物(くだもの)(さけ)(そな)へ、071祝詞(のりと)(そう)し、072かつ顕恩郷(けんおんきやう)永遠無窮(ゑいゑんむきう)安全(あんぜん)ならむことを祈願(きぐわん)した。073このとき(あま)逆鉾(さかほこ)(こゑ)あり()ふ。
074(つき)叢雲(むらくも)(はな)には(あらし)
075(てん)には風雨雷霆(ふううらいてい)(へん)あり
076()には地震(ぢしん)洪水(こうずゐ)火災(くわさい)(なん)あり
077神人(しんじん)にはまた病魔(びやうま)(へん)あり
078(あした)紅顔(こうがん)(ゆふべ)白骨(はくこつ)
079有為転変(うゐてんぺん)()(なら)
080淵瀬(ふちせ)(かは)()(なか)
081神人(かみがみ)(こころ)(ゆる)めなよ
082常磐堅磐(ときはかきは)逆鉾(さかほこ)
083(かた)(こころ)()(とほ)
084天地(てんち)(なや)みきたるとも
085(かみ)にまかして(おどろ)くな
086昨日(きのふ)にかはる今日(けふ)(そら)
087(さだ)めなき()覚悟(かくご)して
088月日(つきひ)(つち)(かみ)(おん)
089(ゆめ)にも(わす)るることなかれ
090惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
091惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
092()りわたつたまま、093逆鉾(さかほこ)(つひ)沈黙(ちんもく)してしまつた。
094 神人(かみがみ)らは異口同音(いくどうおん)覚束(おぼつか)なき言葉(ことば)にて、
095『かんたま、096かんたま』
097(とな)へた。
098 天地(てんち)震動(しんどう)して、099ここに地上(ちじやう)世界(せかい)大洪水(だいこうずゐ)となりし(とき)100この(きやう)神人(かみがみ)らは一柱(ひとはしら)(のこ)らず、101この(ふね)搭乗(たふじやう)してヒマラヤ(さん)(なん)()け、102二度目(にどめ)人間(にんげん)()となつた。103ゆゑにある人種(じんしゆ)はこの(きやう)神人(しんじん)血統(けつとう)()け、104その容貌(ようばう)(いま)髣髴(はうふつ)として(そん)してをる人種(じんしゆ)がある。
105 現代(げんだい)生物学者(せいぶつがくしや)人類(じんるゐ)学者(がくしや)が、106人間(にんげん)(さる)進化(しんくわ)したものなりと(とな)ふるも無理(むり)なき次第(しだい)である。107また蟹面(かにづら)神人(しんじん)子孫(しそん)もいまに世界(せかい)各所(かくしよ)残存(ざんぞん)し、108頭部(とうぶ)(みじか)面部(めんぶ)(ひら)たきいはゆる土蜘蛛(つちぐも)人種(じんしゆ)にその血統(けつとう)(とど)めてゐる。
109大正一一・一・九 旧大正一〇・一二・一二 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)