霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 神慮(しんりよ)洪遠(こうゑん)〔二二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第5篇 宇宙精神 よみ:うちゅうせいしん
章:第29章 第5巻 よみ:しんりょこうえん 通し章番号:229
口述日:1922(大正11)年01月11日(旧12月14日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝使が選定されて各地に配置された後、金銀銅の天橋の光は消えうせた。そして東北の天に十六個の黄金色に強く輝く大星が輝き、西南には銀色に輝く十六個の星が現れた。
たちまち天は墨を流したように暗黒となり、また血のように真紅の色となり、さまざまな色に変化した。そして暴風、日照り、寒風、火山、地震などの天変地異がしきりに発生した。
神人らは神頼みでいっせいに地に伏して嘆願する惨状を呈した。この天変地異は七十五日続いた。これは大神が地上神人の身魂を試したご経綸であったが、真の神の恩を感得した者は、千分の一にも満たなかった。
大神の悲嘆の涙と吐息は天変地異を発現させるため、穢れ曇った地上世界の様子をご覧になっても、泣くにも泣かれず隠忍していた。しかし数十万年のうちに体内に蓄積した涙と吐息は抑えきれず、ついにいつ体外に勃発するかもしれない事態に至った。
体内に溜め込んだ吐息は鼻腔よりかすかに漏れて大彗星となり、宇宙間に現れては消えていった。しかしその邪気なるガス体は宇宙間に飛散して、一切の生物の寿命を害するようになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0529
愛善世界社版:171頁 八幡書店版:第1輯 578頁 修補版: 校定版:173頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001 天道別命(あまぢわけのみこと)002月照彦神(つきてるひこのかみ)以下(いか)宣伝神(せんでんしん)選定(せんてい)され、003各地(かくち)配置(はいち)されてより、004(いま)まで天空(てんくう)廻転(くわいてん)しゐたる(きん)(ぎん)(どう)天橋(てんけう)(ひかり)は、005忽然(こつぜん)として(にじ)のごとく()()せ、006(ふたた)(もと)蒼天(さうてん)(ふく)し、007銀河(ぎんが)中心(ちうしん)大小(だいせう)無数(むすう)(ほし)燦然(さんぜん)たる光輝(くわうき)放射(はうしや)()した。
008 (とき)しも東北(とうほく)(てん)にあたつて十六個(じふろくこ)光芒(くわうぼう)(つよ)大星(たいせい)一所(いつしよ)(かがや)(はじ)めた。009その光色(くわうしよく)はあたかも黄金(わうごん)のごとくであつた。010(また)もや西南(せいなん)(てん)にあたつて十六個(じふろくこ)星光(せいくわう)一所(いつしよ)(あら)はれた。011その光色(くわうしよく)純銀(じゆんぎん)のごとくであつた。012地上(ちじやう)神人(しんじん)は、013この変異(へんい)(たい)して(あるひ)五六七(みろく)聖政(せいせい)瑞祥(ずゐしやう)(しゆく)し、014あるひは大地震(だいぢしん)兆候(しるし)となして(おそ)れ、015あるひは凶年(きようねん)表徴(へうちよう)となし、016その観察(くわんさつ)区々(まちまち)にして一定(いつてい)判断(はんだん)(あた)ふるものがなかつた。
017 (たちま)ちにして蒼天(さうてん)(すみ)(なが)せしごとく暗黒(あんこく)となり、018また(たちま)ちにして満天(まんてん)()(なが)せしごとく真紅(しんく)(いろ)(へん)じ、019あるひは灰色(はひいろ)(てん)(くわ)し、020黄色(きいろ)(くわ)し、021時々刻々(じじこくこく)(くも)(いろ)(かは)()(さま)は、022(じつ)無常迅速(むじやうじんそく)(かん)地上(ちじやう)神人(しんじん)(あた)へたのである。023()(また)たちまち暴風(ばうふう)()(すさ)み、024樹木(じゆもく)(たふ)し、025岩石(がんせき)()ばし、026神人(しんじん)(きず)つけ、027妖気(えうき)地上(ちじやう)(とざ)すと()るまに、028たちまち光熱(くわうねつ)(つよ)太陽(たいやう)東西南北(とうざいなんぼく)現出(げんしゆつ)し、029暑熱(しよねつ)はなはだしく、030地上(ちじやう)草木(さうもく)031神人(しんじん)その()動物(どうぶつ)はほとんど枯死(こし)せむとするかと(おも)へば、032寒風(かんぷう)(にはか)()(きた)り、033(へう)()らし、034雷鳴(らいめい)満天(まんてん)(とどろ)き、035轟然(がうぜん)たる音響(おんきやう)各所(かくしよ)(おこ)り、036遠近(をちこち)火山(くわざん)爆発(ばくはつ)し、037地震(ぢしん)038海嘯(つなみ)ついで(おこ)り、039不安(ふあん)(ねん)にかられざるものはなかつた。
040 「かなはぬ(とき)神頼(かみだの)み」とでも()ふのか、041(いま)まで(かみ)無視(むし)し、042天地(てんち)(おん)忘却(ばうきやく)しゐたる地上(ちじやう)神人(しんじん)は、043(てん)(あふ)いで合掌(がつしやう)し、044()()して歎願(たんぐわん)し、045その窮状(きうじやう)(じつ)名状(めいじやう)すべからざる有様(ありさま)であつた。046烈風(れつぷう)()(かよ)(おと)は、047あたかも猛獣(まうじう)咆哮(ほうこう)するがごとく、048(なみ)(おと)万雷(ばんらい)一斉(いつせい)(とどろ)くがごとく、049何時(いつ)天地(てんち)崩壊(ほうくわい)せむも(はか)(がた)光景(くわうけい)となつて()たのである。
050 かくのごとき天地(てんち)変態(へんたい)は、051七十五日(しちじふごにち)(えう)した。052このとき地上(ちじやう)神人(しんじん)は、053(かみ)(おそ)れて(すく)ひを(もと)むるものあれば、054妻子(さいし)055眷属(けんぞく)056財産(ざいさん)(うしな)ひて(かみ)(のろ)ふものも(あら)はれた。057(なか)には自暴自棄(じばうじき)となり、058ウラル彦神(ひこのかみ)作成(さくせい)したる宣伝歌(せんでんか)高唱(かうしやう)し、
059()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
060 (やみ)(あと)には(つき)()
061(つき)には村雲(むらくも)(はな)には(あらし)
062 (あらし)()ぐれば(はる)()
063ヨイトサ、ヨイトサ、ヨイトサノサツサ』
064焼糞(やけくそ)になつて(をど)(くる)(かみ)大多数(だいたすう)(あら)はれた。
065 そもそも七十五日間(しちじふごにちかん)天災地妖(てんさいちえう)のありしは、066野立彦神(のだちひこのかみ)067野立姫神(のだちひめのかみ)(はじ)め、068()大神(おほかみ)069(つき)大神(おほかみ)地上(ちじやう)神人(しんじん)身魂(みたま)(ため)したまふ御経綸(ごけいりん)であつたのである。070このとき(しん)月日(つきひ)(おん)()り、071大地(だいち)(とく)感得(かんとく)したる(まこと)神人(しんじん)は、072千中(せんちう)(いち)にも()かざる形勢(けいせい)であつた。
073 大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)は、074この光景(くわうけい)()(おほい)悲歎(ひたん)(なみだ)にくれたまうた。
075『アヽわが数十億年(すうじふおくねん)艱難(かんなん)辛苦(しんく)結果(けつくわ)()れる地上(ちじやう)世界(せかい)は、076かくも(けが)れかつ(くも)りたるか。077如何(いか)にして()地上(ちじやう)修祓(しうばつ)し、078払拭(ふつしき)し、079最初(さいしよ)のわが理想(りさう)たりし神国(しんこく)浄土(じやうど)改造(かいざう)せむや』
080一夜(いちや)悲歎(ひたん)(なみだ)にくれ(たま)うた。081大神(おほかみ)吐息(といき)()(たま)(とき)は、082その(いき)暴風(ばうふう)となつて天地(てんち)()きまくり、083森羅万象(しんらばんしやう)倒壊(たうくわい)せしむるのである。084大神(おほかみ)悲歎(ひたん)にくれ落涙(らくるい)(たま)(とき)は、085たちまち強雨(がうう)となりて地上(ちじやう)()りそそぎ、086各地(かくち)氾濫(はんらん)災害(さいがい)(きた)(こと)になるのである。
087 大神(おほかみ)はこの惨状(さんじやう)見給(みたま)ひて、088()くにも()かれず、089(なみだ)体内(たいない)(なが)し、090吐息(といき)体内(たいない)にもらして、091地上(ちじやう)災害(さいがい)(すこ)しにても軽減(けいげん)ならしめむと、092隠忍(いんにん)(たま)ふこと幾十万年(いくじふまんねん)(ひさ)しきに(わた)つたのである。093大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)堪忍袋(かんにんぶくろ)は、094もはや吐息(といき)(なみだ)もて(みた)され、095何時(いつ)破裂(はれつ)して体外(たいぐわい)勃発(ぼつぱつ)せむも(はか)りがたき状態(じやうたい)となつた。
096 されど至仁(しじん)至愛(しあい)大神(おほかみ)は、097宇宙(うちう)万有(ばんいう)(あは)れみ(たま)至情(しじやう)より、098()(くる)しさを(おさ)へ、099よく()へ、100よく(しの)び、101もつて地上(ちじやう)神人(しんじん)根本的(こんぽんてき)革正(かくせい)するの時機(じき)()たせ(たま)ふのである。102されど御腹(みはら)(うち)()()ちたる(かみ)(なみだ)慨歎(がいたん)吐息(といき)は、103もはや(つつ)むに(よし)なく、104(すこ)しの感激(かんげき)にも一時(いちじ)勃発(ぼつぱつ)破裂(はれつ)危機(きき)(ひん)しつつあつた。105アヽ宇宙(うちう)天地間(てんちかん)は、106(じつ)危機一髪(ききいつぱつ)(さかひ)時々刻々(じじこくこく)(せま)りつつある。
107 大神(おほかみ)多年(たねん)忍耐(にんたい)忍耐(にんたい)(かさ)(たま)ひしより、108その御煩慮(ごはんりよ)(いき)は、109鼻口(びこう)よりかすかに()れて大彗星(だいすゐせい)となり、110無限(むげん)大宇宙間(だいうちうかん)放出(はうしゆつ)されたのである。111一息(ひといき)ごとに一個(いつこ)大彗星(だいすゐせい)となつて(あら)はれ、112(またた)くうちに宇宙間(うちうかん)数十万(すうじふまん)彗星(すゐせい)は、113宇宙(うちう)各所(かくしよ)(あら)はれ、114漸次(ぜんじ)その(ひかり)稀薄(きはく)となつて宇宙(うちう)消滅(せうめつ)した。
115 されどその邪気(じやき)なる瓦斯体(がすたい)は、116宇宙間(うちうかん)飛散(ひさん)し、117(つひ)には鬱積(うつせき)して大宇宙(だいうちう)妖邪(えうじや)空気(くうき)充満(じゆうまん)し、118一切(いつさい)生物(せいぶつ)はその健康(けんかう)(がい)し、119生命(せいめい)()らず()らずの(あひだ)短縮(たんしゆく)する(こと)となつた。120ゆゑに古来(こらい)神人(しんじん)は、121(みじか)くとも数千年(すうせんねん)天寿(てんじゆ)(たも)ち、122(なが)きは数十万年(すふじふまんねん)寿命(じゆみやう)(たも)ちしもの、123漸次(ぜんじ)短縮(たんしゆく)して(いま)天地経綸(てんちけいりん)司宰者(しさいしや)たる最高(さいかう)動物(どうぶつ)人間(にんげん)さへも、124(わづ)かに百年(ひやくねん)寿命(じゆみやう)()(がた)惨状(さんじやう)(きた)すことになつた。
125 アヽ無量寿(むりやうじゆ)(たも)ち、126無限(むげん)至治泰平(しぢたいへい)(たの)しむ五六七(みろく)出現(しゆつげん)聖代(せいだい)は、127何時(いつ)()(きた)るであらう。128吾人(ごじん)霊界(れいかい)における大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)と、129その仁恵(じんけい)洞察(どうさつ)(たてまつ)(とき)は、130(じつ)万斛(ばんこく)(なみだ)のただよふを(かん)ぜざるを()ない。
131 神諭(しんゆ)に、
132(こひ)(こひ)しと松世(まつよ)()いで、133末法(まつぱふ)()()(かど)()つ』
134述懐(じゆつくわい)されたる大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)御聖慮(ごせいりよ)(ふか)(かんが)へねばならぬ。
135大正一一・一・一一 旧大正一〇・一二・一四 外山豊二録)